恭王府・北京!見どころは?貴族の邸宅!庭園には四季折々の花がいっぱい!

2017年7月3日 (2020年9月6日最終更新)

古い歴史を誇る中国・北京から恭王府をご紹介します。かつて皇族が暮らした歴史ある建物が当時の姿をそのままに残す恭王府は、移り変わる季節をありありと感じられる名園です。歴史や文化財に興味がある方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

目次

  1. 恭王府は中国屈指の文化財
  2. 恭王府ってどんなところ?
  3. 恭王府のアクセス方法
  4. 恭王府の歴史
  5. 恭王府おすすめの見所1:湖心亭
  6. 恭王府おすすめの見所2:蝙蝠たち
  7. 恭王府おすすめの見所3:翠錦園
  8. 恭王府おすすめの見所4:邀月台
  9. 恭王府おすすめの見所5:滴翠岩
  10. 恭王府おすすめの見所6:銀安殿
  11. 恭王府おすすめの見所7:流杯亭
  12. 恭王府おすすめの見所8:木札
  13. 恭王府はいつが見ごろ?
  14. 恭王府の入場料金と営業時間
  15. 恭王府に行く際の服装
  16. 深い歴史に触れられる恭王府

恭王府は中国屈指の文化財

14478391 1827781647500642 1298819890089558016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fan.serendipity

恭王府は北京の重要な歴史文化財です。王府というのはかつての皇族の邸宅を指します。その中でも恭王府は現存する王府の中で最大の規模を誇り、保存状態も良好です。歴史学者の侯仁之氏は「清の歴史の半分が恭王府にある」とまで発言しており、恭王府が歴史的に非常に価値のある建物であることが分かります。そんな深い歴史のある恭王府の見所についてご紹介していきます。

恭王府ってどんなところ?

恭王府は邸宅を表に構え、裏には庭園があります。建物の中には歴史に関する展示物等もあり、歴史に興味がある方ならつい長居してしまいます。あまり歴史に詳しくない方でも美しい外観と庭園はじゅうぶんに一見の価値があります。また古代中国らしい縁起物や風水へのこだわりも随所に見られ、非常に趣があります。

庭園は北方の建築技術を取り入れた美しい様相になっており、季節になると花々で美しく彩られます。北方の建築技術と江南風の庭園の構え、異なる文化が見事に融合した様式は高く評価され、国から保護指定がなされているほど。四季によって顔を変えていくため、シーズンごとに違った楽しみ方ができます。

Img 1?1497601096中国・北京観光お勧めスポットと注意点!名所・夜の繁華街!楽しい旅の前に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国北京のおすすめ観光スポットを、注意点を含めてまとめました。中国北京の観光はとても人気です...
S 00731 1024x768北京のレストラン・ランキング!おすすめ店はココ!人気は美味しい北京ダック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国北京は、美味しいグルメの宝庫です。今回は、北京に行ったらおすすめしたい、レストランをラン...

恭王府のアクセス方法

恭王府は北京市内にある西城区の柳阴街に位置します。アクセスする場合、北京地下鉄「天安門西駅」からタクシーで20分ほどの場所になります。また、南京地下鉄の「鼓楼駅」からは徒歩15分で到着します。路線バスは东官房バス停と北海北門バス停が最寄になっており、徒歩5から10分の距離になっています。

05417北京空港が凄い!市内へアクセスは?ラウンジ・広い構内は圧巻!お土産店も充実! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北京空港は3本の滑走路と3本のターミナルからなる中国有数の空港です。その規模から中国最大の空...

恭王府の歴史

恭王府の歴史は西暦1776年まで遡ります。当時中国は「清」という国名でした。恭王府はこのころ和珅(わしん)という人物によって作られた邸宅です。清の第6代目の皇帝・乾隆帝は宮廷で輿の担ぎ手をしていた和珅を一目見て深く気に入り、帝に気に入られた和珅は宮廷内であっという間に出世しました。一説によると当時の情勢から見て和珅は世界で最も裕福な人物であったといいます。

そんな和珅も後ろ盾であった乾隆帝が没して急速に失脚していきます。乾隆帝の息子であり次期皇帝である嘉慶皇帝は和珅の財を没収するべく行動し、ついに西暦1799年、和珅は自決を余儀なくされました。和珅亡きあと、この邸宅は王府となり、西暦1851年に恭王府と名を改めました。恭王府はその後持ち主を点々としながらも、今日までその美しい姿を変えないままに残り続けました。

恭王府おすすめの見所1:湖心亭

古代から中国では家を建てる時、風水や縁起物を非常に重視しました。恭王府は風水でみると地下に竜脈が流れている絶好の立地になっています。また、風水的に見て金運と深い関係のある水は意図的に流れを作らず庭園の敷地内に留めることで、呼び込んだ福を逃さずその富を収め続ける意味合いがあります。湖心亭はそんな池の中央にある建物です。

恭王府おすすめの見所2:蝙蝠たち

19623160 2001152196770700 7276085649269063680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shen_photographyy

敷地内の建物にはいたるところにコウモリがあしらわれています。蝙蝠の漢字と福の字が似ているので、中国でコウモリが幸福の象徴として縁起物であるためです。福を呼び込む縁起物を様々なところにかたどることで、この場所に富を運んでくるよう願掛けをしていたようです。建物を見て回るのなら、このかわいらしい縁起物たちを探すのも一つの楽しみになるでしょう。ひょっとしたら福も来るかもしれません。

恭王府おすすめの見所3:翠錦園

19535083 1858803121049730 7535452479392055296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shen_photographyy

恭王府邸宅の最奥部には翠錦園と呼ばれる花園があります。北京を代表する名園であるこの花園は池や建築物の周りに鮮やかな花木が植えられており、四季折々の美しさを放っています。また建築物の中にも花や木をモチーフにしたものが多々見受けられ、今も昔も花の美しさが変わらないことを感じさせます。またこれらの花は美しさだけでなく、縁起物としての側面もあります。

恭王府おすすめの見所4:邀月台

花園には恭王府で最も高い邀月台があります。ここからは翠錦園が一望でき、その全景を上から眺めることができます。季節の花々はもちろんのこと、庭園の計算された芸術的美しさを感じることが出来るかと思います。邸宅を使っていた皇族たちと同じ目線から、恭王府を眺めてみてください。

恭王府おすすめの見所5:滴翠岩

18381864 1456127967743282 6406860255120064512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sun_xun_sun

恭王府花園の奥には滴翠岩と呼ばれる洞窟があり、この内部には福の字が描かれています。この字は清の第4皇帝である康熙帝の手書きだと言われています。康熙帝は中国の帝の中でも名君といわれており、そんな康熙帝が書いた福字碑と呼ばれるこの印章は、触ると福がある縁起物だと言われ、観光客から人気があります。

恭王府おすすめの見所6:銀安殿

かつてこの銀安殿は一般には公開されておらず、祝日や重大なイベントの際にのみ中に入れるようになっていました。銀安殿は恭王府の最も重要な場所といわれており、儀式のための建物でしたが、火事で焼けてしまった過去があります。現在の銀安殿は再建されたもので、2008年より一般に向けて公開されています。恭王府の顔とも言える銀安殿は、今では多くの人が訪れるようになりました。

恭王府おすすめの見所7:流杯亭

11374221 1078471188832792 2087225510 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
swhit_moments

竹林の中に静かにたたずむこの流杯亭は、広い庭園の休憩所のようなところです。床面に曲がりくねった溝が掘られていますが、これは古典の詩をモチーフに作られたそうです。親しい友人とここで酒盃を飲み交わす時、この溝に水を流して酒盃が止まった人が詩を読む遊びをするための溝なのだとか。

恭王府おすすめの見所8:木札

木札とは日本の絵馬のようなものです。吉兆の赤に福の字を書いた木札の裏には訪れた人の願いがかかれています。風水でみて竜脈が下を通るという恭王府ですから、何かご利益があるのかもしれません。

恭王府はいつが見ごろ?

12080673 539260176231192 1331737964 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
skho2015

晩春から夏の終わりまで長期間美しい姿を見せてくれるハスの花は、泥から這い上がってくる高潔さや上品さの象徴です。気品のあるハスは皇族にとっても特別な意味があったのかもしれません。ハスの草丈はどんどん伸びて、最後には池を一面覆ってしまいます。その生命力には驚かされるものがあります。

秋になると少しの間木の葉の色が変わり、紅葉が楽しめます。やがて木々の葉はすっかり落ち、独特の静けさが恭王府を包みます。春や夏のような目を惹く華やかさはありませんが、落ち着いた雰囲気が楽しめます。

北京の冬はあまり雪が降らないので、雪景色をみることは稀です。もしも運よく雪が積もったなら、ぜひ恭王府へ行ってみて下さい。中々見ることの出来ない雪の中の恭王府は、雪の白と邸宅の赤が実に美しいコントラストとなります。一度は生で見てみたいですね。

恭王府の入場料金と営業時間

恭王府は大人40元で入場できます。これは日本円にすると約700円ほどになります。また学生は証明書があれば半額の20元となっています。120センチメートル以下の子供は無料です。年中無休で、開園は朝の8時から、閉園は16時30分となっています。

恭王府に行く際の服装

恭王府はカジュアルで動き易い格好で入場できますが、北京はスリが多発しているため注意が呼びかけられています。大きすぎる持ち物は避け、なるべく大金を持ち歩かないなど、被害にあわないための対策をしっかりとしていきましょう。

スリにあわないために

14294825 1846474835585665 9012136396957155328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yxxxxxxx

スリが最もよく狙うのは男性のお尻のポケットに入った財布です。これは統計的に結果がでているらしく、たとえ一銭も入っていなくても盗まれることもあるのだとか。反対に、前のポケットはほとんど盗まれません。また、バッグのファスナーを開閉するスライダーは常に自分の側にあるよう気をつけましょう。気付かないうちに開けられて中を漁られたケースもあるそうです。

恭王府は内部がお土産屋さんになっている場所もあります。そういった場所で財布を出すときはじゅうぶん注意してください。旅慣れしていない人ほど人前で財布を出してしまいますが、そういった人はスリに狙われやすくなります。またほんの少しの間だからと貴重品から目を離さないように気をつけましょう。

深い歴史に触れられる恭王府

中国が誇る歴史文化財の中でも屈指の美しさを誇る恭王府をご紹介しました。風水や縁起物といった中国に根強く残る文化を強く残した恭王府は、学術的にも価値があります。静かで美しく、完成された庭園。ぜひ一度は訪れて、その芸術的な美しさに触れてみていただきたいです。

関連記事

Noimage
この記事のライター
猫谷

北京の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

北京の新着のまとめ