地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストリアとの時差!日本から飛行機で何時間?サマータイムも!

日本からかなり離れた距離に位置するヨーロッパ、オーストリアには時差が存在します。冬の期間が長いことでも知られているヨーロッパの国々は夏は夜遅くまで明るく太陽が貴重な存在です。今回はオーストリアの時差と夏時間サマータイムについて学んでいきましょう!

旅行前!オーストリアと日本の時差を知ろう見出し

オーストリアに出張や旅行で出かける際も、飛行機で他の国へ移動する際も日本との時差や他国との時差を知ることは必要になってきます。ヨーロッパには「サマータイム」というものが導入されているので、これを機に知っておけば飛行機で現地についた後とても役に立つので一緒に見ていきましょう!

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差①サマータイム見出し

夏時間「サマータイム」という言葉はヨーロッパで使用されます。カナダ・オーストラリアでも共通の制度があり、アメリカやニュージーランドではデイライトセイビングタイム・略してDSTと呼ばれます。春から秋の間は、時計の針を1時間だけ進めて日照時間を有効に活用しようといことで導入された制度なんです。

オーストリアには9つの州が存在しますが面積は北海道と同じなので、州ごとの大きな時差はありません。2017年のサマータイムは3月26日から2017年10月29日まで。サマータイム期間中は日本との時差は1時間短くなります。iphoneのウェザーチャンネルやデジタル時計を持っているとさらにわかりやすくミスも防げると思います。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差②時差計算見出し

ウィーンの時間帯はUTC+1が標準時。協定世界UTCから1時間進んだ時間帯になっています。中央ヨーロッパ時間はCETと呼ばれ日本とオーストリア・ウィーンとの時差は8時間。中央ヨーロッパ夏時間はCESTと呼ばれ、実施中は日本との時差は7時間にかわります。時差は、日本の現地時間から8時間ひくとわかります。

つまり、日本の午前7時が、オーストリアでは前日の午前11時になるため日本のほうが時間が進んでいる、ということになります。ヨーロッパ国内でサマータイムが実施されている期間中は、その時間から1時間マイナスした7時になります。他の国へも旅行される方は空港で飛行機の時間に十分気をつけてください。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差③飛行時間見出し

日本からオーストリアまでの飛行時間は、オーストリア航空OSと全日空NHの共同運航のみによる直行便で11時間かかります。気流の向きの関係上行きと帰りの時間に差があったり12時間かかる場合もあります。成田からウィーンへは毎日直行便が運航していて、日本人のキャビンアテンダントも常務しているので言語は心配いりません。

運航日などの理由で、ウィーン直行便が利用できない場合には、ヨーロッパ各国の航空会社、あるいは日本航空JLやNHでヨーロッパの主な都市へ飛び、そこからウィーン行きに乗り継ぐという方法もあります。フランクフルトやチューリッヒからは距離も近く便数も多いので便利です。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差④アクセス見出し

格安の航空会社でも大丈夫という方には、イギリスからヨーロッパ主要都市へ向かうライアンエアーやイージージェットもおすすめです。オーストリアにはウィーン以外にもリンツ、ザルツブルグ、インスブルック、グラーツ、クラーゲンフルトに国際空港があり、ZONE PEX運賃であればウィーンと同じ運賃で利用できます。

空港内エアライン各社の運航スケジュールは毎月変更されるので出発前に必ず最新情報を確認してみて下さい。全日空やルフトハンザの直行便が出ているミュンヘンからは、列車でザルツブルグまで約1時間30分、インスブルックへは約1時間50分。ウィーンへも4時間17分で移動ができます!

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差⑤航空券見出し

日本航空をはじめ、大韓航空などのフライトが多いチューリッヒは、チロルやフォアアーベルグへの玄関口とも呼ぶことができます。列車でインスブルックまでは約4時間、ブレゲンツへは2時間足らずと、ウィーンから入るよりも早くなるので、目的に応じて効率の良いルートを使うこともできますね。

日本やヨーロッパ系の航空会社の航空券には1年間有効で自由度の高いノーマル航空券のほかに、正規割引航空券と格安航空券の2種類があります。ZONEPEXと呼ばれる正規割引航空券とは、航空会社が独自に料金を設定した割引運賃で、全日空の「エコ割」などがこれにあたります。

また、早割やWEB割引料金などもあり、シーズンによっては格安航空券なみにやすくなる場合があるのでお得です。しかし格安航空を使用する際は、券の払い戻し手数料に制約があったり発券後の予約変更ができない部分があるので大雪やストライキ、テロなど非常時のことも考慮しながら選ぶと良いでしょう。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差⑥近隣諸国見出し

オーストリアは歴史的に、オーストリア・ハンガリーと二重帝国をなしていたこともあり、東ヨーロッパ諸国やバルカン半島の国々とのつながりが深い場所です。ここは内陸に位置していますが西側にはリヒテンシュタインとスイス。南にはイタリアとスロベニア、東はハンガリー、北はドイツとチェコに隣接しています。

第2次世界大戦中オーストリアは中立国として、東欧と西欧をつなぐ重要な位置にありました。そのためウィーンを拠点にして各国を旅行で周る際も交通の便が良く、その気になればウィーンからブダペスト、ブラチスラヴァに日帰り旅行ができます!それには、国境を越えて走る国際特急ECユーロシティーの存在が欠かせません!ドイツ語ではオイロシティーと発音をします。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差⑦鉄道見出し

その他にはイタリア、ドイツ、スイス、チェコ、ハンガリーなどへ行く便や高速列車ICE、国際寝台列車などがあります。世界遺産に登録されているセメリンク鉄道を経てイタリア方面へ向かうルートを通ると車窓からの絶景を楽しむことも出来ます!空の便を使えばどのヨーロッパ諸国へも1から2時間で着いてしまいます。

国際長距離バスの主なターミナルはウィーンの地下鉄U3のエアトベルグErdberg駅のすぐそばにある、ユーロライン社Eurolines AustriaのバスターミナルVienna International Busterminalの窓口で購入することができ、ここからはブダペストやプラハ、ワルシャワ、ブラチスラヴァ行きが発着しています。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差⑧他交通機関見出し

空路や陸路を使用する他に船上から眺める風景も情緒があってとてもいいと思います。ここでは国際河川としてのドナウ川の重要性が改めて実感できます。ウィーンの船着場は本流のブタペスト行きがライヒスブリュッケ浅橋、ブラチスラヴァ行きは運河にあるウィーン・シティ船着場となっていてどちらも高速の水中翼船が運航しています。

ウィーンと主要国間の時差は、イギリスとポルトガルが1時間の差があります。フランス・ドイツ・イタリアとオーストリア間で時差はありませんが、タイやベトナム、シンガポールや中国などのアジア諸国間では6〜7時間の時差があります。オーストリア、ドイツ、スイスではパスポートが帰国時まで有効ならOK、他の国へ行く際は3ヶ月以上必要です。

日本から飛行機旅行!現地オーストリアとの時差⑨時差ぼけ見出し

ヨーロッパへ長時間のフライト旅行をする際、時差ぼけ対策として一般的に知られていることは、無理をしない範囲でできるだけ機内で起きているということです。現地情報を調べたり映画を見たり、通路を歩き水分をとるなどして過ごす事ができます。なるべく起きている時の時間を長くする事により現地についた時も現地時間の夜に眠ることが可能です。

飛行機に搭乗した際は現地の時間をできるだけ確かめ、それに合わせてあちらが朝ならできるだけ寝ないようにし、現地が就寝時間を過ぎているなら機内で寝ないというかたちが取れると良いですね。アイマスクやピロー、スリッパなど持参をすると楽でしょう。

現地に着いた際は、朝の早朝に目が覚めてしまう方も多いかもしれませんが、初日は体力を奪われずに身体や体内時計が慣れていけるよう現地時間のスケジュールには余裕をもたせ、過酷な長距離移動や多くの見どころスケジュールなどは入れないほうが無難でしょう。

ハルシュタット観光スポット!世界で一番美しい湖畔の街は世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハルシュタット観光スポット!世界で一番美しい湖畔の街は世界遺産! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
世界遺産になっている世界で一番美しい湖畔の街で知られている観光地、ハルシュタットはオーストリアのザルツブルク市にほど近いところにある小さな街です。今回は、そんなハルシュタットの観光スポットや行き方についてご紹介していきたいと思います。

時差やフライトについてしっかり把握!見出し

旅行の計画を立てる際に知っておくと良い現地情報に少しふれてきましたがいかがでしたか?日本と文化も習慣も言語も大きく異なるオーストリアをはじめとするヨーロッパ。短い期間の出張や観光での滞在でも近隣諸国と陸続きになっている大陸では工夫次第で興味深い体験が沢山できるのではないでしょうか。

オーストリア言語は?通貨・気候・治安も!旅行に行く前に知っておくこと! | 旅行ガイドTravelNoteのイメージ
オーストリア言語は?通貨・気候・治安も!旅行に行く前に知っておくこと! | 旅行ガイドTravelNote
近年、国全体で取り組むエコ活動が話題のオーストリア。この国ならではの自然や緑、豊かな歴史や文化に魅せられ年間およそ22万人が訪れます。オーストリアの気になる言語や治安、通貨はどうでしょう?まずは知っていると旅がスムーズになる言語から見ていきましょう!
ウィーンの森の散歩道を観光!ベートーベンゆかりの地!おすすめスポット! | 旅行ガイドTravelNoteのイメージ
ウィーンの森の散歩道を観光!ベートーベンゆかりの地!おすすめスポット! | 旅行ガイドTravelNote
オーストリアのウィーン郊外から南にあるアルプスの北東部に位置する最大の丘陵地帯がウィーンの森です。著名な音楽家ゆかりの地でもあり、ユネスコ生物保護区に指定される美しい場所です。レクリエーションエリアとしても人気のあるウィーンの森の散歩道はおすすめです。
投稿日: 2017年9月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote