地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

稲沢市は自然の恵みに溢れた魅力的な町!人気の観光スポットやグルメを紹介!

稲沢市は自然の恵みに溢れた魅力的な町!人気の観光スポットやグルメを紹介!

稲沢市は自然の恵みに溢れた魅力的な町です。歴史的な名所も多く存在していて、名古屋文化であるモーニングなどの美味しいグルメもたっぷり堪能できます。今回は、そんな名古屋からのアクセスも便利な稲沢市について、名所やグルメ、おみやげなど詳しくご紹介します。

稲沢市とはどんな町?見出し

Photo by tsuda

稲沢市は、木曽三川によって形成された肥沃な濃尾平野の中央、愛知県の最西端に位置し、奈良時代には尾張の国府が置かれ、戦国武将信長の生誕地としても知られている町です。現在人口約14万人で、名古屋市から電車で10分という地の利を生かし、農業・工業・商業がバランスよく発展しています。

 秋には町中が黄金色に染まるイチョウ黄葉など、四季折々の自然や各種文化財などの観光資源を生かし、地域の活性化を目指して観光を活用したまちづくり事業に取り組んでいます。

稲沢市のおすすめ観光スポット見出し

Photo by tsuda

稲沢市には国の重要文化財の指定を受けている歴史的なスポットや文化芸術に触れられるスポットなど、大人のゆったり観光にピッタリの名所が沢山あります。

稲沢市で、荘厳な雰囲気を堪能したり、芸術を楽しめるおすすめの名所スポットを4つご紹介します。営業時間などぜひチェックです。

尾張大國霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)

稲沢市の尾張大國霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)は、創建以来約1,300年の歴史を有し、尾張地方の総社として地域の信仰を担ってきた神社で、通称国府宮(こうのみや)と呼ばれています。

毎年旧暦正月13日に開催される愛知県の無形民俗文化財で、尾張地方に春を呼ぶといわれる「国府宮はだか祭」が有名で、楼門や拝殿は国の重要文化財の指定を受けている名所です。お守りとして、あらゆる災厄から身を守ってくれる厄除けの「なおいぎれ」が有名です。

住所 愛知県稲沢市国府宮1丁目1-1
電話番号 0587-23-2121

善光寺東海別院

稲沢市の善光寺東海別院は、信州善光寺の東海別院として、明治43年(1910)に創建されました。天正10年(1582)に善光寺御本尊が織田信長によって尾張甚目寺へご遷座の途中祖父江町付近に立ち寄られ、その場所の蓮田に1本の茎から2つの花が咲く(双蓮)という珍しい現象があり、その奇瑞に基づき、双蓮山善光寺と称されています。

本尊の地下の暗闇を巡ると、日本一を誇る極楽の荘厳に遭遇できる極楽戒壇巡りが有名です。境内には茶店もあり、土産物や飲食物の販売もされています。

住所 愛知県稲沢市祖父江町祖父江南川原57-2
電話番号 0587-97-0043

矢合観音

稲沢市の矢合観音は、江戸時代から信仰される十一面観音像を祭った観音寺院で、万病に効くといわれる井戸水は持ち帰り可能です。毎月18日のやわせ十八番市(縁日)には多くの参拝客が訪れる名所です。
 
また、門前には土産物や飲食のできる店、地域の特産である植木苗木、鉢花などを販売する店が立ち並んでいて多くの参拝者が訪れています。

住所 愛知県稲沢市矢合町山屋敷2664
電話番号 0587-36-2108

稲沢市荻須記念美術館

稲沢市荻須記念美術館は、稲沢市出身でパリを中心に活躍した名誉市民荻須高徳画伯の功績を称え、昭和58年(1983年) に建設された美術館です。油彩画を中心に常設展示され、荻須画伯がパリで使用していたアトリエの復元施設も公開されています。展示室では市民の作品展なども開催されています。

住所 愛知県稲沢市稲沢町前田365-8
電話番号 0587-23-3300

稲沢市のグルメ見出し

稲沢市には、美味しいグルメも沢山揃っています。モーニングからランチ、ディナーまで、1日中楽しめる稲沢市のグルメをご紹介します。

珍しい銀杏の懐石料理はぜひチェック!観光と共に、稲沢市の美味しいグルメを満喫してみてはいかがでしょう。

銀杏懐石料理

稲沢市の銀杏懐石料理は、秋の味覚祖父江銀杏を使った季節感あふれる料理です。焼物、てんぷら、蒸し物、銀杏おこわなど、旬の銀杏をふんだんに使い、見た目にも楽しげで味も秀逸な銀杏尽くしの懐石料理です。「和食びやす」、「季節料理しろ石」などで予約制でお楽しみいただけます。

中国料理 北京

稲沢市の中国料理北京の銀杏ラーメン・チャーハンは秋の味覚祖父江銀杏をふんだんに使った中華料理で、新鮮でもちもちしたギンナンの食感と中華料理のマッチングが絶妙で最高においしい一品です。

中国料理北京の営業時間は、11時から14時30分、17時から21時30分で、定休日は水曜日です。店内には54席ほどあり、個室や駐車場も完備されています。

住所 愛知県稲沢市祖父江町祖父江北方54-2
電話番号 0587-97-0501

パティスリー モン・モ・ディス

稲沢市のパティスリー モン・モ・ディスは、地元の洋菓子店で、国府宮ポテト、なおいマドレーヌ、いなざわロールなど地域に因んだ各種洋菓子を生産販売しており、市内外からのファンが絶えません。

特に季節のフルーツを使ったケーキは絶品で大人気です。また、店内には喫茶スペースも併設してます。営業時間は水曜日から日曜日の9時半から18時半までで、定休日は月曜日と火曜日です。

住所 愛知県稲沢市小池4-6
電話番号 0587-21-4810

美甘珈琲

稲沢市の美甘珈琲は、おしゃれにデコレーションされたモーニングサービスが大人気のカフェで、午後1時から提供される砂丘の玉子や、夏場はかき氷を目当てに大勢のお客さんが訪れる人気店です。

営業時間は、月曜が7時半から13時半、水から金曜日が7時半から16時、土日祝日が7時半から17時です。モーニングサービスは7時半から13時までで火曜日が定休日、駐車場も完備されています。

住所 愛知県稲沢市祖父江町本甲宮前30-3
電話番号 0587-97-8454

カフェタナカ 稲沢文化の杜店

稲沢市のカフェタナカ稲沢文化の杜店は、こだわりの自家焙煎コーヒーをはじめとして、パティシエが毎日手作りする各種スイーツや、自家製のリッチな味わいのブリオッシュを使用したとろける食感のフレンチトーストなど魅力的な食材を豊富に味わえるカフェです。

中でも自家製高級食パンは大人気で、荻須画伯作品の飾られたゆったりした空間で上質なティータイムを楽しむことができます。荻須記念美術館から徒歩5分の至近距離にあり、日曜日の午後にはピアノ演奏も行われます。営業時間は9時から19時で、年中無休です。

住所 愛知県稲沢市稲沢町前田255 名古屋トヨペット稲沢店1F
電話番号 0587-21-9700

稲沢市のおみやげ見出し

Photo by june29

稲沢市では、グルメや観光だけでなく、おみやげもおすすめ!稲沢市ならではの珍しいお土産はぜひゲットして帰りたいところです。

観光で稲沢市に足を運んだら、ぜひ買っておきたいおすすめのお土産をピックアップして2つご紹介します。

祖父江銀杏

稲沢市の祖父江銀杏は、出荷量日本一のギンナン産地である稲沢市祖父江町のおみやげとしてぴったりです。

祖父江町を中心に1万本以上の木が植栽されており、秋になると町中が黄金色に黄葉する一大産地で栽培される大粒でもっちりとした深い味わいのギンナンです。

椿はちみつ

稲沢市内にある椿の苗木を専門に扱う事業者が椿栽培圃場内で養蜂を行い生産した日本で唯一の椿はちみつを販売しています。椿以外にも季節に応じてもちのき、ヘアリーベッチ、百花など様々な種類のハチミツを生産販売していて、椿園株式会社のホームページから購入可能です。

稲沢市へのアクセス見出し

Photo by kushii

稲沢市へのアクセスは、車または電車が便利です。稲沢市内には10カ所ほどの駅があり、その中でも稲沢駅と国府宮駅が大きく便利な駅となっています。稲沢駅へはJR東海道本線で名古屋駅から約10分、国府宮駅までは、名鉄名古屋本線の名鉄名古屋駅から特急で約11分です。

車の場合は、市内中心部まで、名神高速道路の一宮ICから約15分、東海道北陸自動車道の一宮西ICから約25分、名古屋第二環状自動車道の清洲東ICから約20分です。

稲沢市は自然の恵みに溢れた魅力的な町!見出し

Photo by Kanesue

いかがでしたでしょうか。稲沢市は自然の恵みに溢れた魅力的な町です。歴史的な見どころや美味しいおみやげもそろっているので、観光にはぴったり!

ぜひ、カフェでゆっくりモーニングを堪能するのんびり旅をしに、稲沢市へ足を運んでみてはいかがでしょう。

稲沢市観光協会公式ウェブサイト – 自然の恵みと歴史文化の薫るまち
自然の恵みと歴史文化の薫るまち

関連キーワード

投稿日: 2020年11月5日最終更新日: 2020年11月5日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote