地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

犬島の観光情報を紹介!アートプロジェクトが人気!アクセス方法は?

岡山県の犬島をご存知でしょうか。瀬戸内海の島が今大注目なんですが、そのたくさんある島の中の1つ犬島を今回ご紹介してみたいと思います。小さな島にたくさんの魅力がある犬島は観光として訪れれば素敵なアートやたくさんの自然に触れる事が出来ちゃいます。

瀬戸内海の犬山をご存知でしょうか?見出し

瀬戸内海に浮かぶたくさんの島々の中で「犬島」があります。有名どころで言えば小豆島や直島は知名度がありますよね。犬島は人口も約100人程で面積もディズニーランドの1.3倍程しかない小さな島ですが現在はアート作品もあり観光スポットとして人気を集めています。少し雰囲気をかえて自然に触れる事の出来るおすすめスポットなんです。

瀬戸内海の観光は島めぐりがおすすめ!海から見る絶景に出会える! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
瀬戸内海の観光は島めぐりがおすすめ!海から見る絶景に出会える! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アクセスの良い瀬戸内海の島観光。メインの島の近くには多くの無人島もあり、少し足を延ばすと手つかずの自然の森と海に囲まれた場所へ簡単に行く事も出来ますよ。それでは、温暖な気候と美味しい食べ物が豊富な瀬戸内海の島の観光と絶景スポットをご紹介します。

犬島の不思議な魅力見出し

犬島に訪れれば、そこは日常生活で味わえないような気分になれます。犬島にあるカラミ煉瓦づくりの工場跡地は現在から約100年前ほど前に10年間だけ稼働していた製錬所の建物があります。その建物は近代化産業遺産であり何だかタイムスリップしたような雰囲気が味わえます。自然豊かで1度は訪れてみたいスポットですよ。

犬島へのおすすめアクセス方法:直行編見出し

犬島へは意外にも簡単に行けるのでおすすめです。犬島へのアクセス方法をご紹介したいと思います。犬島へ行くためにはフェリーを利用しましょう。フェリーでアクセスする際には2パターンの方法がありますのでまとめてご紹介したいと思います。さっそく計画を立ててみてはいかがでしょうか。

岡山駅から岡山宝殿港へ移動する

まずご紹介する岡山駅からのアクセス方法をご紹介したいと思います。公共機関を利用するのが1番シンプルな行き方になります。JR岡山駅からJR西大寺駅までは20分そこから両備バス西宝伝バス停までは1時間弱で到着します。そこから徒歩5分程で岡山宝殿港に行くアクセス方法です。タクシー移動だと30分程度で行けますが電車バス移動は片道730円の予算で行けちゃいます。

岡山宝殿港から犬島へ

次に岡山宝殿港からはフェリー移動で犬島に向かいましょう。出発すると何と10分程で到着します。本州から犬島はとても近くにあるんです。フェリーに行くまでの交通時間がある分とても助かりますが、ここで気を付けたいのがフェリーには運行回数が決まっているので岡山駅から出発する場合はフェリーの出航時間を逆算して計画しましょう。少し時間に余裕をみたほうがおすすめです。

岡山宝殿港から犬島フェリー出航時間帯

岡山宝殿港から犬島へのフェリー運航は1日6回から8回となります。出航時間帯は6時台から8便です。また日曜日と美術博物館の休館日はフェリー出航最終便は17時になりますので日帰りでお越しの際はご注意しましょう。またフェリーのチケット代は片道300円でとても安く犬島へアクセスできる点もおすすめです。

犬島へのおすすめアクセス方法:島めぐり編見出し

犬島へ行くアクセス方法は2パターンあります。次にご紹介するのは瀬戸内海の島めぐりをしたいと思っている方は直島と豊島と犬島の3島を楽しめる方法のフェリーアクセス方法をご紹介したいと思います。それぞれの島の特徴や良い所を1日で回る欲張りコース!遠方からお越しの方はなかなか行ける機会も少ないのでたくさん楽しみましょう。

フェリー出航は宇野港から直島へ

まず欲張りコースとして3島を渡って犬島に行く方法です。有名どころである直島から出航致します。直島へ行く岡山の港は宇野港から直島に向かいましょう。ここで気を付けたいのは1日で3島を回るのであれば宇野港には早朝から出航し直島に行かなければスケジュール的に厳しくなってしまいます。満喫したいのであれば(6時15分と7時10分)発のフェリーに乗り直島へ向かいましょう。

直島から豊島へ

直島から豊島へ行く便は1日に2便しかありません。なので3島を観光する場合は少しハードスケジュールとなります。直島から豊島に出航する便は9時20分と11時55分になりますので豊島を観光するのであれば9時20分発の便で30分かけて豊島へ向かいましょう。豊島の滞在時間は2時間半程ですが12時25分発の最終便で犬島へ行きましょう。

豊島から犬島へ

直島・豊島・犬島へとアクセスした場合は犬島に到着するのは12時50分着になります。ハードスケジュールが苦手な方は直島でゆっくりして犬島へ向かう方法もあるので2島に絞ってみるのもいいかもしれません。直島から14時35分発は犬島への直行便で15時12分で50分程で到着します。自分に合った島めぐりを計画してみましょう。

香川・豊島の観光おすすめモデルコース!自転車でアートの島を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
香川・豊島の観光おすすめモデルコース!自転車でアートの島を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
瀬戸内の海に浮かぶ宝石の様な島・豊島、緑豊かで海の幸に恵まれた楽園の島をのんびりと自転車で観光してみるのはいかがでしょうか?おすすめしたいグルメスポットやなアート作品もたくさんあります。日帰りではちょっともったいない、豊島の観光名所をまとめてご紹介しましょう。

犬島精錬所の歴史見出し

犬島精錬所美術館のアートを観光する前に知っておいた方がいい歴史です。廃墟となった精錬所は見れば圧倒されてしまうような古い建物や煙突やカラミ煉瓦が特徴的です。明治42年1909年に開設されました。犬島は御影石の産地とされていて銅価格もピークでした。当時は最盛期は2000人を超える従業員がいて島の人口も5000人から6000人もいたそうです。

盛んだった犬島精錬所は大正5年(1916年)でピークを迎えます。そして第一次世界大戦が終息に向かうにつれて銅価格は一気に暴落してしまいます。ピーク時よりも半値まで落ちてしまいました。そして価格暴落と鉱石争奪戦によって1919年に操業停止で再建のめども立たすに大正14年(1925年)で廃止となりました。精錬所活動は10年間で終わってしまい、その後90年そのままで月日が流れ現在に至ります。

犬島の観光スポット:犬島精錬所美術館見出し

さて本題の犬島の1番の魅力であるアートプロジェクトプロジェクトを楽しみましょう。その前にチケットを購入しなければいけません。フェリーの港に到着すると犬島観光の窓口である建物でチケットを購入します。チケット当日券のみで現地でしか購入できません。チケット代は2060円で犬島全てを満喫できます。定休日は火曜日なので訪れる際には注意しましょう。

犬島精錬所美術館の素晴らしいアート

犬島精錬所の歴史を知った上で観覧すると歴史の重みが感じられます。美術館入り口の門をくぐれば所々に崩れ落ちた石畳や煉瓦の壁があります。本当にここは日本なのか?と言える様なスポットで、美術館内に入るまで歴史を感じる空間です。黒い煉瓦は「カラミ煉瓦」と呼ばれていて廃棄物で作られた独特な雰囲気が感じられます。独特なスポットなので映画やドラマのロケ地等で起用されています。

美術館館内にも凄いこだわりがあります。自然のエネルギーを利用し環境に負担をかけないと言うのがコンセプトとなっています。電気を使わなくても自然の明るさや空気の流れを最適に活用した造りとなっています。そしておすすめは三島由紀夫にちなんだアートが楽しめます。ちょっと不思議なアートが魅了されてとても人気です。

犬島の観光スポット:アートプロジェクト見出し

F邸は植物や動物がモチーフ

犬島は人口約100人程の小さい島ですが、集落にはたくさんのアートがちりばめられています。2010年から企画展示を目的としてたくさんのギャラリーが公開されました。F邸は動物や植物を想起させられるオブジェとなっています。坪庭から建物全体への空間を最大限に利用した作品は圧倒されます。犬島アートの人気オブジェなので是非観覧してみましょう。

S邸は透明アクリルオブジェ

次にご紹介するのは、S邸は透明アクリルの壁が連なったオブジェとなっています。さまざまな大きさの無数の円はレンズとなっていて、そこから除く景色は形の大きさで歪んで映しだされています。なんだかとても不思議な世界観が楽しめちゃうのでカメラショットとしても人気スポットとなっています。

A邸は色鮮やかな世界観

次にご紹介するA邸は驚くほど美しく魅了されるオブジェとなっています。多様な色の花びらが組み合わさっていて色鮮やかで見る人の刺激を一気に高めてくれる人気作品です。犬島の小さな集落にビックリするようなA邸が存在します。精錬所とは全く違う異空間の世界を体験できます。

犬島の観光スポット:海水浴場見出し

犬島は美術館やアートだけではありません。島の魅力である海水浴が楽しめちゃいます。時間が許す限り犬島を満喫したいのであれば犬島の西側の海水浴場でシーカヤックが体験できます。期間は4月から10月中旬まで行っていて1時間一艇300円と格安で使用できるので人気。カヤックをするのであれば事前予約や着替えなどの準備が必要となるので事前に予定に組み込んでおきましょう。

犬島の観光スポット:ゆっくりカフェタイム見出し

さて、美術館や集落のアート作品を楽しめばきっと歩き疲れてしまいます。少し休憩してみてはいかがでしょうか?犬島には4店舗のカフェや軽食が出来るお店があります。古民家を利用したtreesカフェ、港の傍にある在本商店、犬島精錬所美術館内にある精錬所カフェ、そして最初にチケットを購入した犬島チケットセンターカフェです。夏の暑い日にはかき氷が人気!

犬島で歴史やアートや自然を満喫しよう見出し

歴史とアートと自然が一気に味わえて楽しめちゃう犬島はとてもおすすめスポットなんです。瀬戸内海の島の中では知名度はまだそんなにありませんが、でも行ってみると「また訪れたくなってしまう」そんな魅力のある犬島です。カメラを持って犬島に旅をしてみませんか?小さい島ですが迫力が残る良い思い出になりますよ。

投稿日: 2017年8月22日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote