セントレアのカプセルホテルをご紹介!料金や口コミなど気になる情報をお届け!

セントレアのカプセルホテルをご紹介!料金や口コミなど気になる情報をお届け!

中部国際空港セントレア内にあるカプセルホテル「TUBE Sq」は口コミで人気のきれいで新しいカプセルホテルです。中部国際空港セントレア内にあるカプセルホテル「TUBE Sq」の料金や利用方法、アクセス、完備されている設備や口コミなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」がおすすめ!
  2. 2.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の場所
  3. 3.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の受付
  4. 4.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の料金
  5. 5.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のロッカー
  6. 6.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の宿泊場所
  7. 7.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のアメニティ
  8. 8.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のシャワールーム
  9. 9.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のテーブルスペース
  10. 10.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺施設
  11. 11.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺両替所と案内所
  12. 12.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺レストラン
  13. 13.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺お手軽フード
  14. 14.セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺お土産物
  15. 15.セントレアでプセルホテルを利用するなら「TUBE Sq」

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」がおすすめ!

Photo by inunami

中部国際空港セントレア内に2017年4月にカプセルホテル「TUBE Sq」がオープンしました。カプセルホテルといえども空港内にあるだけあって大きな荷物もおさまるロッカーが完備されています。24時間チェックイン、チェックアウトができて料金もお手頃。セントレアのカプセルホテルを口コミも合わせてご紹介します。

セントレアのラウンジを利用するには?入れるカードの種類などまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレアのラウンジを利用するには?入れるカードの種類などまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国際空港セントレアには利用旅客向けにラウンジが用意されています。旅の前のリラックスに最適です。しかも、セントレアにはカードラウンジという、クレジットカード保有者なら誰でも利用できるラウンジもあります。そんなセントレアのカードラウンジを見ていきましょう。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の場所

中部国際空港セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」は、1階ウェルカムガーデンにあります。バス・タクシー降車場からもすぐの場所です。エスカレーターの前がちょうど入口になります。中部国際空港セントレアへは、名古屋方面から電車名古屋鉄道ミュースカイで最速28分。車では名古屋高速から知多半島道路利用で約30分から40分です。

中部国際空港セントレアは、2階が到着路ロビー、3階が出発ロビーになっています。カプセルホテル「TUBE Sq」がある1階はバスやタクシーで空港に到着したときの入り口になります。飛行機から降りてからカプセルホテル「TUBE Sq」を利用する場合は、到着ロビーの前にあるエレベーターかエスカレータを使って1階に行くとすぐの場所になります。

エレベーターの前やエレベーター内の案内板にもカプセルホテル「TUBE Sq」の表記がありますので、中部国際空港セントレアどこからでも迷わずに行くことができます。1階に降りると黒字に黄色い横長のライトが装飾されている入口が見えます。中部国際空港セントレア内のとてもわかりやすい場所にカプセルホテル「TUBE Sq」はあります。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の受付

中部国際空港セントレア内のカプセルホテル「TUBE Sq」は、24時間チェックイン、チェックアウトが可能です。ロビーを挟んで右側と左側で男性用と女性用に別れています。1階エスカレーター近くの入り口から入ってすぐがロビーになります。とても丁寧な接客で口コミでも評判です。

受付が終わると首からかけるストラップ付のカードキーを渡されます。カードキーをかざすとロビーから先に入館できます。このカードキーでロッカーの鍵とカプセル内の貴重品用の金庫の鍵両方に使うことができます。支払いはロビー左側にある機械で行うことができます。新しいステムを取り入れたカプセルホテルであることも口コミで人気です。

人が対応する受付以外にも接客ロボット「pepper」君がいます。「pepper」君は様々な言語に対応しています。空港内のカプセルホテルだけに、日本が不安な海外の方にも気軽に利用してもらえるように工夫されています。日本人は「pepper」君に聞かなくても受付できます。興味はあるけれど、はずかしくて話しかけられなかったという口コミもあります。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の料金

中部国際空港セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」は空港利用者に合わせて24時間フレキシブルに利用できます。そのため料金設定も時間ごとに決められています。基本料金は、3時間料金2800円から、6時間料金3300円から、9時間料金3800円から、12時間料金4300円から、18時間料金4800円から、24時間料金5300円からです。

連泊プラン料金は、4300円から。延長料金は3時間500円です。カプセルを利用しないシャワーのみの利用もできます。シャワープラン料金は1時間900円です。シャワープランの利用は、当日フロントのみでの受付となります。宿泊プラン料金はは、基本料金とは別にお得なプラン料金が用意されています。

お得なプラン料金は期間限定です。ネット限定料金、公式サイト限定料金のプランもあります。予約サイトに随時アップされていくので、利用する場合はあらかじめ予約サイトを確認することをおすすめします。利用時間ごとの料金プラン料金や連泊プラン料金、学割料金や3名以上で利用する友割料金、カップル割料金などがあります。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のロッカー

Photo by Hiroyuki Tsuruno

中部国際空港セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のロッカールームは、おしゃれで落ち着いた場所です。ロッカールームはロビーから男女別に別れたエリアに入ってすぐのところにあります。セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のロッカールームは、カプセルホテルとは思えない広さがあり、とても便利です。

中部国際空港セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のロッカールームは、空港を利用する人がもっている大きなスーツケースや荷物が収納できるよう大きなものになっています。スーツケースやコート、それ以外の荷物もすべて預けることができます。カプセル内には貴重品用の金庫があるため、財布やハンドバックなら持ち込むことができます。

ロッカーの中にはアメニティグバッグがあらかじめ入れてあり、その中に室内用スリッパがあります。ロッカールームより先は土足厳禁のため、ロッカールームでスリッパに履き替える必要があります。靴はロッカーにしまっていきます。注意書きをよく読まないと靴のまま進んでしまうので、忘れずにスリッパに履き替える必要があります。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の宿泊場所

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の宿泊スペースは、フランスベッドと共同開発したオリジナルマットレス。落ち着いてゆっくり宿泊ことができるようになっています。カプセルの大きさは幅105㎝、奥行き207.5㎝、高さ93㎝です。ロッカー番号とカプセル番号は同じになるようになっています。

宿泊スペースの中には、鏡、ハンガー、コンセント、懐中電灯、保管庫、時計が完備されています。時計にはアラーム機能がついていません。コンセントは二つ付いています。コンセントの近くに少しだけ物が置けるスペースがあります。宿泊スペースは2段になっていて、2階ははしごで登ります。

宿泊スペース内には、休んだり眠ったりするためのスペースだけで、テーブルなどの物を書いたりするスペースはありません。WiFiは無料で使うことができます。横になってスマフォやPCの作業を行うことは可能です。空調は自分でONまたはOFFを調整することができます。ベッドの寝心地は口コミでもいい評判です。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のアメニティ

Photo by Yasuo Kida

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」は宿泊するときに便利なアメニティがそろっています。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディウォッシュタオル、歯ブラシ、ヘアブラシ、綿棒、使い捨てスリッパは男女共通で用意されています。そのほか、身支度にかかわるものは男女別にアメニティが違います。

Photo by つんつん

女性用は、宿泊するときに必要な化粧品類が用意されています。洗顔とメイク落としが一緒になったクレンジングミルク、化粧水と乳液が1本になったオールインワンクリーム、コットン、ヘアバンド、ヘアゴムです。男性用は、フェイスウォッシュ、オールインワンクリーム。カミソリは50円、コンタクト洗浄液130円、フェイスマスク230円と有料です。

Photo by Sig.

アメニティ以外でも、宿泊に必要な身支度用のものが充実しています。ドライヤーだけでなく、女性エリアのみヘアアイロンのストレート26mmと22mmがあります。また、館内ウェア、バスタオル、フェイスタオルを借りることができます。コンセント変換プラグも借りられますが、数に限りがあります。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のシャワールーム

Photo by つんつん

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」にはシャワーが完備されています。宿泊しない場合でもシャワーのみ利用することもできます。シャワールームはシャワースペースとカーテンで仕切られた着替えスペースになっています。足物には荷物入れがあります。一人で使うには比較的広いスペースと口コミで評判です。

Photo by masterq

シャワールーム内にシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが用意されています。外の洗面所スペースに女性用にはクレンジングやオールインワンクリーム、コットンなど化粧品類が置かれています。シャワールームがほとんどですが、一つだけバスタブがあるスペースがあります。

Photo by beve4

男性用も女性用もシャワールームのつくりは同じです。洗面所スペースにあるアメニティのみ男性用と女性用で違います。ヒゲソリは有料のため、洗面スペースには用意されていません。必要な時はあらかじめ受付で料金を払って受け取っておく必要があります。新しくてきれいなシャワールームで、アメニティもおしゃれと口コミでも評判です。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」のテーブルスペース

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の宿泊スペース内にはテーブルなど物を書いたりする場所がありません。口コミでも休むスペース以外にテーブルスペースがほしいという要望があります。セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」内には確かにテーブルやイスはありません。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の入口を出たすぐのところにテーブルと椅子があり、宿泊者専用ラウンジの用に使われています。食事をしたり、旅行の計画を立てたり、一緒に来たグループでおしゃべりをしたりと様々な使い方できます。また、空港内には自由に使えるテーブルやイスがいたるところにあるので、そちらを利用することもできます。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

セントレア内にはいくつか対象クレジットカードを所持している方向けのラウンジもあります。セントレアらしくレクサスカード、TS CUBIC CARDゴールドとトヨタ系カードを持つ方向けのラウンジも用意されています。制限エリア内以外にあるラウンジもありますので、対象となれば利用できます。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺施設

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」を利用するとき、宿泊に必要なものや旅行に必要なものを買いたことがあります。カプセルホテル「TUBE Sq」のすぐ隣にはコンビニ「ローソン」になっています。簡単な食事なら「ローソン」で購入してカプセルホテル「TUBE Sq」前のテーブルスペースで食べることができます。

Photo by keiichi.yasu

「ローソン」の隣、団体ロビーを挟んだ向かい側には郵便局があります。郵便物や荷物を発送したり、ATMでお金を引き出したりすることもできます。郵便局の前にはコインロッカーがありますので、カプセルホテル「TUBE Sq」のロッカールームにも入らない荷物があるときには便利です。

2階に上がると、クリーニングの受付や診療所、更衣室などがあります。インターネットスペースもあります。カプセルホテル「TUBE Sq」内もWiFiが無料で利用できますが、ゆっくりインターネットをしたいときはおすすめです。手荷物宅配サービスや手荷物一時預り所もあり、大きな荷物を預けることができます。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺両替所と案内所

セントレア内には外貨両替所がいくつかあります。セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の利用中に両替ができます。両替レートは各両替所によって異なります。3階出発ロビーに2か所。2階到着ロビーに一か所があります。国際線制限エリアとアクセスプラザにもあります。

セントレア内の両替レートは両替所によって異なりますが、大体同じぐらいであるという口コミがあります。米ドルの場合、大体1ドルあたり両替手数料を入れて約3円上乗せされています。何ドル札を何枚という両替の仕方ができます。銀行などのようなパックの両替でないので用途に合わせることができて便利です。

セントレア内には案内所がいくつかあります。カプセルホテル「TUBE Sq」のある1階にもあります。ウェルカムガーデンの案内所は6時40分から12時まで利用できます。案内所は場所によって空いている時間が違うので注意が必要です。大変に丁寧に対応してくれて、口コミでも評判です。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺レストラン

Photo by omoon

カプセルホテル「TUBE Sq」に滞在中の食事はセントレア内でとることができます。セントレアのレストランでおすすめなのが、名古屋名物みそかつ「矢場とん中部国際空港店」。いつも行列でなかなか食べられない「矢場とん」の味噌カツが空港内で楽しめます。場所はターミナルビル4階レンガ通りです。

名古屋と言えばエビフライ。セントレア内には「まるは食堂中部国際空港店」があります。 名物のジャンボエビフライを定食でいただくことができます。新鮮な地元の魚介類も一緒に楽しむことができます。場所は、旅客ターミナルビル4階ちょうちん横丁です。窓からは滑走路や伊勢湾をみることができます。

名古屋名物の台湾ラーメンが楽しめるのは「味仙中部国際空港店」です。「味仙」は元祖台湾ラーメンの店です。中国台湾料理店の赤い色の辛いラーメンが人気です。ひき肉とニラがどっさり鶏ガラスープに入っています。名古屋名物手羽先も提供されています。場所はターミナルビル4階です。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺お手軽フード

食事以外でも軽食や一休みに使いたいおなじみのお店がセントレア内にもあります。「スターバックス・コーヒー中部国際空港セントレア店」。場所は4階です。コーヒースタンドのような店舗で、テーブル席が少ないです。しかし、充電できるエリアやパソコンが使える場所は少しですがあります。

おなじみのハンバーガー「フレッシュネスバーガー中部国際空港店」 もあります。場所はターミナル駅4階です。エスカレーターを降りると目の前に見えてきます。店内のスペースはあまり広くありません。朝6時30分から営業していて、朝食として利用したという口コミが多いです。

名古屋名物カレーうどんの名店「若鯱家中部国際空港店」。秘伝のカツ節をたくさん使った和風だしと数種類のスパイスをブレンドしたカレールーでできたカレーうどんを楽しめます。有名店ですが気軽に利用できる雰囲気でレストランよりお手軽に食事をとることができます。場所はターミナル駅4階です。

セントレアのレストランやフードコートで食事!おすすめから人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレアのレストランやフードコートで食事!おすすめから人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県常滑市の国際空港セントレアは、多くの人々が空の旅へ出かける拠点です。そんなセントレアには、様々なレストランがあり食事するのもおすすめです。空港利用以外に、食事でレストランやショップなどを利用する人もいる人気のスポットです。

セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」の周辺お土産物

セントレアでお土産を買うときまずおすすめなのが「セントレア銘品館」。いろいろなお土産物がそろったお店です。洋菓子コーナー、和菓子コーナー、お酒コーナー、名産・特産コーナー、催事コーナーにわかれています。日用品も取り扱っていて、コンビニとしても利用できます。

名古屋の人気お土産物えびせんの名店「えびせんべいの里セントレア店」。場所はターミナルビル4階ちょうちん横丁内にあります。昔ながらのお祭り広場の雰囲気が作られた場所です。贈答品としては「えびむすび」「はませんえび焼き」がおすすめです。必要な数に合わせて化粧箱に入れてもらえます。

おはぎをはじめとした和菓子と牛めしの店「柿安柿次郎セントレア店」。場所はターミナル駅4階ちょうちん横丁です。セントレア店はテイクアウト専門の店舗です。黒部和牛牛めし1300円や文明開化の味 牛鍋弁当1000円は、お昼や夕ご飯にもおすすめです。冷やしチョコバナナ大福はお土産として人気です。

セントレアのお土産ランキング!人気のお菓子やスイーツなどおすすめをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレアのお土産ランキング!人気のお菓子やスイーツなどおすすめをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
セントレア(中部国際空港)は、広いスペースにお土産売り場やレストランがある嬉しい名古屋にある空港です。利用している方も多いことでしょう。せっかく名古屋を訪れたのですから、セントレアで喜ばれるお土産選びをしてみましょう。楽しくお土産を選ぶことができます。

セントレアでプセルホテルを利用するなら「TUBE Sq」

中部国際空港セントレア内にあるカプセルホテル「TUBE Sq」は、新しくおしゃれで清潔なカプセルホテルとして人気です。エリアが男女に別れていて、女性でも安心して利用できます。広いロッカーがあり、大きな荷物でも問題なく入れることができます。シャワーだけでも利用可能です。セントレア内の宿泊は「TUBE Sq」がおすすめです。

土田愛華
ライター

土田愛華

はじめまして。ライターの土田愛華です。独身時代は、国内、海外の旅行へよく行きました。現在は、子連れでの気軽なお出かけがメインです。夏は家族でアウトドアを楽しんでいます。楽しめる観光スポット、おいしいグルメをご紹介していきます。

関連記事

人気記事ランキング