地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

和歌山「田ノ浦漁港」の釣果や釣り場のポイントは?釣れる魚もチェック!

和歌山にある「田ノ浦漁港」は、ビーチに隣接していることから家族連れや県外客なども多い人気のスポットです。田ノ浦漁港は魚種も豊富で、さまざまな釣りが楽しめる点もおすすめです。釣れる魚の種類やおすすめの釣り方、そしてアクセス方法などについて紹介します。

田ノ浦漁港で釣れる魚見出し

Photo byYochikazoo

和歌山県和歌山市にある「田ノ浦漁港」は、和歌山の中でも規模の大きい漁港であり、アクセスもしやすいということでとても人気の高い釣り場です。田ノ浦漁港ではどのような釣りが楽しめるのか紹介します。

アジ

Photo by yoruwo

和歌山の田ノ浦漁港で釣れる魚と言ったらまず挙げられるのが「アジ」です。初心者でも小さめなものならいくらでも釣ることができると言われるほどです。

アジなら田ノ浦漁港のどこでも釣れるのですが、特におすすめなのが港内と一文字波止です。ここでアジングやサビキで狙うのがおすすめです。特にサビキの場合はかなりの釣果が期待できます。大きめなものを狙うならアジングもいいでしょう。

特に港内は常夜灯があるので、夜釣りでアジを狙うこともできます。一日中たっぷりと釣りを楽しむことができそうです。

イワシ

Photo bymakamuki0

イワシも田ノ浦漁港でよく釣れる魚の一つです。特に家族連れなどで釣りに行きたいという場合には、ぜひ狙いたい魚の一つと言っていいでしょう。

イワシは、田ノ浦漁港の漁港内一帯どこでも釣れるというくらいに多く釣れるため、釣りの初心者の方でも安心して狙うことができます。特に港内にはたくさんいますので、かなりの釣果が期待できそうです。

チヌ

Photo by onohiroki

地続きの一文字のあたりで試してみたい釣りがチヌの「紀州釣り」です。紀州釣りというのはダンゴの中に刺し餌を入れたものを使う釣り方です。

このダンゴは水に入り、底に沈むとそこで崩れて散らばります。この散らばった餌を狙い、チヌが集まります。そして刺し餌を食べるという手順で釣るという、珍しい釣り方です。

ダンゴは底に着くまで崩れないので、中の餌だけ食べられるということがありません。波止の根元に近い、水深5メートル以上のポイントを狙うと効果的です。田ノ浦漁港でのチヌ釣りにぜひ試してみてください。

タチウオ

Photo by naotakem

田ノ浦漁港の夜釣りで特に人気なのが「タチウオ」です。秋になるとタチウオ釣りのピークの時期を迎え、かなりの釣果が期待できることから、多くの方が訪れます。

田ノ浦漁港でのタチウオはサイズが大きく、釣りやすい点がいいところです。ルアー、ウキ釣りのほか、テンヤ釣りでも釣果が期待できます。サビキで釣れたイワシを餌として使うのもおすすめです。

メバル

Photo by ftomiz

田ノ浦漁港でおすすめのメバル釣りは港内を中心に冬から春の時期がおすすめです。特に地続きの一文字付近あたりでエビ撒き釣りなどをするとかなりの釣果が期待できるでしょう。

田ノ浦漁港の場合、一文字の波止に高い壁があり、これで真冬の寒風が遮られることから、冬でも釣りが楽しめる点が人気となっています。防寒の服装さえすれば、メバル釣りも十分にできるでしょう。

シロギス・キス

Photo by ftomiz

シロギスやキスも田ノ浦漁港でよく釣れる魚の一つです。田ノ浦漁港では港内や一文字波止のほか、サーフ地帯にもよくいるので、このあたりのポイントを狙ってみましょう。

ちょい投げでも簡単にかかり、特に砂地になっているポイントにはたくさんいることからかなりの釣果が期待できます。時にはハゼやアナゴなども一緒に釣れるかもしれません。

一つ注意したいのがゴンズイです。夜釣りでかかりやすいのですが、毒腺があり、確認せずに触ってしまうと刺される可能性があります。夜は特に注意し、素手で触らないように気をつけましょう。

田ノ浦漁港の釣り場のポイント見出し

Photo by asobitsuchiya

このように、和歌山の田ノ浦漁港ではさまざまな魚が釣れるため、初心者でも十分な釣果が期待できます。では具体的に、田ノ浦漁港のどこに行けばどのような魚が釣れるのでしょうか。

そこで、田ノ浦漁港の釣り場の中でも特によく釣れるとおすすめの釣り場についていくつか紹介します。それぞれの場所のおすすめポイントや期待できる釣果についても合わせて紹介しましょう。

港内

まずは初心者の方でも気軽に釣りが楽しめる港内の釣り場です。港内は魚種がとても豊富であり、よい釣りのポイントとしてぜひおすすめします。

メバリングやアジングなどのほか、時にはヒラメやマゴチなどが回遊してくることもあります。ぶっこみ釣りでアナゴが釣れることもあるということです。漁港内ですから事前にチェックして行くと安心です。

なお、こちらは夜に常夜灯があるため、昼はもちろん、夜釣りも楽しむことができます。メバリングやアジングの夜釣りなども釣果が期待できます。

一文字の波止

和歌山の田ノ浦漁港の釣り場の中で、最も多くの方が集まるポイントと言われるのがこの場所です。内側が低く、外側が高くなっていて、外側の高い壁にも階段で登ることができます。

内側の方は湾内とつながっているため、同じように港内と同様に釣果が期待できます。さらにクロダイなどもいるので、ぜひ狙ってみましょう。

外側は壁で北西風が遮られることから、真冬でも釣りができるということで特に人気があるポイントです。アジやイワシなどの大きめなものもいますし、青物やタチウオなどの大物も狙えます。底のヒラメ、マゴチなどもおすすめです。

浪早ビーチ隣の岩場・テトラポット

田ノ浦漁港は隣にビーチがあるため、海水浴を楽しむ方などが使う遊歩道があり、その遊歩道にテトラポットと岩場があります。テトラポットと岩場なので足場がよくないため、初心者にはおすすめしませんが、知る人ぞ知るポイントです。

特に根魚やアオリイカなどを狙う方が多く利用するポイントとなっており、エギングの他ヤエンでも釣れる場所となっています。

岩場にテトラなので、いろいろな魚が期待できる場所でもありますが、足場がよくないのが気になるところです。もし行くならば、十分に気を付けて行くことをおすすめします。

新和歌浦観光ホテル裏のサーフ

その遊歩道をさらに進んでいったところにあるのが「新和歌浦観光ホテル」です。ホテルと述べましたが、ホテル自体は営業しておらず、廃墟観光として知られているかもしれません。

この裏にあるサーフ地帯は、シロギスや根魚、アオリイカなどが釣れるポイントとなっています。なんといっても廃墟ホテルの裏手ということで、知る人ぞ知るポイントとなっているため、人が少なくのんびり釣りが楽しめそうです。

田ノ浦漁港でおすすめの釣り方見出し

Photo by hiroooooki

それでは次に、和歌山の田ノ浦漁港で釣りを楽しむ際におすすめしたい釣り方についていくつか紹介しましょう。

田ノ浦漁港は魚の種類がとても多く、また時期や場所によってもさまざまな種類の魚を釣ることができます。ですから、どのような魚が釣れるのかによって、それに合わせた仕掛けを用意する必要があります。

どの仕掛けがどの魚を釣るのにおすすめなのか、また釣果アップのために注意したいポイントについても合わせて紹介しましょう。

サビキ釣り

Photo by cotaro70s

田ノ浦漁港で釣りをしようという初心者の方にまずおすすめしたいのが「サビキ釣り」です。サビキ釣りというのは、コマセと呼ばれる餌を海に撒いて魚をおびき寄せて、サビキという仕掛けを使い魚を釣る方法です。

田ノ浦漁港の場合は全域でサビキ釣りが有効であり、特に夏には最適な釣り方となっています。ポイントはコマセを切らさないようにすることです。深さがあっていないとなかなか釣れないので、釣れない時はそのあたりもチェックしましょう。

エギング

「エギング」というのは、古来からある「餌木」という漁具を使って釣りをする方法で、特にアオリイカを釣る方法としてよく知られています。もちろん現在では餌木が進化したエギがいろいろ売られていて、それを使います。

田ノ浦漁港のエギングによるアオリイカ釣りも手軽でありながら多くの釣果が期待できるということで人気の高い釣りです。特に秋になると釣果がアップし、家族連れでも十分に楽しめます。

ヤエン釣り

「ヤエン釣り」という釣り方をご存知でしょうか。この釣り方は和歌山などの紀伊半島で行われているアオリイカの釣り方です。餌に生きているアジを使い、まず道糸の先端に活アジを付けて海に投げ込みます。

アジは生きているので、アオリイカがくると暴れ出します。アオリイカがアジに抱きついたら、道糸に沿ってヤエンを入れます。そうするとアオリイカがヤエンに絡みついて釣れるというものです。

最初に針を付けず生きているアジを入れて釣るという珍しい釣り方ですが、大物が狙えると評判となっており、慣れてきた方にとってはとても楽しめる釣り方と言われます。

ルアー釣り

Photo bymirandableijenberg

さまざまな釣りを楽しみたいというのであれば、ルアー釣りもおすすめです。田ノ浦漁港の場合、さまざまな魚種がいることが多いので、いろいろな魚に対応できるルアー釣りは楽しみが多く、人気となっています。

特に堤防の外側で、ルアーによる青物釣りを楽しむ方が多く、時期によってはかなりの大物が釣れる可能性があります。いろいろなルアーを使い分けながら、お目当ての魚を狙ってみてください。

ウキ釣り

先ほど、チヌ釣りで紀州釣りという釣り方を紹介しましたが、一般的なチヌ釣りなどでよく使われるのがウキ釣りです。紀州釣りの場合もウキの動きが釣りのポイントとなりますので、適したウキを選ぶとよいでしょう。

ウキの動きで水中の様子を探り、適したポイントで釣り上げるという釣り方なので、視覚的にも楽しめますし、初心者用のセットなども豊富です。

田ノ浦漁港ではチヌ以外でも魚種が豊富なので、ウキ釣りでもいろいろと楽しめます。魚によるウキの変化なども見ながら釣りを楽しむのもおすすめです。

ジグサビキの仕掛けや釣り方は?夜釣り・青物におすすめの方法も!のイメージ
ジグサビキの仕掛けや釣り方は?夜釣り・青物におすすめの方法も!
ジグサビキは仕掛けにエサを使わないため初心者にもおすすめの釣り方です。またジグサビキはエサを装着する必要がないことから手間もかかりませんし金銭的な負担も小さいです。一度ジグサビキの仕掛けを作ってしまえば気軽にポイントで釣りを楽しむことができます。
エギングロッドおすすめ33選!初心者から人気の安いメーカーの万能アイテムも!のイメージ
エギングロッドおすすめ33選!初心者から人気の安いメーカーの万能アイテムも!
ルアーなどの餌木を使って釣るスタイルのことをエギングと言い、それ用の竿がエギングロッドです。単にエギングロッドと言っても種類が多く、例えば初心者におすすめの軽量なモデルから上級者におすすめのハイスペックなものまでいろいろあります。

田ノ浦漁港へのアクセス・駐車場見出し

それでは次に、田ノ浦漁港へのアクセス方法について紹介しましょう。田ノ浦漁港は和歌山県北部の、雑ヶ崎漁港と和歌山マリーナシティの中間くらいのところにあります。

施設的にも漁港での釣りのほか、浪早ビーチでの海水浴、さらには漁港近くでのバーベキューなど楽しみが多いため、多くの方が訪れるスポットでもあります。

そこで、公共交通機関でのアクセスと車でのアクセス方法、さらに駐車場の情報についても合わせて紹介します。

田ノ浦漁港へのアクセス

Photo by 海爾渥 / Hairworm

田ノ浦漁港まで公共交通機関を使ってアクセスする場合、最寄りは「和歌山港」駅です。駅からはタクシーで移動しましょう。10分ほどで行くことができます。

車の場合は阪和自動車道を経由します。浪早ビーチが隣接しているので、それを目標にしてアクセスしてもいいでしょう。雑賀崎方面に進み、浪早崎トンネルを抜けるとすぐに田ノ浦漁港が見えてきます。

車の場合の所要時間ですが、大阪からは約1時間30分でアクセスすることができます。和歌山の中では比較的距離が近いので、気軽に行くことができそうです。

田ノ浦漁港への駐車場

Photo byPublicDomainPictures

田ノ浦漁港に車でアクセスするという方もいるのではないでしょうか。田ノ浦漁港には、港内の一文字波止側のところに駐車場があるので、こちらを利用しましょう。

また、隣接する浪早ビーチにも駐車場があります。そのため、海水浴をメインにするか、釣りをメインにするかによってどちらか便利のいい方を選ぶというのもおすすめです。

ただしこちらのどちらも駐車場は有料となっています。7月と8月は620円、それ以外の時期は520円の駐車料金がかかります。特に7月、8月は混雑が見込まれますので、早めに行くようにすると安心です。

和歌山の雑賀崎はイタリア?!おすすめの観光スポットやカフェをご紹介のイメージ
和歌山の雑賀崎はイタリア?!おすすめの観光スポットやカフェをご紹介
イタリアの有名な港町、アマルフィ。実は今、和歌山の雑賀崎がその町にそっくりだと話題です。美しい街並みに加え、最近ではグルメスポットとしても注目されています。今回は、和製アマルフィと呼ばれる和歌山県雑賀崎のおすすめの観光スポットやカフェを紹介します。

田ノ浦漁港近くの便利なスポット見出し

最後に、田ノ浦漁港を利用する際にチェックしておきたい施設について紹介します。田ノ浦漁港に初めて行く方など、釣り情報や釣具、そして釣りの最中に必要なものなどを購入する際におすすめです。

釣り情報や釣具などを入手したい時におすすめの釣り具店、そして釣りの最中に必要な飲食物などを購入するのにおすすめしたいコンビニなどの情報をチェックしておくと、いざという時に困りません。

おすすめの釣具屋

まず、田ノ浦漁港周辺にある釣具店からです。田ノ浦漁港は和歌山でも大きな漁港であり、多くの釣り人が訪れることもあって、釣具店も複数店舗があり、とても便利に利用することができます。

特に関西に多くの店舗を展開している釣具店が多いため、釣具そのものだけでなく釣果などの釣り情報にも精通しており、釣り場に行く前に立ち寄ればほぼ間違いない情報を入手できるでしょう。

おすすめのコンビニ

Photo by mxmstryo

釣りの際の飲食物などもぜひ用意しておきたいものです。田ノ浦漁港の場合、徒歩圏内にコンビニはありません。近くのコンビニは車で7分から8分ほどかかるところにあるので、釣り始めてから移動するのは少し面倒です。

そのため、食べ物などを用意するのであれば、田ノ浦漁港に着く前に購入しておことをおすすめします。田ノ浦漁港は和歌山市内ですから、漁港に行く途中にはいくつかのコンビニがあります。

和歌山の田ノ浦漁港は初心者でも釣果が上がるおすすめの釣り場!見出し

Photo byfotoblend

和歌山の田ノ浦漁港は関西方面からのアクセスも比較的よく、隣にビーチがあるなど、遊び場としては人気の高いスポットです。釣り場としても魚種が多く、一年を通じて釣りが楽しめます。ぜひ家族で休日のひと時を釣りで楽しんでください。

投稿日: 2022年6月17日最終更新日: 2022年6月17日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote