地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

金時山へのアクセス方法をチェック!電車やバス・車での行き方は?

箱根の仙石原付近にある金時山は、金太郎伝説が残る人気の山で、初心者や山ガールたちも十分楽しめる登山コースが複数あります。アクセスとしては、電車、バス、マイカーなど種々の方法がありますが、金時山登山道入口や駐車場の場所によってアクセスの方法が変わってきます。

金時山へのアクセス方法特集!見出し

Photo by kanjiroushi

箱根・仙石原付近にある金時山は、初心者が挑戦するのに適した山で、毎週末には多くの登山者が山頂を目指します。金時山にアクセスする場合、いくつかある登山口の場所によってアクセス方法や駐車場が変ってきます。

ここではそんな金時山へのアクセス方法について、高速バスや電車、車、駐車場などの情報を交えながら紹介します。

金時山とはどんな山?見出し

Photo by jetalone

金時山は箱根の北西部に位置する標高1212メートルの山で、日本百名山の1つに数えられる名山です。金時山は初心者や山ガールにも人気の登山スポットで、この山の山頂から眺める富士山の美しさには定評があります。

金時山の山頂までは標高差513メートル、歩行距離にして4.5キロほどの道のりを約3時間弱で登ることができます。途中、危険な箇所もあまり無く日帰りが十分可能なため、多くの登山者がこの山の山頂を目指します。

金時山へのアクセス方法見出し

Photo by jetalone

箱根の仙石原にある金時山は初心者も上級者も楽しめる名山です。金時山山頂を目指す場合は、いくつかある麓の登山口から登るため、麓へのアクセスが必要となります。

金時山へのアクセス方法は高速バスや電車、車などを利用しますが、それぞれ何通りもの方法があります。ここでは、いくつものアクセス方法について詳しく紹介していきます。

金時山へのアクセス方法1:高速バス

Photo by k_osakaphoto

まず、東京方面から金時山へ高速バスでアクセスする方法を紹介しましょう。金時山へ向かう高速バスは、新宿駅や東京駅、羽田空港、横浜駅などから出ており、いずれも乗り換え無しで現地まで運んでくれるため、大変便利で快適です。また東京駅から高速バスを利用してアクセスすると、美術館とセットになるお得な券を購入することができます。

新宿駅から高速バス

Photo by rail02000

金時山へは、新宿駅南口のバスターミナル・バスタ新宿から高速バスが運行しています。高速バスは東名高速道路を経由して、乗り換え無しで金時山にアクセスできます。御殿場側から金時山へ登る場合は、乙女峠登山口に近い乙女峠バス停で下車します。片道の所要時間は約2時間で、料金は1840円となります。

同じ登山道で下山する方法もありますが、登りと違う景色を楽しみたい場合は、山の反対側から下山し、仙石案内所前から高速バスに乗る方法をおすすめします。仙谷案内所付近にはお土産店も並んでいるため、お土産を買って帰ることができます。

東京駅から高速バス

Photo by Yuya Tamai

東京駅から金時山にアクセスする高速バスもあります。新宿駅からのアクセス同様、東名高速を走り、御殿場経由で乙女峠にアクセスします。帰路は乙女峠、仙谷案内所前のどちらからでも帰ることができます。

東京駅から高速バスを利用してアクセスする場合は、高速バス割引券と箱根ガラスの森美術館の入場券がセットになっています。片道が3000円、往復だと4800円で、通常の箱根ガラスの森美術館の入場券1500円分がその中に含まれるので、大変お得なセット券となります。この券は東京駅八重洲南口高速バス乗車券売り場で購入可能で、2日間有効です。

羽田空港・横浜駅から高速バス

Photo by is_kyoto_jp

羽田空港からも金時山へアクセスする高速バスが出ています。横浜駅経由となるため、横浜在住の人にとっても便利なアクセス方法です。所要時間は、羽田空港から約2時間半、横浜駅から2時間ほどかかり、料金がそれぞれ2160円、1850円となります。

羽田空港出発の高速バス券は当日分に限られます。特に土曜日の午前便は混み合うため、インターネットでの予約がおすすめです。その場合は「京急高速バス予約サービス」で検索します。

金時山へのアクセス方法2:電車

Photo by breakover

東京方面から電車で金時山登山口にアクセスする場合は、新宿駅からは小田急線または小田急ロマンスカーを利用します。

東京駅からアクセスする場合は、東海道本線または新幹線を利用しますが、2度ほど乗り換えが必要となります。

新宿駅から小田急電鉄

Photo by Richard, enjoy my life!

新宿駅から小田急線を利用して金時山にアクセスする方法を紹介します。まず新宿駅から小田急線と箱根登山鉄道を乗り継ぎ2時間ほどかけて箱根湯本まで行き、湯本から箱根登山バスに乗り換えます。

また、新宿駅から小田急ロマンスカーを使ってアクセスすれば、1時間40分ほどで箱根湯本まで乗り換え無しでアクセスできます。その場合の料金は、運賃が1190円、ロマンスカーが1090円、併せて2280円となります。

Photo by Richard, enjoy my life!

次に箱根湯本から桃源郷方面行きのバスに乗り、仙谷案内所前で降ります。この方法だと、週末には1時間に6本ほどのバスが出ていて便利なためおすすめです。バス料金は750円で、登山口までは徒歩5分でアクセスできます。

もう1つのアクセス方法は、金時山登山口方面に向かうバスを利用する方法ですが、1時間に1本のみの運行で箱根湯本での発着が少ないため、あまりおすすめのアクセス方法ではありません。

Photo by 又又喜喜

金時山に箱根フリーパスを使ってアクセスする方法もあります。その場合、箱根登山鉄道、箱根登山バス、ケーブルカー、遊覧船などが乗り放題で、小田急電車の往復券まで付いて2日間5140円、3日間5640円となります。

このアクセス方法は、金時山登山と箱根観光の両方を同時に楽しみたい方には,、おすすめの方法です。チケットは駅の券売機で当日購入できます。

東京駅からJR

Photo by k14

金時山登山口へJRでアクセスする場合は、東京駅から小田原駅まで東海道本線または新幹線を利用します。小田原駅から箱根湯本駅までは箱根登山鉄道を利用し、そこから先は箱根登山バスを利用してアクセスします。JRの場合、2回の乗り換えが必要となります。

在来線でアクセスする場合の乗車券は1520円で所要時間が約1時間20分、特急使用の場合は乗車券に自由席券950円が追加となり、所要時間が約1時間かかります。

東海道新幹線でアクセスする場合は、ひかりとこだまの2種類となり、小田原駅までの所要時間は35分です。小田原駅に停まる新幹線は1時間に2、3本の運行で、乗車券に加え自由席特急券1730円が必要でとなります。乗車時間は短いものの本数が少なく料金も高いため、あまりおすすめできる方法とは言えません。

金時山へのアクセス方法3:車

Photo by hans-johnson

東京方面から車でアクセスする場合に最も速く行く方法は東名高速を使う方法です。その場合、東名高速・御殿場インターで下車し、国道を道なりに進めば、小田急箱根ハイランドホテルを過ぎた辺りが目的地となります。

小田原方面からアクセスする場合は、国道1号線を経由し、宮ノ下の温泉街から国道138号線を進むと目的地に到着します。

金時山の駐車場情報見出し

Photo by BONGURI

金時山の登山口付近には種々の駐車場があります。乙女峠付近には、ふじみ茶屋有料駐車場、金時神社駐車場、金時ゴルフ練習場などの駐車場があります。

少し離れた場所に箱根ガラスの森美術館駐車場があります。また、足柄峠登山口付近には足柄峠駐車場があります。

金時山の駐車場1:ふじみ茶屋有料駐車場

ふじみ茶屋は乙女峠付近にあり、登山客向けに専用の駐車場を提供しています。有料の駐車場には10台ほどの車が停められ、駐車場代は1日1000円となります。ふじみ茶屋の駐車場は17時でクローズするため、それまでに戻ってくる必要があります。

ふじみ茶屋にアクセスする場合は、東名高速・御殿場インターから国道138号線をどこまでも南下すれば、静岡県との県境のトンネル手前にお店があります。

金時山の駐車場2:金時神社駐車場

金時神社駐車場は金時山周辺では数少ない無料駐車場となります。この辺りは道幅が狭く駐車場には30台ほどの車が駐車できますが、無料だけに週末は大変混み合います。満車時は近隣のゴルフ練習場に停めることをおすすめします。

金時神社駐車場へアクセスする場合は、御殿場インターから国道138号線を南東に進み、県境を超え、金時神社バス停の手前を左折すればアクセスできます。

金時山の駐車場3:金時ゴルフ練習場

Photo by BONGURI

金時ゴルフ練習場の駐車場に車を駐車することもできます。この駐車場には30台ほどの車が駐車可能で、料金は1日500円とリーズナブルです。

金時山登山口周辺の駐車場が満杯の時はこの駐車場に停め、余力があれば、下山後にゴルフの練習をしてみるのもおすすめです。

金時山の駐車場4:箱根ガラスの森美術館駐車場

Photo by Kentaro Ohno

箱根ガラスの森美術館駐車場は金時山登山口から若干離れた場所にあります。美術館からも多少歩きますが、1日300円と、大変リーズナブルな料金で停められます。この駐車場には100台ほどの車が停められる他、周辺にはやはり100台ほどが停められる無料の駐車場もあります。

箱根ガラスの森美術館駐車場にアクセスする場合は、御殿場インターから国道138号線を道なりに進み、小田急ハイランドホテルを過ぎた辺りとなります。

金時山の駐車場5:足柄峠駐車場

Photo by km058

足柄峠付近にも2か所ほど駐車場があります。足柄峠には約5台ほど停められる駐車場がありますが、その場所から更に林道を走った先の足柄峠登山口のゲート前には30台ほど駐車できるスペースがあります。

足柄峠は金時山の北側に伸びる尾根沿いにある峠で、東名高速・大井松田インターから県道78号線の南足柄・松田方面へ直進し、下原隧道を経て足柄街道を道なりに進み、静岡県に入った先にあります。

金時山へ車でアクセスする場合の注意点見出し

Photo by jetalone

金時山登山口へ車でアクセスする場合、特に週末は東名高速・伊勢原バス停付近が渋滞します。また、箱根付近も大渋滞が予想されるため、朝早めに出発することをおすすめします。

小田原経由の場合も、国道1号線沿いは芦ノ湖方面に向かう車が多く渋滞するため、混み合う時間を避け、余裕を持った運転を心がけましょう。

金時山へアクセスした際のおすすめ観光スポット「箱根ガラスの森美術館」見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

箱根ガラスの森美術館は15世紀から19世紀にかけてのヴェネチアングラスや現代ヴェネチアンガラスの作品が多数展示されている美術館です。

庭園は中世のヴェネチアをイメージして設計されており、その庭園を見ながら楽しめるカフェでは、カンツォーネの生演奏も行われます。

また硝子細工の体験工房など、様々な美しい展示や工房が見学できます。入館料は大人1500円、高校生・大学生1100円、小中学生600円となっています。金時山登山時の駐車場としても使えるため、登山のついでに是非見学してみてはいかがでしょうか。

住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
電話番号 0460-86-3111

金時山へのアクセス方法をチェックしよう!見出し

Photo by jetalone

箱根・仙石原付近にある金時山は、日帰り登山にはお手頃の山で、初心者にも人気の名山です。金時山へは種々のアクセス方法があり、それぞれ便利な面もあれば不便な面もあります。また、車でアクセスする場合の駐車場も気になるところです。

ここではそんな金時山へのアクセス方法について、電車やバス、車、駐車場などの情報を取り入れながら説明してみました。金時山登山をする際には、是非この情報を参考にしてみて下さい。

投稿日: 2020年3月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote