地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

インドネシアの通貨やレートは?両替は紙幣とコインでどのようにしておくと便利?

インドネシア旅行をご計画中でしょうか。旅行に際し気になるインドネシア通貨のルピアの通貨単位や、両替場所、レート、新紙幣や新コイン、レートの情報をご紹介いたします。ぜひ、インドネシア旅行の準備の参考にしていただければ幸いです。

インドネシアの通貨や両替レートご紹介!見出し

インドネシア旅行をご計画中でしょうか。旅行の準備では、インドネシアの通貨単位や紙幣・コインの種類などについて知っておきたいものです。そして、日本円からルピアへ両替する場合の為替レートやお得な両替方法も気になります。今回は、インドネシアの紙幣・コインの種類や、レート、両替の注意点などを調査いたしました。

インドネシアの通貨1:「ルピアとは?」見出し

インドネシアの通貨単位はルピアRupiahで、表記方法は、IDR、Rp.です。2017年9月9日現在の為替レートは、1円が121.97ルピアです。10000ルピアが100円、100000ルピアが1000円といったふうに、日本円は100分の1にする感覚で大丈夫だとよくいわれています。実際には、それぞれ、90円や900円になります。

インドネシアの通貨2:「紙幣の種類」見出し

流通しているのはルピアのみになります。紙幣は500ルピア、1,000ルピア、2,000ルピア、5,000ルピア、10,000ルピア、20,000IDR、50,000ルピア、100,000ルピアの8種類です。最高紙幣は、100,000ルピアで、日本円では1000円弱になります。0を2つとれば、およその日本円の額になるといわれています。

インドネシアの通貨3:「コインの種類」見出し

コインは、100ルピア、200ルピア、500ルピア、1,000ルピアの5種類です。こちらも同様に、0を2つとり、10円、5円、2円、1円と覚えておかれるのがおすすめします。また、2016年の12月から紙幣とコインのデザインが一新しました。人物の肖像画がそれぞれ以前よりも拡大されたようです。

インドネシアの通貨単位「ルピア」の表記法が変わっている見出し

また、正式には、通貨単位のルピアの小数点付きの表記は、1,342.50ではなく、1.342,50となります。さらに、通貨単位ではありませんが、1000をRと表示する場合もあります。RはRibu、リブという発音で、『千』の意味です。しかも、Rの表示も省略して50Rを50、120Rを120などと表記する場合もありますでので気を付けてください。

少額のおつりが出ない?少額の両替は必須?見出し

また、駐車場のチップで2000IDRが一般的なので、やはり小額紙幣を集めておくのが望ましいといわれています。旅行の最後まで小銭を持っておき、旅行の最後にコンピ二などに入って買い物してはいかがでしょうか。小額紙幣やコインを日本円に両替することができませんので、使いきる努力も必要です。

タクシーでは1000IDRのおつりは省略されますし、スーパーでも釣銭の代わりにキャンディになって返ってくるという具合に、インドネシア中で小銭が不足しています。そのため文句は言えず、逆に高額紙幣を出しすぎると文句を言われるかもしれません。最初の両替の際に、あらかじめ小額紙幣を混ぜてもらい、用意しておく配慮が必要です。

インドネシア通貨に両替1:「日本で両替」見出し

ルピアへの両替はレートが悪い

日本での両替は、銀行や両替所でできますが、レートがよくありません。さらに、日本の国内での空港では、最もレートが悪くなります。また、持ち運びにかさばることもあります。そのため、日本での両替は最小限にとどめておいてはいかがでしょうか。なお、両替額に制限はありますが、銀行や両替所の外貨宅配サービスも利用できます。

バリの観光地ではUSドルが使える

インドネシア到着後、空港で到着ビザや観光ビザを申請します。30日間で35USドルです。日本円でも支払えるという口コミもあります。ただ、お釣りはルピアのようです。バリ島の場合、現地のリゾートホテルやアクティビティ、エステで、アメリカドルやオーストラリアドルが使えますので、米ドルや豪ドルを余分に準備しても大丈夫です。

バリ島ではオーストラリアドルが使える?

オーストラリア人もバリ島が大好きで、オージー観光客が多くなっており、バリ島でもオーストラリアドルが使えます。海外に、日本円が使えるリゾートがあるのと同じです。インドネシアでは基本的に豪ドルは使えません。オーストラリアドルは、例えば、$50、AUD$50、豪ドル$50、豪50ドルなどと表示されています。

インドネシアの通貨に両替2:「インドネシアの両替所で両替」見出し

まずは、空港で少しだけ両替するかキャッシングする

まず、日本では両替せず、インドネシアの空港の両替所で小額を両替するか、キャッシングしましょう。その際にレートが良いのはキャッシングです。その後、街中の両替所で残りを両替するのがおすすめです。ただ、インドネシアの両替所は、確かにレートが良いのですが、残念ながらスキミングを狙ったりする怖い両替所もありますので注意してください。

悪質な両替所にご注意

また、お札を数えているふりをして、実際には詐欺だったというところもありますので、紙幣を渡されたら必ず自分で数えましょう。レートが良いだけではなく、政府公認マークもあるかを確認し、店の雰囲気が良い両替所を選びましょう。不安な方は、レートは悪いですが空港で多めに両替、またはクレジットカードでキャッシングしておくのも一つの方法です。

チップのための現金?

インドネシアの現金はかさばりやすく、盗難の危険もあるので、現地のインドネシア人でもクレジットカードが中心です。ただし、チップを支払いたい場合にも必要です。1000ルピアよりは、専属ガイドさんなら1グループ単位で5万から⒑万ルピア、エステのスタッフなら5千から1万ルピア、ゴルフならグループ単位で10万ルピアです。

空港などで、荷物を運んでくれるポーターさんには5000ルピアほどですが、高額を要求する人もいますので、その場合は断りましょう。そして、日本円で渡す場合は、コインや硬貨は両替できないので渡さないようにしてください。なお、基本的にはチップは不要です。

インドネシアの通貨に両替3:「クレジットカードで両替」見出し

インドネシアはクレジットカード社会

VISAが広く普及しています。現金だけでは盗難が怖いですし、クレジットカードはポイントが貯まってお得で便利なのですが、マーケット・市場や小さなお店では対応していないこともありますので、現金は必須です。さらに、高額紙幣は嫌な顔をされてしまうので、両替の際に5万ルピア以下の少額をまぜてもらったり、大型店で崩しておきましょう。

クレジットカードで海外キャッシング

例えば、三井住友エブリプラスカードや楽天ゴールドカードは海外対応クレジットカードで、インドネシアのATMでも海外キャッシングができます。その方法は、まず、現地のPLUSという表示のあるATMでWITHDRAWAL(引き出し)、TRANSFER(振り込み)、BALANCE(残高照会)の中から、WITHDRAWALを選択します。

さらに次の画面で、CREDIT(クレジットカード)、SAVINGS(預金)、CHECKING(当座預金)からSAVINGSを選択してください。楽天ゴールドカードの場合、年会費が一万円ほどかかりますが、世界中の空港ラウンジが利用できるなどの特典もありお得です。また、スリや窃盗にも注意しましょう。

インドネシアのバンドン観光まとめ!名所や空港・ホテルなど!温泉もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシアのバンドン観光まとめ!名所や空港・ホテルなど!温泉もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
インドネシアの都市バンドンの観光情報を紹介!圧巻建築のホテル、バンドン名物の温泉、世界最大クラスの屋内テーマパークなどバンドンには観光に最適なおすすめスポットが満載です。是非、こちらの情報を参考に実際にバンドンに足を運んでみてください。
インドネシア・パレンバン観光のおすすめを紹介!ホテルや人気のお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシア・パレンバン観光のおすすめを紹介!ホテルや人気のお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
インドネシア、スマトラ島の南部にあるパレンバンは様々な歴史のある人気の観光地です。今回はパレンバンでおすすめの観光スポットをピックアップしました。パレンバンの空港の情報や宿泊におすすめのホテル、お土産にぴったりの品もご紹介します。

インドネシアの通貨に両替4:「トラベラーズチェックは使いにくい」見出し

インドネシアではトラベラーズチェックはほとんど使えません。嫌煙されますので、用意しない方が無難でしょう。また、レートも悪いのでおすすめではありません。もし、すでにトラベラーズチェックを持っているという場合は、両替時にパスポート番号かパスポートのコピーを持参しましょう。

インドネシアでおすすめの両替所見出し

現地のおすすめの両替所は、ジャカルタ市内の場合、「プラザブロックM」というショッピングモールの2Fにあります「Tri Tunggal Money Changer」という両替所や、サリナデパート1階の両替所は、日本人も御用達の人気の両替所です。バリ島の場合は、「セントラルクタ」と「トラストバリ」が人気です。

インドネシア・パレンバン観光のおすすめを紹介!ホテルや人気のお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシア・パレンバン観光のおすすめを紹介!ホテルや人気のお土産も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
インドネシア、スマトラ島の南部にあるパレンバンは様々な歴史のある人気の観光地です。今回はパレンバンでおすすめの観光スポットをピックアップしました。パレンバンの空港の情報や宿泊におすすめのホテル、お土産にぴったりの品もご紹介します。

インドネシアの物価見出し

インドネシアと一口で言っても、一万以上の島からなり地域によってもそれぞれにはなりますが、一般的には一か月の最低賃金の平均が2万5千円といわれています。また、物価といっても、価格交渉する店も多く、値段の表示は様々です。たとえば、ミネラルウォーターは500㎖が1本40円ほどです。

屋台や高級ではない食事なら70円から200円、高級レストランの場合は800円から1700円ほどだそうです。交通費は鉄道・バスは10円から100円、タクシーは50円から120円ほどとなっています。宿泊費は1000円から1万円ほどで様々な種類が選べます。その他、諸税が10%ほどかかりますが、変動します。

インドネシアのおすすめ観光スポット17選!人気の名所をランキングで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシアのおすすめ観光スポット17選!人気の名所をランキングで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東南アジアに位置するインドネシア。インドネシアは、南太平洋とインド洋の間に広がる約17600もの島々で成り立っています。そんなインドネシアでおすすめしたい、人気の観光スポット、観光名所をランキング形式にて17選、ご紹介させていただきます。
インドネシアのお土産・おすすめランキング!空港でも買える人気の雑貨など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
インドネシアのお土産・おすすめランキング!空港でも買える人気の雑貨など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南国リゾート地として人気のインドネシア。バリ風の雑貨は日本でも人気ですよね。今回は、インドネシアに行ったらおすすめのお土産を、ランキング形式でお伝えします。おすすめのランキングを参考に、インドネシアのお土産を選んでください。

お得に両替しよう見出し

インドネシアの通貨単位と両替事情はいかがですか。観光ビザが35USドルだったり、新デザイン通貨が発行されたりと注意点の多いインドネシアですが、気になるのは通貨単位で0が多いという事でしょう。両替や支払いの際には、0の数をしっかりと確認して、単位を間違わないように注意してください。ぜひ、楽しいインドネシア旅行にしてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月10日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote