篠島観光はフェリーで!おすすめスポットは日帰りで楽しめる!宿泊情報も!

篠島観光はフェリーで!おすすめスポットは日帰りで楽しめる!宿泊情報も!

愛知県の南知多にある篠島には綺麗な景色や歴史的な建造物をはじめ、釣堀や公園など遊びが楽しめる場所まで、沢山の観光スポットがございます。フェリーを使って日帰りで楽しめる篠島の観光スポットを歩いて回って美味しいものを食べて休みを満喫しましょう。

記事の目次

  1. 1.日帰り可能な篠島は観光スポットがいっぱい
  2. 2.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット1
  3. 3.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット2
  4. 4.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット3
  5. 5.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット4
  6. 6.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット5
  7. 7.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット6
  8. 8.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット7
  9. 9.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット8
  10. 10.フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット9
  11. 11.観光スポット沢山篠島はフェリーで行ける

日帰り可能な篠島は観光スポットがいっぱい

愛知県の知多からフェリーを使って日帰りで行くことができる篠島は、「東海の松島」と呼ばれていて、大小数十箇所の島々が集まってできている島です。今回は宿泊にもおすすめで、日本の夕日・朝日百選にも選ばれたことのある夕日を見ることもでき、フェリーで日帰りが可能な篠島のおすすめ観光スポットをご紹介いたします。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット1

篠島つり天国

フェリーで篠島に来ると、まずは篠島港近くの船着場に降ろされることになります。そこから近くの場所に島内の観光スポット「篠島つり天国」があります。釣竿などの釣具は勿論、釣った魚をお持ち帰りできるように発泡スチロールまで用意してもらえるため、手ぶらで釣りを楽しむことができ、最初に行くのにおすすめのスポットになっています。

篠島港の一部を囲って作られた釣堀になっていて、釣れる魚はカンパチやメバル・アジ・ハマチ・真鯛といった大型の魚になります。本格的に釣りが楽しめる場所になっていて、年に数回は堀内に伊勢えびが迷い込んでくるそうで、そういった大物を釣り上げることができる本格的なつりを楽しめる場所です。もちろん小さな魚もいるので、初心者も楽しめます。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット2

篠島海水浴場(サンサンビーチ)

フェリーで日帰りができる篠島内には港に専用の釣堀がありますが、他にも篠島海水浴場があり、海水浴を楽しむことができるおすすめの観光スポットです。長さ800mに渡って綺麗なビーチが続いており、県内で随一の公害が無い海水浴場として有名です。GWや夏休みなどのシーズンになると沢山の方が訪れて、遊びに来た観光客でいっぱいになるスポットです。

篠島は日帰りでの観光ができる場所ですが、篠島海水浴場には近くに旅館があり、宿泊して楽しむこともできます。海水自体はあまり綺麗なところではありませんが、家族ずれが多く、浅瀬なら子供を遊ばせておくにはおすすめの場所になっています。遊泳区域はブイで区切られていますが、急深になっていて危ない場所ですので、利用の際は気をつけてください。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット3

帝井

篠島の真ん中辺り、住居が建て並ぶ道を歩いて進むと井戸が現れます。この井戸は観光スポットになっている「帝井」と呼ばれています。この井戸は島内に存在している井戸の中で唯一飲み水として使える井戸で、実際に本土から篠島まで愛知用水の水道が繋がるまでは使われていたそうです。島を訪れた人は観光スポットとして訪れる人が多いようです。

後醍醐天皇の息子である、義良親王が東北へ遠征を行った際、嵐にみまわれ篠原に漂着し、飲用可能な井戸が島内に無かったため島民が飲用可能な井戸として掘って作ったのがこの帝井です。綺麗な風景を楽しみながら街中を歩いていると現れる不思議な場所で、篠島に宿泊して訪れる価値があるほどおすすめの観光スポットになっています。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット4

歌碑公園

日帰り・宿泊どちらも楽しむことができる篠島には多数の観光スポットがあります。その中には篠島のことを歌った碑が建てられている公園が歌碑公園です。自然豊かな島の南西側にあるこの公園は、綺麗な景色を眺めることができるおすすめの観光スポットになっています。絶景のスポットで、緑が映える公園内は歩き回るだけでも心が癒される場所です。

実はこの公園では夕方になると、日が沈んでいくところを見ることができます。松島越しに見える夕日は日本の夕日・朝日百選に選ばれた景色として有名です。釣りや海水浴で遊びを満喫し、帝井なんかの観光スポットを巡ったあとは、最後にこの歌碑公園で夕日を眺めて一日を締めくくるなんてコースもおすすめです。他にも歌碑のある公園はあります。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット5

清正の枕石

ぱっと見はただ波が押し寄せる岩場にしか見えませんが、実はここ歴史マニアには人気の観光スポット清正の枕石がある場所です。歴史マニアの人たちは近くで宿泊までして、この場所にある清正の枕石を見に行くんだそうです。石の大きさは5.2m×2m、厚さは1.8mの石で多くの歴史マニアが撮影を行う観光スポットとして人気があります。

歴史に興味が無い人にとってはただの石にしか見えませんが、清正の枕石と付いているのには理由があります。徳川家康が名古屋城の築城を行っていたときに、加藤清正が篠島の西南端でこの石を見つけて城の堀に使う為、枕木を入れて運び出そうとしたのですが、あまりの重さに動かなかったそうです。その話の元となり「清正の枕石」と名付けられました。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット6

篠島神明神社

篠島には伊勢神宮土之宮の古材を利用して作られた神明神社があります。伊勢土之宮が建てられるまではこの神明神社が伊勢土之宮と呼ばれていました。伊勢土之宮建設後は宮巡りとして篠島まで渡り、神明神社までお参りにくるようになったそうです。伊勢神宮土之宮の古材で作られているので、20年ごとにお社の建て替えが行われております。

ヤマトヒメノミコトは篠島の美しさと島民の人情に感化され、篠島を伊勢神宮へ鯛を献上する御贄所にしました。771年頃、神明神社は御贄所である篠島を守護するために作られたといわれています。フェリーを使って日帰りで訪れることができる篠島ですが、こういった歴史ある観光スポットをゆっくり訪れるために宿泊することともおすすめです。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット7

八王子社

先に紹介した篠島神明神社は伊勢神宮と同じく20年毎にお社の建て替えが行われるのですが、その際に出た古材で作られたのがこの八王子社です。篠島神明神社は伊勢土之宮の古材が使われているので、伊勢土之宮・篠島神明神社・八王子社という順番で社が小さくなっています。篠島を訪れた際は神明神社と共に訪れたいおすすめ観光スポットの一つです。

八王子社には男神が祀られており、1月3日、4日の正月祭礼で篠島神明神社の女神の元にオワタリするという行事があるんだそうです。男神が祀られるようになったのは神明神社の古材を使って造営されてからで、それより前は島民によって船の神様が祀られていたため、造船・漁業を守護してくれるとされており、今でもそのように崇められているそうです。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット8

正法禅寺

篠島観光スポットの一つである正法禅寺は南知多の文化財に指定されており、知多四国八十八箇所の一つにもなっているお寺です。知多四国八十八箇所の38番こなっているこのお寺は知多七福神のひとつにもなっています。ちなみに正法禅寺の近くには39番医徳院もありますので、八十八箇所めぐりを行っている人は、是非そちらにも行ってみてください。

お守りを持っていれば、病気や怪我なんかを肩代わりしてくれる大師が祀られていることでも有名なので、観光や八十八箇所巡りなんかで立ち寄った際は、お守りも買っておくといいかと思います。正法禅寺は曹洞宗のお寺となり、敷地内にはくるま六地蔵が祀られています。本堂以外にも弘法堂等があり、敷地内は広々としていますので注意してください。

フェリーで日帰り可能篠島の観光スポット9

篠島の南側には野島神社があり、そこには漁師の神様が祭られており、毎年7月の第二土曜日に野島祭が開催されます。大量祈願と海上安全を願って行われる野島祭では多くの船が並走して行われる船団パレードがメインになっています。そんな野島祭の勇士という言葉がピッタリな船団パレードを篠島の西側の海岸で見ることができるスポットになっています。

船団パレードは篠島の西側の海岸からスタートし、島の北側を回って、東側の海岸がゴールになっています。西側の海岸付近にはいくつかの宿泊施設もあるので、野島祭前日に島に入り、宿泊して朝から野島祭を楽しむことができます。是非一度大量の船が並ぶことでより迫力がでる船団パレードを見てみてください。

観光スポット沢山篠島はフェリーで行ける

篠島には今回紹介した観光スポットだけでなく、より多くの観光スポットがございます。また篠島フェスのようなイベントも行われており、島にはより多くの人が訪れています。知多からフェリーで一時間で行くことができる篠島は日帰りも可能ですが、宿泊して朝から回ってみるのも楽しいので是非泊まってみてください。

南知多町・おすすめ観光スポット!名所や子供に人気の施設へ出掛けよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南知多町・おすすめ観光スポット!名所や子供に人気の施設へ出掛けよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県にある南知多町は三方を美しい海に囲まれた、大自然あふれる人気の観光スポットです。南知多町はとても広く、数多くの観光名所が点在しています。そんな南知多町で今回は、子供も大人も喜ぶ、大自然ならではのおすすめ観光スポットを紹介していきます。
南知多ビーチランドにイルカショーを見に行こう!食事やお土産・イベント情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南知多ビーチランドにイルカショーを見に行こう!食事やお土産・イベント情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県には、名古屋市、岡崎市、豊橋市以外にも、知多という地域があります。知多には、南知多ビーチランドという観光スポットがあり、日々、多くの観光客で賑わっています。この記事では、その南知多ビーチランドの見所についてピックアップしていきます。
南知多おもちゃ王国の入場料・割引・宿泊情報!子供から大人まで楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南知多おもちゃ王国の入場料・割引・宿泊情報!子供から大人まで楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知で人気のテーマパークの南知多おもちゃ王国を楽しむためにおすすめの情報をご紹介していきます。愛知で人気のスポット南知多おもちゃ王国は、おもちゃや体験施設で遊ぶことの出来る施設です。南知多おもちゃ王国の料金、割引情報、宿泊におすすめのホテルもまとめています。
南知多町いちごの里でいちご狩り!カフェやケーキ・スイーツで堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
南知多町いちごの里でいちご狩り!カフェやケーキ・スイーツで堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県南知多町にある「いちごの里」では、甘くて大きな章姫(あきひめ)をいちご狩りで楽しむことができます。その場で食べることはもちろんのこと、南知多のいちごの里では、姉妹店いちごの丘のおしゃれなカフェでいちごスィーツを堪能することができます
苦労詐欺
ライター

苦労詐欺

IT企業にてSEO担当として働いていました。 現在はフリーランスとして活動しております。

関連記事

人気記事ランキング