地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

岡山でたまごかけごはんなら「食堂かめっち。」!絶品TKGを堪能しよう!

岡山県美咲町にあるたまごかけごはんの超人気店「食堂かめっち。」。卵やお米をはじめとする地元岡山県美咲町でとれた新鮮な食材にこだわり、おかわりし放題で食べられるコスパ抜群のたまごかけごはん。親子丼やオムレツも人気の「食堂かめっち。」の魅力をお届けします。

岡山のたまごかけごはんのお店「食堂かめっち。」を紹介!見出し

フリー写真素材ぱくたそ

すでに日本人のソウルフードと言っても過言ではないのがたまごかけごはん。略してTKGと呼ばれるようになって久しいですが、そのTKGの名店として知られているのが岡山の「食堂かめっち。」です。養鶏場から直送の卵を激安で食べられる超人気店についてご紹介します。

岡山とたまごかけごはんの関係見出し

Photo by whitefield_d

岡山にある「食堂かめっち。」について詳しくご紹介する前に、岡山とたまごかけごはんの縁についてご紹介しましょう。たまごかけごはんは自宅でも簡単に作って食べられるものですので地域は関係ないと思われがちですが、岡山とたまごかけごはんには実は深い関係があるのです。

日本人が大好きなたまごかけごはん(TKG)

フリー写真素材ぱくたそ

炊きたてのご飯に新鮮な卵をのせ、タレや醬油を回しかけて食べるという極シンプルな料理であるたまごかけごはん。それがTKGと呼ばれるようになったころから専門店も増えてきました。また、スーパーに行くと、たまごかけごはん専用のタレや醤油も数多く揃います。

特に面倒な調理はいらないのに栄養価も高く、のど越しが良いので朝ご飯にもぴったりということでたまごかけごはんは日本人の日常生活にすでに深く浸透しています。

産みの親は岡山県美咲町出身

そんなたまごかけごはんですが、誰が一番初めに今の形で食べるようになったのかご存知でしょうか。実はそこにたまごかけごはんと岡山との縁があるのです。

たまごかけごはんを初めて考案したのは、今回ご紹介する「食堂かめっち。」がある岡山県美咲町出身である岸田吟香(きしだぎんこう)さんであると言われています。

岸田さんは、新聞記者や教育家、実業家などとして活躍した偉人で、目薬の開発にも携わりました。そして1872年に日本で初めてたまごかけごはんを食べたとされています。ちなみに洋画家の岸田劉生さんは第9子にあたります。

卵かけご飯TKG専門店11選!絶品卵を使った全国の美味しい人気店をご紹介!のイメージ
卵かけご飯TKG専門店11選!絶品卵を使った全国の美味しい人気店をご紹介!
たまに無性に食べたくなるのがTKG、卵かけご飯じゃないでしょうか。卵かけご飯といえば、自宅に簡単にできるといったイメージですが、実は人気の専門店も存在するんです。東京をはじめ、全国の美味しいTKG専門店をランキング形式でまとめてご紹介します。

岡山のたまごかけごはんのお店「食堂かめっち。」とは見出し

そしてTKGと縁の深い岡山に2008年にオープンしたのが今回特集する「食堂かめっち。」です。岡山県美咲町の自然いっぱいのところにあるお店で、アットホームな店内や、親しみのある接客でも人気があります。ここからはそんな「食堂かめっち。」の歴史についてご紹介します。

美咲町の町おこしとしてオープン

岡山県美咲町とTKGの深い縁についてはすでにご紹介しましたが、実はもう一つここにたまごかけごはんの専門店が出来る理由があります。それは、岡山県美咲町には西日本最大級となる養鶏場があるという点です。

この2つの理由があり、美咲町の町おこしとして「食堂かめっち。」がオープンしました。「食堂かめっち。」があるのはアクセスが決して良いとは言えない山の中です。しかし、その美味しさが評判になり、連日大行列ができるほどの人気店に成長しました。

黄福広場の一画で営業

「食堂かめっち。」があるのは美咲町にある黄福広場と呼ばれる場所です。公園の中にあり自然がいっぱいの環境にある黄福広場の一角に「食堂かめっち。」はあるのですが、お店はかなり小さいので外には常に行列ができています。

ただ、快適に待つことができるように待合エリアには屋根が付けられていますし、名前だけを書いておいて後で戻ってくることも可能です。

また、黄福広場には岡山県の新鮮な農産物を販売するお店もありますので待ち時間に買い物をすることもできます。TKGの歴史について説明のあるコーナーもありおすすめです。

2020年7月にリニューアルオープン

大人気の「食堂かめっち。」ですが、ほかのお店と同じように新型コロナウイルスの影響を受けています。2020年4月には新型コロナウイルスの感染数増加を受けて一旦休業となってしまいました。

しかし、2020年7月3日にはウイルス対策を施し、リニューアルオープンを迎えました。基本的な「食堂かめっち。」のコンセプトはそのままに、店内の席数が減らされて密にならない工夫がされています。

また、以前の「食堂かめっち。」にはなかった店外の席も設けられ、店内で減ってしまった座席数をカバーする形になっています。リニューアルオープン後のお盆期間には、10日間でなんと約2000人が来店するなど、ますます人気を高めている「食堂かめっち。」です。

岡山の「食堂かめっち。」のたまごかけごはんが人気の理由見出し

自宅でも炊き立てのご飯と新鮮な卵とタレあれば簡単に作れてしまうTKG。そんな気軽なメニューなのに専門店があり、アクセスが決して良くない立地にある「食堂かめっち。」に連日長い行列ができていると聞くと驚く方も多いでしょう。

ここからは「食堂かめっち。」の人気の理由についてご紹介しましょう。食材への強いこだわりが美味しいたまごかけごはんを生み出しています。

養鶏場から産みたて卵を直送

フリー写真素材ぱくたそ

「食堂かめっち。」の美味しさの秘密、まずはメインの食材ともいえる卵へのこだわりです。美咲町には西日本最大級の養鶏場があるということはすでにご紹介しましたが、その「美咲ファーム」は「食堂かめっち。」から車で約10分という近さです。

「美咲ファーム」では約150万羽の鶏が飼育されており、そこで産み落とされた超新鮮で濃厚な卵が毎日「食堂かめっち。」に直送されるという仕組みです。

また、その美味しさからおかわりする人が続出する「食堂かめっち。」のたまごかけごはんですが、卵は実は一度に大量には仕入れません。なるべく新鮮な卵を提供するために、無くなりかけた段階で「美咲ファーム」から新鮮な卵を配達してもらうのです。

このようにして「食堂かめっち。」で食べられる卵は、平均では400個ほど、繁忙期になると1500個近くになることもあるとか!卵のみを購入して持ち帰ることも可能です。

ご飯も美味しい

「食堂かめっち。」の美味しさの秘密として次にご紹介するのはご飯です。TKGを注文すると卵と一緒に運ばれてくるのはツヤツヤのご飯。

実はこのご飯も美咲町産にこだわっています。美咲町には美しい棚田があり、日本の棚田百選にも選ばれるほどの風景美を楽しむことができます。そんな棚田で栽培されたお米が使用されており、ガス炊飯器で炊きあげられています。

「食堂かめっち。」の店内にはそんな炊飯器が並んでおり、おかわりする人がどれだけ多いのかを想像することができます。ちなみに、「食堂かめっち。」で使われる器も美咲町特産の桜湖焼が使用されています。

安いのにおかわり自由

「食堂かめっち。」で一番人気のメニューはもちろんたまごかけごはんのセットで、「黄福定食」という名前です。そして値段はなんと500円!

新鮮な卵、ご飯、そして味噌汁と漬物までついて500円という安い値段なのですが、卵とご飯はなんとおかわりを自由にすることもできます。ご飯一膳に卵1個がセットになっており、このセットを何度でもお腹いっぱいになるまでおかわりができます。

過去のおかわり記録では、女性だと7杯、男性だとなんと10杯もおかわりをした人がいますが、それでも値段は変わらず500円という非常にお得な値段設定です。

3種類のタレで楽しめる

そこまでおかわりをしたくなる理由はもちろん卵とご飯が美味しいからですが、そこにさらなる追い打ちをかけているのがタレです。卵とご飯だけだと、初めはそれで充分美味しいのですが食べ進めると味が単調に感じられてしまいます。

そんな時に大活躍するのが、「食堂かめっち。」のテーブルに用意してあるタレです。「食堂かめっち。」では、しそ、ねぎ、のりの3種類のタレが用意してあり、自分で自由に味を変えて楽しめるようになっています。

また、タレだけでなくオリジナルの専用醬油も置いてありますので、タレと醤油を組み合わせることで、いろんな味のたまごかけごはんをアレンジして食べられるという楽しみがあります。

岡山の「食堂かめっち。」のおすすめメニュー見出し

タレで味を変えながら食べるうちについつい何度もおかわりしてしまう「食堂かめっち。」のTKG。ここからはそんな「食堂かめっち。」のおすすめメニューについてご紹介しましょう。一番人気はもちろんTKGですが、実はほかにも卵メニューが多く揃います。

黄福定食

「食堂かめっち。」に初めて行ったらこれを食べないわけにはいかないのが「黄福定食」です。たまごかけごはんのセットで、卵、ご飯、味噌汁、漬物、トッピングという構成、値段は500円です。

おかわりは無料となっており、ご飯と卵がセットになったものが運ばれてきます。もちろん、卵だけおかわりすることも可能ですが、その場合はおかわりは無料ではなく卵1個につき30円となります。

トッピングは3種類もあり、好みでたまごかけごはんと一緒に食べられるようになっていますが、その中でも人気なのが「食堂かめっち。」オリジナルのしょうゆ胡麻です。

釜炊きたまごかけごはんスペシャル

2020年7月のリニューアルオープンの際に新しく追加されたメニューがこの「釜炊きたまごかけごはんスペシャル」です。値段は1500円と「黄福定食」に比べると割高ですが、実はご飯はなんと2合、卵は6個、それに味噌汁、漬物、トッピングがセットになっています。

メニュー名に釜炊きとあるように、目の前でご飯を炊き上げるのがこのメニューの売りで、雰囲気たっぷりの専用のカセットコンロで提供されます。

これを一人で食べきるのはなかなか大変なので、シェアをして食べることもできるのが嬉しい点。また、このメニューはリニューアルオープン後に新設された屋外テーブルでの提供のみです。一人で食べたいという場合、食べきれなかった卵は持ち帰ることができます。

親子丼

「食堂かめっち。」と言えばたまごかけごはんが一番人気で、来店客の約8割がオーダーするほどですが、常連さんを中心に根強い人気を誇るのが「親子丼」です。値段は600円。

お米はもちろん美咲町産のお米で、鶏肉も地元の美咲鶏を使用しています。そこに卵を贅沢に4つ使用したボリュームたっぷりのメニューで、味噌汁と漬物がセットになっています。

オムライス

「食堂かめっち。」には、年代を問わず大人気の「オムライス」や「オムレツ」もメニューにあります。どちらも美咲町産の美味しい卵がたっぷり使われており、上に掛かったトマトソースももちろん「食堂かめっち。」特製です。「オムライス」には味噌汁と漬物が付いてきます。

黄福巻き

小さい子どもさんと一緒に「食堂かめっち。」に行く時には、念のため卵に完全に火が通っているものを選びたいものです。そんな時におすすめなのがこの「黄福巻き」です。昔懐かしい少し甘めに味が付けられた出し巻きで、値段は300円です。

岡山のたまごかけごはんのお店「食堂かめっち。」の店舗情報見出し

タレで味を変えつつ、何杯でも美味しく食べられる「食堂かめっち。」のTKG。「食堂かめっち。」のお店の前には大変珍しいたまごかけごはんの顔出しパネルもありますので、忘れずに記念撮影をどうぞ。ここからは特集の最後に「食堂かめっち。」の基本情報をご紹介します。

営業時間・定休日

「食堂かめっち。」の営業時間は、午前9時から午後5時までです。オーダーストップは基本的に午後4時30分となっていますが、繁忙期などにはオーダーストップ時間が早まることもあります。確実に食べたい場合には早めの来店がおすすめです。

定休日は年末年始ですが、周辺の工事の状況によっては臨時休業になる日もありますので注意をしてください。心配な場合には、事前にお店まで電話で問い合わせをするのもおすすめです。

アクセス

「食堂かめっち。」はアクセスの面ではやや不便な場所にありますが、それでも連休ともなると大行列ができています。「食堂かめっち。」は大きな公園の中にありますので、お腹いっぱいたまごかけごはんを食べた後はぜひ散策をどうぞ。

電車の場合

フリー写真素材ぱくたそ

「食堂かめっち。」に電車でアクセスする場合の最寄駅は、JR津山線の「亀甲駅」となります。駅を出るとそのまま道なりに進み、美咲町役場の前の道を右、次の交差点を左、そして次を右に進みます。

そのまま道なりに進むと国道53号線に出ますので、そこを右に少し行くと美咲町物産センターがあります。そのセンターの後ろに「食堂かめっち。」のある中央運動公園があります。駅からは約1km、約15分の道のりです。

車の場合

Photo by rail02000

「食堂かめっち。」へアクセスする場合は、中国自動車道の「院庄I.C.」が最寄りとなります。I.C.からは約15分です。「津山I.C.」からでもアクセスは可能で、こちらの場合は車で約30分です。どちらの場合も国道53号線経由となります。

駐車場

Photo by iwazer

「食堂かめっち。」に車でアクセスする場合に気になるのが駐車場情報です。「食堂かめっち。」は中央公園内にあり、そこの利用者が無料で駐車することのできる駐車場を利用することになります。

駐車場は公園内に4か所、合計で70台分ものスペースがありますので、繁忙期でも駐車するのが難しいということはほぼありません。

住所 岡山県久米郡美咲町原田2155 中央運動公園内
電話番号 0868-66-1123(かめっち。の隣にある美咲物産)

岡山の「食堂かめっち。」でTKGをお腹いっぱい堪能しよう!見出し

フリー写真素材ぱくたそ

自然たっぷりの環境で美味しいTKGが堪能できる「食堂かめっち。」。おかわり自由なうえ、絶品のタレも複数用意してあるなど、わざわざ遠くから足を運ぶ価値大アリです。当日はたくさん食べられるよう、お腹を空かせて行きましょう!

投稿日: 2020年12月5日最終更新日: 2020年12月22日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote