地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

インドネシアの世界遺産おすすめ一覧!人気・絶景の観光スポット紹介

インドネシアには歴史ある世界遺産から自然豊な世界遺産まで、人気の世界遺産が点在しています。観光スポットとしてもおすすめで、インドネシアの世界遺産はどの観光スポットも絶景が広がっています。インドネシアの世界遺産をまとめました。

インドネシアの世界遺産おすすめ一覧をご紹介!見出し

Photo byaditya_wicak

インドネシアは東南アジアに位置している国で、首都はジャワ島のジャカルタとなります。インドネシアには多くの島々から構成され、世界遺産も点在しています。インドネシアの世界遺産は、自然保護区になっている世界遺産もあるので興味のある方は注目です。インドネシアのおすすめ世界遺産一覧をご紹介します。

インドネシアのおすすめ観光スポット17選!人気の名所をランキングで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシアのおすすめ観光スポット17選!人気の名所をランキングで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東南アジアに位置するインドネシア。インドネシアは、南太平洋とインド洋の間に広がる約17600もの島々で成り立っています。そんなインドネシアでおすすめしたい、人気の観光スポット、観光名所をランキング形式にて17選、ご紹介させていただきます。

インドネシアのおすすめ世界遺産1:ボロブドゥール寺院遺跡群見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧1は、「ボロブドゥール寺院遺跡群」です。インドネシアにあるボロブドゥール寺院遺跡群は、インドネシアジャワ島の中部にある仏教寺院となります。世界遺産の文化遺産の一つで、ボロブドゥール寺院遺跡群は圧倒的な絶景が広がっています。

世界最大級の仏教寺院

インドネシアにあるボロブドゥール寺院遺跡群は、世界最大級の仏教寺院で、仏教三界の世界が表現されています。さらに巨大なマンダラを表現したものと、言われています。ボロブドゥール寺院遺跡群は高さ約42メートルありましたが、現在は破損しているため33.5メートルになっています。比較的に観光しやすい世界遺産です。

ボロブドゥールの巨大遺跡に圧倒される!世界遺産にも選ばれたスポットの紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ボロブドゥールの巨大遺跡に圧倒される!世界遺産にも選ばれたスポットの紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ボロブドゥール遺跡は、中部ジャワの中心都市ジョグジャカルタの北西約42kmにあり、巨大なムラピ火山に囲まれた平原の中央に立地しています。ジャカルタ市内からボロブドゥールへの行き方は、バス移動が便利で、朝日に佇む絶景を楽しむ観光が人気です。

ボロブドゥール寺院遺跡群のおすすめポイント見出し

インドネシアの世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡群のおすすめポイントは、人々に信仰されてきた建造物ということです。ボロブドゥール寺院遺跡群には階段ピラミッド状の建造物があり、全体で約9層の大型な建造物となります。ボロブドゥール寺院遺跡群は、観光スポットとしても人気があります。

観光スポットとしておすすめのボロブドゥール寺院遺跡群

観光に人気があるボロブドゥール寺院遺跡群は、回廊があり回廊の中には仏像が約430体あります。さらに円型壇の上には、釣り鐘状のストゥーパ基の内部に仏像があります。ボロブドゥール寺院遺跡群内には、合計で約500体の仏像があります。絶景が広がるインドネシアの観光スポットです。

アクセスが良いインドネシアの世界遺産

ボロブドゥール寺院遺跡群は、インドネシアの国際空港から40キロ程の場所にあります。ボロブドゥール寺院遺跡群にはエスカレーターやエレベーターがなく、すべて階段や徒歩となるので、子連れや高齢者との観光は気を付けましょう。さらに観光する時は日陰が少ないので、雨具や熱中症対策をしましょう。

インドネシアのおすすめ世界遺産2:コモド国立公園見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧2は、「コモド国立公園」です。インドネシアのコモド国立公園は、1991年にユネスコ自然世界遺産に登録されています。コモド国立公園は小スンダ列島に位置していて、コモド島、リンチャ島、パダール島の3島が世界遺産に含まれています。比較的に観光しやすい世界遺産です。

コモド国立公園の名前の理由は?

インドネシア世界遺産のコモド国立公園は、世界最大のコモドオオトカゲが生息していることから、コモド国立公園という名前が付けられています。コモド国立公園の名称ともなっているコモドオオトカゲは普段は大人しい性格ですが、肉食性で大型哺乳類を襲うこともある動物です。

絶景!観光しやすいコモド国立公園

コモド国立公園にいるコモドオオトカゲは、大きさ約3メートルで体重は約70キロ以上となります。世界最大の爬虫類で、コモド国立公園では沢山のコモドオオトカゲを見ることができます。コモド国立公園はインドネシアの中でも乾燥した気候で、比較的に観光しやすいのが特徴です。

コモド国立公園のおすすめポイント見出し

インドネシア世界遺産一覧のコモド国立公園は、コモドオオトカゲとは別に様々な動物が生息しています。9種類のトカゲ、12種類の蛇、その他には馬や水牛、40種類以上の鳥を確認することができます。さらに海洋生物は1000種類以上の魚類、10種類のイルカ、クジラやウミガメが生息しています。

ダイビングスポットとしておすすめの世界遺産

インドネシアのコモド国立公園は、ダイビングスポットとしても人気があります。自然豊かな中でダイビングを体験することができ、世界中からダイバー達が訪れます。コモド国立公園の海中には、サンゴや熱帯魚が多く繁殖していて、ダイナミックな景色を堪能することができます。

絶景!ビーチがあるインドネシアの世界遺産

インドネシアにあるコモド国立公園は、白い砂浜と青い海のピンクビーチがあります。コモド国立公園のピンクビーチはシュノーケリングを体験することができ、1日中満喫できる観光スポットです。さらにピンクビーチには水中庭園があり、数百種類のソフトコーラルやハードコーラルを見ることができます。

人気!伝統的な村があるコモド国立公園

コモド国立公園のメサ島には、伝統的な村が存在しています。村には約1500人の住民がいて、漁師町となっています。さらに村の家は、伝統的な高床式住居です。コモド国立公園の村の暮らしを間近で見ることができるので、興味のある方は注目です。観光スポットとしても人気があります。

インドネシアのおすすめ世界遺産3:バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧3は、「バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」です。バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムは2012年に世界遺産に登録された、絶景が広がる世界遺産となります。

絶景!2012年に登録された絶景の世界遺産

バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのトリ・ヒタ・カラナは、トリが3、ヒタが安全・繁栄・喜び、カラナが理由を表しています。この意味は、神と人、人と人、人と自然を表す表現で、ヒンドゥーに昔からある哲学の考えとなります。

バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのおすすめポイント見出し

インドネシアにあるバリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのスバックは、9世紀頃からあるインドネシアバリの水利組織のことを意味しています。インドネシアのスバックは、それぞれ寺院を保有していて、祭壇などが備えられています。

5か所から成り立っている世界遺産

バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムで登録されている場所は、ウルン・ダヌ・バトゥール寺院、バトゥール湖、ペクリサン川流域のスバック景観、バトゥカル山のスバック景観、タマン・アユン寺院の5か所から成り立っています。

人気!観光しやすいインドネシアの世界遺産

バリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのバトゥール湖は、スバックにとって重要な水源となります。またバリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのタマン・アユン寺院は、18世紀初頭に建造された最大の水の寺院です。

人気があるインドネシアの世界遺産

世界遺産に登録されているバリ州の文化的景観 :トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システムのバトゥカル山のスバック景観は、棚田が含まれています。水田管理が良く、緑の革命とも呼ばれています。インドネシアの観光スポットとして人気があり、絶景が広がります。比較的に観光しやすい世界遺産です。

インドネシアのおすすめ世界遺産4:プランバナン寺院遺跡群見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧4は、「プランバナン寺院遺跡群」です。人気観光スポットのプランバナン寺院遺跡群は、インドネシアジャワ島中部にあるヒンドゥー教の遺跡です。プランバナン寺院遺跡群は文化世界遺産で、プランバナン寺院遺跡群には様々な寺院があります。

歴史があるインドネシアの世界遺産

世界遺産のプランバナン寺院遺跡群は、9世紀から10世紀に建てられた歴史ある世界遺産となります。プランバナン寺院遺跡群にはシヴァ、ブラフマ、ヴィシュヌの3神が祭られた神殿があります。世界遺産に登録されたプランバナン寺院遺跡群は、1991年に登録されています。

プランバナン寺院遺跡群のおすすめポイント見出し

おすすめの世界遺産プランバナン寺院遺跡群は、プランバナン寺院、セウ寺院、プラオサン寺院、カラサン寺院、サンビサリ寺院によって構成されています。プランバナン寺院、カラサン寺院、サンビサリ寺院は、ヒンドゥー教です。セウ寺院とプラオサン寺院は、仏教の寺院となります。

絶景が広がる世界遺産

絶景が広がるプランバナン寺院には、シヴァ党、ヴィシュヌ堂とブラフマー堂があります。プランバナン寺院遺跡群は広いので、公園内はゴルフカートで移動することができます。ゴルフカートの料金は、約170円となります。プランバナン寺院遺跡群はジョグジャカルタから車で約45分の距離にあります。

インドネシアのおすすめ世界遺産5:ウジュン・クロン国立公園見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧5は、「ウジュン・クロン国立公園」です。ウジュン・クロン国立公園は、インドネシアにある国立公園となります。1991年に世界遺産に登録され、自然世界遺産として登録されました。またウジュン・クロン国立公園は、インドネシア初の国立公園です。

インドネシア初の国立公園

インドネシア世界遺産一覧のウジュン・クロン国立公園は、ウジュン・クロン半島にある世界遺産です。ウジュン・クロン国立公園には熱帯雨林やジャングルが広がっていて、野生の動物や植物が多く生息しています。ウジュン・クロン国立公園は700種類の植物や、240種類以上の鳥類があります。

ウジュン・クロン国立公園のおすすめポイント見出し

インドネシア世界遺産のウジュン・クロン国立公園は、絶滅危惧種されている動物も生息しています。ウジュン・クロン国立公園に入るためには、許可証が必要となるため、ガイドを雇うことがおすすめとなります。ガイドは最寄りの街ラブアンで探すことができ、金額などは口頭で決めることができます。

自然保護区に指定されている世界遺産

インドネシア世界遺産のウジュン・クロン国立公園は、1万8千の島々から構成されている世界遺産です。ウジュン・クロン国立公園は美しいビーチがあるので、観光スポットとしても人気があります。さらにウジュン・クロン国立公園は、自然保護区に指定されている世界遺産となります。比較的に観光しやすい世界遺産です。

インドネシアのおすすめ世界遺産6:サンギラン初期人類遺跡見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧6は、「サンギラン初期人類遺跡」です。インドネシア世界遺産のサンギラン初期人類遺跡は、ホモ・エレクトス・エレクトスの骨や居住跡が発掘されています。サンギラン初期人類遺跡は文化世界遺産に登録されていて、人気がある観光スポットです。

歴史を知ることができる人気の世界遺産

インドネシア世界遺産一覧のサンギラン初期人類遺跡は、インドネシアジョグジャカルタから電車で約1時間から3時間程かかります。またサンギラン初期人類遺跡には、サンギラン博物館があります。サンギラン博物館は遺跡やお土産ショップ、軽食屋が立ち並んでいます。

インドネシアのおすすめ世界遺産7:ロレンツ国立公園見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧7は、「ロレンツ国立公園」です。世界遺産のロレンツ国立公園は、1999年にユネスコの世界遺産に登録されています。ロレンツ国立公園は未開拓地が多く、すべて確認されていないのが現状となります。絶景が広がる人気の世界遺産となります。

インドネシア最大の保護区

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧ロレンツ国立公園は、40種類程の極楽鳥が生息されています。極楽鳥は綺麗な鳥で、観光で行った際には見ることができます。またロレンツ国立公園はインドネシア最大の自然保護区で、ダニ族など約8族の種族が確認されています。

絶景が広がるインドネシアの世界遺産

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧のロレンツ国立公園は、ハマベ湖があります。ハマベ湖は標高3300メートルにある湖で、生命の原泉とも言われています。また世界遺産のロレンツ国立公園は、入域許可証が必要となります。事前に入域許可証を取得できるので、事前準備が必要です。

インドネシアのおすすめ世界遺産8:スマトラの熱帯雨林遺産見出し

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧8は、「スマトラの熱帯雨林遺産」です。インドネシアのおすすめ世界遺産一覧のスマトラの熱帯雨林遺産は、2011年に危機にさらされている世界遺産に登録されています。スマトラの熱帯雨林遺産はインドネシア、スマトラ島にある世界遺産です。比較的に観光しやすい世界遺産です。

3つの保護地域から構成されている世界遺産

世界遺産のスマトラの熱帯雨林遺産は、グヌン・ルセル国立公園、ケリンチ・セブラ国立公園、ブキット・バリサン・セラタン国立公園の3つの保護地域から構成されている世界遺産です。インドネシアスマトラの熱帯雨林遺産は、東南アジア特有の野生動物や植物が生息しています。

絶景が広がるインドネシアの世界遺産

インドネシアのおすすめ世界遺産一覧スマトラの熱帯雨林遺産は、1万種類以上の植物、200種以上の哺乳類、580種類の鳥類が生息しています。スマトラの熱帯雨林遺産はオラウータンなどの絶滅危惧種も多く、危機遺産リストに追加されています。絶景が広がる、人気の観光スポットです。

スマトラ島の観光でおすすめは?人気の名所や空港を紹介!治安情報も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スマトラ島の観光でおすすめは?人気の名所や空港を紹介!治安情報も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
インドネシア西端にあるスマトラ島は、世界遺産「スマトラの熱帯雨林遺産」を有する熱帯雨林地帯。東南アジア最大のカルデラ湖「トバ湖」やパダン料理、伝統的な高床式住居など、スマトラ島には観光の見所がいっぱい。スマトラ島の観光名所や空港、治安情報などをご紹介します。

インドネシアのおすすめ世界遺産をチェック!見出し

Photo bywerner22brigitte

インドネシアには8か所の観光スポットがあり、自然豊かなスマトラの熱帯雨林遺産から、歴史あるサンギラン初期人類遺跡まで、様々な観光スポットがあります。インドネシアに旅行や観光に行く際は、インドネシアのおすすめ世界遺産をチェックしてみて下さい。

投稿日: 2018年8月28日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote