地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

服部緑地のプール「ウォーターランド」で遊ぼう!口コミや混雑状況など紹介

大阪の豊中市にある「服部緑地」のプールは大変人気のプールの一つです。小さな子ども連れからカップルまで幅広い人が訪れます。「服部緑地」のプールの混雑時間や割引券などの情報を、アクセスや駐車場情報などの観光情報と共に紹介します。

「服部緑地」のプールに行こう!見出し

大阪の豊中市にある「服部緑地」のプールは大変人気のあるプールの一つです。小さな子ども連れからカップルやグループ旅など幅広い人でいつも賑わいます。「服部緑地」のプールの混雑時間や割引券などの情報を、アクセスや駐車場情報などの観光情報と合わせて紹介します。

「服部緑地」とはどのようなところ?見出し

「服部緑地」は、大阪府豊中市にある大変広い敷地がある緑地公園です。面積は約126.3ヘクタールともされていて、敷地内には広場やバーベキュー場、植物園、競技場などさまざまな施設があります。大変自然が豊富で四季折々の移り変わりを感じさせてくれるところとして大変人気の場所です。野外音楽堂ではいつもイベントやコンサートが行われていて多くの人で賑わっています。

その「服部緑地」の中の一つの施設が「プール」です。「ウォーターランド」とも呼ばれていて、夏季限定で営業されます。小さな子どもも安心して遊べる場所として子連れのファミリーやカップル、グループ旅などの団体など幅広い多くの人で大変賑わうところです。プールの周囲は緑の芝生や松林に囲まれていて、リゾート感がたっぷりのリラックスできるプールとして人気のところです。

「服部緑地」のプールへのアクセス方法見出し

「服部緑地」へ電車でアクセスする場合は、北大阪急行の「緑地公園駅」で降りると徒歩約5分、または阪急電鉄宝塚線の「曽根駅」で降りると約20分でアクセスすることができます。緑地内は大変広く、目的地がどこかによって、どちらの線を利用してどの駅で降りるのが良いのか変わってくるので、目的を持って事前にしっかりと調べてからアクセスすると良いです。

「服部緑地」へ車でアクセスする場合は、名神高速道路の「豊中IC」で降りると約15分、阪神高速11号池田線の「豊中南出入口」で降りると約15分、阪神高速11号池田線「豊中北出入口」で降りると約15分でアクセスすることができます。子連れのファミリーやプールの道具などを運ぶ場合には車でのアクセスが便利でおすすめです。

「服部緑地」のプールの駐車場情報見出し

「服部緑地」には第1から第4、植物園駐車場、臨時駐車場など多くの駐車場があります。その中でプールに一番近い駐車場が第2駐車場で、約151台駐車することができます。駐車場利用料金は1時間までが420円、1時間から2時間までが520円、2時間から3時間までが620円、3時間から4時間までが720円、4時間から5時間までが830円、5時間から6時間までが930円、6時間から24時間までが1030円となっています。

「服部緑地」の第2駐車場は夏のプールが営業している時期にはすぐに混雑してしまうこともあります。お盆や土曜日・日曜日などは午前中には混雑して満車ということも多いので、この駐車場を確実に利用したいときには開城時間である9時頃までには着くようにスケジュールを組むと良いです。年により混雑状況も異なることがあるので、ホームページなどで調べておくことをおすすめします。

「服部緑地」のプールの観光情報見出し

「服部緑地」のプールの利用料金は大人1030円、4歳から中学生までの子どもが410円、成年の同伴者1人につき2人までの3歳以下の幼児は無料となっています。リーズナブルな値段で一日プールを楽しむことができる場所と大変口コミなどで大変話題となっています。ロッカーは1回の利用で100円となっていて、安心して荷物を預けることができます。

「服部緑地」のプールの営業期間は例年7月1日から8月31日までとなっています。営業時間は9時30分から18時までで、7月17日頃からの日曜日と祝日、8月13日から16日のお盆の時期は9時からとなっています。入場できる時間は17時までで、遊泳できる時間は17時30分までです。営業期間や営業時間などは年により異なることがあるので、事前に調べてから行くことをおすすめします。

「服部緑地」のプールの割引券はある?見出し

「服部緑地」のプールの割引券の一つに「節電無料券付回数券」があります。大人が5150円(5回券と節電無料券1枚)の6回分の割引券、子どもが2550円(6回券と節電無料券1枚)の7回分の割引券となっていて、大変お得にプールに行くことができます。節電無料券は指定期間の平日のみ利用することができる割引券です。「節電無料券付回数券」は販売期間も限定されているので、何度も行きたい時には上手に購入すると良いです。

「服部緑地」のプールには団体割引があり、30名以上の場合、大人が720円、子どもが360円となる割引券があります。また、障がい者手帳を持っている人は本人と付添いの利用料金が1名が無料となります。その他には割引券などはありませんが、その年の最新情報を入手すると良いでしょう。

「服部緑地」のプールは持ち込みも可能見出し

「服部緑地」のプールにはワンタッチ式などの簡易テントの持ち込みができます。プールの周りは日陰が限られているので、日差しの強い時などにはテントを持ち込み、上手に日陰を作って休憩しながら楽しむことが大切です。また、売店もありますが、お弁当や飲み物などの持ち込みもできるので、手作りやコンビニの弁当などを持ち込みするのも良いですし、好きな飲み物を持ち込みゆったりと遊ぶこともおすすめです。

プールの敷地内には中央、流れるプールの脇、なぎさプールの奥と三か所の売店もあり、そこで軽食やドリンク、かき氷などを購入して食べることもできます。また、浮き輪の空気入れなどの貸し出しも行っているので、上手に利用すると良いです。一回入場すれば一日しっかりと楽しむことができるプールとして大変人気です。

「服部緑地」のプールの混雑状況見出し

「服部緑地」のプール自体はお盆の時期や土・日曜日などはある程度混雑はしますが、いわゆる「イモ洗い状態」で泳げない、遊べないなどということはほとんどありません。一番込み合う時間は13時頃です。天候や時間によっても混雑状況は変わるので、時間に余裕を持った行動を心がけると良いです。

「服部緑地公園」ではプールの中より、休憩できる場所の場所取りで込み合うことが多いです。日陰となる場所がほとんどないので、少ない日陰を取るか、持ち込みした簡易テントなどで場所を取るなどして休憩場所の場所取りが重要となります。小さな子ども連れのファミリーやゆったりと一日プールで過ごしたい時などには場所を取ることができるものを持ち込み、しっかりと場所取りを行うことをおすすめします。

「服部緑地」のプールの種類見出し

「服部緑地」には4種類のプールがあります。1周250メートルのゆったりと流れる面白さが評判の水深1メートルの「流水プール」、無料で楽しめるスリル満点の「スライダープール」、広々とした貝の形をしていて遠浅となっている水深0から1.2メートルの「なぎさプール」、カメの形をした滑り台が人気で小さな子どもの水遊びにぴったりの水深0から0.3メートルの「幼児プール」があり、年齢などに合わせて遊ぶことができます。

少し大きな子どもに大人気となっているのが「スライダープール」であり、身長120センチメートル以上の人なら誰でも滑ることができます。5レーンあり、混雑している時期には並ぶこともあります。それぞれのレーンが異なるルートとなるようになっていて、大人でもしっかり楽しめることができるスライダーです。

「服部緑地」のプールをゆったり楽しむには見出し

「服部緑地」のプールをゆったりと楽しみたいときには平日に行くことをおすすめします。並んだり、プールの中でぶつかったりすることも少なく、子どもも気持ちよく遊ぶことができます。休日には開園時間前に入口の列が平日の3倍できることもあります。駐車場も平日の方が近くに停めやすいです。

また、朝一番の時間もおすすめです。一番込み合う時間が13時頃なので、開園と同時に入場してお昼過ぎ・混み合ってきた頃に帰るのも良いです。朝一番は水がきれいで気持ちよく泳げます。また、16時頃には混雑も解消されてくるので、カップルや大人の場合は夕方頃から楽しみに行くのもおすすめです。

「服部緑地」のプールは大人気!見出し

「服部緑地」のプール「ウォーターランド」は夏季限定のプールですが、小さな子ども連れからカップル、グループ旅行など幅広く楽しめると大変人気のプールです。しっかりと係員もいて、子どもも安心して遊ばせることができるプールとして話題となっています。休憩できるものを持ち込みして、一日しっかりと楽しめる場所として夏のおすすめ観光スポットです。

関連キーワード

投稿日: 2017年12月14日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote