地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

羊蹄山(蝦夷富士)に登山へ!どんな山?観光で行きたいパワースポット!

羊蹄山(蝦夷富士)に登山へ!どんな山?観光で行きたいパワースポット!

北海道の道央にある羊蹄山は別名蝦夷富士を呼ばれており富士山にそっくりなんです。パワースポットでも羊蹄山(蝦夷富士)でパワーをいっぱい吸収する登山にチャレンジしてみませんか?羊蹄山の登山ルートや注意点、初心者でも羊蹄山を楽しめるプランなどについてご紹介します。

羊蹄山(蝦夷富士)ってどんな山?見出し

まずは、蝦夷富士こと羊蹄山についてご紹介します。羊蹄山は北海道の札幌より南西寄りの道央にあるニセコ地方にあり、「蝦夷富士」と親しまれ、北海道を代表とする名山の一つでもあります。標高1898mの成層活火山で、頂上に周囲約2kmの楕円上の火口があり、富士山に似ている姿から「蝦夷富士」と呼ばれています。日本百名山に選定されており、「後方羊蹄山(読み名は「しりべしやま」)」という名前で登録されております。

また、湧き水が有名で名水百選に選定されるほどの有名な名水です。

羊蹄山(蝦夷富士)は活火山なの?見出し

約6-5万年前に古羊蹄火山が活動を開始し、約4万年前までに標高1,700m程度の成層火山を形成した。古羊蹄火山は活動終了時、或いは新羊蹄火山の活動開始時の約4-3.3万年前に山体崩壊を起こし、体積にして1.3km3の土砂が山体西麓に流下したと推定されている。 その後、約7千年程度の休止期を挟み、約3.3万年前に新羊蹄火山が活動を開始した。 最近1万年間は山頂付近の火口が活動の中心となっており、約13,500年前の噴火以降に少なくとも6枚の降下火山灰が確認されている。最新の噴火は約1,000年前に発生したものと推定されている[7]。また、約4,000年前の噴火では俱知安町市街の一部まで溶岩流が到達した。2003年(平成15年)に気象庁により活火山に指定された山になります。

現在の火山の状態を調べると、危険度は高いとは言えませんが、活火山に指定されているので、いつ噴火するかわからない状態であるようです。

羊蹄山(蝦夷富士)は北海道のどこにあるの?どうやって行く?見出し

羊蹄山(蝦夷富士)は北海道道央のニセコ地方、虻田郡にあり山頂は倶知安町・京極町・喜茂別町・真狩村にまたがっております。

新千歳空港からニセコまでの所要時間は一般道利用(国道343号、276号、道道66号経由)で2時間20分位です。高速道路を利用するより若干早いです。距離でいうと115km位です。東京から115km先の場所でいうと大体、鴨川 高崎 前橋 宇都宮 益子 水戸へ行く位の距離と思っていただけるとわかりやすいかもしれないです。北海道はとても広いので、移動は車が一番おすすめです。筆者は以前、ニセコ地方で働いていたことがありますが、車がないととても不便な場所だった印象があります。

交通機関で行く場合はバスの本数が限られているので、バスに合わせた行動計画になります。他県から観光で訪れる場合は、レンタカーで移動することをお勧めします。また、日帰りの場合滞在時間が短くなるので、宿泊する必要があるでしょう。

パワースポットの観光として人気の羊蹄山(蝦夷富士)見出し

羊蹄山(蝦夷富士)はニセコ地方を代表とするパワースポットでも有名だそうで、山から発せられる「土」「木」のエネルギーと、周辺にある湖水からの「水」のエネルギーが合わさり、バランスがよいエリアだそうです。

女性は恋愛力をアップさせる効果があるようです。ふきだし公園にある「京極の名水」という湧水は、羊蹄山山麓の湧水の一つで、山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し湧き出したそうです。また「名水百選」に選ばれたり、「生活を支える自然の水30選」や「水の郷百選」、「北海道遺産」などに選定されるほどの湧水で、多くの方が水汲みに訪れるほど有名です。湧水を飲むことで、風水では体を浄化するとも言われていますので、湧水をお土産にするのと喜ばれるかもしれません。

湧水を使った、コーヒーやコーヒーゼリーも販売されております。

羊蹄山の湧水の味はまろやかで、ペットボトルで売られているミネラルウォーターのような味だそうです。

羊蹄山(蝦夷富士)の登山コースは4つ見出し

せっかくニセコに来て、羊蹄山でパワースポットの観光をするなら、沢山のパワーを浴びて運気をアップさせたいですよね?より多くのパワーを浴びるなら山頂に行くこと。つまり、羊蹄山を登山することが一番おすすめです。羊蹄山の登山には4つのコースがあります。それぞれのルートをご紹介していきます。登山コースは上りと下りを別のルートにしても楽しめますが、その場合、各登山口に移動のための車が必要です。その為、今回こちらでご紹介するのは、一人でも楽しめる同じコースを往復するパターンでご紹介します。

初心者おすすめの羊蹄山(蝦夷富士)登山コースその1:比羅夫(倶知安)コース見出し

所要時間 往:3時間40分、復:2時間40分最初はゆるやかな山道を歩きます。5合目からはだんだん急登になります。6合目から9合目まで急勾配が延々と続来ます。ここを頑張ればあとは楽。9合目からは森林限界に出たのでもうきつい登りはなく、眺めがいいです。9合目からはガレ場なので、照り返しはきついです。

登山口は半月湖野営場のキャンプ場にあります。4コースの中で距離は短いけれど、急勾配が多いので体力を維持しつつゆっくり登山されることをおすすめします。一人の登山の場合、黙々と登られるとペースが早くなってしまうので、一人で小さく鼻歌が歌えるくらいの状態で登ると適度な体力を維持できるのでちょうど良いです。

無事山頂に到着!比羅夫コースは最短時間で登れる分、急勾配が続くのが難点。初心者におすすめのコースですが、急登が少ないコースが良いという方は次にご紹介する真狩コースがおすすめです。

初心者おすすめの羊蹄山(蝦夷富士)登山コースその2:真狩コース見出し

所要時間 往:4時間30分、復:3時間10分真狩村にある「羊蹄山自然公園・真狩野営場」から出発するコースです。「登山者用駐車場」に車を止めて、キャンプ場の中を通り抜けて奥へ進んで行くと羊蹄山登山口があります。そこからスタートします。

4つのコースの中で比較的勾配が緩く、登山道の状態も良く人気コースです。8合目くらいからガレ場になり眺望が良くなります。比羅夫(倶知安)コースに比べて、勾配が緩い分、距離が長くなるので時間はかかります。

初心者コースの登山に飽きたらいいかも?その1:京極コース見出し

ダケカンバが多くなる標高1,000m付近から傾斜がきつくなり、7合目からはジグザグを繰り返す。標高1,600付近には瞰望台があり、札幌近郊の山々 がよく見える。これから先は岩場の崩壊が進んでいるので、十分注意。 高山植物を楽しみながら進むと山頂はもう一息。最後の岩肌を左へ進み最高点へ。

所要時間 往:4時間10分、復:3時間00分 登山口にもトイレ・水場がありません。山の東側にあるのが京極ルートで、難易度は中級者向けです。地図上ではほぼ真っ直ぐなルートな為、急登が続きます。太陽を背に登り、自分の影を踏みながら進んでいく感じです。展望はあまりよくなく。細くて急な道か険しくて急な道がほとんどです。上部の岩場は足場が悪く登りづらいです、楽しめる要素があまりなく、初心者向きとはいえません。

でも、よっぽど険しい山なのか登頂すると京極町から表彰状が頂けます。(入山届必須です)旅の記念になりますね。

初心者コースの登山に飽きたらいいかも?その2:最もキツイ喜茂別コース見出し

所要時間 往:4時間20分、復2時間50分 こちらのコースはほとんどが直登で、途中からシグザグになるも、動画のように視界はあまりよくないコースで、山頂に到着するまで、ただただきついコースになります。初心者にはあまりおすすめできないコースです。

羊蹄山の登山におすすめの時期は6月から9月下旬見出し

初心者には夏山がおすすめ。夏の北海道観光は心地よいのでスキーやスノーボード、雪が好きという特別なこだわりがなく、北海道観光でパワースポットである羊蹄山を登りたいと思われているなら、断然夏が良いです。冬の北海道も風情があって良いのですが、雪山はとても危険なので羊蹄山の登山に限ってはベストシーズンである 夏山が良いでしょう。

羊蹄山は6月くらいに山開きをし、9月下旬ごろまでが最適シーズンとなっております。9合目付近には100名収容の避難小屋があり、毎年6月中旬から10月中旬には管理人も常駐しています。管理人が常駐されている時の方が安心して登れます。

7月から8月上旬には、避難小屋まであと少しの8合目あたり(標高1700m以上)から、エゾゴゼンタチバナなど滅多に見ることができない100種類以上の高山植物を楽しむことができます。

特にエゾノツガザクラの群生がとてもキレイで、北海道の他の山でも楽しむことができます。半月湖周辺の一部の場所は後方羊蹄山の高山植物帯」として国の天然記念物に指定されています。

登山がキツイなら羊蹄山周辺を散策見出し

登山に自信がないという方は羊蹄山周辺をサイクリングや歩いて散策するだけでも、充分パワーをもらえます。散策におすすめな場所は半月湖周辺です。

冬の羊蹄山(蝦夷富士)登山は初心者には危険?見出し

冬の羊蹄山登山は慣れた中級者や上級者向きと言われているそうです。

ここ数年、後方羊蹄山の冬期登山が多くなっていているようです。 天候さえよければ、すばらしい風景と約5kmにわたる雄大なスキー滑降を楽しめますが、季節は冬であることを忘れずに慎重な行動をお願いします。

冬の羊蹄山は、パウダースノーを求めて、スキーやスノーボードで滑走される方々が多いです。筆者もその一人で、スノーボードでニセコの山々を滑るのが大好きです。スノーボードをザックに担いでツリーランを楽しんでしました。一人ではなく、山に詳しい経験者を含めたグループ行動で、雪崩に気をつけながら滑っていました。

特に春先の晴れた日などは、雪崩の発生率が高くて危険です。雪崩のほとんどは、表層雪崩です。表層雪崩というのは、厚さ数ミリから数センチほどの崩れやすい雪の層のことを弱層といい、弱層の上に登山者の登下山時の刺激や、筆者のようスノーボード・山スキーの滑走やトラバースといって、斜面を横切ることで 弱層を刺激し、積もっている雪が崩落して雪崩が起きることです。特に、たくさん雪が積もった後は弱層の上にたくさんの雪が積もることで重みを増し、雪崩の威力がアップします。弱層を見つけることが重要で、豊富な経験と天候も左右されるので、観光に来ただけの初心者の方が冬に登山することは極めて危険というわけです。

という訳で、初心者の冬季登山は非常に危険ですので、初心者の方は無理せず登山を控えましょう。

登山初心者や登山が苦手な方にオススメ!冬の羊蹄山(蝦夷富士)の楽しみ方見出し

冬の季節にパワースポットである羊蹄山に行きたいという方は、登山ではない方法で羊蹄山からのパワーをたくさん頂きましょう。

京極ふきだし公園にある半月湖という場所がパワーの噴射口となっているようです。羊蹄山の登山は体力的に厳しい方の場合、半月湖に行けば山頂から吹き出るパワーの受皿となっている湖からのたくさんのパワーを浴びることができるのです。

冬のニセコ観光といえば、スキーやスノーボードで有名なスポットですが、スノーシューで冬の森や湖を散策するのも人気です。

半月湖ではスノーシューを履いて半月湖周辺を散策するパワースポットツアーというものもあります。冬の羊蹄山で、パワーをたくさん浴びて、運気をアップしましょう。

投稿日: 2017年2月15日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote