地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

浅草のおすすめ本屋さんをご紹介!大きい店舗や宿泊できるところもあり!

浅草は江戸期の下町情緒が残るどこか昔懐かしい街であり、東京で最も観光客の多い観光スポットでもあります。浅草にはレトロな雰囲気の古本屋もあればカフェや宿泊施設を併設したお洒落な本屋さんもあります。浅草では、種々のユニークな本屋さんを探すことができます。

浅草で本屋を探そう!見出し

Photo by torisan3500

浅草は流行の先端を行く東京の中にあって、昔ながらの下町の人情や風情が残り、どこかノスタルジーが感じられる温か味のある街です。

ここではそんな、浅草の本屋について、駅の近くの本屋、宿泊のできる本屋、大きいおすすめの本屋などの特徴や情報を交えながら紹介します。

伝法院通りを散策しよう!浅草の観光スポットでおすすめのグルメやお土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
伝法院通りを散策しよう!浅草の観光スポットでおすすめのグルメやお土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
飲食店やお土産屋さんが勢ぞろいしている「伝法院通り」は、浅草を代表する人気観光スポットです。今回はそんな浅草の伝法院通りについてたっぷりとご紹介いたします。伝法院通りの気になる観光情報や歴史、おすすめの食べ歩きグルメやお土産についてチェックしてみましょう。

浅草のおすすめ本屋厳選6店をご紹介見出し

Photo by marumeganechan

浅草は、浅草寺や仲見世通り、花屋敷などを中心に種々のお土産屋やカフェ、食べ物屋などが軒を連ね、外国人も含め、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

この浅草界隈には、大きい本屋やユニークな本屋が数多くあります。そんな中から特におすすめの本屋6店を紹介します。

浅草のおすすめ本屋1:BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA見出し

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」は、浅草にある宿泊のできる大きな本屋さんです。この書店は、日中はカフェとして、また本の読めるスペースとして活用でき、夜には宿泊ができるというユニークな特徴を持つ本屋さんです。

店内では自然光を採り入れて、ゆったり読書に勤しむことができる雰囲気が作られています。突き当りの窓側と右側の部分にはソファがあり、少しまどろむこともできます。

本棚と本棚の間の左右上下にはベッドが設置されており、本棚には蔵書やエッセイ、旅行書、写真集、レシピ本、洋書など種々の本が並べられています。

【特徴】浅草で宿泊可能な本屋

宿泊可能な本屋「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」には、珍しい本もたくさんあります。例えば、チャールズMシュルツ作のスヌーピーの絵本「大好きって手をつないで歩くこと」は、普段なかなか手に入らない絵本のようですが、このお店にはありました。

また、ガイドブックにおいても、泉麻人氏作の「東京マニアック」や、推理作家・植草甚一氏作の「ぼくの東京案内」など、ユニークな本が並んでいます。

店舗情報

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」では、読書は勿論、カフェのみの利用も宿泊のみの利用もできます。ソファ席の利用は1時間当たり540円、宿泊もできるベッドの利用は1時間当たり740円となっています。ただし、クレジットカードかIC系カードのみが利用でき、現金は不可のため注意が必要です。

「BOOK AND BED TOKYO」は池袋や新宿にも系列店があります。浅草店は年中無休で営業しています。この書店は、東京メトロ銀座線または都営浅草線・浅草駅から雷門通りを歩き、雷門を通り過ぎてから少し歩いた左手にあり、徒歩3分ほどでアクセスできます。

住所 東京都台東区雷門2-16-9パゴタ浅草6F

浅草のおすすめ本屋2:Readin’ Writin’ BOOKSTORE見出し

Photo by masahiko

「Readin’ Writin’ BOOKSTORE」は、コーヒーを味わいながら厳選された面白い本を楽しむことができる本屋です。新聞記者出身のこのお店の店主・落合氏は、人と本との素敵な出会いを大切に考えており、「3年後も色あせない、長く読み継がれて欲しい本」というコンセプトで本を選んでおり、ベストセラーなどにはこだわりません。

時代が変わっても価値の変わらない本ということから、大きい書店やコンビニなどに並ばない本に絞って本選びが行われています。

Photo by sayo-ts

店内の2階には畳の部屋が設けられており、このスペースで、コーヒーや種々のドリンクを飲みながら本を読むことができます。この場所は時間制限がないため、落ち着いた部屋で好きなだけゆったり本が読める最高のスペースです。

このスペースでは、1回90分5000円でライティングのワークショップも行われています。また、新聞を作るワークショップも月に1回1000円で計3回行われており、作成した新聞は店内で販売されます。新聞記者出身の店主ならではの企画と言えます。

【特徴】珍しい本にも出会える本屋

この本屋には、厳選されているだけにユニークな本がたくさんあります。例えば、ジャッキー・フレミング氏によって書かれた「問題だらけの女性たち」という本は、19世紀ヴィクトリア朝時代のイギリスのとんでもない女性観が紹介されており、当時も今も、能力を持っていても女性が生きるのは難しいという話をユーモアたっぷりに著しています。

また、吹田良平氏監修の「ネイバーフッド台北」という本は、単なる街の紹介に留まらず、台北の人や都市、文化を切り取って紹介するというユニークなガイドブックとなっており、読みどころたっぷりです。

店舗情報

Photo by bluefish812

「Readin’ Writin’ BOOKSTORE」の営業時間は12時から18時までで、定休日が月曜日となっています。

「Readin’ Writin’ BOOKSTORE」へは、東京メトロ銀座線・田原町駅から南西方向に徒歩3分ほど行けばアクセスできます。

住所 東京都台東区寿2-4-7

浅草のカフェ特集!おしゃれでレトロな喫茶店のコーヒーを堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
浅草のカフェ特集!おしゃれでレトロな喫茶店のコーヒーを堪能! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
浅草のおすすめカフェをご紹介!観光地として有名な浅草には昔ながらの喫茶店の雰囲気を持ったおしゃれなカフェが沢山あります。落ち着いた雰囲気で馴染みやすい空間で昔ながらのメニューや変わらぬ味を守り続けている老舗など人気のカフェスポットをお届けします。

浅草のおすすめ本屋3:Infinity Books Japan見出し

Photo byMarisa_Sias

「Infinity Books Japan」は駒形橋を渡ってすぐのところにある洋書の古本店です。この書店のジャンルは多岐に渡っており、15000冊の洋書が天井までぎっしりと積まれています。お好みの本が見つかりやすい書店と言えます。

古本屋とは言え、洋書中心のお洒落な書店のため雰囲気が良く、店の奥には楽器を演奏できるスペースも設けられており、ライブやイベントにも活用できます。過去には、ドラマの撮影やミュージックビデオの撮影なども行われた実績があるそうです。

【特徴】オシャレな洋書が豊富な本屋

Photo by ColdSleeper

「Infinity Books Japan」には、映画の原作本や、子供向けの物語、絵本、英語学習本、日本の小説の英訳本などの他、料理本やスポーツ、音楽、詩、エッセイなど、お洒落な洋書がたくさん並んでいます。

古本のため、値段がリーズナブルでお求めやすく、欲しいと思った本を気軽に手に入れることができます。

店舗情報

Photo by Lua Pramos

「Infinity Books Japan」の営業時間は、火曜日から土曜日が11時から23時、日曜日が11時から18時までで、月曜日が休日となっています。店内で動画撮影をする場合の料金は25000円、写真撮影の場合は15000円となります。

このお店へは、東京メトロ銀座線か都営浅草線・浅草駅から徒歩約5分、または都営浅草線・本所吾妻橋駅から徒歩約5分でアクセスできます。

住所 東京都墨田区吾妻橋1-2-4

浅草のおすすめ本屋4:地球堂書店見出し

「地球堂書店」は浅草の伝法院通りにある古書店で、50年以上お店を営んでいます。この書店の外観は、江戸期の長屋を思わせる洒脱(しゃだつ)で古風な造りになっています。「地球堂書店」では、江戸、東京、下町、芸能、文学、美術などの古書を主に取り扱っており、小説や写真集、芸能関係の本が充実しています。また、棚には落語の本がずらりと並んでいます。

【特徴】浅草の老舗古本屋

「地球堂書店」の屋根瓦の上にはお盆のような丸い店頭看板が掛かり、真ん中にショーケースがあります。店内一面には天井の高さまでびっしり古本が積まれています。

この老舗の古本屋は、正に古き良き浅草を代表するような、レトロな雰囲気を醸し出している古書店です。

店舗情報

「地球堂書店」の営業時間は11時から17時で、定休日は毎週水曜日となっています。ただし、臨時で休業する場合や営業時間の変更をする場合もあります。

このお店へは、東京メトロ銀座線、都営浅草線の浅草駅から徒歩で約5分、あるいは、東京メトロ銀座線・田原町からも徒歩約5分でアクセスできます。

住所 東京都台東区浅草1-39-9

浅草のおすすめ本屋5:H.A.Bookstore見出し

「H.A.Bookstore」の店主・松井祐輔氏は、出版社で本を製作しながら、販売のみでなく取次として本の出荷をも担うユニークな経営者です。彼は本に対する知見があり、小ロットでも対応できることを証明したいという思いから7坪の小さな書店をスタートさせています。

デジタル化が進み、その内に1冊も本を読んだことのない人が出てくることを危惧する松井氏は、時代やジャンルに関係なく、長く読まれ続ける本や丁寧に作られている本、発想の面白い本に力点を置いて紹介していきたいと考えています。

【特徴】平日は17時オープンの本屋

書店と出版社の仕事を掛け持ちしている店主の松井氏だけに、平日2日間の書店の営業時間は17時から21時までとなっています。

松井氏おすすめの本の1冊は、真鍋正宏氏によって書かれた「匂いと香りの文学誌」です。例えば、小説に現れる風景は作品から受ける印象の通りでも、そこから感じる匂いは人様々で異なるというもので、匂いを感じながら小説を読むと不思議な感覚に陥るよそうです。

店舗情報

「H.A.Bookstore」の木曜、金曜の営業時間は17時から21時までとなっています。土日の営業時間は12時から18時で、月曜から水曜及び第3日曜日が定休日となっています。

「H.A.Bookstore」は、都営地下鉄浅草線・蔵前駅前にあり、蔵前駅下車後、すぐ書店にアクセス可能です。

住所 台東区蔵前4-20-10 宮内ビル4階

浅草のおすすめ本屋6:くまざわ書店 浅草店見出し

「くまざわ書店 浅草店」は、話題の本、ベストセラー浅草特有の書籍を中心に豊富な品揃えをしている大きい本屋で、最近、アニメコーナーを充実させています。

アニメコーナーでは、アニメグッズも併せて販売しており、アニメ好きの人にはたまらないコーナーとなっています。

【特徴】浅草駅直結で大きい本屋

Photo by rail02000

「くまざわ書店 浅草店」は、浅草駅に直結している大きな本屋さんで、「EKIMISE」の6階に位置する浅草では有名なブックセンターです。

大きい書店の店舗内は、広くて静かな上にコーナー分けがきちっと成されており、欲しい本を見つけやすい本屋さんと言えます。

店舗情報

「くまざわ書店」は全国にチェーン展開をしており、グループ書店は185店舗にも及びます。浅草駅前にある「くまざわ書店 浅草店」の営業時間は10時から20時までで、年中無休で営業しています。

「くまざわ書店 浅草店」へは、東京メトロ銀座線または都営浅草線の浅草駅で下車後、すぐアクセスできます。

住所 東京都台東区花川戸1-4-1

下町情緒溢れる浅草で本屋めぐりをしてみませんか?見出し

Photo by hyakushiki_thebest

下町情緒溢れる浅草は、外国人観光客にも喜ばれる東京で最も人気の高い観光スポットです。浅草には大きな本屋やユニークな本屋、レトロな本屋など、それぞれに魅力的な本屋さんがたくさんあります。

ここではそんな浅草の本屋について、大きい、駅に近い、宿泊ができる、ユニーク、カフェ併設など、種々の本屋情報を取り入れながら説明してみました。是非浅草の本屋さんに出かけてみて下さい。

投稿日: 2020年2月28日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote