地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

松山市観光おすすめスポット21!地図を片手に市内めぐり!カフェもあり!

歴史と文化のある町、松山市の観光スポット21選です。松山には沢山の魅力がたっぷりあります。時期を問わず訪れられる松山市は観光にぴったりな場所です。みかんで有名な松山市をぜひご堪能してみてください。素敵な魅力がいっぱいです。

おいでんか松山に行こう見出し

Photo by wongwt

3000年の歴史を誇る日本最古の名湯でゆったりのんびりと温泉に浸ってみませんか。松山には魅力的な観光スポットがあります。その中でも特におすすめな21選を集めてみました。宿もお宿自慢の料理を堪能できます。海の幸也郷土料理など美味しいものがいっぱいです。ぜひ足を運んでみませんか。

松山市観光おすすめスポット1:坂の上の雲ミュージアム見出し

坂の上の雲ミュージアムは司馬遼太郎氏の小説「坂の上の書」をテーマにしたミュージアムです。主人公の秋山好古真之兄弟、正岡子規のゆかりの資料を展示しています。日本を代表する建築家の安藤忠雄氏が設計しました。松山では観光で人気がありおすすめスポットです。ぜひ足を運んでみてください。

松山市観光おすすめスポット2:松山城見出し

四国最大の城郭で、日本の現存12天守の中では姫路城と並ぶ連立式の天守を有しています。「日本100名城」にも選定されています。加藤嘉明によって作られたお城で天守閣から見える景色は絶景です。石垣が綺麗で素晴らしく雰囲気のある場所で一つ一つ見ているだけでタイムスリップした気分が味わえます。松山の市街を一望出来るのも人気があり観光におすすめスポットです。

松山城観光!駐車場おすすめは?混雑・無料・安い料金など!バイク駐輪は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松山城観光!駐車場おすすめは?混雑・無料・安い料金など!バイク駐輪は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛媛県松山市にある松山城は、歴史・城好きにぴったりな観光スポットです。観光をさらに楽しめるように松山城へのアクセスや料金、車やバイクで観光をする方のためには駐車場の料金の比較、おすすめ駐車場など、役に立つ現地情報を集めてみました。

松山市観光おすすめスポット3:石手寺見出し

四国八十八ヶ所霊場の第五十一番札所です。二王門は鎌倉時代に造られたもので、国宝に指定されています。お遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺です。美しい佇まいは一見の価値があり地図を片手に城下町をぶらり散歩するのがおすすめです。松山市の観光では欠かせないおすすめの観光スポットです。

松山市観光おすすめスポット4:坊ちゃん列車見出し

坊っちゃん列車は明治から昭和半ばに実際に使用していた蒸気機関車を復活させたものです。現在はディ―ゼルエンジンで動く路面電車です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」で登場人物が使用したことからその名がつけられました。松山市内観光にぜひ一度は乗車してみる事をおすすめします。観光に人気がありおすすめです。

松山市観光おすすめスポット5:湯築城跡見出し

現代によみがえった河野氏歴代の居城跡です。中世の伊予国守護河野氏によって築城された平山城で歴史的価値も非常に高く日本百名城に選定されています。地図を片手に城跡めぐりを楽しみましょう。松山市の観光に人気がありおすすめスポットですのでぜひ足を運んでみてください。

松山市観光おすすめスポット6:松山市立子規記念博物館見出し

正岡子規の世界をとおしてより多くの人々に松山や文学について親しみ、理解を深めて頂く為に開設された文学系の博物館です。子規に関する常設展示のみならず様々な企画展示やイベントが行われていて子規の活躍とともに松山の歴史も知る事が出来ます。文学好きの方なら見逃せないおすすめスポットです。松山市の観光にも人気があります。

松山市観光おすすめスポット7:四国カルスト見出し

愛媛県と高知県との県境にある台地で標高1400m東西の幅は25kmで日本三大カルストのひとつです。県境尾根に沿って大きくうねる波のような緑の草原が続いています。草原に一筆書きしたような車道、その道端に点在する石灰岩がありまるで石灰岩の中から生まれたような木があります。ぜひ一度は訪れたい松山市の観光におすすめスポットです。

松山市観光おすすめスポット8:天狗高原見出し

東津野村の北端、海抜1485mの天狗の森をピークにゆるやかな起伏を見せて広がる高原です。一面の草原に、白い石灰岩が羊の群れ遊ぶように点々と散々し、春から秋を色取るヒメユリ、ヤマシャクナゲ、シコクアザミ、ヤマハギ、ヤマアジサイなどの高原植物も豊富です。ススキの穂波のゆれる十月頃の眺めも趣があり松山市の観光に人気がありおすすめスポットです。春は若草夏はキャンプ秋は紅葉冬はスキーと四季を通じて楽しめます。

松山市観光おすすめスポット9:野球歴史資料館 のボールミュージアム見出し

正岡子規の雅号である「のぼる」にちなんで名付けられた野球歴史資料館は、館内ではプロ野球選手を紹介するコーナーと高校野球選手権などを紹介するアマチュアコーナーの二つで構成されており、プロコーナーではイチロー選手のグラブや松井秀喜選手の手形などを展示しアマチュアコーナーでは明治22年から近年の全国高校野球選手権までの歴史を見ながら野球王国愛媛の歴史をたどる事が出来ます。松山市の観光にぜひおすすめです。

松山市観光おすすめスポット10:ふたみシーサイド公園恋人岬見出し

恋人岬夕日のモニュメントほかロマンチックな時間を演出する数々のスポットで砂浜を散策する途中にある岬で夕暮れ時になるとモニュメントの中央の穴にちょうど夕日が入る時間もあります。岬の先で夕日を眺めながらロマンチックな時間を過ごすのもおすすめです。夕日の美しい町として知られていて町のキャッチフレーズは「沈む夕日が立ち止まる町」で海岸線のどこからでも西瀬戸の水平線に沈む夕日が見られ「日本の夕日百選」にも選ばれています。松山市の観光にぜひおすすめです。

松山市観光おすすめスポット11:萬翠荘見出し

国の指定重要文化財に指定されています。大正11年旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨伯爵が、別邸として建設したものです。純フランス風の建物は当時最高の社交の場として各界名士が集まり皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたところです。文学の深みと建物の深みが、時代のまま感じられます。松山市の観光にぜひおすすめです。

松山市観光おすすめスポット12:道後の町家見出し

松山市道後での観光で絶品のハンバーガーが食べれるカフェです。店内はレトロな雰囲気で落ち着きます。ハンバーガー以外にもスイーツやコーヒーを食べれる絶品のカフェです。お庭も美しいのでぜひ注目してみてくださいね。地図もわかりやすい所にあり人気もあるカフェなのでぜひ足を運んでみてください。

松山のカフェ特集!夜でもランチでも楽しめる人気の店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松山のカフェ特集!夜でもランチでも楽しめる人気の店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛媛県松山市は四国で一番人工が多く栄えている街です。瀬戸内海があり道後温泉があり食べ物も美味しいので、観光客も多く訪れています。そんな松山市にはおしゃれなカフェがいっぱいあります。地元の人は勿論、観光客にもおすすめなカフェをまとめました。

松山市観光おすすめスポット13:レグレットカフェ見出し

松山市の観光で地図を持って観光に疲れたらここで一休み。美味しいレトロな雰囲気で飲み物やスイーツを召し上がれます。店内も看板もレトロ風でとても素敵で落ち着いた雰囲気のカフェです。俳句にちなんだスイーツが人気の話題の古民家風カフェです。窓から見える景色も綺麗なのでぜひおすすめです。

松山市観光おすすめスポット14:フライングスコッツマン見出し

松山市の観光で分厚いホットケーキで人気のカフェです。コーヒーにこだわりがありとてもホットケーキとコーヒ―の相性が抜群です。コーヒー好きの方にぜひおすすめのカフェです。店内の雰囲気も最高ですのでごゆっくり休憩していただけます。ぜひ地図での観光に疲れた方は足を運んでのんびりしてみてはいかがですか。

松山市観光おすすめスポット15:クレープカフェココ見出し

松山市の観光でクレープが食べたい時やお疲れモードの時など甘いクレープがたべたくなったらここがおすすめです。種類豊富で色々なクレープがあなたを待っています。人気店で持ち帰りも出来ますが、店内の雰囲気や甘い香りの店内で食べて帰ることをおすすめします。ぜひ地図を持って観光に疲れた時は足をとめて寄っていきませんか。

松山市観光おすすめスポット16:サンタカフェ見出し

Photo by sayo-tsu

ケーキが美味しいと有名なカフェ、そしてフードメニューも豊富で評判のカフェです。どれを食べても美味しいので迷う事間違いありません。すべてがおすすめです。そして店内もオシャレで居心地も良いです。接客も素晴らしいですし、松山市でも人気です。松山市の観光の時はぜひ足を運んでみてください。

松山市観光おすすめスポット17:道後館見出し

お部屋の露天風呂は温泉で旅の疲れを癒してくれます。夕食は一品一品料理の説明をしながら提供をするお宿自慢の本格和会席がお楽しみいただけます。3階茶室では「備安堂」にて夜のお茶室体験をお楽しみいただけます。地図を持って歩き回った後の客室露天風呂は疲れをとってくれます。松山市の観光でぜひ旅の疲れを癒してください。

松山市観光おすすめスポット18:ふなや見出し

客室は和の心と現代性を融合した洗練されたお部屋でゆったりおくつろぎいただけます。客室のお風呂は檜風呂で道後温泉のお湯を引いています。夕食は選べる3つの和食会席、洋食、和洋折衷からお選びいただけるのが魅力的な一面です。江戸時代創業の老舗旅館ならではのサービスをぜひ堪能してみてくだい。松山市の観光でおすすめ宿です。

道後温泉 ふなや~創業三百九十余年~

住所:
愛媛県松山市道後湯之町1-33
アクセス:
車/明石大橋経由松山自動車道松山IC下車~松山IC~33号線を松山市内方面へ25分 車以外/飛行機★東京より80分・大阪より50分 空港よりバス道後温泉駅。
料金の目安:
12,960円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:
松山の温泉ランキング!日帰りも宿泊もおすすめの人気施設で決まり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松山の温泉ランキング!日帰りも宿泊もおすすめの人気施設で決まり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
愛媛県だけでなく四国を代表する大きな都市松山市。四国には多くの温泉地がありますが、日本最古の温泉地がある松山市は温泉ファンご用達の人気温泉スポットです。温泉好きであれば一度は浸かりたい道後温泉をメインに、松山市にある温泉をランキング形式でまとめました。

松山市観光おすすめスポット19:道後プリンスホテル見出し

8種類の露天風呂や大浴場の他貸切露天風呂、サウナ、ジャクジー、顔湯バー、足湯など多彩な湯殿をお楽しみいただけます、客室は地図では味わえない松山市街の夜景がお楽しみいただける露天風呂付のお部屋です。夕食は料亭個室にて料理長おすすめの月替わり創作和会席がご満喫いただけます。バラ風呂や酒風呂もお楽しみいただけるのでぜひお楽しみください。松山市の観光でおすすめ宿です。

道後プリンスホテル 旬華趣湯 ~あったらいいな、が湧く湯宿~

住所:
愛媛県松山市道後姫塚100
アクセス:
車/瀬戸中央自動車道、高松自動車道から松山自動車道~松山IC~国道33号線を北上。天山交差点右折し国道11号線北上。平和通右折 車以外/新幹線岡山駅乗換、JR特急しおかぜでJR松山駅下車、路面電車25分
料金の目安:
5,400円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

松山市観光おすすめスポット20:坊っちゃんカラクリ時計見出し

平成6年道後温泉本館100周年を記念して道後温泉本館をモチーフに作られました。午前8時から午後10時まで、一時間ごと(季節によっては30分ごと)に道後温泉らしい音楽と共にせり上がり小説「坊っちゃん」の登場人物が現れます。松山市の観光でぜひ街で見つけたら見てみてください。貴重な時計です。

松山(愛媛)観光スポット!モデルコースは?おすすめ情報満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
松山(愛媛)観光スポット!モデルコースは?おすすめ情報満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
松山(愛媛県)の観光スポットをご紹介します。松山は道後温泉や松山城があり、また夏目漱石の「坊っちゃん」や正岡子規の俳句、司馬遼太郎の「坂の上の雲」とのつながりが深い所です。その他も含めておすすめの観光スポットやモデルコースをご説明します。

松山市観光おすすめスポット21:放生園(足湯)見出し

松山市の観光の道後温泉本館で使用した湯釜から出る「足湯」、周りには「坊っちゃんのカラクリ時計」などがあり、夜にはレトロのガス灯のともる温泉情緒あふれる人気のスポットです。旅で歩き疲れた足を温かいお湯の足湯で温めて一休みしましょう。ぜひおすすめスポットです。道後温泉駅前にあるので帰りに立ち寄るのも旅の疲れをいやしてくれます。ぜひ足湯を堪能してください。

おいでんか松山の旅見出し

Photo by nAok0

松山市の旅はいかがでしたか?魅力たっぷりの松山を堪能できましたか?松山にはいっぱいの歴史と観光スポットや魅力が沢山ありました。ぜひ興味を持った方は足を運んでみてくださいね。松山には蛇口をひねるとみかんジュースが出てきます。面白い発想ですよね。さすがみかんで有名な松山。ぜひ体験してきてはいかがですか。面白いですよ。ぜひおすすめです。

関連キーワード

投稿日: 2017年5月18日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote