地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

軽井沢で教会めぐり!カップルで見学できるおしゃれなチャペルなど!

東京から気軽に日帰り旅行を楽しめる軽井沢。緑あふれる豊かな自然がいっぱいの軽井沢は、日本を代表する避暑地として知られています。英国国教会の宣教師の来訪を機に、教会文化が長年育まれてきた軽井沢には、個性的な作りの教会がたくさん集まっています。

カップルに人気の国際的避暑地の軽井沢見出し

明治時代に、夏の冷涼な気候と豊かな自然の美しさから多くの外国人宣教師や国内の政財界人や文化人が別荘を建てたことから、国際的な避暑地として国内外に知られるようになった軽井沢。そんな軽井沢は、カップルでデートするのにおすすめの個性的な教会がたくさんあります。今回は、カップルで見学できるおしゃれな教会をご紹介いたします。

カップルで軽井沢を旅するなら教会めぐりがおすすめ見出し

おすすめの理由その1:個性的な教会が集まっている

高級別荘地として有名な軽井沢。その歴史は、明治時代にカナダ人宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を建てたことから始まりました。そのため、軽井沢という土地には、古くからキリスト教文化が根付いています。比較的小さな町にもかかわらず、軽井沢には教会がいくつも存在。個性豊かな教会を見学するだけでも素敵な時間を過ごせます。

おすすめの理由その2:特に冬はロマンティック

軽井沢は、クリスマスシーズンの冬がとてもロマンチック。宣教師によって町が開かれた軽井沢は、クリスマス時期である冬に特別な思いがあります。冬になるとショッピングモールやホテル、ペンションなどにキラキラとしたイルミネーションやキャンドルが灯ります。特に、厳かなチャペルに灯るイルミネーションやキャンドルは幻想的。

おすすめの理由その3:ブライダルフェアが盛ん

観光地の軽井沢は、リゾートウェディングとしても人気のエリア。教会の他に素敵な式場がたくさんあります。それに伴い、ブライダルフェアもとても盛ん。式を挙げるチャペル、結婚パーティーを行う会場の見学などができたり、豪華なコース料理を試食できたりとフェアの内容がとても充実しています。カップルなら観光とともにブライダルフェアに参加するのもおすすめ。

日曜礼拝に参加できる「軽井沢教会」見出し

1905年に日本人キリスト教徒の教会として誕生したのが「日本基督教団 軽井沢教会」。旧軽井沢のメインストリートを少し入ったところに位置する「軽井沢教会」は、日本基督教団に所属するプロテスタント教会として地域の人たちから愛されていいます。軽井沢の町の人々や国籍も教派も異なる宣教師たちによって開設された合同教会は、伝統と歴史を感じられます。

軽井沢教会は幼稚園と併設されているため、平日は残念ながら中に入って見学することはできません。けれども、日曜日に行われる礼拝には、キリスト教徒でなくても参加ができます。本格的な教会で本物の礼拝を体験してみるというのも良い経験になるのでは。聖書や讃美歌をもっていなくても、教会で用意しくれているので初めてでも安心です。

礼拝が行われる日曜日の午後は、牧師さんが結婚式の相談に乗ってくれるそうです。結婚式の予定がある方は、牧師さんに相談してみてはいかかでしょうか。チャペルで式を挙げる魅力、キリスト教の結婚に対する考え方などを知ることができます。式に向けての準備にきっと役立つ情報を得ることができるはず。足を運んでみても損はないでしょう。

ドラマのロケに使われた「軽井沢ユニオンチャーチ」見出し

「軽井沢ユニオンチャーチ」は、天皇と皇后が出会った場所として有名な軽井沢会テニスコートの隣に立地する教会です。人気ドラマ“カルテット”の撮影場所として使われた教会でもあります。こちらの教会は、カトリックやプロテスタント、聖公会といった宗派を超え、国籍も問わず誰でも集うことができます。

軽井沢ユニオンチャーチは、木造の建物なのでとても温かみのある雰囲気があります。約300人が入ることのできる広々とした礼拝堂には、大きな十字架が掲げられています。静寂に包まれた礼拝堂で、大きな十字架を見つめるとキリスト教信者でなくても心が洗われるようです。

設立されてから今日まで、軽井沢ユニオンチャーチでは礼拝や牧師集会だけでなく、音楽会なども開催しています。ただ、教会そのものは夏以外閉まっています。軽井沢ユニオンチャーチを見学したいときは、夏に行くようにしましょう。木造の建物中で開催される音楽会はとても評判がよいので、素敵な音楽で癒されてみてはいかかでしょう。

軽井沢の王道観光スポット「軽井沢ショー記念礼拝堂」見出し

「軽井沢ショー記念礼拝堂」は、軽井沢開発の父といわれているカナダ人宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが布教活動の拠点とした教会。1895年から続く軽井沢最古の教会です。旧軽井沢銀座通りの一番奥にある軽井沢ショー記念礼拝堂は、カップルで行きたい観光スポットとしてとても人気のチャペルです。

軽井沢ショー記念礼拝堂の隣には、昭和61年に復元されたショーが建てた軽井沢の別荘第1号「ショーハウス記念館」が建っています。軽井沢という土地をこよなく愛したショーの生活を垣間見みることができます。歴史を感じる調度品や窓から見える風景、家全体が自然と調和しているショーハウス記念館。入場は無料なので、見学してみましょう。

軽井沢ショー記念礼拝堂では、3つの条件をクリアすれば結婚式を挙げることができます。それは、両親が結婚に賛成していること、立会人がいること、事前にカウンセリングを受けることができるという条件です。この3条件をクリアすれば、英国国教会式の結婚式を挙げることができます。厳かで本格的な式を挙げれば一生の思い出となるでしょう。

ランドマーク的存在の「聖パウロカトリック教会」見出し

傾斜の強い三角屋根と大きな尖塔が特徴的な「軽井沢聖パウロカトリック教会」。1935年に設立されたカトリックの教会です。屋根にはめ込まれたマリア像と、屋根のてっぺんに輝く十字架がとても印象的な聖パウロカトリック教会は、今日では軽井沢のランドマーク的存在となっています。堀辰雄の小説『木の十字架』に登場した教会としても有名です。

教会の内部は、木がむき出しのトラス構造(三角形を単位とした構造の骨組み)になっており、温かみのある造りになっています。また、天井も高く作られているので、静かで落ち着いた空間が広がっています。祈りを捧げる場所として非常に理にかなった造りです。時には、ゆったりと流れる時間の中で、祈りを捧げてみるのも悪くないのではないでしょうか。

堀辰雄が“聖パウロ教会で結婚すると多くの人たちから祝福される”といったことから、結婚式場としての人気が現在でも高いチャペルです。軽井沢ウェディングブームの火付け役ともいわれているほどです。挙式前には、カトリック教の考える結婚とは何か、家庭とは何かについて教えくれます。

キャンドルが幻想的な「軽井沢高原教会」見出し

森の中に佇む三角屋根の木造の教会。おとぎ話に出てきそうなシチュエーションの「軽井沢高原教会」は、とてもかわいらしいチャペルです。軽井沢高原教会は、かわいいだけでなく、文化的にも貴重な教会のひとつ。なぜなら、軽井沢高原教会は、北原白秋や島崎藤村などの文化人が集まったといわれる歴史を持っています。

誰もが自由に集い語り合うという精神がこの教会には受け継がれてきています。そのため、ゴスペルやライトアップ、キャンドルナイトなど一年を通して様々なイベントや行事が、行われています。特に、教会から聖なる灯を受け取ってキャンドルに灯すことのできるキャンドルナイトは、カップルで行きたいイベント。カップルでキャンドルを灯せば幸せな気分になること間違いなしです。

軽井沢高原教会の隣には、「軽井沢ホテルブレストンコート」というホテルがあります。軽井沢高原教会で挙式をする場合は、軽井沢ホテルブレストンコートが全面的にバックアップをしてくれます。こちらのホテルでは、平日にブラダルフェアが開かれており、ドレスの試着や料理の試食をすることができます。キャンドルナイトの時期に予約をするのがおすすめです。

カップルに人気の観光スポット「石の教会 」見出し

軽井沢高原教会に隣接する「石の教会 内村鑑三記念堂」は、“自然の中にこそ誓いの場がある”と説いたキリスト教指導者・内村鑑三の功績を称えて作られた教会です。石とガラスを巧みに使用したモダンアートのようなチャペルです。幾重にも重なる石とガラスの曲線美は芸術作品としての完成度がとても高いです。結婚の予定があってもなくても一見の価値がある建物です。

神秘的なデザインの「石の教会」。使用されている石は男性を表し、ガラスは女性を表しています。石とガラスが寄り添うように作られている「石の教会」は、永遠の愛を誓う場所としてピッタリ。教会内部へ続く洞窟のような廊下は少し圧迫感があるけれど、廊下を抜けて広がる明るく開放的なホールに辿り着けば生まれ変わったような気分になるから不思議です。

「石の教会」は、聖書と信仰を重視する考えを礎としているため、祭壇も十字架も置かれていないのが特徴です。この教会で必要なのは、“祈る”という気持ちだけ。清らかで凛とした空気の中で結婚を誓ってみてはいかかでしょうか。軽井沢高原教会と同様に、式は軽井沢ホテルブレストンコートがバックアップしてくれるので安心です。

軽井沢の「石の教会」が神秘的!自然に囲まれた幻想的な建築美にうっとり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
軽井沢の「石の教会」が神秘的!自然に囲まれた幻想的な建築美にうっとり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
軽井沢といえば長野県内でも多くの観光名所を擁する人気の避暑地ですが、石の教会をはじめとする多くの教会が存在することでも知られています。今回はそんな軽井沢の教会群の中でも人気の高い石の教会の魅力を探っていきたいと思います。

教会めぐりは自転車をレンタルしよう見出し

軽井沢の教会めぐりは、歩いても巡ることができます。でも、教会があちこちに点在している軽井沢では、レンタサイクルを利用するのがおすすめ。効率もいいし、気になった観光スポットにも立ち寄れて充実した軽井沢の旅を満喫することができます。6時間ほどのプランで自転車を借りれば、今回ご紹介した教会のほとんどを制覇しつつ軽井沢観光でもできてしまいます。

軽井沢の教会でプロポーズされるかも見出し

カップルで軽井沢観光するなら、ロマンチックな雰囲気抜が群の教会めぐりは一押しの旅行プラン。素敵なチャペルを見学しているうちに、もしかたしたらチャペルでプロポーズされるなんて嬉しいハプニングが起こるかもしれません。今度のお休みは、軽井沢で教会めぐりをしてみてはいかかでしょうか。

投稿日: 2017年12月26日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote