地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

燻製器の自作方法まとめ!100均アイテムを使用した作り方もチェック!

美味しい燻製を味わえると話題の自作「燻製器」。自作の燻製器は低コストで作ることができ、食材や燻製器を使う場所によって分けることができます。100均のアイテムをうまく使用することで、よりコスパの良い燻製器を自作することが可能です。

キャンプでも活躍する燻製器の自作方法を紹介!見出し

Photo byAlexei_other

素材の味を美味しく引き出してくれる「燻製器」。最近では燻製器を自作する方が多く、キャンプやアウトドアで利用することができます。燻製器は食材や行う場所によってデザインを変えていくのがおすすめです。

今回はそんな自作の燻製器について詳しくご紹介します。燻製器の自作のやり方はもちろん、燻製器にピッタリの食材や100均アイテムを使用した作り方など、燻製器についてまとめてお伝えしていきます。

燻製とは見出し

Photo byCouleur

自作の燻製器を使用して簡単に作れる料理「燻製」。燻製は初めて作る方からは難しいと言われていますが、実は燻製器の作り方や燻製方法など仕組みを知るだけで簡単に作ることができます。

今回はそんな「燻製」について詳しくご紹介します。燻製方法や燻製器の種類についてもお伝えしていくので、初めて燻製器を使用して燻製を作る方は初めにチェックしてみてください。

燻製方法の種類

Photo bywasi1370

燻製器を使用した燻製は、作り方はもちろん食材への熱の入れ方によって燻製の旨味が変わっていきます。燻製方法の種類は食材に合わせたり、自分の好みの味になる熱を研究して燻製を作り出す方も多いです。

今回はそんな燻製の作り方の中でも、 燻製方法の種類について詳しくご紹介します。初めて自作の燻製器を使用して燻製を作る方は、食材によって 燻製方法の種類を把握しておくのがおすすめです。

熱燻

燻製器で80度以上の熱を食材に入れる作り方が「熱燻」。熱燻は80度以上の熱で1時間以上燻す方法になり、燻製の風味だけを楽しみたい方におすすめの作り方です。1時間ほどでできるので、キャンプなどアウトドアにも向いています。

熱燻は燻製ならではの良い匂いの煙でコーティングしている仕組みになり、食材に燻製ならではの風味がしっかりと付きます。いろんな食材で燻製を挑戦できる方法なので、初めての方にもおすすめ。

温燻

燻製で人気のある食材、ハム・ベーコンに最も用いられている作り方が「温燻」。温燻は50度から80度で食材を燻す方法になり、燻す時間は1日から1時間ほど。燻す時間によって食材の風味が変わっていくので、好みに合わせて作れます。

温燻は燻製器でも一般的に用いられている手法でもあるので、初めての方にもおすすめです。温燻用に作られている燻製器も多く、仕組みさえ把握していれば自作でも簡単。じわじわと風味を付けたい方にもおすすめになります。

冷燻

燻製器で作った食材を、なるべく長い期間保存したい方におすすめなのが「冷燻」。冷燻は燻製料理を提供しているお店で利用されている作り方なので、一般的にはあまり浸透していません。

冷燻は30度以下の低温で燻していく作り方になり、他の作り方よりも長時間燻していくことで食材の水分を徐々に抜いていきます。水分がしっかりと抜ける作り方でもあるので、腐ることなく長期間の保存が実現します。

燻製器の種類

Photo byplanet_fox

業務用ではなく、個人向きの燻製器は大きく分けて2つのタイプがあります。キャンプなどアウトドアで使用することが多い燻製器は、それぞれのアウトドアスタイルに合わせて燻製器のタイプを選んでいくのがおすすめです。

今回はそんな燻製器の種類について詳しくご紹介します。燻製器はタイプによって特徴も変わっていき、燻製の作り方も変わっていくので自分の作りやすいタイプを選ぶようにしましょう。

箱型

キャンプなどで燻製を作りたい方は、箱型のタイプの燻製器がおすすめです。箱型の燻製器のほとんどがアウトドア用に作られており、上級者になるとダンボールで箱型の燻製器を自作している方もいます。

箱型の燻製器は大きさも種類豊富に提供されているので、燻したい食材やキャンプなど燻す場所によって選ぶこともできます。箱型の燻製器は持ち運びも楽になり、100均などのアイテムでも自作可能です。

鍋タイプ

自宅で燻製をしたい方におすすめなのが鍋タイプの燻製器です。鍋タイプのは燻製器自宅のキッチンで作ることができ、コンパクトな大きさが多いと言われています。キャンプでは重いので、自宅専用にする方も。

鍋の中は箱型タイプの燻製器よりも高温になりやすいので、作り方としては熱燻しか行うことができません。ですが、自宅でも短時間で燻製器を使用することが可能なので、お酒のおつまみをさっと作りたい方にもおすすめです。

燻製器は自作も可能

燻製器と言われると専用の道具が必要なのかと思いがちですが、実はダンボールなど身近にあるものや100均のアイテムを使用して自作することができます。自作した燻製器は愛着も沸き、おしゃれに仕上げる方も多くいます。

燻製器を自作するためには、まず燻製器の仕組みについて把握しておくのがおすすめです。100均のアイテムをうまく使用することで、販売されている燻製器よりも便利な機能をつけることも。意外と簡単にできると話題を集めています。

燻製器のおすすめ21選!キャンプに最適なアウドドア向き人気商品を紹介のイメージ
燻製器のおすすめ21選!キャンプに最適なアウドドア向き人気商品を紹介
アウトドア料理のおすすめといえば、バーベキューの他にも燻製器を使用して作る料理が挙げられます。スモークチーズやスモークサーモンなど、家庭ではなかなか作ることができない料理も、燻製器を持ってアウトドアに出かければ、手軽に作れておすすめです!

自作燻製器の作り方見出し

Photo byeak_kkk

自作することができる燻製器は、使用する材料によって作り方が変わります。初心者でも簡単に自作できる燻製器が多いので、普段はあまりDIYしない方でも頑丈で便利な燻製器を作ることが可能です。

今回はそんな自作できる燻製器の作り方について詳しくご紹介します。燻製器はまず自分の家にある材料を使って自作してみて、どんどん自分好みに合わせていくのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

一斗缶で作る燻製器

初めての方でも簡単に燻製器を自作できることで人気あるのが「一斗缶」。一斗缶はホームセンターでも安い値段で販売されており、お土産品やお菓子の入っていた缶を代用して自作する方もいます。

一斗缶の中に金属棒を設置することで、燻すための金網を入れることができます。針金・ボルト・ナットを使用することで燻製器が完成します。燻製器に欠かせない空気孔をあけることで、より燻す際に便利に使用することが可能です。

ダンボールで作る燻製器

自作燻製器の中でも定番となっているのが「ダンボール燻製器」。自宅に余っているダンボールを使用することができ、ダンボールを張り合わせて燻煙材・食材を入れるだけで燻製料理を作ることが可能です。

ダンボールなので加工がしやすく、軽いのでキャンプなどアウトドアにもおすすめ。金網やフックを付けることで、いろんな食材を燻すことができます。素材がダンボールなので熱や水には注意しましょう。

ペール缶で作る燻製器

ホームセンターで簡単に手に入るペール缶を使用した自作の燻製器です。作り方は一斗缶燻製器と同じになり、中に金網やフックを固定することで完成します。ペール缶は丸型なので、空気口を作る場合はケガに気を付けてください。

ペール缶は一斗缶よりも頑丈なので、より長い期間燻製器を使用したい方にもおすすめです。ペール缶にはもともと取っ手が設置されているので、アウトドアで使用する場合も便利に持ち運びできます

鍋で作る燻製器

家庭などどこにでもある鍋で自作できる燻製器は、簡単だと初心者からも人気があります。ボルトとナットを用意して、鍋の中に金網を設置するだけで完成します。なるべく深さのある鍋を使用することで、じっくりと燻せます。

鍋の燻製器は後片付けも楽になり、鍋の大きさによっては大きめにカットされている食材も燻すことが可能です。鍋を使って自宅で燻製したい場合は、煙やにおい対策を行ってください。必ず換気扇の下で燻すようにしましょう。

ベニヤ板で作る燻製器

こだわりのある燻製器を自作したい方は、ベニヤ板を使用するのがおすすめです。ベニヤ板は加工しやすいので、ネジや釘などを使用してオリジナルの燻製器を作ることできます。ベニヤ板はホームセンターで購入可能です。

組み立てには釘と木工用ボンドを使用することで、より頑丈な燻製器になります。燻製器の取っ手部分にも木製を使用することで、木の温もりを感じることができます。温度計を設置することで、燻製器の中の食材をしっかりと燻せます。

100均アイテムを使った自作燻製器の作り方見出し

Photo by alberth2

専用の道具が必要と思われがちな燻製器ですが、100均のアイテムを使用して燻製器を簡単に自作することができます。100均のアイテムはダイソーやセリアによってデザイン性も変わるので、事前にチェックしておきましょう。

今回はそんな100均アイテムを使った自作燻製器の作り方について詳しくご紹介します。よりコスパの良い燻製器を自作したい方は、ぜひチェックしてみてください。

100均の土鍋で作る燻製器

100均には自宅でも使用できる可愛い土鍋が販売されています。その土鍋を使用して、あらゆる食材を燻すことができます。100均の土鍋は小型のサイズになっているので、ソロキャンプで使用したい方にもおすすめです。

100均で土鍋、丸網、アルミホイル、サクラチップがすべて揃うので、作りやすいのも魅力的。土鍋にアルミホイルを敷き、サクラチップを入れていきます。その上に丸網と食材を乗せて土鍋の蓋を閉めたら完成です。

100均のケーキ型で作る燻製器

100均であるダイソーには、ケーキを作る際に便利なケーキ型で燻製器を自作することができます。燻製器のケーキ型を容器に見立てて、その上に金網を載せます。ケーキ型は高さがあるので、食材に直接火がかかりません

ダイソーのケーキ型はテフロンコーティングされているので、燻す際に発生する汚れを落としやすいです。100均なので1つ100円で販売されており、アルミホイルとサクラチップを用意しておけばどこでも燻せます。

100均アイテム4点で作る燻製器

Photo byKRiemer

100均のアイテムを使用すれば、わずか400円で立派な燻製器を作ることができます。100均で販売されている片手鍋・粉ふるい・スポンジ型・そしてフタを揃えるだけで立派な燻製器を自作可能です。

鍋の底に燻製のチップを敷き詰め、その上の粉ふるいをのせます。その後に蓋を閉めれば中の材料をしっかりと燻せます。スポンジ型を設置することで火までの距離を遠ざけることができるので、燻すのに最適な空間を作り出せます。

自作燻製器で作るはじめての燻製におすすめの食材見出し

Photo bycongerdesign

さまざまなアイテムを使用して自作することができる「燻製器」。自作燻製器はキャンプ場などアウトドアで使用する方が多く、美味しい燻製を楽しく作ることができます。

今回はそんな 自作燻製器で作るはじめての燻製におすすめの食材について詳しくご紹介します。これから自作燻製器に挑戦したいという方におすすめです。

カマンベールチーズ

Photo byHans

自作燻製器を使用した定番の燻製料理「カマンベールチーズ」。カマンベールチーズはスーパーでも手に入れやすい食材なので、燻製器が完成次第すぐに作り出すことができます。

カマンベールチーズは燻す時間が少なくても美味しく仕上がるので、初めて燻製を作りたい方にもおすすめです。カマンベールチーズはワインやビールなどお酒のおつまみにもピッタリ。

うずら卵の水煮

Photo byAnnTS

スーパーやコンビニでは、料理済みのうずら卵の水煮が販売されています。うずら卵の水煮は燻製器に設置している金網に並べて風味を加えていくことで、より美味しいうずら卵の水煮が完成します。

うずら卵の水煮は調理済みなので、普段は料理しない方でも簡単に燻製を作ることができます。うずら卵の水煮は子供からお年寄りまで美味しく味わえるので、家族連れの方にもおすすめです。

さつま揚げ

Photo by y_ogagaga

初めて燻製料理に挑戦したい方におすすめなのが「さつま揚げ」。さつま揚げは予め水分の抜けている食材なので、短い時間で燻すだけでもしっかりと風味を引き出すことができます。

さつま揚げはもともと味がしっかりとしていますが、燻すことでより深みのある味が楽しめます。さつま揚げはスーパーでも出来上がったものが販売されているので、簡単に調理に挑戦可能です。

燻製のおすすめ食材17選!家で作れるおかず・おつまみ向き食材をご紹介!のイメージ
燻製のおすすめ食材17選!家で作れるおかず・おつまみ向き食材をご紹介!
燻製と聞くと作るのが難しそうですが、コツをつかめば家庭でも簡単にできます。スパイスや塩味をお好みで調整するのもおすすめです。ここではベーコンや鮭など人気の食材から、豆腐やスナック菓子など変わった食材までおかずやおつまみになる燻製におすすめの燻製食材を紹介します。

燻製器を自作して美味しい燻製を作ろう!見出し

Photo by whitefield_d

キャンプ場などアウトドアでおすすめの自作燻製器。燻製器を自作することで自分好みの燻製器を使用することができ、あらゆる場所で燻製料理を楽しめます。

燻製器はさまざまな作り方で自作可能なので、自分に合う方法を見つけていきましょう。自作した燻製器で作り上げた燻製料理はどんな料理よりも絶品です。

投稿日: 2021年11月30日最終更新日: 2021年11月30日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote