セントレアのラウンジを利用するには?入れるカードの種類などまとめてご紹介!

セントレアのラウンジを利用するには?入れるカードの種類などまとめてご紹介!

中国際空港セントレアには利用旅客向けにラウンジが用意されています。旅の前のリラックスに最適です。しかも、セントレアにはカードラウンジという、クレジットカード保有者なら誰でも利用できるラウンジもあります。そんなセントレアのカードラウンジを見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.セントレアから出発の際はラウンジを利用するべき?
  2. 2.ゴールドカードで利用できるラウンジがある!
  3. 3.セントレアの国内線利用でも使えるカードラウンジ
  4. 4.セントレアの国際線は2種類のラウンジが存在する?
  5. 5.セントレアのカードラウンジに入る条件とは?
  6. 6.カードラウンジと航空会社ラウンジはどっちがお得?
  7. 7.セントレアはLCCでもカードラウンジが利用可能!
  8. 8.セントレアのラウンジを覗いてみた!カードラウンジ編
  9. 9.セントレアのラウンジを覗いてみた!航空会社ラウンジ編
  10. 10.セントレアのラウンジにはなにがある?
  11. 11.セントレアのカードラウンジでお得なカードはなに?
  12. 12.セントレアのカードラウンジに向いたカード
  13. 13.セントレア以外のラウンジを使えるカードは?
  14. 14.実は帰りの便でも利用できるセントレアのラウンジ
  15. 15.セントレアのラウンジは絶対利用するべきその理由

セントレアから出発の際はラウンジを利用するべき?

Photo by kanonn

空港を快適に利用したい場合、ラウンジ利用は有効手段です。ただ、多くの人が空港ラウンジはビジネスクラスやファーストクラスの人でないと利用できないと思っているのではないでしょうか。それは大きな誤解です。実はラウンジは条件さえ満たせば誰でも利用できます。ここでは中部の国際空港セントレアで利用できる空港ラウンジに注目して紹介します。

ゴールドカードで利用できるラウンジがある!

Photo by b0rno

セントレアの空港ラウンジはビジネスクラス以上でなくとも利用できる場所があります。それはカードラウンジと呼ばれる空港ラウンジで、クレジットカードのゴールドクラス以上であれば、そのラウンジの営業時間中に誰でも無料で入ることができます。ですので、エコノミークラスの人でもゴールドカードを保有していればラウンジを利用できるのです。

Photo by kalleboo

そのゴールドカードを持つことが難しいと思っている人もいることでしょう。かつては確かにそうでしたし、銀行系のカードなどはかなり難しいです。しかし、今は普通のカードでもゴールドクラスがあり、セントレアのラウンジはそういったカードも対象ですので、格安で利用できます。そういったカードは年会費も安いですから、時間があればラウンジを無料で利用してみましょう。

セントレアのカプセルホテルをご紹介!料金や口コミなど気になる情報をお届け! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレアのカプセルホテルをご紹介!料金や口コミなど気になる情報をお届け! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中部国際空港セントレア内にあるカプセルホテル「TUBE Sq」は口コミで人気のきれいで新しいカプセルホテルです。中部国際空港セントレア内にあるカプセルホテル「TUBE Sq」の料金や利用方法、アクセス、完備されている設備や口コミなどをご紹介します。

セントレアの国内線利用でも使えるカードラウンジ

Photo by BONGURI

セントレアにあるラウンジは国際線だけでなく、国内線向けの旅行客も利用できるカードラウンジが存在します。それは出国審査ゲート手前にあるので、パスポートを使わない国内線客でも利用できるというわけです。そのカードラウンジは「QUALIA LOUNGE」、「セントレアプレミアムラウンジ(第1)」、「第2セントレアプレミアムラウンジ」の3ヶ所になります。

国内線のエリアにあるラウンジは時間帯としては夜は20時半~21時には閉まってしまいますが、それまでの時間はゴールドカード保有で無料利用が可能です。使い分け方としては保有するカードで変わってきます。例えば、QUALIA LOUNGEならレクサスカードとTS3ゴールドカードだけですが、セントレアプレミアムラウンジなら三井住友VISAゴールドカードなどのほか、楽天ゴールドカードも利用できます。

セントレアの国際線は2種類のラウンジが存在する?

Photo by nauleyco

セントレアは国際空港ですので、外国に向けたフライトもあります。ですので、国際線に搭乗する旅客向けには国際線のエリア、つまり手荷物検査後に入れるラウンジも用意されています。この国際線のラウンジは2種類あり、国内線同様にカードラウンジがあるほか、航空会社が運営するラウンジもあります。航空会社ラウンジは大韓航空の「KALラウンジ」、スターアライアンスグループの「スターアライアンスラウンジ」になります。

Photo by Kentaro IEMOTO

国際線の航空会社ラウンジはプライオリティーパスが必要ですが、カードによっては無料でプライオリティーパスをもらえることもあるので、その航空会社を利用しなくても入ることができます。ただ、出発時間などには注意が必要です。セントレアの国際線カードラウンジは1ヶ所しかなく「QUALIA LOUNGE」のみ、つまりレクサスカードとTS3ゴールドカードの保有者のみになります。

セントレア・免税店でお買い物!おすすめブランドや人気の化粧品・コスメなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレア・免税店でお買い物!おすすめブランドや人気の化粧品・コスメなど! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
セントレアの名がついてる中部国際空港には、免税店があります。そこにはおすすめの人気の煙草やお酒やお土産などがあります。セントレア空港にしかないものや予約できるものなど、免税店以外にも必要な情報をまとめました。空港のフード情報も記載してますのでご覧ください。

セントレアのカードラウンジに入る条件とは?

Photo byjarmoluk

セントレア空港のカードラウンジを利用する条件は、各ラウンジが認めているゴールドカードブランドを保有していることです。それぞれで承認されているカードブランドは違いますが、多くのブランドを網羅していますので、いずれかのラウンジを利用することは可能です。国際線は別ですが、国内線(国際線旅客も利用可)のラウンジは主にセントレア3階の出発ロビーにあります。

Photo by jasoneppink

気をつけたいのは、ゴールドカードを保有する名義人本人が利用できるのは当たり前ですが、同伴者はカードのブランドによって条件が変わります。未成年者の同伴者なら何人でもいいものや人数制限するもの、18歳以上の同伴者は1人だけなどさまざまです。ただ、同伴者がだめな場合でもセントレアプレミアムラウンジなら有料で同伴者も入れるので、複数で旅行する際は利用したい場所になります。

カードラウンジと航空会社ラウンジはどっちがお得?

Photo by hirotomo

セントレアのラウンジにおいて、特に国際線はカードラウンジと航空会社ラウンジの2種類になりますが、どちらが利用しやすいのでしょうか。セントレア以外にもカードラウンジは存在しますが、一般的には航空会社のラウンジの方がカードラウンジよりも高級感やサービスの質が高いとされます。ですので、もしプライオリティーパスを持っているのであれば、航空会社ラウンジの方がいいでしょう。

Photo by *tomoth

しかし、必ずしもすべてが航空会社ラウンジが優れているとは限りません。確かに時間的にもギリギリまでいることができるのが航空会社のラウンジの魅力ですが、食べものなどは大きな差はありませんし、航空会社ラウンジはそれなりに航空券などでお金を払っていますから、カードラウンジの方が安くてコスパがいいともいえます。ですので、カードラウンジだって捨てたものではありません。

セントレアはLCCでもカードラウンジが利用可能!

近年は格安航空会社(LCC)が台頭し、安く国内外を移動できるようになりました。セントレアにも数多くのLCCが発着しています。そんなLCC利用者もゴールドカードを保有していれば、カードラウンジを営業時間内に無料で利用することが可能です。LCCは多くが座席が悪く、移動に疲れるものです。ですので、カードラウンジは出発前のリラックスに最適です。

セントレアのカードラウンジは、搭乗する飛行機の航空会社や座席のグレードに一切関係なく、ただ指定されているゴールドカードブランドとボーディングパス(搭乗券)を保有していれば、誰でも利用できる場所です。ですので、LCCを利用していようが、そのカードさえあれば、ラウンジ利用が可能です。特定のカード以外では主に出発ロビーにあるラウンジを利用することになるので、時間に余裕がなければいけません。

セントレアのラウンジを覗いてみた!カードラウンジ編

Photo by *Yaco*

国内線・国際線に関係なく、ゴールドカード保有者が利用できるカードラウンジが、出発ロビー3階に3ヶ所あります。QUALIA LOUNGEとセントレアプレミアムラウンジ(第1)、それから第2セントレアプレミアムラウンジです。この中ではセントレアプレミアムラウンジ(第1)と第2セントレアプレミアムラウンジがセントレアでは利用しやすいです。このふたつは大きな違いがありませんが、第2の方がややランクは上になります。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

QUALIA LOUNGEの場合、利用時間は7:20~20:50になります。食べもののほかに無料WiFiはもちろん、モバイル充電用のコンセントやコピーサービス、FAXサービスも完備。ビジネスマン向けです。セントレアプレミアムラウンジの方は第1第2共に営業時間は7:20~20:30で、サービスは無料WiFiのほかコンセント、雑誌と新聞の閲覧が可能になっています。

セントレアプレミアムラウンジは特に喫煙ルームも備えていますので、禁煙席しかなくなった航空機で長旅をする前に一服ができるところが、喫煙者にとっては素晴らしいサービスになることでしょう。どのラウンジもビールを用意していますから、軽食をつまみに、軽く飲んでリラックスすることができます。

セントレアのラウンジを覗いてみた!航空会社ラウンジ編

セントレアで出国審査や手荷物検査が終わったあとの国際線ゾーンには、国内線旅客が利用できない、航空会社が運営するラウンジもあります。先にも紹介したように、セントレアでは大韓航空のKALラウンジと、スターアライアンスグループが運営するスターアライアンスラウンジがあります。実際にはサクララウンジなどほかのラウンジもありますが、プライオリティーパスが使えません。

プライオリティーパスが使えるのがそのふたつのラウンジで、KALラウンジはさらにDiners Clubメンバーも利用可能です。ただ、国際線ラウンジは営業時間が短く、KALラウンジで7:15~17:15、スターアライアンスは7:00~18:30(プライオリティーパスのみで混雑時は入場制限もあり)となっています。ですので、昼間の便での利用が中心になるでしょう。

航空会社ラウンジなら無料でWi-Fiが利用できるのはもちろん、軽食も完備していますし、ビジネス的なサービス各種も充実しています。さらに、マッサージチェアなど、カードラウンジにはないサービスもあり、リラックスしながら搭乗時間を待つことができるのが魅力です。

セントレアのラウンジにはなにがある?

セントレアのラウンジは国内線旅客も利用できるカードラウンジは軽食を完備しています。これは別料金ではなく、無料で楽しめるので、国内線とはいえ出発前の腹ごしらえにはちょうどいいです。しかも、ビールも無料で楽しめるので、時間的に余裕があれば、かなりゆっくりと過ごすことができます。気をつけたいのは飲み過ぎて搭乗時間を過ぎてしまうことです。

国際線のエリアにあるカードラウンジのほか、航空会社のラウンジも食事はばっちりですし、ビールなども飲むことができます。わりと航空会社のラウンジの方がカードラウンジよりも高級なので食事もいいとされますが、そこは人それぞれでしょう。いずれにしても食事も飲みものもすべて無料ですので、しっかりと元を取りたいところです。

セントレアのレストランやフードコートで食事!おすすめから人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
セントレアのレストランやフードコートで食事!おすすめから人気店まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛知県常滑市の国際空港セントレアは、多くの人々が空の旅へ出かける拠点です。そんなセントレアには、様々なレストランがあり食事するのもおすすめです。空港利用以外に、食事でレストランやショップなどを利用する人もいる人気のスポットです。

セントレアのカードラウンジでお得なカードはなに?

セントレアのカードラウンジを利用するにあたり、持っていて得だというゴールドカードはいくつかあります。その中でおすすめしておきたいのは「TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールド」です。これ1枚で国内線、国際線のエリア両方にあるQUALIA LOUNGEが利用できるからです。年会費が1万円ですが、本人会員のほか、18歳未満の同伴者なら何人でも利用料が無料になります。18歳以上は1人が無料です。

似たようなカードで「SuMi TRUST CLUB リワードカード」というのもあります。こちらは18歳以上の家族会員もQUALIA LOUNGEを無料で利用できるメリットがあります。しかも、年会費は3000円ですので、先のカードよりは持ちやすいという魅力もあります。このカードであればセントレアだけでなく、ほかの空港でも利用できるラウンジがあります。

セントレアのカードラウンジに向いたカード

Photo by The.Comedian

国内線旅客も利用できるラウンジであるセントレアプレミアムラウンジ(第1)と第2セントレアプレミアムラウンジを主に利用する人におすすめしたいクレジットカードは「JALアメリカン・エクスプレス・カード」と「ANAアメリカン・エクスプレス・カード」になります。年会費は前者が6000円、後者が7000円で、セントレアの場合、それぞれの航空会社で就航路線が違うので、総合的に判断してどちらを持つか判断すべきです。

Photo by Aleksander Markin. Александр Маркин

このカードの魅力は同伴者が1人前無料で入れるところです。同伴者無料のカードは年会費は1万円超が多いので、この2枚は格安になります。ただ、ANAアメリカン・エクスプレス・カードはセントレアプレミアムラウンジ(第1)しか利用できず、JALアメリカン・エクスプレス・カードなら第1と第2の両方のラウンジが利用できるという違いがあります。

セントレア以外のラウンジを使えるカードは?

航空会社ラウンジを利用したい人におすすめなのが「楽天プレミアムカード」です。このカードはセントレアではKALラウンジとスターアライアンスラウンジを利用できるプライオリティーパスを無料登録でもらうことができますので、無料で航空会社ラウンジが利用できるという魅力あるカードになります。しかも年会費は無料。普通、プライオリティーパスの年会費は4万円くらいしますから格安です。

Photo by TAKA@P.P.R.S

このカードをおすすめしたいのは、このプライオリティーパスがセントレアの航空会社ラウンジだけでなく、世界600ヶ所にあるラウンジでも利用できるからです。無理にセントレアで利用しなくても、ほかの国で使うこともできますし、成田や関空などでも無料で航空会社ラウンジを利用できますから魅力的です。

実は帰りの便でも利用できるセントレアのラウンジ

Photo by bryan...

空港のラウンジというと出発時に利用するものという固定観念があるかと思います。しかし、セントレアの場合は出発だけでなく、帰国、あるいは到着時にも利用できるようになっています。3階の出発ロビーにあるセントレアプレミアムラウンジ(第1)と第2セントレアプレミアムラウンジになりますが、到着後に3階に上がれば利用できるのです。

ですので、このふたつのラウンジを無料で利用できるクレジットカードを保有していれば2度おいしい思いができることになります。営業時間も朝からですし、電車やバスの接続時間に立ち寄って少し休んでからセントレアを出ることもできるわけです。

セントレアのラウンジは絶対利用するべきその理由

Photo by Kentaro IEMOTO

セントレアから日本国内、あるいは世界に羽ばたくとき、多少の緊張や疲労感はあるかと思います。ですので、空港ラウンジでリラックスしてから出発することは心身の健康にも繋がります。空港ラウンジはこのようにビジネスクラスなどの人だけが利用するものではありません。条件の揃ったカードがあるならもったいないので、積極的に利用していくべきです。

三尾根忠方
ライター

三尾根忠方

東京都出身の旅好きウェブライター。国内外の旅行へ、年に何度も出かける。旅の目的は主に食事。現地の食べものに、たとえ海外の屋台であっても果敢に挑戦することを心がけている。費用をかけるスタイルも好きだが、ローカルのバスを乗り継いで時間をかけた旅をしたい派。より深く現地を知りたいので、同じ場所に何度も行くことも好き。

関連記事

人気記事ランキング