地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

仙北市の温泉郷が魅力!田沢湖などおすすめの観光スポットも紹介♪

秋田県の仙北市は田沢湖をはじめとした景勝地や複数の温泉郷などがある人気観光地です。今回は見どころいっぱいの仙北市のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します!魅力をチェックして秋田県や仙北市への旅行計画の参考にしてください。

仙北市とはどんなまち?見出し

秋田県の東部中央に位置し、岩手県と隣接している「仙北市」。平成17年9月20日に3つの町村が合併して誕生したまちで、水深日本一の田沢湖や秋田駒ケ岳、八幡平など豊かな自然に恵まれています。

玉川温泉や乳頭温泉郷などがあり、秋田県内外から多くの人が訪れる温泉地としても有名です。ここではそんな仙北市のおすすめ観光スポットをエリア別に厳選してご紹介します。

仙北市おすすめ観光スポット<八幡平・玉川エリア>見出し

仙北市の北部に位置する八幡平・玉川エリアでは、八幡平や焼山をはじめとした自然の壮大な眺望や温泉を楽しめます。限られた期間にしか見られない幻想的な光景を見たり、名湯として知られる温泉で寛いだりして癒されましょう。

八幡平ドラゴンアイ

八幡平山頂付近に位置する「鏡沼」で、5月下旬から6月上旬にかけて出現する「八幡平ドラゴンアイ」。冬の間に降り積もった雪が、春にドーナツ状に溶けていき、そこに日の光や空の色など様々な条件が重なって龍の目のように見えます。

この鏡沼の近くにはエメラルドグリーンに輝く「メガネ沼」があり、近年は「ドラゴンの涙」と言われることも。ドラゴンアイと合わせて神秘的な光景をお楽しみください。

玉川温泉・新玉川温泉

「玉川温泉・新玉川温泉」は、1ヶ所から毎分9,000リットルという日本一の湧出量や、ph1.2の日本一の強酸性の温泉水を誇る一大湯治場です。

リウマチ、高血圧、皮膚病、疲労回復など様々な効能がある「癒しの湯」として人気が高く、全国各地から温泉療養に訪れる人々で賑わっています。

仙北市おすすめ観光スポット<乳頭エリア>見出し

仙北市で湯めぐりを楽しみたい方におすすめなのが、東部に位置する乳頭エリアです。ブナやカエデの林に囲まれた湿原や乳頭山などでは自然を身近に感じることができます。

乳頭温泉郷

山間にある「乳頭温泉郷」は全国に数ある秘湯のなかでも屈指の人気を誇る温泉地です。泉質の異なる7つの湯元がそれぞれ離れた場所にあり、ブナ林など自然に囲まれた静かな環境でのんびりと温泉を満喫できます。

江戸時代から続く湯治場やモダンな雰囲気の宿まで魅力的な宿が目白押しなので、"湯めぐり号"を利用して七湯めぐりの温泉浴を楽しむのもおすすめです。

仙北市おすすめ観光スポット<田沢湖高原・水沢・駒ヶ岳エリア>見出し

田沢湖の北東に位置する田沢湖高原・水沢・駒ヶ岳エリアには温泉郷があり、季節によってはスキーや秋田駒ヶ岳の登山などを楽しめます。山と湖を望む眺望もこのエリアの魅力です。

田沢湖高原温泉郷

秋田駒ヶ岳のふもとに広がり、田沢湖や駒ヶ岳の美しい眺望が楽しめる「田沢湖高原温泉郷」。ホテルや旅館が並ぶ保養と観光の温泉郷で、国民保養温泉地に指定されています。

秋田駒ヶ岳の登山入り口にもなっているこの場所で、温泉はもちろん、高原ならではの清澄な大気や眺望にも癒され安らぎの時間を過ごしてはいかがでしょうか。

仙北市おすすめ観光スポット<田沢湖エリア>見出し

仙北市のほぼ中央には日本百景にも選ばれている有名な景勝地、田沢湖があります。初めて仙北市に訪れる際は是非立ち寄っておきたいエリアです。湖の美しい景観はもちろん、湖畔の散策もお楽しみください。

田沢湖

仙北市の定番観光スポットのひとつが「田沢湖」です。水深423.4メートルという日本一の深さと高い透明度を誇っており、四季折々の美しい光景で訪れる人々を魅了しています。

湖畔には歴史ある名所・旧跡のほか、レジャースポットも充実しています。ルリ色の湖面を眺めながら遊覧船に乗ったり、湖の周辺をサイクリングしたりと楽しみ方も様々です。

御座石

田沢湖の湖畔に広がる「ござ」を敷いたような平坦な岩場「御座石(ござのいし)」も田沢湖観光で見ておきたいスポットです。この場所にはかつて秋田藩主が田沢湖遊覧の際に腰をかけて休んだことが社名の由来となる「御座石神社」があります。

御座石神社には湖神たつこ姫をお祀りしており、朱塗りの鳥居やたつこ姫像など見どころもたくさん。近年は美のパワースポットとして注目されるようになっています。

仙北市おすすめ観光スポット<抱返り・神代・白岩エリア>見出し

抱返り・神代・白岩エリアは仙北市の南部に位置しています。渓谷や回顧(みかえり)の滝といった自然の絶景が楽しめるスポットがあり、紅葉祭の期間中には、長年受け継がれてきた郷土芸能などのイベントが行われます。

抱返り渓谷

"東北の耶馬渓"と称される景勝地「抱返り渓谷」は新緑と紅葉の名所です。両岸の原生林と岸壁にかかる回顧の滝、青い渓流などがつくり出す景観は非常に美しく、澄んだ空気にも癒されます。

周辺は遊歩道が整備されているので、奇岩や急流、大小の滝などを見にハイキングに出かけるのもおすすめです。渓谷に架けられたつり橋「神の岩橋」からの眺望は必見です。

白岩ささら

白岩地区でお盆に神社や雲厳寺に奉納される「白岩ささら」は、県指定無形民俗文化財でもある郷土芸能です。佐竹公がお国替えの時、佐竹家中の士から伝授されたとされています。

行列の先頭が悪魔祓いのために木製の楽器を振りながら歩き、その後農村の獅子踊りが加わったと伝えられており、現在見られるものは獅子と道化役が絡み合うリズミカルな舞が特徴です。

仙北市おすすめ観光スポット<西木エリア>見出し

西木エリアでは、全国各地から多くの観光客が訪れる「上桧木内の紙風船上げ」や貴重なカタクリの群生が見られるスポットなどがあります。イベントの日程や開花状況などをチェックして是非訪れてみてください!

上桧木内の紙風船上げ

「上桧木内の紙風船上げ」は武者絵や美人画が描かれた巨大な紙風船に灯火を灯し、真冬の夜空に打ち上げる伝統行事です。毎年2月10日に開催されており、幻想的な光景を見ようと全国各地から多くの観光客が訪れます。

以前は五穀豊穣や無病息災を祈願することが多かったですが、近年は「家内安全」や「商売繁盛」「交通安全」「合格祈願」など、各自がその年への願いや思いを紙風船に託します。

カタクリ群生の郷

地元で「カタッコ」「カタンコ」と呼ばれるユリ科の多年草「カタクリ」。そのカタクリが20ヘクタール(東京ドーム4.2個分)の広範囲に渡って群生する様子が見られます。

この場所は西明寺栗を栽培する栗林であり、栗の木の剪定や間伐により日当たりが良くなり、徹底した肥培管理で堆肥が群生に適した栄養分になっているとか。カタクリが開花している様子は4月中旬頃から5月上旬頃に見られます。

仙北市おすすめ観光スポット<角館エリア>見出し

城下町として栄えた角館は、歴史が感じられる風情ある武家屋敷通りや桜の名所などがある観光客にも人気のエリアです。新緑や紅葉に包まれた町並みも美しく、どの季節でも町の散策をお楽しみいただけます。

角館の桜まつり

東北の小京都と呼ばれる風情ある町並みが魅力の角館。春は桜の名所として市内外から多くの花見客が訪れます。

国の天然記念物に指定されているシダレザクラや桧木内川堤のソメイヨシノの桜並木など見どころがたくさん。桜まつりの期間中にはどちらもライトアップされ、幻想的な夜桜も楽しめます。

武家屋敷通り

角館は秋田藩の支藩として栄えた城下町であり、今なお藩政時代の面影を残す町並みを見ることができます。深い木立と重厚な屋敷構えの武家屋敷が並んでいるこのエリアは国の重要伝統的建造物群保存地区です。

6軒の武家屋敷が公開されており、屋敷内や庭園を見学できます。長い年月を生き抜いてきた巨木や古木の彩り、黒板塀などの観察もお楽しみください。

仙北市の見どころ満載!見出し

いかがでしたでしょうか?秋田県の仙北市には、温泉郷や湖、渓谷、お祭りなど観光客にも大人気のスポットやイベントが目白押しです。

仙北市はグリーンツーリズムが盛んな地域で、地元ならではの「通」な体験を手配出来る地域協議会もあり、農家民宿、ペンション、ロッジをはじめキャンプ場など、グリーンツーリズムを提供している施設がたくさんあります。気になる方は是非チェックしてみてください。

自然豊かで見どころいっぱいの仙北市で楽しい思い出をつくりましょう!

仙北市のグリーンツーリズム情報はこちら
仙北市の公式ページはこちら
投稿日: 2020年2月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote