地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

おすすめのコーヒータンブラー15選!保温・保冷性に優れたおしゃれアイテムも

コーヒータンブラーは、おしゃれなデザインのものが沢山販売されており、どれを選んでいいのか迷ってしまうほど。最近では、保温保冷機能がついているのはもちろん、真空タイプや陶器のものまで登場しています。お気に入りのコーヒータンブラーを持って出かけませんか。

口コミ人気が高いおすすめのおしゃれなコーヒータンブラーを紹介!見出し

Photo byzeropromosi

コーヒータンブラーは、コーヒーが美味しく飲めるように特化したタイプのタンブラーで、保温性や保冷性に優れている商品が沢山販売されています。また、機能性の高さだけでなく、用途によって使い分けるのもおすすめ。

おしゃれなデザインのコーヒータンブラーもあれば、素材によっても使い心地はまちまちです。そこで、口コミで人気が高いおすすめのコーヒータンブラーを特徴別にご紹介します。ぜひお気に入りのコーヒータンブラーを見つけてみてください。

コーヒータンブラーの素材別の特徴見出し

Photo by TheBetterDay

コーヒータンブラーは、よくみかけるステンレス製のものだけでなく、プラスチック製や地球に優しいエコ素材でできているものなどもあり、素材も多種多様あります。

素材の性質によって、保温性や保冷性も違いがあり、用途によって使い分けるのが賢明でしょう。また素材によって、それぞれメリットとデメリットがありますので、把握しておくのがおすすめです。

王道のステンレス製のコーヒータンブラーを使用するのもいいですが、最近人気のある異素材のコーヒータンブラーも使い勝手がいいためおすすめです。ぜひ各々の特徴をチェックしてみてください。

プラスチック製の特徴

プラスチック性のコーヒータンブラーは、100均などでも販売されていて、デザイン性のバリエーションが豊富にそろっていることが、何よりも特徴的です。

カラフルなデザインのコーヒータンブラーからシンプルなデザインのものもあり、好みによって選び放題です。また、キャラクターデザインなどもあるので、個性を主張するのにもおすすめ。

他にも、比較的プラスチック製のコーヒータンブラーは、安価なものも多いので人気です。ただし、アイス専用になり、ホットコーヒーには対応していない商品が多いため注意が必要です。ホットコーヒーを入れて使う場合は、耐熱温度をチェックしておくと安心でしょう。

陶器製の特徴

陶器製のコーヒータンブラーの特徴は、口当たりがいいことです。まるでマグカップで飲んでいるかのような感じで、持った時のさらりとした手触りも人気があります。

ステンレス製特有の金属っぽさがない陶器製のコーヒータンブラーは、金属食器が苦手な方にもおすすめです。特に冬場などは金属の冷やっと感が嫌な方にも、支持されています。

ただし、保冷性や保温性はイマイチなものも少なくありません。完全に陶器でできているコーヒータンブラーよりも、陶器調のコーヒータンブラーの方が、機能面では優れているものが多くあります。

ステンレス製の特徴

一方で、ステンレス製のコーヒータンブラーは、保温性や保冷性に優れていることが、人気の理由となっています。錆に強くいため手入れも簡単で、耐久性にも優れており、お気に入りのタンブラーを毎日使用しても、長期間愛用できます。

ステンレス製のコーヒータンブラーなら、真空タイプも多いため、外出時にバッグの中に入れて持ち運びする際にも便利。朝入れたコーヒーが、きちんと保温や保され、美味しい状態をキープできる商品が多くでています。

また、ステンレス製のコーヒータンブラーは、有名ブランドのものも多くあり、ついつい集めたくなってしまうという人も。ステンレス製のコーヒータンブラーをいくつも持っている方もいて、容量違いなどがあると利便性も高くおすすめです。

金属製の特徴

金属製のコーヒータンブラーというとステンレス製をイメージする方も多いと思いますが、最近では、色々な素材のコーヒータンブラーが出ており、びっくりするほどです。

例えば、純チタン製のコーヒータンブラーは、医療現場などで使用されるようなレベルの高純度チタンが使われており、防食や漏れ防止だけでなく、抗菌性の高さも特徴的です。バクテリアの増殖を防ぐため、安心してコーヒーを携帯できます。

しかも金属臭がないので、コーヒーの味を損ねる心配も不要です。コーヒー好きの方に特に支持されている純チタン製のコーヒータンブラーは、値段も意外と手頃です。ぜひ試してみてください。

コーヒータンブラーの選び方見出し

次に、コーヒータンブラーの選び方のポイントをレクチャーしていきます。コーヒータンブラーは、何を基準に選ぶのかによって、適した商品が全く変わってきます。

コーヒータンブラーを使用する場面でも、使いやすいタイプが違うでしょう。そこで、いくつか種類別のコーヒータンブラーを保有していると、いつも美味しいコーヒーがどこでも飲めて便利です。

おしゃれなデザインや好みの素材などのコーヒータンブラーを選ぶのもいいですが、ぜひいろいろなポイントに目を向けて、コーヒータンブラーを比較検討してみてください。きっとお気に入りの商品に出会えるはずです。

容量で選ぶ

やはり1番のポイントは容量です。コーヒータンブラーのサイズ感は色々とあって、自宅で使用しているマグカップのように、小さめのものから、大容量のコーヒータンブラーまで出ています。

このコーヒータンブラーの容量は、持ち歩く時間にも関係しています。コーヒーを1杯程度飲むだけなら、少量タイプのコーヒータンブラーでことが足ります。重さも軽い上、持ち運びも便利です。

逆に大容量を好む場合は、1日中持ち歩くことが想定されます。そのため、保温性や保冷性が高いコーヒータンブラーを選ぶと、メリットを多く感じられるでしょう。ただしその分重さが重くなりますので、ご注意ください。

保温性・保冷性で選ぶ

夏場なら、できるだけ保冷性が高いコーヒータンブラーの方が、いつでも冷たいコーヒーが好きな場所で飲めるようになります。逆に冬場などは、保温性も兼ね備えたものが便利でしょう。

そうなると、素材によっても機能性が大きくことなるため、どんな素材のコーヒータンブラーを選んだらいいのか検討する必要があります。長時間適した状態をキープしたい場合は、ぜひ素材にも着目してみてください。

最近では、どんな素材のコーヒータンブラーでも、おしゃれな人気モデルが多々でています。SNSなどの口コミなどをチェックしつつ、ぜひ人気のコーヒータンブラーもチェックしてみてください。

お手入れしやすいものを選ぶ

意外と見落としがちなのが、手入れのしやすさです。どうしてもコーヒータンブラーを選ぶ際には、おしゃれさや人気度などはチェックしますが、洗いやすさなどは確認し忘れてしまう人も多いようです。

コーヒータンブラーの保温性や保冷性が高いものは、それだけ真空の状態が保てるように、商品のパーツが増えがちです。そうなると、1回1回すべてパーツを外して、洗って、乾燥したらまたそのパーツをつけるという作業が発生します。

これでは、使用するのが億劫になり、買っても使っていないという状態になりがちです。手が奥まで入る広口のコーヒータンブラーは洗いやすく人気があります。内側にテフロン加工があったり、色や匂いが付きづらい工夫がなされているものがおすすめです。

コーヒー以外にも使えるものを選ぶ

コーヒータンブラーの中には、コーヒー以外のドリンクでも使える商品が多数販売されています。錫製や銅製のタンブラーなどは、熱伝導率に優れていて、冷たい飲み物を注ぐと短時間で冷やしてくれます。

そのメリットを活用すれば、ビールやハイボールなどのお酒もおいしく飲めるようになります。また、ガラス製のタンブラーは、フレッシュ野菜やフルーツでスムージーを作った時の持ち運びにも最適。

このように、コーヒータンブラーではありながらも、別の使用用途にも使えるように開発されているものが沢山でてきていますので、ぜひ商品の素材選びや特徴にも注力してみてください。

持ち運びやすいものを選ぶ

実は、コーヒータンブラーはすべてが蓋つきという訳ではありません。まるでコーヒーカップやマグカップのようなフォルムのコーヒータンブラーもあるため、蓋がないタイプもあります。自宅で飲む分には、蓋がないタイプもおすすめです。

ただし、持ち運ぶことを考えると蓋がある方が便利です。脱着できるコーヒータンブラーなら、自宅内外で使用できおすすめ。また蓋つきの方が、保温性や保冷性がUPするので、2WAYのタイプが人気となっています。

もし蓋や蓋についているパーツの手入れが面倒な場合は、密閉できないタイプの蓋つきコーヒータンブラーを選ぶのも手でしょう。洗い物が減る上、手入れも簡単です。ぜひ使用する場所も考慮してみてください。

デザインで選ぶ

1番分かりやすい選び方は、デザインのおしゃれさで選ぶこと。人気のデザインやおしゃれなデザインのコーヒータンブラーを持っているだけで、きっとテンションもあがることでしょう。

また、有名ブランドからも色々とコーヒータンブラーは出ていますので、お気に入りのデザインのコーヒータンブラーも見つけやすいかもしれません。例えば、スタバなどは店舗ごとの限定デザインなどがあり必見です。

シーズンごとにデザインを変えることができるコーヒータンブラーや、人気ブランドのもの、お気に入りのおしゃれなデザインのコーヒータンブラーなどを使用すれば、気分転換にもなりおすすめです。

保温性・保冷性が良くおすすめのコーヒータンブラー5選見出し

では、コーヒータンブラーの種類や、どんな風にコーヒータンブラーを選んだらいいのかわかったところで、次はポイント別におすすめのコーヒータンブラーをご紹介していきます。

どれも人気のある商品で、SNSなどでも口コミのいいものばかりです。あとは、ここからご自身の好みや、使い勝手のよさからピックアップしてみてください。まずは、保温性や保冷性に優れたものから見ていきましょう。

サーモス 真空断熱タンブラー JDI-300

サーモスは、コーヒータンブラーだけでなく、水筒などでもその機能性の高さはお馴染み。細身で縦長の形状が特徴的で、サーモスの真空断熱タンブラーは外側が熱くなりにくく、結露もしにくいという商品です。

数時間後でも、高い保温や保冷効果が期待でき、コーヒーのおいしい温度を保ちやすい商品。サーモスの謳い文句どおり、アイスコーヒーに氷を入れても、全く結露しないのもメリットです。

飲み口は、ほどよい厚さがあり先が丸くなっているため、特に鋭さは感じません。シンプルなデザインなため老若男女問わず人気があり、自宅でもオフィスでも使える万能コーヒータンブラーです。

アスベル 真空断熱携帯タンブラー 370ml TL370

シンプルなデザインが人気のコーヒータンブラーで、余計な柄やロゴが入っていないため、男性でも使いやすいと人気です。サイズやカラーバリエーションも揃っており、用途によって使い分けも可能です。

スライド式のロックができる蓋があるので、持ち運びに便利なコーヒータンブラーで、ワンプッシュでオープンできるため、車内で飲む際にも手間がかかりません。

パッキンや飲み口も外して洗えるので、お手入れも簡単。清潔な状態を保ちやすい商品です。もちろん保温性や保冷性も優れていて申し分ありません。

スターバックス ステンレス ToGoロゴタンブラー

コーヒータンブラーと言えば、スターバックスはバリエーションが豊富にあり、デザイン性もおしゃれなものが多いため、定番のブランドです。こちらは、スターバックスのロゴが特徴的で、ステンレス製のタンブラー

保温性や保冷性も高いペーパーカップ型のフォルムで、口が広くなっているためコーヒーや氷も入れやすいです。また洗浄もしやすく、手入れも簡単。

マットな質感になっており、ペーパータンブラーと同じような味わいでコーヒーが楽しめます。真空二重ステンレスを採用しているため、結露の心配もありません。持ち運ぶ際も、もれがなく安心です。

Atlas 真空ステンレスカフェタンブラー 350ml ASF-350

Photo by cinz

アトラスの定番コーヒータンブラーで、特に柄などが入っていないため、オフィスで使用したい男性にもおすすめの商品。底には滑り止めもついており、倒れにくくデスク向きです。

また、しっかりと密閉される蓋もついていて、ワンモーションでらくに開閉できます。蓋を開いた際もしっかりと空いた状態で溝に固定ができるため、飲みやすい設計になっています。

飲み口は、広口径タイプで、大きな氷なども入れやすい上、洗う際にも男性の手が入りやすいサイズ感です。ステンレス鋼製なため、保温性や保冷性も申し分なしな商品です。

L'amoshare ふた付き コンビニマグ 0.5L

6時間以上保温や保冷状態が続くため、その機能性の高さが支持されている人気商品。真空断熱の二重構造になっているコーヒータンブラーなため、外側も熱くなりにくく、結露もしません。

飲み口がついた蓋は開閉式になっており、飲みやすい大きさなので外出時も便利。こちらもそこには滑り止めがついていて、倒れにくくなっています。

洗いやすい大きさの大口径デザインで、自宅で使用する際は蓋を外して使用している方もいるほどです。手入れも簡単な上、シンプルなデザインなのでインテリアの邪魔もしません。

代官山スタバ特集!限定タンブラーやおすすめランチ情報もお届け!のイメージ
代官山スタバ特集!限定タンブラーやおすすめランチ情報もお届け!
東京渋谷区にある、オシャレな街「代官山」にTSUTAYAと併設されたスタバがオープンしました。近年蔦屋書店と併設されたスタバは続々と増えています。そこで代官山のスタバについて、限定タンブラーやおすすめランチ情報も併せてご紹介していきます。
京都のスタバが凄い!世界初・畳のある店舗でおしゃれな限定タンブラーも!のイメージ
京都のスタバが凄い!世界初・畳のある店舗でおしゃれな限定タンブラーも!
世界的な有名なコーヒーチェーン店といえばスターバックスです。そして日本を代表する観光地といえば京都!その二つが見事に融合して世界初のスタバが誕生しました。築100年以上の京都の古民家をそのまま使ったスタバでは「畳でコーヒー」を味わうことができます。

持ち運びやすいおすすめのコーヒータンブラー5選見出し

コーヒータンブラーは、なにも自宅で使用するだけではありません。持ち運ぶために使用する方も多く、保温性や保冷性と同じ位大切なのが、持ち運びのしやすさです。

大きさや重さ、そしてサイズ感も大切なポイントになる上、蓋の密封性の高さも注目したい点です。バッグの中にコーヒータンブラーを入れた時に、漏れがあったり、結露が出るようでは困った事態になってしまいます。

そんなことを避けるために、コーヒータンブラーを持ち運びする場合は、選び方も少し変わってくるでしょう。ぜひ利便性の高い商品をピックアップしてみてください。

ドウシシャ タンブラー ふた付き

真空断熱二層構造になっているドウシシャのコーヒータンブラーは、高い保温性や保冷性があると人気です。飲み口にもしっかりとパッキンがついており、完全密閉が可能。

そのため、カバンの中に入れて持ち歩いても漏れにくいため安心です。また、二層構造なため、アイスコーヒーをいれても結露しにくく、バッグ内が濡れてしまうこともありません。

ドリンクホルダーに収納できるサイズ感になっていて、車内で飲む際にも便利なデザインに。お出掛け用としておすすめのコーヒータンブラーです。

リコリッチ ステンレスタンブラー

保冷効果は最大12時間、保温効果も最大8時間持続する高性能なコーヒータンブラーです。ステンレス鋼でできており、二重断熱構造なので、しっかりと密封されます。

もちろん、冷たい飲み物をいれても結露が起こる心配もいりませんし、熱い飲み物をいれてもコーヒータンブラーが熱くなりません。BPA材料は不使用で体に優しく、安心して使える商品です。

ストローも使用できる蓋になっており、車内で冷たい飲み物を飲む際にも活躍します。飲み口の口当たりも優しい構造になっているコーヒータンブラーです。

モート商品デザイン moca タンブラー 01

ドリンクホルダーにフィットするように作られているため、自転車で移動している方にも支持されている商品です。まるで紙カップのようなデザインになっており、カラーバリエーションも豊富。

おしゃれさはもちろんですが、シンプルながら密封性の高い構造になっているため、漏れる心配も無用です。カップはポリプロピレン製なので、非常に軽く持ち運びも苦になりません。

キントー トラベルタンブラー 500ml 20944

アウトドア先に持って行きやすいタンブラーとしても人気が高い、KINTOのコーヒータンブラー。シンプルなデザインとフォルムがおしゃれで、ついつい色違いやサイズ違いで揃えたくなるほど。

コーヒーだけでなく、ミネラルウォーターをいれて持ち歩いている方も少なくなく、ドリンク本来の味を長い時間楽しむことができます。真空二重構造になっているので、保温性や保冷性も優れている商品。

ストレスフリーな使い心地が評価されています。そして、耐久性のあるタフな素材で作られているため、まさにアウトドアにぴったりなコーヒータンブラーです。

HARIO V60 ウチマグ VUW-35

コーヒーメーカーやドリップ用のアイテムが数多く揃っているHARIOからも、コーヒータンブラーが出ています。とてもシンプルなデザインとフォルムで、使い心地も抜群です。

細かな粒を塗装と共に吹き付けているため、手に持った際も滑りづらく、まるで陶器のカップのような肌触りです。また、陶器のコップの様に、HARIOのリッパーを乗せることも可能。

しっかりとリッパーがフィットするサイズになっているため、コーヒー好きのファンにも支持されています。陶器のときと同じような味わいが楽しめるコーヒータンブラーです。

お手入れしやすいおすすめのコーヒータンブラー5選見出し

最後に、お手入れがしやすいコーヒータンブラーもご紹介しておきましょう。毎日頻繁に使用する方は、特にこの点が重要なポイントになってきます。細かいパーツを外して洗ってまたつけて、という工程は意外と面倒なもの。シンプルで洗いやすいデザインがおすすめです。

タイガー魔法瓶 ステンレスタンブラー

保温・保冷に優れた、魔法瓶タイプのコーヒータンブラーで、手にフィットするスリムでコンパクトサイズ。バッグに入れて持ち歩く際も便利です。ワンプッシュオープンの蓋は、安全ロックつき。

スーパークリーン加工がされており、汚れやにおいも付きづらくなっています。パーツが少なくお手入が簡単なのも魅力的。シンプルかつおしゃれなデザインで、男性にもおすすめです。

アトラス カフェタンブラー

Photo by TheBetterDay

アトラスのコーヒータンブラーは、おしゃれでシンプルなつくりなため、手入れも非常に簡単です。下部の持つところは少し細くなっていますが、広口径なので手が入りやすいフォルムです。直接ドリップできるサイズなので、何かと便利です。

サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420C

まるで陶器のようなおしゃれなデザインが人気のモデルで、金属製の冷たい感じが苦手な方に特におすすめです。まるで陶器のようにというのは、なにも外観のデザインだけではありません。内側にも同様に色付けがされているため、本当に陶器のよう

熱を逃がさないように、二重構造になっていて、保温性や保冷性も優れています。陶器のようなおちついたおしゃれ感のあるデザインを探している方は、こちらがぴったりです。

象印マホービン ステンレスタンブラー 450ml SX-DN45-NC

象印からも陶器のようなデザインのコーヒータンブラーがでています。最後まで美味しく飲めるように工夫されているタンブラーで、サイズも3種類、カラーバリエーションも2種類あります。

特に、カッパーカラーは、本物の陶器のような落ち着いた色合いで、おしゃれなインテリアにもマッチするカラーになっています。手入れのしやすさも抜群で、マグカップのような丸みがあるため手が入りやすい構造です。

前畑 プルミエール・アオヤマ リュクス サーモタンブラー 340m

より高級感のあるコーヒータンブラーが欲しい場合は、エンボス加工がされているこちらのデザインもおすすめです。つるんとしたデザインのものもいいですが、滑り止め効果もあるため、利便性も抜群です。

アイス系の飲み物も美味しそうに見えると、口コミでも評判で、ビールを入れて飲んでいる方も多くいます。多様な使い方ができる使い勝手のいい商品です。

コーヒータンブラーは使い道に合わせて選ぶのがおすすめ!見出し

Photo byPublicDomainPictures

色々なタイプのコーヒータンブラーをご紹介しましたが、ご自身の使い方によってマッチする商品は変わってきます。持ち運びする場合は、保温性や保冷性も優れているもので密閉性の高さが重要なポイントに。

逆に、自宅で使用する場合は、陶器のような落ち着いた雰囲気のあるデザインもいいでしょう。ぜひお気に入りのコーヒータンブラーを見つけてみてください。

投稿日: 2022年4月21日最終更新日: 2022年5月17日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote