地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

マルトマ食堂は苫小牧の人気店!おすすめメニューや混雑状況などをご紹介

マルトマ食堂は苫小牧の人気店!おすすめメニューや混雑状況などをご紹介

北海道苫小牧市にある人気のマルトマ食堂。ホッキ貝をふんだんに使ったホッキカレーをはじめとし、様々なメニューをリーズナブルな価格で食べることができると苫小牧のみならず遠方からもお客さんが訪れているほどです。そんな人気のマルトマ食堂について紹介します。

苫小牧にあるマルトマ食堂は新鮮な海鮮が食べられる!見出し

Photo by Tak H.

北海道の苫小牧にあるマルトマ食堂。苫小牧の水揚げ量が日本一であるホッキ貝を使ったメニューをはじめとし、新鮮な海鮮を使った丼やお刺身、煮付けなどのメニューの他にもラーメンやカレーなど様々なメニューが揃っています。営業時間開始前から行列ができていることもあるほど苫小牧で人気のマルトマ食堂について紹介します。

苫小牧の名物グルメランキングBEST11!ホッキが有名!味わえるのは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
苫小牧の名物グルメランキングBEST11!ホッキが有名!味わえるのは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
苫小牧市といえば工業都市のイメージが強いですが、港には苫小牧地方卸売市場もあり、北海道中の名物が集まってきます。そう、実はグルメの街なのです。特に名物ホッキ貝の水揚げランキングは日本一で、そのうまさはピカイチ。そこで、苫小牧のグルメランキング11を発表します。

人気NO.1メニューはホッキカレー見出し

Photo by BONGURI

様々なメニューが揃っているマルトマ食堂ですが、その中でも人気NO.1のメニューが「ホッキカレー」です。テレビや雑誌などのメディアでも何度も紹介されており、多くのお客さんがこのホッキカレーを目当てに訪れています。そんな人気NO.1メニューであるホッキカレーとはどのようなものなのでしょうか。

ホッキカレーのこだわり

Photo by BoaNoite

多くのお客さんが注文するというホッキカレーですが、提供されて最初に驚くのはそのホッキの量の多さではないでしょうか。カレールーの中にふんだんにホッキが入っており、どこを食べても口の中にホッキが入ってくるほどの量のホッキです。

一口食べてみると口の中にホッキの旨味が広がっていきます。ホッキなどの貝類は加熱するとどうしても固く身が縮んでしまうというイメージが強いですが、マルトマ食堂のホッキカレーに入っているホッキの身は非常に柔らかく、それでいでコリコリとした歯ごたえは残ったままとなっています。

Photo by "KIUKO"

ホッキカレー一皿に使われているホッキはなんと3個です。ホッキは生のままカットし、貝柱と一緒に特製のカレールーに投入しています。ホッキはあまり火を入れすぎると固くなってしまうため、カレールーに入れてから煮込む時間も非常にこだわっているということです。

Photo by jetalone

また、ホッキカレーに使われているカレーですが、このカレー自体も非常にこだわりをもって作られています。創業者である店主は、以前銀座のラーメン店で修行していたとのことですが、そのラーメン店での経験を活かしてニンニクや長ネギ、キャベツの芯やかつお節などを煮込んだラーメンスープをルーに合わせて作られています。

カレー単体でも非常に美味しいのですが、そのカレーにホッキの旨味が加わったホッキカレーマルトマ食堂でしか味わうことができない特別な味であり、その美味しさを一度味わうとリピーターになってしまうというお客さんも多いです。

ホッキカレーの値段は?

Photo by "KIUKO"

そんな人気のホッキカレーですが、値段は1000円となっています。ホッキが3つも入ってこの値段とは非常にリーズナブルで、さすがホッキの街苫小牧だからこそできる値段設定です。ちなみにホッキが入っていない普通のカレーライスの値段は500円とこちらも非常に安いです。

マルトマ食堂のホッキメニューはホッキカレーだけではない見出し

Photo by kimishowota

ホッキカレーが有名なマルトマ食堂ですが、ホッキを使ったメニューはホッキカレーだけではありません。生のホッキをふんだんに楽しむことができるホッキ丼やホッキの刺身、その他にもホッキフライやホッキのバター焼きなど定番のメニューも多く揃っています。

また、他店では見かけることがないホッキのメニューも多く揃っています。ホッケシュウマイやホッキ汁、ホッキ豆腐にホッキピザと和洋中と様々なメニューがあります。デザートにもホッキを使った「ホッキアイス」もあり、マルトマ食堂でホッキのフルコースを堪能できます。

Photo by betsukai_kanko

それにしてもなぜこのようにマルトマ食堂ではホッキカレーをはじめとし、ホッキメニューが充実しているのでしょうか。全国でもホッキの水揚げは8割が北海道といわれています。その北海道の中でもホッケの水揚げ量が一番多いのがマルトマ食堂がある苫小牧なんです。

苫小牧でとれるホッキは他の地域でとれるものと比較すると肉厚でサイズが大きいです。柔らかい食感で、噛めば噛むほど旨味がしっかりと出てくるため全国的にも人気が高いです。

ホッキは養殖はできずに全て天然物であり、成長するまでに5年以上かかるといわれていますが、それだけの年月をかけているからこそ肉厚のホッキとなるのです。

Photo by ayustety

ホッキは苫小牧の市の貝にもなっており、「ホッキー君」の愛称でも親しまれているほど苫小牧では市民に親しまれています。そんなホッキを使ったメニューは数十種類にもおよび、生で食べても過熱しても美味しいとどれも非常に評価が高いです。気になるメニューはぜひ注文してみてはいかがでしょうか。

他にもマルトマ食堂はメニューが豊富!見出し

Photo by hirotomo

ホッキカレーやホッキを使ったメニューが豊富なマルトマ食堂ですが、実はホッキ以外のメニューも多く揃っています。もともと漁師さん向けのお店であったため新鮮な海鮮を使った料理はもちろんのこと、生姜焼きなどの定食メニューやラーメン、うどんやおそばなど様々なジャンルのメニューが揃っているということも魅力の一つです。

日替わりメニュー「マルトマ丼」

Photo by Richard, enjoy my life!

豊富なメニュー数のマルトマ食堂ですが、多くのメニューの中でもホッキカレーと人気を二分するほどのメニューが、日替わりメニューである「マルトマ丼」です。マルトマ丼は、毎日内容が日替わりになっており、値段もだいたい1300円前後となっています。

マルトマ丼とはいわゆる海鮮丼のことです。新鮮な海鮮が非常に種類豊富でたっぷりとのっており食べごたえも抜群です。丼のサイズは普段のお茶椀よりも少し大きいという程度なのでそこまで大きくはないですが、その分女性でも食べやすいサイズとなっています。

Photo by Richard, enjoy my life!

そしてなんといってもお椀からはみ出すほどの豊富な海鮮が魅力です。のっている海鮮はその日によって変わり、マグロやサンマ、ホッキ、いくら、うに、甘エビ、カニなど新鮮な海鮮が揃っています。

お魚のフライなど刺身以外のものがのっているときもあり、同じ日に行ったとしても時間帯によっても内容が変わります。何がのっているのか提供されるまでわからないので、ワクワクして待ちましょう。

Photo by amika_san

また、マルトマ丼は1300円とリーズナブルな価格ですが、こちらはマルトマ丼以外にもカレイの煮付けとお漬物、潮汁までついています。これだけついてこの値段とは驚くばかりで、朝からの行列にはホッキカレー以外にもこのマルトマ丼を食べるために並んでいるという方も多くいらっしゃいます。

ウニ好きにはたまらない「特上特盛生うに折丼」

Photo by tetsukun0105

様々な種類の海鮮を食べられるマルトマ丼もいいけれど、自分の好きな種類の刺身だけをお腹いっぱい食べたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。いくら丼やホッキ丼、サーモン丼など様々な種類がありますがウニが思う存分食べたいという方には「特上特盛生うに折丼」がおすすめです。

マルトマ食堂の特上特盛生うに折丼は、他店ではなかなか見かけない形状で提供されます。というのも、ご飯の上にウニが一折そのまま乗っているんです。初めて見る方は間違いなく驚かれるのではないでしょうか。

もちろん自分でウニをご飯に乗せていただくのですが、ご飯が見えなくなるほどのウニで、ご飯に乗り切れないほどの量が入っています。

Photo by nimame

マルトマ食堂のご飯は決して少ないというわけではありません。それほどのご飯と一緒に食べてもそれでもなお余るほどのたっぷりのウニで、ウニ好きにはたまらないメニューです。口に入れるととろけるウニはミョウバン臭いということもなく甘みがたっぷりでウニの美味しさを堪能できます。

特上特盛生うに折丼の値段は4000円ですが、日によって割引になっており、1500円や1800円でいただくこともできます。入口に置いてある看板に割引のメニューは張り紙が貼ってありますので、ぜひ安くなっている日を狙って食べてみてはいかがでしょう。

また、特上特盛生うに折丼で使われているウニは外国産のものではなく北海道根室産のものを使用されています。国産のウニが一折食べられてしかも値段もリーズナブル、マルトマ食堂でしか食べることができない特上特盛生うに折丼です。

Photo by ayustety

その他にもウニがたっぷりのった通常のウニ丼やウニイクラ丼などウニを使った丼メニューは様々なものがあります。ウニ好きの方はぜひ遠方からも足を運ぶ価値があるマルトマ食堂です。もちろんウニだけではなく様々な種類の海鮮がありますので、好きな海鮮をたっぷり食べることも可能です。

マルトマ食堂の混雑状況は?見出し

Photo by kagawa_ymg

美味しいメニューが揃っているマルトマ食堂ですが、営業時間開始の早朝から店内は非常に混雑しており外には行列ができていることもあるほどなんです。そんなマルトマ食堂の混雑状況はどのようなものなのでしょうか。実際にいつが混雑して行列ができているのかということを紹介します。

平日の昼間や休日は行列

Photo by imgdive

マルトマ食堂は早朝5時からの営業時間となりますが、平日の場合はお昼時はほとんどの日が店内は混雑しており行列ができています。11時ごろから13時ごろになると行列ができており1時間待ちということもザラにあります。

また、土曜日も営業していますが、土曜日は朝食に食べるために訪れるという方も多いため7時前から外に行列ができておりこちらも1時間待ちというケースが多いです。土曜日はその後も行列が途切れることはなく、常に店内は混雑しており一日中行列は絶えることはありません。

Photo by CH.Tseng

平日に行かれる場合には、営業時間の中でもランチタイムをはずした時間、土曜日に行かれる場合には早朝が混雑や行列を避けることができる可能性も高いです。ただし、早朝5時からの営業ですが、オープン前から並んで待っているというお客さんもいらっしゃるためどの時間帯が確実にすぐ入れるということはありません。

マルトマ食堂は苫小牧公設地方卸売市場の中にあり、海沿いなので暖かい日でも潮風を冷たく感じます。並ぶことを想定してしっかりとした上着をもっていきましょう。冬の場合には雪が積もっているため防寒はしっかりとしておくことをおすすめします。

気になるマルトマ食堂の口コミ見出し

Photo by flyone

人気のマルトマ食堂ですが、実際に行かれた方の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。口コミで多いものは、やはりホッキカレーの美味しさについてです。ホッキカレー自体なかなか他で見ないメニューなので、マルトマ食堂で初めて食べるという方も多いようです。

苫小牧がホッキの水揚げ量日本一だということをマルトマ食堂で初めて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。他のお店で注文すると値段も高いというホッキをふんだんに食べられるというのも人気の理由の一つです。

Photo by hirotomo

また、マルトマ食堂での口コミでは、様々なメニューが割引されているということも記載されています。カレイの唐揚げが半額になっていたり、マグロ丼が割引になっていたりとその日によって値段が違うため食べたいものが割引になっていると非常にお得です。

半額のカレイの唐揚げや、ホッキシューマイをお土産に持って帰るというお客さんもいらっしゃるようです。口コミによって同じメニューでも値段が違うため、自分がいざ行ってみていくらなのかというのも楽しみの一つではないでしょうか。

また、口コミでは営業時間中の特にお昼時には混雑しているというという方が多いようです。口コミを多く見ていると、営業時間中の様々な時間帯に行かれているケースがあり早い時間帯は比較的混雑は少ないように見受けられます。

マルトマ食堂の基本情報見出し

Photo by norio_nomura

最後にマルトマ食堂の営業時間やアクセス方法などの店舗基本情報について紹介します。店内は常に混雑しており外には行列ができているほどのマルトマ食堂、ぜひしっかりと基本情報をチェックして訪問してください。

住所 北海道苫小牧市汐見町1-1-13 苫小牧公設地方卸売市場1F
電話番号 0144-36-2023

営業時間

Photo byshyukar

まずは営業時間についてです。営業時間は朝5時から14時まで、定休日は毎週日曜日と祝日です。営業時間は5時からとなっていますが、行列が長くなっているという場合には5時よりも早い時間にオープンするということもあるようです。

アクセス

Photo by Ari Helminen

営業時間に続いてアクセス方法についてです。マルトマ食堂は苫小牧公設地方卸売市場の1階にあります。支笏湖線を海に向かって走っていくと漁港にあたります。その港内を左へ進むとマルトマ食堂があります。苫小牧公設地方卸売市場の中でも常に行列ができているほどなので見たらすぐわかるのではないでしょうか。

マルトマ食堂は電車やバスでのアクセスが便利ではないため、車で行かれるというケースが多いと思います。店舗の前に車を停める場所がありますのでご安心ください。約50台ほど停めることができますので、混雑して行列ができているといった日でも大丈夫です。

苫小牧へ行ったらマルトマ食堂へ行こう!見出し

Photo by zenjiro

いかがでしたか。北海道苫小牧で人気のマルトマ食堂について紹介しました。美味しいホッキカレーやマルトマ丼、新鮮な海鮮料理を求めて多くのお客さんが遠方からも訪れています。朝から混雑している店内は活気があり、様々なメニューを見ているとワクワクしてしまうマルトマ食堂にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年10月31日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote