地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ウィーンのお土産人気ランキングTOP21!おすすめはやっぱりコレ!

ウィーンはハプスブルク家で有名な神聖ローマ帝国の首都があったため、繁栄しました。その為、豊かな文化を背景にしたお土産にい最適なお菓子や雑貨があります。また音楽の街でもあるため、音楽に由来するものも多くあります。そんなウィーンのお土産をランキングでご紹介します。

ウィーンでお菓子や雑貨をお土産に!見出し

ウィーンのお土産をランキングでご紹介します。ウィーン定番のチョコを使ったお菓子や伝統工芸の雑貨、音楽の街ウィーンに関係する名前をつけたものや音楽に関するものをデザインにしたものにオーストリア特産のものも交え、人気とおすすめ度合いでランキングでご紹介します。

ウィーンお土産第21位:オッタクリガー見出し

ウィーンで人気のある地ビールで、黄色いカラーが特徴で瓶入りのためお土産向きです。辛口のスッキリした味でキレがあるのでビール好きの人におすすめの味になっています。1837年に設立というかなりの老舗で、オーソン・ウェルズ出演のウィーンを舞台にした映画「第三の男」にも登場しています。

ウィーンお土産第20位:クリムトの雑貨見出し

グスタフ・クリムトは帝政オーストリアの画家で元々は装飾家だったため、意匠をこらした画風で有名なだけでなく、日本などのアジアの影響が作品に多く見られます。琳派を思わせるような金箔を多用した「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」などがあります。煌びやかな雑貨を求める人におすすめです。

ウィーンお土産第19位:オーストリアチョコチップス見出し

ジャンクフードやお菓子に目のない方におすすめです。ウィーン名物のチョコを使い、チョコの味もしっかりしているのでコーヒーやお酒のお供としてもいけるお菓子以外としてもおすすめのものになっています。米のパフが使われているので、食感がおもしろいチョコのお菓子のお土産になっています。

ウィーンお土産第18位:音楽雑貨見出し

音楽の街ウィーンらしく音符やピアノの鍵盤など音楽をモチーフにした雑貨を中心に音楽グッズがあります。ヴィエナワールドには文房具などはもちろんお皿やティーカップなどテーブルウェアまであるので、相手や自分の好みに応じて好きなものを選べるようになっており、音楽好きのお土産におすすめです。

オーストリア首都ウィーン観光!音楽の都でうっとり!おすすめスポット17選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストリア首都ウィーン観光!音楽の都でうっとり!おすすめスポット17選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストリアの首都であるウィーンは中世の街並みが残る素敵な観光地です。音楽の都ならではの楽しみ方や、初めて食べるグルメまで、さまざまな魅力をご紹介します!首都ウィーン以外にもちょっとした郊外の情報もお教えしますのでぜひオーストリア観光に役立ててくださいね。

ウィーンお土産第17位:パンプキンシードオイル見出し

かぼちゃの種を使ったオイルでスーパーに置いてあり、南部の シュタイヤマルク州はかぼちゃの生産地として有名になっており、品質がいいのでおすすめです。オイルは料理にも多く使われているのでます。シュタイヤマルクのものを選ぶ際には「本物の」を意味する「ECHT」を目安にするといいです。

ウィーンお土産第16位:ハース&ハース見出し

ウィーン発の紅茶の名門ブランドで、フレーバーティーやフレーバーコーヒーにフルーツティーが非常に好評になっています。フルーツティーはフランス、イギリスなどに人気があり、日本での知名度はまだなので新しいもの好きにおすすめです。お供のお菓子と一緒に渡すのもおすすめの方法です。

ウィーンお土産第15位:岩塩見出し

オーストリアは岩塩の名産地で、内地にありながら塩が採れることで栄えた都市があります。ザルツブルグ(Salzburg)はその名が塩を意味するSalを冠するなど、塩に関する名残りが何かとあります。世界遺産である美しい湖畔の街ハルシュタットにも岩塩坑があります。お菓子以外の食べ物におすすめです。

オーストリア観光地21選!世界遺産からおすすめスポットまで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストリア観光地21選!世界遺産からおすすめスポットまで紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
芸術の都と呼ばれるオーストリアには、数多くの世界遺産、そして大自然が見せる絶景などおすすめの観光地が点在しています。中世の美しい街並みが続くオーストリアには見どころが数多くあります。そんなオーストリアでおすすめの観光地を厳選して紹介していきます。

ウィーンお土産第14位:アプリコットジャム見出し

ヴァッハウ渓谷の名産を使ったアプリコットが味もよく人気でおすすめです。甘さ控えめで甘酸っぱいアプリコットそのままの趣きの味わになっていて、アプリコットの果肉感も十分にあるので、甘さの強いものが苦手な人のお菓子代わりとしておすすめです。シュタウトのものなどがおすすめになっています。

ウィーンお土産第13位:モーツァルトチョコレートリキュール見出し

音楽家モーツアルトの名を冠したもので、おしゃれな人やグルメな人におすすめです。チョコレートリキュールの一流ブランドで、パッケージもおしゃれです。アイスクリームにかければ大人のお菓子、スイーツに早変わりするので何かと嬉しいお土産になっています。カクテルを作る人にもおすすめです。

ウィーンお土産第12位:グーゲルフプフ見出し

マリーアントワネットが好んだと言われるお菓子で、レシピも多くあり、家庭のお菓子でもあります。生クリームを添えて食べられたりすることもあり、シフォンケーキといった感じの食べ方もできて、ウィーンではチョコチップとクルミの入ったものもあります。チョコ以外のお菓子がいい人におすすめです。

ウィーンお土産第11位:ハニーアップルビネガー見出し

食用にならない落ちリンゴを使って作られるリンゴ酢にハチミツを混ぜて作られます。中には完熟リンゴを使いオーク樽で長い時間をかけて自然発酵ものがあり、シェリー酒を思わせるような本格的な作り方の物もあります。美容効果も期待されているので、料理好きまで幅広く受けるのでおすすめです。

ウィーンお土産第10位:デメルのお菓子見出し

デメルはウィーンにあるカフェとお菓子の店で、クラシックな店内で雰囲気のあるものになっており、喫茶とお土産選びに楽しいお店になっています。特に人気で持ち帰りに便利で、詰め物を何層にもした伝統的なお菓子であるシュトゥルーデルがおすすめです。デメルには他のお菓子もあるのでおすすめです。

ウィーンお土産第9位:マインルのコーヒー見出し

ユリウス・マインル社のコーヒーはオーストリアを代表する高級ブランドで、チョコなどのお菓子と共に味わいたいもです。コーヒー好きにも十分な品質になっています。コーヒーカップなどの雑貨もあるので、帰るまでに時間のある人にもおすすめです。ウィーンに直営スーパーはお土産選びにおすすめです。

ウィーンお土産第8位:プチポワンの雑貨&etc見出し

神聖ローマ帝国時代のウィーンで生み出された刺繍の技法で、拡大鏡を使って行う細かな作りのために絵のようなものがあり、芸術的な雑貨になっています。小物入れなどがおすすめで、雑貨的な雑貨を欲しい人におすすめです。その自在さから雑貨だけでなく、絵画まであります。

ウィーンお土産第7位:ダルボジャム見出し

オーストリアのジャムの名門で、有名な最大手食品メーカーでもあります。フルーツ本来の味や香りに色見を最大限引き出す製法で作れたというジャムは高級ホテルや有名なお菓子にも使われるなど、十分な品質です。特におすすめはフルーツ70%というオールナチュラル・ダブルフルーツ・スプレッドです。

ウィーンお土産第6位:モーツァルトチョコレート見出し

正式にはモーツアルトクーゲルトという名前で、ウィーンの生んだ世界一有名な音楽家であるモーツアルトを名前に付けるだけでなく、モーツアルトの肖像をラッピングに使い、お土産の定番お菓子です。様々な会社から出ており、種類も豊富なオーストリアを代表するチョコレートのお菓子になっています。

ウィーンお土産第5位:ワイン&グラス見出し

辛口の白ワインが人気になっており、主にGrünerVeltliner(グリューナー・ヴェルトリーナー種)が使われています。西隣りのドイツ同様に寒い気候のため甘口のワインも豊富にあり、中でも高級品としても有名な貴腐ワイン(アイスワイン)があるだけでなく、赤はピノノワールがあります。

オーストリアワインは豊富で確かな品質がヨーロッパ内でも人気になっています。同時に雑貨系では世界的なワイングラスのメーカーであるリーデル社もあります。リーデルはクリスタルグラスが特に有名になっており、特別なものを送りたい人へおすすめになっています。

ウィーンお土産第4位:スワロフスキー見出し

皆さんご存知の世界的なブランドで、チロル発祥のものです。ブレスレットやイヤリングにネックレスなどがおすすめです。また現地限定や日本未発表の物もあるようなので、好きな方や特別な人へのプレゼントなどにもおすすめのものになっています。アフターサービスもしっかりしているので安心です。

ウィーンお土産第3位:アウガルテン&グムンデン見出し

喫茶文化の華やかなウィーンには多くの喫茶店があるだけでなく、オーストリアは茶器も特に豊かなものになっています。ウィーンではアウガルテンがとくに有名で、ヨーロッパ2番目の古い磁器工房です。磁器ではコーヒーカップを世界で初めて作ったと言われている歴史のあるものになっています。

陶器ではオーストリアを代表する知名度の最もあるグムンデン陶器があり、緑の線が描かれた素朴なシリーズや鹿のコントラストのマークが入ったシックなシリーズ、花模様の描かれたシリーズなど種類も豊富になっているのであたたかみのある茶器や食器を求める人におすすめです。

ウィーンお土産第2位:スミレの砂糖漬け見出し

ハプスブルク家御用達のお菓子で、前出10位のデメルのものがとくに有名になっています。紅茶に入れてフレーバーティーにしたりすることができたり、ワインに入れたりもします。女性へのプレゼントなどに特におすすめです。また入っている容器もオシャレでかわいいものがあり、雑貨としてもおすすめです。

ウィーンお土産第1位:ザッハトルテ見出し

文句なしのウィーンお土産の定番お菓子で、チョコレート好きにお菓子好きにおすすめのお土産になっています。また比較的破損しづらいのもお土産に嬉しいポイントです。持ち帰りやすい「ザッハ」のものが特におすすめです。値段を気にしないなら空港にも前出のデメルなどがあるのでこちらもおすすめです。

お菓子から雑貨のお土産選びをウィーンで!見出し

以上ウィーンのお土産を21点ランキングでご紹介しました。あなたの気にいったか気になったものはあったでしょうか。チョコレートなどのお土産はオーストリアや日本ともに暑い季節にお持ち帰りの際は特にご注意いただくようにお願いします。最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日: 2017年8月9日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote