プラナカンとは?文化や料理・雑貨を紹介!おすすめレストランや雑貨店も!

2017年6月23日 (2020年9月6日最終更新)

シンガポールを訪れる際に知っておきたい「プラナカン」と「プラナカン文化」。プラナカンとはマレー半島に移住した中国・インド系の子孫のことです。今回は、現在も色濃く残る彼らが築いた文化や料理・雑貨、またおすすめのプラナカン料理のレストランや雑貨店をご紹介をします。

目次

  1. シンガポールに根付いたプラナカンと文化
  2. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる1
  3. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる2
  4. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる3
  5. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる4
  6. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる5
  7. プラナカン文化・料理・雑貨に触れる6
  8. プラナカン料理のおすすめレストラン1
  9. プラナカン料理のおすすめレストラン2
  10. プラナカンのおすすめ雑貨店1
  11. プラナカンのおすすめ雑貨店2
  12. 華麗なるプラナカン文化

シンガポールに根付いたプラナカンと文化

19379792 696146900575530 7849711766106800128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nooomiiik

プラナカンとは、15世紀からマレー半島に移住した中国系やインド系の人々が現地の女性と結婚し生まれた子孫のことを指します。彼らは中国・インドやマレーの文化、ヨーロッパの文化に影響を受け、独自の文化を築き上げました。今回は、プラナカンの文化や料理・雑貨、またおすすめレストランや雑貨店をご紹介します。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる1

建築

19367234 115692375699130 4962060761716228096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
suzuhiro_77

マレー半島に住み着いたプラナカンは、イギリス統治時代のシンガポールで貿易や農園経営で財をなし、その財力で様々な華やかな文化を生み出しました。建築物もその一つで、プラナカンは東西文化の建築様式を取り入れた独特な住居を建築しました。現在も、シンガポール市内に「プラナカン建築」とよばれる伝統的な建物が残っており、人々が生活を営んでいます。

19228137 1434556016624329 546600095257198592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
t_nobuko

プラナカン建築はピンク・ブルーやグリーンなどのパステルカラーの外壁が目を引く美しい建物です。間口が狭く奥行きがある中国の建築様式をベースに、柱や窓には西洋の建築様式の特徴が見られます。荘厳な柱、アーチ窓の周囲を飾る花模様のモチーフや色とりどりのタイルが埋め込まれた外壁など、華やかな外観は見る人を魅了します。一階が店舗、二階が住居の建物を特に「ショップハウス」と呼びます。

18298587 291336657983224 3808610271757336576 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sotaroiwabuchi

プラナカン建築の中には中国風の屋根瓦やインド的なデザインを盛り込んだものもあり、一見不釣り合いな東洋と西洋文化が見事に融合した建物になっています。プラナカン建築群は、カトン地区のジョー・チアット・ロード周辺、チャイナタウンに近いニール・ロード周辺、ニール・ロードの南のブレア・ロードやオーチャード・ロードにほど近いエメラルド・ヒルで見ることができます。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる2

プラナカン料理とは

プラナカンは、多様な食文化を組み合わせ、複雑で手が込んだ独自の食文化も生み出しました。プラナカンの男性は「ババ」、女性は「ニョニャ」と呼ばれたため、「ニョニャ料理」とも言い、主に中華料理の食材に、マレー料理の味付けをした、見た目は中華、味はマレー料理という複雑で手の込んだ料理です。

14574164 156026931552045 5939978687066669056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
boynup

味付けにはスパイスを多用しますが、マレー料理の特徴であるココナツミルクやレモングラス、パンダンリーフなどのハーブをふんだんに使うため、スパイシーだけれど優しくて深い味わいがします。現在も、各プラナカンの家庭で先祖代々「家庭料理」として受け継がれています。

代表的な料理:クエパイティ

12338805 1092143817483496 557892327 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rinjo0529

サクサクのパイ生地のカップの中に、甘辛く煮た根菜類を入れ、卵や海老などをトッピングした料理です。カップと中身の異なる食感が面白く、上にかかったチリソースが全体の味を引き締めています。プラナカン料理を代表する料理で、レストランでは前菜に、屋台でも目にすることができる料理です。

サンバルウダン

11356716 394034520796348 1962981391 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
curryfield

日本でいうエビチリですが、乾燥エビをベースにした激辛チリ「サンバル・ブラチャン」入りのソースを絡めるため、かなりスパイシーな料理です。このチリソースにはスターフルーツも使用します。そのため、辛味に甘味と酸味が加わり、エビを引き立てる絶妙なバランスの味の料理に仕上がっています。エビはシンガポールでも高価な食材なのでお祝いの席の料理として欠かせない一品です。

サンバルカンコン

19367538 772118392971114 1053891335561412608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
igazo53

アジア料理でよく口にする空心菜(カンコン)をサンバルブラチャンで炒めた料理です。乾燥エビやニンニクなど香り豊かな食材と空心菜を、サンバルブラチャンや砂糖、調味料で味をつけます。香ばしくスパイシーな香り、空心菜のシャキシャキとした食感に後を引く辛さがくせになります。サンバルカンコンは屋台で見られる料理のため、手軽に味わえることが出来るプラナカン料理です。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる3

ビーズ刺繍

16908585 1010898359009864 4820724112538206208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
flaut_clair

プラナカン文化は日用雑貨にも及びます。その一つがビーズ刺繍です。中国のシルク刺繍やインドの金銀の糸を使用した立体感のある刺繍といった東洋の技術に、ヨーロッパのガラスビーズとイギリスのクロスステッチを合わせたことで精巧で美しいビーズ刺繍が生まれました。一針一針、手縫いで縫われたビーズ刺繍はプラナカン文化を代表する工芸技術となっています。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる4

陶器

18809469 1981883792044497 2919614679288381440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
iammaro629

「ニョニャ・ウェア」と呼ばれるプラナカンの陶器は、19世紀に、主に中国の景徳鎮でプラナカン用に特注で製造し、輸入されたものです。中国のシンプルな陶器と対照的な鮮やかなパステルカラーで彩色された陶器は、プラナカンの華やかな文化を象徴する存在だといえます。財力のある家ではオリジナルデザインの陶器を作らせたといい、プラナカンの栄華を感じます。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる5

プラナカンタイル

18095429 111499476036003 1331560520276246528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shikachi14789

プラナカンの住居を訪れた際、室内外にある華やかでかわいいタイルに目が奪われます。このタイルは19世紀に東インド会社によって輸出された西洋のタイルで、プラナカンも好んで住居の随所に取り込みました。これらの装飾タイルを「プラナカンタイル」と呼びます。草花や鳥があしらわれた、この美しい装飾タイルにもプラナカンの歴史を垣間見ることができます。

プラナカン文化・料理・雑貨に触れる6

サロンケバヤ

14128926 171468943262416 402828746 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tyautyaubaby

プラナカン女性の伝統衣装を「サロン・ケバヤ」といいます。「ケバヤ」は精巧な刺繍が施された美しいブラウスを、「サロン」はバティックの腰布のことを指します。ニョニャはこの美しい衣装と宝飾品を身に着け暮らしていました。「サロン・ケバヤ」はシンガポール航空の制服に採用されていることでも有名です。

プラナカン料理のおすすめレストラン1

トゥールー・ブルー・キュイジーヌ

17333316 1268303653250212 1800840642880864256 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_kakunodate

プラナカンが経営する本格プラナカン料理の専門店です。「シンガポールのベストレストラン」に雑誌で何度も選出されている有名店で、常に観光客や地元の人で賑わっています。店内は伝統的なプラナカンの調度品が随所に並び、上品で洗練された雰囲気です。おすすめの料理はブラックナッツと鶏肉を煮込んだアヤムブラクルアです。博物館そばにあるので観光にも便利な立地にあります。

住所:49 Armenian St,179937
電話番号:6440 0449

プラナカン料理のおすすめレストラン2

ブルー ジンジャー

15803711 1813762335542046 6575004947698417664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aquaaquahouse

タンジョン・パガー通りのプラナカン建築群の一画にあるプラナカン料理の有名店です。おすすめは「アヤム パンガン」。スパイシーに味付けし焼き上げた鶏肉の上にココナツミルクで甘さとこくを出したソースをかけた料理です。他にもシーフード料理もあり、珍しいメニューが並んでいます。日本のガイドブックでも紹介される人気店なので予約がおすすめです。

住所:97 Tanjong Pagar Rd
電話番号:6222-3928

キャンドルナッツ

17075806 855986247882680 176045284919345152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mystyleguy

ミシュランの星を一つ獲得した店で、斬新にアレンジしたプラナカン料理を頂ける話題店です。プラナカン料理は複雑な工程と手間暇がかかるのも特徴ですが、その工程を削ることなく、よりモダンに仕上げられた料理の数々はどれも絶品です。おすすめはプラナカン料理でよく使われるブラックナッツの煮込みを使った「ブアクルア(ブラックナッツ)」のアイスクリーム。ここでしか味わえない一品です。

住所:Block 17A Dempsey Road, Singapore
電話番号:304 2288

プラナカンのおすすめ雑貨店1

ルマービビ

13473124 1709946262603035 1550092612 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yummmyn

カトン地区にある鮮やかなブルーが印象的なプラナカン雑貨店です。1928年創業の有名ショップで、外観、内装とも伝統的なプラナカン様式となっています。店内には手作業で刺繍したビーズサンダルや、色鮮やかな陶器など、見るだけで心惹かれるプラナカン雑貨が所狭しと並んでいます。

住所:113 East Coast Road, Singapore 428803
電話番号:6247 8781

プラナカンのおすすめ雑貨店2

ルマー・キム・チュー

14676487 1250128618387552 2218294112384188416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shiho_takechi

プラナカン菓子店「金珠」の隣にある2階建てのお店です。1階は鮮やかなパステルカラーのプラナカン陶器や精巧なビーズ刺繍のサンダル、プラナカンタイルマグネットなどの雑貨が。プラナカンタイルが張られた階段を上り2階に行くと、プラナカンの住居の一室のような店内に、美しい刺繍のストールなどの服飾品が販売されています。

住所:111 East Coast Road, Singapore 428801
電話番号:6741 2125

華麗なるプラナカン文化

19379860 308927972897060 3923298856476868608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
momo.shou1212

プラナカンの文化・料理や雑貨、おすすめレストラン・雑貨店情報はいかがだったでしょうか。シンガポールといえば近未来的な建築やアラブ・インド・中国文化の各々が独立した街並みが有名ですが、実はプラナカンの人々が独自に築いた伝統が今も街の随所に息づく国です。今回の情報を参考にシンガポールの街並みを散策してみてください。

Mig?1497836506シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)は世界遺産!見どころはオーキッド園! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールにある「シンガポール植物園」は、鮮やかな熱帯の植物が豊かに茂る魅力一杯の植物園で...
Img 0?1497407660シンガポール・シティ・ホールの博物館・美術館を紹介!切手やアジア文明なども! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
たくさんの魅力が詰まったシンガポール。そんなシンガポールの、博物館や美術館でちょっと時間を過...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
はるむぎ

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

シンガポール・チャンギ国際空港の新着のまとめ