地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

キャンプのデザートおすすめ33選!簡単に作れて子供が喜ぶ人気スイーツも!

キャンプの食事は楽しみの一つですが、ちょっとした工夫でさまざまなデザートを楽しむこともできます。そこでキャンプでできるおすすめのデザートをいくつか紹介します。アレンジを加えることでさらに多様な楽しみ方もできるので試してみてください。

キャンプでおいしいデザートを見出し

Photo by Yasuo Kida

キャンプの楽しみの一つは、大自然の中でおいしいものを食べることではないでしょうか。それにデザートがあればまさに言うことなしです。そこで、キャンプの時に簡単に食べることができるデザートをいくつか紹介します。子供も大人も、キャンプで美味しいデザートを堪能しましょう。

キャンプのデザートのポイントは?見出し

Photo by whitefield_d

さて、キャンプのデザートを選ぶにはどのようなポイントがあるのでしょうか。キャンプの場合、当然のことながらオーブンや電子レンジはありませんし、調理器具も厳選して持って行く必要があります。そうすると簡単な道具と簡単な手順で作れるものが一番いいということになります。

また、もし可能であれば、キャンプで家を出る前に下ごしらえを済ませておくのもおすすめです。たとえばゼリー系だとキャンプ場までの移動時間で固めることができますし、味を浸しておくこともできます。

ニトリのキャンプ用品21選!食器やチェアなどのおすすめ商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニトリのキャンプ用品21選!食器やチェアなどのおすすめ商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプ用品が豊富にある人気のニトリ。インテリア用品や生活用品を買いに行くときに利用するニトリは、実はアウトドアに適した商品がたくさんあります。キャンプ用に使用できる商品も沢山あるので、柔軟に考えて使用用途を見てみましょう。

キャンプのデザートを用意するときの注意見出し

Photo by imgdive

デザートに限りませんが、キャンプの時に最も注意が必要なのが品質保持です。特にキャンプは夏など暑い時期に行うことが多いため、ちょっと油断するとすぐに食中毒の心配が出てきます。デザートの場合も同じで、きっちりと保冷をする、食べる前に火を通すなどすると安心です。

キャンプのデザートの保冷の工夫見出し

そうは言っても、特に夏のキャンプの場合、デザートは冷たいさっぱりしたものが食べたいという方も多いかもしれません。そんな場合はきちんと保冷をすることで冷たいデザートが楽しめます。

もちろん、クーラーボックスを持っていればそれを利用すればいいのですが、ない場合には段ボールや発泡スチロールの箱、保冷バッグをうまく使うこともできます。空いたペットボトルに水を入れて凍らせたものや洋菓子店などでもらう保冷剤を使うと、かなりの保冷効果が期待できます。

デザートはキャンプ場に着いて食べる寸前までそのまま開けずにおきましょう。クーラーボックスなどから出すと、気温によっては1時間ほどで食中毒の危険が高まります。

キャンプのおすすめデザート1:マシュマロ系見出し

Photo by iyoupapa

それではさっそく、簡単なレシピで美味しいキャンプ場でおすすめのデザートを紹介していきます。まず紹介するのは、マシュマロを使ったデザートです。マシュマロは保冷などを特に気にすることなく、簡単にいろいろなデザートに利用できるので、人気が高いです。特に焼いたマシュマロは絶品です。

スモア

Photo by JaggyBoss

キャンプのデザートの定番中の定番が「スモア」です。マシュマロを焼き、それをクラッカーなどではさんだものですが、焼けたマシュマロは表面がカリッとし、中がふんわり溶けるので、食感の面でも楽しめます。そのまま食べるより焼いた方がいいという方もいるほどです。

クラッカーやクッキーなどで両面を挟むのもおすすめですが、クラッカーの上に乗せて、マシュマロの上にチョコを乗せると、マシュマロの熱でチョコが溶けてさらに美味しく食べられます。

マシュマログラタン

キャンプでグラタンというととても難しいレシピのように感じられますが、そんなことはありません。食パンを切って焼き網で焼き、それをちぎってナッツと混ぜてアルミの皿に乗せます。その上にたっぷりとマシュマロを乗せて焼き網で焼けばできあがりという簡単なデザートです。

マシュマロのふわっとした甘さと、カリッとしたパンが美味しく、香ばしいナッツも食欲をそそります。焦げすぎないように様子を見ながら、少し焦げ目がつくくらいで食べると特に美味しいです。

キャンプのおすすめデザート2:ホットケーキミックス系見出し

Photo by yosshi

最近のお菓子作りのレシピを見ると、ホットケーキミックスを使ったレシピが多く見られます。いろいろな粉を混ぜたりする必要がないホットケーキミックスは、キャンプのデザートを作る時にも簡単に使えますし、子供も楽しめるので人気となっています。キャンプ場でも上手に利用していろんなレシピにチャレンジしてみましょう。

バウムクーヘン

Photo by karinckarinc

バウムクーヘンなどという難易度の高いものが、用具も少ないキャンプでできるのだろうかと疑問を感じる方もいるかもしれません。しかし意外にも、キャンプでバウムクーヘンは人気のレシピとなっています。

ホットケーキミックスに卵、牛乳、砂糖、バター、バニラエッセンスなどを加えます。長い棒にアルミホイルを巻き、そこに生地を塗って焼いていきます。焼けたら次の層を塗るのを繰り返すと、バウムクーヘンができるのです。子供も楽しめ、お手伝いができるデザートです。

蒸しパン

Photo by norio_nomura

ホットケーキミックス、卵、牛乳、砂糖などを加え、混ぜ合わせたら、アルミの容器にそれを流し込みます。この容器を沸騰させた鍋に入れて蒸すと、蒸しパンができあがります。

レシピのアレンジが多彩で、チーズやチョコ、ナッツなどお好みのものを入れて作ることができるのが人気の秘密です。キャンプ場でも好みでいろいろなものを入れてさまざまな味を楽しんでみてください。

パンケーキ

Photo by kaidouminato

スキレットがあれば、キャンプ場でもホットケーキミックスで簡単にパンケーキを作ることができます。まずバターを常温で柔らかくしたら、ホットケーキミックスとバター、ヨーグルトをよく混ぜ合わせ、スキレットに流し込んで焼くだけです。

焼き上がりはキャンプ場の調理設備により違いがあるので、途中で竹串か菜箸を刺して焼き具合のチェックをしてください。表面だけが焦げる場合はアルミホイルをかぶせると、中にうまく火が通ります。

クラフティ

クラフティはフランスのリムーザン地方の伝統的なお菓子です。フルーツ入りのタルトプティングのようなお菓子で、本来はチェリーなのですが、中のフルーツを変えることでいろいろなクラフティが作れます。

ボールにホットケーキミックス、牛乳、ココナツオイル、バニラエッセンスなどを入れ、スキレットに流し込みます。それにいちごなど好きな果物をカットしていれ、そのまま焼き上げます。パンケーキと同じく、焼き加減をチェックすることを忘れないようにしましょう。

クッキー

Photo by HIBIKIFL

クッキーも小麦粉などを混ぜるだけでなく、ホットケーキミックスを利用して簡単にクッキーを作るレシピもあります。なんといってもアレンジの幅が広く、フォークなどですくって落としてもいいですし、中にチョコやナッツなどさまざまなものを入れることができます。

また、焼き菓子なので前もって作ってキャンプ場に持って行っても夏でも比較的安全ですし、その場で作る場合には子供も参加できるので、それ自体が楽しめるというメリットもあります。

キャンプのおすすめデザート3:フルーツ系見出し

Photo by senchou

フルーツはそのまま食べても美味しいデザートになりますが、焼いて作るデザートのレシピも豊富です。焼くことで生とは違った風味が楽しめますし、何といっても焼くだけであれば簡単に作れるのもうれしいところです。トッピングや下ごしらえをうまく使って美味しいデザートにしましょう。

焼きりんご

Photo by Richard, enjoy my life!

りんごのデザートと言ったらまず頭に浮かぶのが「焼きりんご」ではないでしょうか。キャンプ場ではりんごの芯をくりぬき、そこに砂糖、バターを詰め、アルミホイルで包んで焼くという簡単なレシピで、りんごの風味が堪能できる美味しいデザートができあがります。

シナモンをふったり、生クリームをトッピングしたりすると、さらにおしゃれなデザートになり、子供も大人も喜ぶ一品になります。りんごの焼き具合をチェックする時など、軍手を使いやけどしないように注意してください。

焼きみかん

みかんを焼いて食べたことがあるでしょうか。実はみかんは焼くと甘味が強くなり、さらに美味しくなると言われています。キャンプ場ではみかんならば皮がついたそのままで焼いて、グレープフルーツなどならば半分に切って焼きます。皮に焼き目がついたら完成です。そのまま、グレープフルーツは砂糖を軽くふるとさらに美味しく食べられます。

柿のジャム

秋にキャンプをする場合に、秋のフルーツを使ったデザートを作る場合におすすめのジャムです。まずカットした柿に砂糖をまぶし、少し置いてからレモン汁を加えて加熱します。とろみがでたら鍋からおろして、はちみつをよく混ぜ合わせてできあがりです。

もちろん他のフルーツを使っても作れますし、ここで作ったジャムを使っていちごミルクや柿ミルクにアレンジすることもできます。パンやクラッカーにジャムとクリームチーズを乗せて食べるのもおすすめです。

いちじくのコンポート

こちらもいちじく以外のフルーツでもできるレシピです。コンポートはフルーツの形を残すようにして加熱するので、いちじくやいちごなどをまるごと使うとよいでしょう。フルーツに砂糖をまぶし、少し置いてから、レモン汁とともに煮ます。とろみが出たら火からおろし、冷まします。

コンポートはフルーツの形も楽しめるのでそのままヨーグルトやはちみつをかけて食べるのがおすすめです。また大人の方にはラム酒、赤ワインなどの洋酒を加えて煮てもよいでしょう。

りんごのシナモンケーキ

焼きりんごにもうちょっと手を加えたい方におすすめなのが「りんごのシナモンケーキ」です。まずりんごをくりぬいてケースを作ります。くりぬいたりんごとホットケーキミックス、牛乳、シナモンをまぜ、くりぬいた場所に戻し、砂糖、バター、レモン汁を散らしてアルミホイルで包んで焼きます。

見た目もおしゃれで、もちろん美味しいので、とても人気のあるレシピです。材料もさほど多く必要としないので、ちょっとひと手間かけておしゃれなデザートをと考えている方におすすめです。

キャンプのおすすめデザート4:野菜系見出し

Photo by 305 Seahill

ふだん野菜が嫌いで食べないという子供でも、デザートにすると喜んで食べるということはよくあります。ましてキャンプという場であれば、その雰囲気そのものが美味しさを増してくれるので、どんどん食べてくれるかもしれません。甘みのある野菜を使うことで砂糖などを控えることもできます。

かぼちゃのグラッセ

甘みのあるかぼちゃを使うことで、野菜も美味しく食べられるレシピです。まずカボチャをゆでて柔らかくしたら、鍋やフライパンなどにバターを溶かし、かぼちゃを入れてバターをからませます。アーモンドスライスやくるみなどをトッピングし、はちみつをかけてできあがりです。

かぼちゃの甘みによっては、砂糖を加えたり、はちみつで調整したりするとよりおいしく食べることができます。アーモンドやくるみの食感と香ばしさが食欲をそそるデザートです。

焼きいも

Photo by Mayuki

たださつまいもを焼いただけの焼きいもですが、ちょっと涼しく感じられる日のデザートとしては最適の一品でしょう。さつまいもは遠火でじっくり火を通すと、ぐんと甘みが増して美味しくなります。キャンプ場では他の料理を作っている時からアルミホイルにくるんで置いておくだけで、美味しいデザートが一品できあがります。

スイートポテト

Photo by dreamcat115

焼きいもよりもちょっと手をかけたいという方はスイートポテトはいかがでしょうか。ゆでたさつまいもをつぶし、バター、砂糖、生クリーム、バニラエッセンスを加えてアルミ型に入れて焼きます。表面に卵黄を塗ると光沢がでてさらに美味しくなります。

できたての温かいものはもちろんですが、冷たい状態でも美味しく食べられるのが魅力で、レシピも比較的簡単なので、子供も参加して作ることができます。アルミ型にきれいに飾り付けていれてもいいでしょう。

キャンプのおすすめデザート5:ひんやり系見出し

Photo by Shigeyama

夏などの暑い季節にキャンプをする場合、やはり冷たいデザートは欠かせません。上手に保冷をすることで、夏でも冷たいデザートをキャンプ場で楽しむことは可能です。熱中症対策にもなる冷たいデザートを上手に利用して、元気にキャンプを楽しんではいかがでしょうか。

いちごミルク

甘くて冷たいいちごミルクは、子供はもちろん、大人にとってもさっぱりする人気のドリンクです。簡単に作るレシピとしてはいちごジャムと牛乳を混ぜ、ハチミツで味を調えるだけでも十分ですが、もうちょっと手を加えたいのであれば、ジャムを作ることもできます。

ジャムを作る場合はいちごと砂糖、レモン汁を鍋に入れて火にかけ、とろみが出るまで加熱します。吹きこぼれやすいのでその場を離れないで、様子を見ながら加熱していきましょう。

クラッシュゼリー

クラッシュゼリーも冷たいデザートとして夏のキャンプではおすすめです。出発前にサイダーと果汁、砂糖とゼラチンを鍋に入れ、ゼラチンを溶かします。溶けたら容器に流しいれ、クーラーボックスに入れて冷やしながらキャンプ場に持って行きます。

食べる時にゼリーをスプーンなどでくだき、フルーツと混ぜて盛りつけたらできあがりです。果汁の他に果実酢や果実酒を使うと大人向けのデザートになりますし、いろいろなアレンジが効くので子供がいるキャンプでも安心です。

フルーツポンチ

Photo by Shigeyama

夏の冷たいデザートとしてフルーツポンチもおすすめです。まず、サイダーに砂糖を加えて溶かします。好みのフルーツを食べやすくカットし、コップなどの器に盛りつけ、サイダーを注げばできあがりです。簡単で冷たくさっぱりしているので夏にはぴったりです。

サイダーをウォッカ、リキュールなどの洋酒に変えたり、または加えたりすれば、大人向けのデザートになりますので、好みで選ぶとよいでしょう。

フルーチェ

簡単に冷たいデザートを作りたいという方の強い味方がいわゆる「デザートベース」です。「フルーチェ」などの名前で販売されていますが、牛乳をまぜるだけで固まり、さまざまアレンジが効くので、キャンプ場などで手間を掛けずにデザートを作りたい方におすすめです。

同じ系統のフルーツを一緒に飾れば、さらにおしゃれに楽しめますし、子供にも簡単に作れるので、お任せしてみるのもおすすめです。

キャンプのおすすめデザート6:パーティー系見出し

Photo by abex

せっかくのキャンプですから、みんなで参加して、みんなでにぎやかに食事を楽しみたいところです。そんな時にはみんなで分けて食べられるデザートがおすすめです。子供でも安心の簡単にできるレシピなので、みんなでデザート作りから参加して楽しむのもおすすめです。

チョコバナナ餃子

餃子はおかずというイメージが強いですが、中の具をデザートにすることでみんなで楽しめるレシピができました。まずバナナをスライスし、板チョコを一口大に分けます。それを餃子の皮で包み、アルミ容器やフライパンで焼くだけです。

餃子を包むところはキャンプのメンバーみんなで参加できるので、おしゃべりを楽しみながらやってみてはいかがでしょうか。できあがったらハチミツをかけるとさらに美味しく食べることができます。

チョコフォンデュ

Photo by Koji Horaguchi

パーティーメニューの代表、チョコフォンデュです。牛乳か生クリームを火にかけ、沸騰寸前に火からおろし、チョコを割り入れてしっかり溶かします。あとはフルーツやマシュマロなどお好みのものをつけて食べるだけという簡単メニューです。

チョコの容器は火にかけっぱなしにするとなべ底が焦げ付いてしまうので、様子を見てコンロにかけたり外したりすることをおすすめします。夏ならば余熱でチョコが溶けるので、溶かした後はそのままでも大丈夫かもしれません。

はちみつナッツピザ

市販のピザ生地を使うことで、簡単に作れるデザートです。ビザ生地にはちみつ、バナナ、ナッツ、シナモンをトッピングし、アルミホイルに乗せて焼きます。焼きあがったらチョコレートソースをかけてできあがりです。

こちらもさまざまなアレンジができるレシピで、このほかにチーズやマシュマロ、他のフルーツなどを乗せてもよりデザートっぽい雰囲気になります。加熱するので夏でも安心して食べられるデザートです。

フレンチトースト

Photo by Kakei.R

フレンチトーストは、朝ごはんなどで食べるという方もいるかもしれません。甘く、こちらもアレンジが効くのでその点でもおすすめです。できればキャンプに行く前にパンを食べやすくカットして卵液に浸しておくと、到着してすぐに焼いても美味しく食べることができます。

キャンプのおすすめデザート7:和菓子系見出し

Photo by sayo-ts

実はキャンプで和菓子を作ることもできます。和菓子というだけで手間がかかりそうというイメージがある方も多いでしょうが、ちょっと珍しいデザートを楽しみたい方にはおすすめのレシピです。次のキャンプではちょっといつもと違うデザートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

草餅

Photo by norio_nomura

草餅はよもぎを使った餅菓子です。まずよもぎをゆでて、すり鉢などですりつぶします。また餅は鍋でゆでて、柔らかくします。そのよもぎと餅を混ぜてあんこを包み込めばできたての草餅が楽しめるのです。

餅、よもぎ、あんこなどは市販品があるので、最初から餅つきをする必要もありませんし、加熱したらあん子を入れて丸めるだけなので、子供でも一緒に楽しむことができる簡単レシピです。

水羊羹

Photo by [puamelia]

なんと夏の冷たい和菓子である水羊羹を、キャンプ場で作ることができます。水羊羹は寒天を使って固めるため、ゼラチンよりも高い温度で固めることができるのです。あんこ、水、塩を火にかけ、混ざったところに粉寒天を入れて完全にとかしきったら、火からおろし、そのまま固めるとできあがりです。

寒天は常温で固まるため、夏のキャンプ場でも作ることができますが、冷やすとさらに冷たいデザートとして食べられます。ただし、作ったらなるべく早く食べるようにしましょう。

わらび餅

Photo by penpenpen

わらび餅もわらび餅粉が常温でも固まるため、夏のキャンプ場で作ることができるデザートです。鍋にわらび餅の粉を入れたら、熱湯を少しずつ注ぎ、注ぎ終わったら火にかけて溶かします。とろみがついたら火からおろして固めます。黒みつ、きな粉などをかけて食べます。

基本的には常温で固まるので、夏でも大丈夫ですが、固まらなければ少し冷やしましょう。冷たいデザートとして食べるなら冷やした方がおいしいです。こちらも夏などの場合は作ってすぐに食べるようにしましょう。

ミルクがゆ

夏の時期は冷たいデザートが人気ですが、秋などになると、天気によっては少し涼しく感じられることもあるでしょう。そんな時におすすめなのがミルクがゆです。炊いたご飯を使うことで簡単に作ることができます。

ご飯と水を入れて火にかけ、沸騰したところに牛乳、砂糖、シナモンを入れてさらに煮込みます。とろみが出たら火からおろし、さらにはちみつを加え混ぜ合わせてできあがりです。柚子をあしらったり、オリーブオイルをかけたりするとさらに美味しく食べられます。

どら焼き

Photo by dreamcat115

こちらもさまざまなアレンジができるレシピです。小麦粉などを使ってもいいですし、ホットケーキミックスを使って作ることもできます。粉に卵や砂糖、はちみつ、みりんなどをいれて混ぜた後、牛乳を加えて生地を作り、スキレットで丸く焼き上げます。

あんこや抹茶クリームなど、中にはさむものもそうですし、生地そのものに抹茶などを混ぜ合わせることもできます。アレンジが効くことでさまざまな楽しみ方もできそうです。

キャンプのおすすめデザート8:持ち込み系見出し

Photo by akira yamada

キャンプ場で作るデザートだけでなく、買って持ち込むデザートを考えている方もいるかもしれません。実は上手に持ち込みのデザートを利用することで、食材の保冷などもできるのです。そこでそんな保冷などにも使えるデザートや、他のデザートにアレンジできるものを紹介します。

キャンプの保冷を兼ねたデザート:ゼリー

Photo by hide10

ゼリーは自分でゼラチンを使って作ることもできるのですが、市販品もいろいろと販売されています。それらを凍らせてクーラーボックスに入れることで、いろいろな食材を冷たい状態で運ぶことができます。ゼリーそのものは凍った状態でも、半解凍でも美味しく食べられるので、その点でもおすすめです。

キャンプの保冷を兼ねたデザート:いちごアイス

いちごアイスは冷凍の生いちごの中に、甘い練乳のようなアイスが入ったものです。口に入れると甘いアイスと酸味があるいちごがさっぱりとしていて、暑い時期にもぴったりです。

こちらも保冷剤として利用できるほか、手が汚れにくく、一口で食べられるので、女性にはもちろん、男性にも人気の一品となっています。ネットなどでも購入できるので調べてみるといいでしょう。

フルーツ盛り合わせ

Photo by ysakaki

フルーツポンチなどを作る場合、その場でさまざまなフルーツをカットするのは手間もかかりますし、皮などのゴミも出やすくなります。そこで最初からフルーツは盛り合わせを使うというのも一つの方法です。

盛り合わせのフルーツは種類が多く使われており、見た目もおしゃれなので、そのまま食べてもいいですし、フルーツポンチなどにアレンジする場合でも手間がかかりません。さまざまなタイプが販売されているので、入っているフルーツなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。

キャンプのおすすめデザート9:大人系見出し

Photo by Kanko*

最後に紹介するのは大人が喜ぶキャンプ場で食べるデザートです。大人のデザートの場合はお酒などを上手に効かせることで、ぐっと味があがり美味しく食べることができます。子供のデザートに少しアレンジを加えて、大人にもうれしい特別のデザートを作ってみてはいかがでしょうか。

ラムプリン

卵の白身を泡立て、牛乳、砂糖、ラム酒を加えます。それを蓋つきのココットなどに入れ、バーベキューコンロで沸騰させた鍋の中に入れます。こうして蒸し器がなくてもプリンを作ることができます。

子供用にはラム酒を入れずに作ればふつうのプリンになりますので、大人と子供がいるキャンプの場合は別々に作ると安心です。

コーヒーゼリー

まず出発前にアイスコーヒーと砂糖を火にかけ、沸騰寸前にゼラチンを加えて完全に溶かします。これをクーラーボックスに入れ、塩を混ぜた氷の中に入れてキャンプ場へ行きます。キャンプ場で開ければゼリーができているというわけです。

砂糖の量を調節することで、大人から子供まで楽しめる冷たいレシピになっていますので、子供用には砂糖を多めにするとよいでしょう。また夏で保冷が心配なときは、寒天を使うと少し固めですが温度が高めでも固まりやすいです。

美味しいデザートでキャンプを楽しもう見出し

Photo by imgdive

キャンプの食事は楽しみの一つであり、そこに美味しいデザートがあったらさらに楽しみが広がることでしょう。材料や用具が限られたキャンプでも、市販品などをうまく利用することで、思いもかけないほどのさまざまなデザートが楽しめます。いろいろ工夫して、さらに楽しいキャンプにしてください。

関連キーワード

投稿日: 2019年12月24日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote