地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

エスプリドビゴが自由が丘にある!美味しいカフェベーカリーは食べ放題も!

自由が丘にあるカフェ併設の一軒家ベーカリー「エスプリドビゴ」をご紹介します。日本でフランスパンを広めた第一人者、フィリップ・ビゴ氏のもとで修業を積んだ藤森二郎シェフが経営するエスプリドビゴ。毎週月曜日開催、パンとケーキが食べ放題のビュッフェもおすすめです。

エスプリドビゴは自由が丘の絶品ベーカリー見出し

「エスプリドビゴ」は、自由が丘駅から徒歩8分ほどの場所にあるカフェ併設の一軒家ベーカリー。毎週月曜日に行われる美味しいパンとケーキの食べ放題ビュッフェが大人気です。そこで、カフェベーカリー「エスプリドビゴ」の美味しいおすすめメニューをご紹介します。

自由が丘ケーキランキングTOP17!おすすめの美味しい人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
自由が丘ケーキランキングTOP17!おすすめの美味しい人気店は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
おしゃれで洗練されたカフェやスイーツ店が軒を連ねる自由が丘。アート作品のような素敵なケーキもたくさんあります。そこで自由が丘にある人気のケーキ屋さんを、ランキング形式で17店選んでみました。自由が丘で、美味しいケーキを満喫しましょう!

自由が丘・エスプリドビゴはどんなお店?見出し

日本でフランスパンを広めた第一人者といわれるフィリップ・ビゴ氏。ビゴ氏が神戸芦屋にオープンした「ビゴの店本店」で修業を積んだ藤森二郎氏が、暖簾分けを許されたお店がカフェベーカリー「エスプリドビゴ」です。

カフェ併設ベーカリー「エスプリドビゴ」は、1階がベーカリー、2階がカフェ。カフェでは、9時から10時までは朝のパン・サービス「ル・マタン」、11時から14時は「ランチ」、毎週月曜日の14時30分から16時は食べ放題のビュッフェを楽しむことができます。

パンとスイーツが食べ放題のビュッフェ「プティパンとプティスイーツのビュッフェ」は、ビュッフェとは思えないクオリティの高さで大人気。営業時間は7時から19時、定休日は水曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)です。

住所:東京都世田谷区玉川田園調布2-13-19 電話番号:03-3722-2336

自由が丘・エスプリドビゴのシェフ見出し

カフェベーカリー「エスプリドビゴ」のシェフ・藤森二郎氏は、横浜のパティスリーを経て、フィリップ・ビゴ氏の門を叩きました。4年間の修業を通じてパン作りの基本やフランスの食文化、フィリップ・ビゴの精神を修得し、ブーランジェ(パン職人)に転身。1984年には「ビゴの店」東京進出一号店となる「ドゥース・フランス」のシェフ兼支配人に就任しました。

1989年にフィリップ・ビゴ氏より暖簾分けをして独立。同年(株)ビゴ東京を設立、「ビゴの店」鷺沼店をオープンしました。1999年に自由が丘「エスプリドビゴ」、2000年に港南台高島屋「トントン・ビゴ」、2003年に玉川高島屋S・C「オ・プティ・フリアンディーズ」、2011年に鎌倉「モン・ペシェ・ミニョン」をオープンして、5店舗のオーナーシェフを務めています。

フランス伝統菓子の普及と継承を目的とする団体「クラブ・ドゥ・ラ・ガレットデロワ」を設立し、副会長に就任。2004年には「フランス料理アカデミー日本支部」に日本人ブーランジェとして初めて入会を認められました。

2006年、日本人ブーランジェとして初めて「農事功労章シュヴァリエ」をフランス政府より受章しました。「NHKきょうの料理」や「ソロモン流」などメディアにも出演、「エスプリドビゴの12ヶ月」や「フランスパン」ほか著書多数。パン職人育成のほか、小学生への「味覚の授業」にも力を入れています。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめフランスパン見出し

カフェベーカリー「エスプリドビゴ」のフランスパンは、小麦粉とイースト、塩、水のみを使用し、発酵による小麦粉の味わいがしっかり感じられるパン。エスプリドビゴでは、パンの種類に合わせて、フランス産小麦やカナダ産小麦などの組み合わせを調整しています。

おすすめの「バゲット」は、薄くパリッとしたクラストと、大小不揃いの気泡ができた柔らかいクラムが特徴。バゲットより太めの「バタール」は、柔らかいクラムの部分が多いフランスパンです。パン・トラディショネルの代表格「パリジャン」は、もっとも長くて太く、食べ応えがあるフランスパン。

フランス産小麦を使用した「バタール・スペシャル」は、パリッとしたクラストともちもちのクラムが美味しいフランスパンです。「バゲット・スペシャル」もフランス産小麦を使用したバゲット。しっかりとしたクラストが特徴で、フランスでは日常的に食べられているバゲットです。

「ムッシュ・ビゴ」は先端の歯ごたえが香ばしいパン。天然酵母・ルヴァンを使用した「パン・オ・ルヴァン」もあります。「セーグル・オーベルニュ」はライ麦を98%使用し、もちもちとしたクラムが美味しいパン。くるみとレーズンを練り込んだセーグルパン「セーグル・ノア・レザン」や、いちじくを練り込んだフランスパン「フィグ」も人気です。

「オリビエ」は、塩漬けのグリーンオリーヴを練り込んだフランスパン。和のテイストを取り入れた「大納言」は、大納言の優しい甘みがクセになるパンです。「エピ・ベーコン」は、噛めば噛むほど旨味があふれる、エピ(麦の穂)をかたどったベーコン入りのパン。「ペイザン・フリュイ」は、ドライフルーツとくるみを練り込んだプチ・バゲットです。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめパン・ド・ミ見出し

「パン・ド・ミ」は、型に入れて焼き上げるパンのこと。長時間発酵させたエスプリドビゴの「パン・ド・ミ」は、もっちりとしたクラムと、さっくりとしたクラストが特徴です。サクサクと軽い食感のクラム、カリッと香ばしいクラストの「パン・ド・ミ・アングレ」は、トーストにぴったりのパン。「レーズン・ブレッド」も人気です。

自由が丘のチョコレート店はどこがおすすめ?話題の海外ブランドが人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
自由が丘のチョコレート店はどこがおすすめ?話題の海外ブランドが人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハイクオリティなスイーツ店が集まる自由が丘には、チョコレート専門店もたくさん。熟練の技を駆使してショコラティエが生み出す一粒のチョコレートは美しく、まるでひとつの宇宙のよう。日本に初上陸したフランスの有名店など、自由が丘にあるチョコレートのお店をご紹介します。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめヴィエノワズリー見出し

エスプリドビゴの人気ヴィエノワズリー「洋梨のデニッシュ」は、洋梨の形をしたデニッシュ生地の上に、カスタードクリームと洋梨をたっぷりのせたみずみずしい一品です。「クロワッサン」は、発酵バターの濃厚な香りが大人気のパン。お食事にもティータイムにもぴったりです。

ハムとホワイトソースをサンドしてチーズをのせて焼いた「クロック・ムッシュ」は、フランスでは定番のメニューです。「ダノワーズ・チェリー」はデニッシュ生地にダークチェリーをのせたパン。「ペッシュ」は、桃をかたどったデニッシュに白桃半分をまるごとのせた贅沢なヴィエノワズリーです。

キュートなフォルムが目を引く「ショソン・ポム」は、煮詰めたりんごをサクサクのパイで包んだパン。「パン・ペルデュ」はフランスパンに特製ソースをたっぷり染み込ませたフレンチ・トーストです。

「スーリー・ペペ」は、おじいちゃんねずみのぺぺが孫をおんぶしているキュートなクリームパンです。ほのかな甘みのミルクパンに練乳クリームをはさんだ「ヴィエノワ・ミルク」は、子どもや女性に人気のヴィエノワズリー。

自由が丘のスイーツ人気店17店!おしゃれな焼き菓子はお土産に人気 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
自由が丘のスイーツ人気店17店!おしゃれな焼き菓子はお土産に人気 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スイーツ激戦区・自由が丘には、まるで芸術品のように素敵なスイーツのお店がたくさん。ワクワクするようなケーキ屋さんがいっぱいで、どのお店に入ろうか迷ってしまいますよね。王道のスイーツ店から地元民御用達のケーキ屋さんまで、自由が丘のスイーツ店をご紹介します。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめプティ・ガトー見出し

毎日丁寧に手作りしているエスプリドビゴのプティ・ガトー。暮らしに小さな彩を添える、宝石のように美しいビゴのケーキはいかが。大人気の「いちごのショートケーキ」や、いちごをのせたチーズケーキ「フレーズ・フロマージュ」、カスタードクリームをたっぷり使用したいちごのケーキ「フレジエ」など、いちごがメインのケーキバリエーションが豊富です。

「シブースト」は、キャラメリゼしたクリームとりんごの組み合わせが美味しいケーキ。「タルト・タタン」は煮詰めたりんごをたっぷり使った濃厚なケーキです。エスプリドビゴの定番メニュー「ルレ」は、上品な甘さのフルーツのロールケーキ。伝統菓子「クレーム・ブリュレ」は生クリームの美味しさを引き出した一品です。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめ伝統菓子見出し

長い歴史を経て伝承されてきた、その土地ならではの個性があるフランス菓子。フランス菓子に対する藤森シェフの熱い想いをのせた、さまざまなフランス伝統菓子を味わうことができます。日本でも大ブームとなった「カヌレ」は、ボルドー地方の伝統菓子。その火付け役となったエスプリドビゴのカヌレは、外はカリッと中はもっちりの大人気商品です。

「王様のお菓子」という意味の「ガレット・デ・ロワ」は、本場フランスでは新年に味わう伝統菓子。サクサクのパイの中にアーモンドクリームを閉じ込めた味わい深いパイで、フェーブと呼ばれる小さな陶器が入っています。切り分けたときにフェーブが入っていたら一年を幸せに過ごせるそうです。

「シュトーレン」の正式名称は「クリストシュトーレン」。クリスマスに味わうお菓子としてドイツで誕生しました。シュトーレンの名前は、神にささげた聖なる円柱Stuloに由来すると言われています。たっぷりのドライフルーツとスパイスを練り込んだ「シュトーレン」は、薄くスライスしたものを、温めてまたは冷やして食べると美味しいそうです。

「タルト・タタン」は、ソローニュ地方ラモット・ブヴロン村にある「ホテルタタン」で生まれたりんごのタルトです。できたてのりんごのタルトを、タタン姉妹が誤ってひっくり返してしまったことから偶然できたお菓子と言われています。煮詰めた甘酸っぱいりんごが後を引くお菓子です。バニラアイスやサワークリームなどを添えてもGOOD。

自由が丘・モンブラン!日本発祥の老舗で食べられる栗のケーキまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
自由が丘・モンブラン!日本発祥の老舗で食べられる栗のケーキまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
人気スイーツ店がたくさんある町自由が丘。そんな自由が丘でおすすめのスイーツといえば、栗がふんだんに使われたモンブランです。実は日本で初めてモンブランを作った、発祥のお店があるのがこの自由が丘。そんな老舗店おすすめのモンブランを紹介します。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめアントルメ見出し

「ガトー・フレーズ」は、しっとり焼き上げたスポンジと丁寧に作った生クリームが美味しいいちごの生デコレーションケーキです。「プティ・フルール」はパーティーにぴったりなひとくちサイズのケーキの詰め合わせ。いちごをたっぷり使った「タルト・フレーズ」はエスプリドビゴ一番人気のタルトです。

しっとりサクッとした食感のタルト生地に洋梨をのせた「タルト・オ・ポワール」は、みずみずしくさわやかなタルト。「ペッシュ・ド・ヴィーニュ」は優しい酸味と上品な甘みを持つ赤もものタルトです。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめ焼き菓子見出し

エスプリドビゴでは、シンプルで美味しい焼き菓子も味わえます。フランスのお母さんたちによって受け継がれてきた美味しい焼き菓子を、上質な素材を使用してひとつひとつ丁寧に手作り。フランス定番菓子の「マドレーヌ」は、貝殻のフォルムがかわいいお菓子です。セザム」は黒ごまを使用した和テイストのクーヘン。

人気の「フィナンシェ」は、ショコラ味と抹茶味の2種類。アーモンドが香るメレンゲのお菓子「ダッコワーズ」は、サクッとふんわりした食感がクセになるお菓子です。カリカリとした歯ごたえが楽しめる「クロッカン」はメレンゲ菓子。バター香る「ガレット・ブルトンヌ」はフランス・ブルターニュ地方の伝統菓子です。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめマカロン見出し

ころんとかわいいフォルムの「マカロン」は、誰からも愛される幸せのスイーツ。エスプリドビゴのマカロンは、味のバリエーションが豊富です。宝石箱のようにカラフルで心踊るマカロンがいっぱい。

「ピスタチオ」「フレーズ(いちご)」「バニーユ(バニラ)」「ショコラ」「ミルティーユ(ブルーベリー)」「柚子」「ペッシュ(赤もも)」「オランジュ(オレンジ)」「セザム(黒ごま)」などの味が揃っています。

自由が丘・エスプリドビゴのおすすめジュレ見出し

夏にぴったりの涼しげなフランス風ゼリー「ジュレ」もエスプリドビゴの定番商品。冷蔵庫で冷やしても、凍らせても楽しめる人気のゼリーです。「青りんご」「ラ・フランス」「ライチ」「マンゴー」「グレープフルーツ」「しそ梅」「ネクターヴィーニュ(赤もも)」「フランボワーズ(木いちご)」「レザン」など。

自由が丘・エスプリドビゴの「ル・マタン」見出し

「ル・マタン」は、9時から10時まで楽しめる朝のパン・サービス。ワンドリンク以上の注文で、サービスパンをいただくことができます。食べ放題ではありませんので、パンがなくなり次第終了です。

コーヒーご注文の場合、最初のドリンクは店員さんが淹れてくれますが、NESCAFÉのエスプレッソマシーンでおかわりができます。サービスパンは、味見にぴったりの小さめサイズ。少しずついろいろな種類のパンが食べられます。パンは何度か追加されますが、食べ放題ではないためすぐになくなってしまいます。早い者勝ちです。

自由が丘・エスプリドビゴの「ランチ」見出し

2階のカフェでは、11時から14時までランチを楽しむこともできます。「ランチセット」は、本日のスープと本日のサンドイッチ、小さなデセールが付いて1000円(税別)です。プラス350円(税別)でドリンクセットにできます。

自由が丘・エスプリドビゴの「ビュッフェ」見出し

エスプリドビゴは、食べ放題ビュッフェがあることでも知られています。毎週月曜日に行われる「プティパンとプティスイーツのビュッフェ」は、エスプリドビゴの美味しいパンやスイーツが食べ放題の大人気ビュッフェです。有名シェフが腕を振るうカフェベーカリー「エスプリドビゴ」の食べ放題ビュッフェを楽しんでみてはいかが。

提供時間は14時30分から16時まで。料金は大人(小学生以上)1430円(税別)・小人(2歳から小学生未満)715円(税別)。コーヒーとホットティーはおかわり自由です。開催日が祝日の場合、食べ放題のビュッフェサービスはありませんのでご注意ください。

エスプリドビゴで美味しいパンを満喫見出し

カフェ併設ベーカリー「エスプリドビゴ」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。有名シェフ・藤森二郎氏が腕をふるうエスプリドビゴ。朝のパン・サービス「ル・マタン」や、毎週月曜日にあるパンとケーキの食べ放題ビュッフェ「プティパンとプティスイーツのビュッフェ」もおすすめです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

自由が丘・スイーツフォレスト!可愛くて美味しいおすすめケーキ11選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
自由が丘・スイーツフォレスト!可愛くて美味しいおすすめケーキ11選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「住みたい街ランキング」で常に上位に位置する街、自由が丘。駅前にはおしゃれなショップや飲食店が軒を連ね、平日休日問わず多くの人で賑わっています。そんな自由が丘に店を構える「スイーツフォレスト」をご存知ですか?今回はスイーツフォレストの人気ケーキをご紹介します。
投稿日: 2017年11月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote