地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シンガポールの言語!歴史から見えてくる4つの公用語とは?

シンガポール旅行を計画中ですか?言語や公用語が気になる人も多いと思います。シンガポールの公用語や歴史からみた言語の特徴、英語や中国語はどのくらい通じるのかなどをご紹介いたします。ぜひ、シンガポール旅行のご参考にしていただければ幸いです。

シンガポールの言語をご紹介!見出し

シンガポール旅行を計画中ですか。シンガポールの言語が何が通じるのか気になるところではないでしょうか。その他にもシングリッシュもあり、聞きなれない言葉が多いので戸惑うと思います。今回は、シンガポールで使われる言語や歴史からわかる英語、中国語やマレー語などの公用語についてご紹介いたします。

シンガポールの電圧・電源プラグについて解説!旅行に役立つ便利グッズも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールの電圧・電源プラグについて解説!旅行に役立つ便利グッズも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポール旅行では、電圧や電源プラグの変換が必要なのをご存知でしょうか。また、便利グッズを探されていますか?今回はシンガポールの電圧事情と、対応方法をご紹介します。電圧の解説や便利グッズのご紹介もいたいします。ぜひ、安全で快適な旅行を楽しんでください。
シンガポールへの飛行時間は?日本との時差・距離・行き方を徹底解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールへの飛行時間は?日本との時差・距離・行き方を徹底解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポール旅行をご計画中ですか?シンガポールは近年旅行先としてますます人気ですが、飛行時間や日本との時差、距離はご存知でしょうか。今回は、直行便や乗継などの飛行時間や行き方について調査しました。ぜひ、ご旅行を楽しんできてくださいね。

シンガポールの公用語は4つで国語は1つ?見出し

シンガポールの公用語は4つあり、マレー語、英語、中国語、タミル語となっています。公的には英語が多く、一番ネイティブの話者が多いのは7割を超える中国語のようです。英語は教育政策によるもので、全体的に通じます。ただ、中国語は非常に話されていますし、さらに英語と中国語まで混じったシングリッシュと呼ばれる英語まであるんです。

歴史を振り返ると、かつて小さな漁村だった時代から世界の貿易港となるまで、マレー文化や中国文化をはじめ、東インド会社のイギリス帝国文化、インド文化など多様な文化がそれぞれ独立しながら調和してきました。そのため言語も様々な多文化多国籍社会として発展してきました。

宗教も4つ?

仏教、道教、イスラム教、ヒンディー教、キリスト教など宗教も多様で、それぞれの祝日やお祭りが盛大に開かれます。建国記念日が国中をあげて一番盛り上がりますが、チャイナタウンやリトルインディアなど様々な街年中盛り上がっています。観光客も多いですが、やはり英語が一番通じるようです。

タクシーでは英語?

タクシードライバーは中華系の人が多いですが、アラブ系やインド系の人もいます。しかし、シンガポールではシンガポール人でなければタクシードライバーになれません。そのため、英語は通じますし、対応もしてくれます。日本人に慣れた人や親日家もいれば、通じにくい人もいます。「ニーハオ」や「謝謝」などと最初にあいさつをすると英語が通じることもあります。

シンガポールのタクシーの乗り方は?料金・チップ・注意点などを解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールのタクシーの乗り方は?料金・チップ・注意点などを解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールへ旅行に行ったら、タクシーでの移動がとても便利です。でも海外ですから、日本とは少々違うところも。タクシーの捕まえ方、目的地の伝え方、料金やチップはどうするのかなどなど、不安もいっぱいです。シンガポールのタクシーの正しい乗り方や注意点をご紹介します。
シンガポール・時差はたった1時間!通貨に気候など基本情報や魅力を詳細に解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポール・時差はたった1時間!通貨に気候など基本情報や魅力を詳細に解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは、魅力いっぱいの人気観光地です。旅行で訪れる前に、時差、通貨、気候などの基本情報をしっかり把握しておきましょう。下準備を万全にしておくと、とても充実した滞在になります。シンガポールの時差や通貨そして気候を中心とした様々な基本情報をご紹介します。

シンガポールの言語と公用語1:「マレー語」見出し

中国やマレー半島からの文化で成り立っているので、マレー語が母語です。歴史をみるとマレー語はマレー半島の一部であった時代から使われていますし、現在、唯一の母語です。マレーシア語は柔らかい響きが特徴です。マレー系民族やマレーシアとシンガポールのつながりは歴史的に強いです。

イスラム教徒も多く、祝日やお祭りも守られています。文化もマレーと中華の融合したプラナカン(ニョニャ)文化が伝統文化です。2017年9月には初の女性大統領が就任、マレー系(インド系も混じる)だという事です。基本的にはマレーシアの一部だったという感覚です。マレー系の人も、英語が通じるというよりはとても流ちょうなんです。

シンガポールのお土産のおすすめは?人気の雑貨やお菓子をランキング! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールのお土産のおすすめは?人気の雑貨やお菓子をランキング! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは観光客が多く、そのため、たくさんのお土産の品があります。特に、お菓子や雑貨類の種類は多く、メジャーなものから珍しいものまで様々あります。そこで今回はおすすめのシンガポールのお土産をランキングベスト18で紹介します。
ホーカーズ・シンガポールの屋台村で格安グルメを楽しもう!おすすめはどこ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ホーカーズ・シンガポールの屋台村で格安グルメを楽しもう!おすすめはどこ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールのホーカーズについてご紹介します。ホーカーズとはシンガポール政府が管理する屋台村の事です。東南アジアの屋台で気がかりな衛生面も、ランク付けが施され万全の体制が敷かれています。キレイ好きな日本人にとっては、安い、キレイ、ウマいグルメスポットです。

シンガポールの言語と公用語2:「英語」見出し

シンガポールの言語で公用語の1つは英語です。歴史的にもイギリス帝国時代から使われている他、英語は外国企業を誘致しやすくするために公用語となためけ経済が繫栄したそうです。英語以外にも様々な外国語教育が行われ、英語が苦手なシンガポール人もいますし、家庭によってはマレー民族などの言葉や中国語の方言をメインに生活しています。

シンガポール人の英語力と識字率

ただ、英語の識字率が7割を超える現在、英語が第一言語や家庭で一番使用する言語になっている若者が増えており、その事が若いシンガポール人のアイデンティティにもなってきているようです。現在はシンガポール人の3割は家庭でも英語を話しているようで、ここ20年で3倍近くになりました。各民族というよりは、シンガポール人という意識を強くしているようです。

混じる言語

最先端の事柄や世界的な問題は英語で話し合われるので、若い人や高学歴の人ほど就職でキーになる英語にこだわり、子どものころから塾も盛んです。ただ、中国系の国民が7割を超えており、標準中国語やマンダリンが公用語なので、英語と中国語の両方が完璧な人が多いです。

英語の種類は主にイギリス英語でしたが、テレビや文化の流入により、アメリカやオーストラリアの英語も混じっ実際に、島内には英米やオーストラリア、カナダなどのインタナショナル・スクールがありますし、外国人の子どもも多いです。そして、シングリッシュというのは、文法的に似ている両言語やその他の言語が混じった言葉なのです。

シングリッシュ

シングリッシュの特徴は、主語やto、be動詞などを省略したり、動詞の時制を意識しない、複数形のsを省略するなどがあります。「can, can.(できますよ!構いませんよ!)」など、同じ言葉を繰り返して語調を和らげるのが特徴です。また、シンガポールの駅名を見ると、様々な言語が混じっているのがわかります。

シンガポールの言語と公用語3:「中国語」見出し

標準中国語であるマンダリンや北京語の他、中国語の方言は多様なので、福建語など南部の方言の人もいます。中国語は幼稚園や学校などでは英語と同じくらい重んじられており、親の母語に関わらず、熱心に教育が進められます。幼稚園から両言語の読み書きが始まる所もあります。

中国人でも英語しか読めないという人もいますし、中国語の作文が苦手という人も多いようです。文法は英語と語順が多少似ていますし、発音も中国人なら英語は簡単に感じるようですので、会話には困らないようです。また、フィリピン人住み込みヘルパーでも英語だけではなく中国語をマスターしている人もいますし、中国語はシンガポールでは実際に非常に便利です。

シンガポールの言語と公用語4:「タミル語」見出し

さらに、以前からリトルインディアなどのコミュニティをもつインド人の間では、タミル語というインドの方言が最も多く使われているため、シンガポールでは公用語として採用されています。駅のアナウンスやテレビなどで耳にすることができますので、一度聞いてみてはいかがでしょうか。ただ、タミル語で話しかけられることはないというイメージです。

タミル語は、世界で18番目に話者の多い言語で、ドラヴィダ語族の言語です。南インドで隔離的に話されているため、インドでもわかる人と分からない人にはっきりと分かれるようです。インドに22の公用語がある中で7400万人の話者がいて、スリランカとシンガポールでは公用語です。1998年に日本で大ヒットしたインド映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」で注目されました。

シンガポールグルメおすすめレストランをランキング!名物料理は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールグルメおすすめレストランをランキング!名物料理は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは、多くの民族の異なる人々が集まっており、地域によって雰囲気もグルメも異なる国なんです。そんなシンガポールにはたくさんのおすすめのグルメがあります。今回はそんなシンガポールグルメのおすすめレストランをランキングで紹介します。
シンガポール観光おすすめスポットランキング!今ホットなのはどのエリア? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポール観光おすすめスポットランキング!今ホットなのはどのエリア? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんはシンガポールを旅したことがありますか?グルメや観光でも話題のシンガポールですが、せっかく訪れるならランキング上位のスポットはもちろん、知る人ぞ知る未知な観光エリアにも足をのばしてみたいですね。そんなシンガポールの魅力をランキング形式でお届けします!

シンガポールのその他の言語で非公用語「シングリッシュ」見出し

シンガポールはシングリッシュが難しいという話を聞いたことがある人も多いと思います。シングリッシュとは、シンガポールとイングリッシュをかけた造語で、簡単にいうとシンガポールならでは英語という事になります。ちなみに、日本人英語なら「ジャパニグリッシュ」になるそうです。

シンガポール人同士ではよく使われる、このシングリッシュに悩まされる日本人はじめ外国人は多いようです。このため、シンガポールはシングリッシュしか話されていないとか、英語が分かりにくいといったイメージです。ただ、シンガポールの英語力は教育により世界的にもトップクラスで完璧な英語を話す人も多いです。

それもそのはず、政府はシングリッシュをなくして完璧な英語にしようとしているため、公的な場ではシングリッシュを使ってなならないことになっています。分からなくても英語で問題ありません。シンガポール人も使い分けが完ぺきとはいえないまでも上手です。

シンガポールのホテルおすすめランキング!人気の高級五つ星から格安の宿も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールのホテルおすすめランキング!人気の高級五つ星から格安の宿も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
見所も多く、近年益々人気が高まってきているシンガポール。今回は、人気の高級五つ星ホテルから、格安のホテルまで、シンガポールでおすすめしたいホテルをランキング形式にてご紹介させていただきます。シンガポール旅行の参考にしてください。
シンガポールMRT(地下鉄・電車)の乗り方!料金やチケットの種類など説明! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールMRT(地下鉄・電車)の乗り方!料金やチケットの種類など説明! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールへ出張や観光で行かれる方が少なくないと思います。なかでも、MRTを使うことが多いのではないでしょうか?今回は、シンガポールのMRTの乗り方やICカード、チケットの料金、観光に便利なチケットなどをご紹介いたします。

シンガポールで耳にする言語1:「タガログ語」見出し

これまでご覧いただくと、公用語が4つもあり、シングリッシュもある、というイメージですが、それ以外にも、労働者で多いフィリピン人の母語もよく耳にします。何語かなと思われるかもしれませんが、祖国つながりのコミュニティーがあるので、そこではまず母国の言葉を話すようです。英語はアジアン英語ですがきれいです。

シンガポールで耳にする言語2:「インドの方言」見出し

歴史的にもインドからの労働者が多いですが、タミル語でない人も多いです。例えばインドでは母語といっても方言が多数あるので、各地から来ている人同士ではお互いにわからないことも多いため、英語も使われているようです。シンガポール人のインド系の国民と、外国人労働者や駐在員として来ているインド系の人は国籍なども異なります。

シンガポールで耳にする言語2:「インドネシア語」見出し

歴史的にも地理的にも緊密で、現在はインドネシアかヘルパーやメイドとして出稼ぎに来ている女性が多いです。さらに、マレーシア語とインドネシア語は似ていますが、いくつかの単語の意味が異なりますし、方言は通じません。一方、インドネシア人はマレー語が聞き取りにくいようです。宗教もイスラム教徒が多いという共通点もあります。

シンガポールの物価は本当に高いのか?それとも安いのか?日本との比較をまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールの物価は本当に高いのか?それとも安いのか?日本との比較をまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールと日本の物価を徹底比較!何が高くて、何が安いのか。はじめて訪れる国は分からないことだらけですよね。シンガポールは観光目的によって物価が変わりやすい国でもあります。未来都市シンガポールの物価を是非ご参考ください!

シンガポールでは様々な言語を耳にする見出し

シンガポールの言語はいかがでしょうか。シンガポールでは英語が通じるので安心されたのではないでしょうか。通じるといっても、相手も英語ネイティブではない事も多いので、できるだけ簡潔明瞭を心がけましょう。そのうえで、地下鉄内のアナウンスなど、多様な言語社会に触れられるのが魅力です。ぜひ、シンガポール旅行を楽しんでください。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote