地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オーストリアお土産!人気のおすすめ品17選!絶対買いたいお菓子や雑貨!

オーストリアのお土産といえばなんでしょう?オーストリアの現地で絶対買いたい人気のお土産をご紹介します。おすすめな人気おいしいお菓子から、毎日を楽しくする自分用の雑貨まで、欲しいもの全て買い忘れることのないように是非旅行前にチェックしてください。

オーストリアのお土産といえば?見出し

オーストリアのお土産といえば何でしょう?感動あふれる芸術の都を表す文化的な音楽に関係したお土産でしょうか?それとも感動的な世界遺産を現すおいしいお土産でしょうか?そんな素敵なオーストリアに行ったときに迷ってしまわないようにおすすめお土産をご紹介していきます。

王道オーストリアお土産見出し

ザッハトルテ(Sachertorte)

チョコレートケーキの王様オーストリアにあり!料理人「ザッハー」が作り出したこのチョコレートケーキは、アプリコットジャムがサンドされたチョコレートケーキの上にさらにチョコレートをコーティングしたチョコレート好きなら是非試したい一品です。砂糖の入っていないホイップクリームを口直しとして添えていただきます。

高貴なオーストリアお土産見出し

スミレの砂糖漬け(Kandierte Veilchen)

上品な口直しのお菓子はいかがでしょうか?ショパンや皇妃エリザベートに愛された、優雅なスミレを砂糖で閉じ込めたお菓子は見た目が美しいだけでなく、うれしい効能もあります。このお菓子に使われているニオイスミレはヨーロッパでは咳止めや消炎剤として使われてきました。健康志向の方におすすめのほんのり香るお菓子です。

オーストリアと言えば!なお土産見出し

モーツァルトクーゲル(Mozartkugel)

オーストリアを代表する音楽家のモーツアルトがパッケージプリントされたチョコレートのお菓子です。このお菓子をモデルに作られたチロルチョコを食べたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、本場も是非お試しください。色鮮やかなピスタチオの緑がチョコレートで包まれ、更にモーツアルトの包み紙で包まれています。

実はこのパッケージどうやらハンドメイドとマシーンメイドを区別するため色が分かれているようです。工場で生産されたものには金色のアルミに赤い洋服のモーツアルトが、手作りされたものには銀のアルミに青いモーツアルトが使われています。形もハンドメイドのものは完全な球形ではないのです。興味のある方は滞在中にチョコレートの食べ比べをしてみてください。

リンツァーさんのお土産?見出し

リンツァートルテ(Linzer Torte)

ザッハトルテ以外にも有名なケーキがあります。それがこのリンツァートルテです。オーストリア・オーバーエステライヒ州の州都リンツに由来にする名のトルテですが、「リンツァーさんのトルテ」というこのケーキを作ったリンツ氏に由来するという説もあります。どちらにしろおいしいお菓子という事実には変わりはありませんが。

レッドカラントのジャムをたっぷりのせて、格子模様にして焼いたこのトルテはアーモンド、胡桃、シナモンにナツメグ等が生地の中に入っており、それらがお互いの素材の良さを引き立てて、お口の中でお菓子のシンフォニーを作ります。リッチな素材を複雑にかつ上品に焼きあげたお菓子は貴婦人のためのお菓子です。

気軽でおいしいお土産見出し

マナーウエハース(Manner)

世界的に有名なこのマナーのウエハースはスーパーでも気軽に購入出来るお土産です。お手頃価格なのでばら撒きようにおすすめのお土産です。オリジナルはヘイゼルナッツクリームを使ったものですが、他にも種類があるので時間のある方はマナーショップに立ち寄ってみてチェックしてみてください。

地元のおすすめお土産見出し

アプリコットジャム

ウイーンから近いヴァッハウ渓谷の町クレムスはアプリコット祭りで有名ですが、もしお祭りに行けなくてもアプリコットジャムは是非手に入れたい人気の一品です。お菓子に料理に大活躍のジャムはおいしいだけでなく、冷え症や消化を助けます。日本に帰ってもアプリコットトーストなどしてオーストリアの味を楽しみたいものですね。

オーストリアの上質を閉じ込めたお土産見出し

オーストリアワイン

免税の範囲で是非購入したいお土産はワインです。オーストリアの美味しいワインは日本に帰ってからの自分へのお土産にもいいですし、大切なあの人へのお土産としてもおすすめです。オーストリアの文化を舌で味わえるお土産です。滞在中にお気に入りのワインを見つけて是非購入して帰りましょう。

オーストリアの人気なアレをお土産に見出し

オッタクリガー(Ottakringer)

オーストリアのお土産にウイーンで人気の地ビールはどうでしょうか。ワインよりビール派だという方におすすめのお土産です。辛口ですっきりした味わいのこのビールはスーパーでも購入出来ます。スーパーはいろいろお土産に出来るものがあり、時間はないけどいろいろ買いたいという人にはおすすめです。

オーストリアのアロマなお土産見出し

ユリウス・マインル・アム・グラーベン(JULIUS MEINL AM GRABEN)

オーストリアのアロマをご家庭にお届けしませんか?もともとコーヒーショップだった高級スーパーマーケットのユリウス・マインル・アム・グラーベンですが、コーヒーは格別です。世界のコーヒーを味わってみたいという方にはこちらのコーヒーを是非どうぞ。トレードマークの入ったお菓子やお茶もおすすめです。

コンパクトでキュートなお土産見出し

お手軽雑貨としてはマグネットが人気のおすすめお土産です。なかなか細部にまでこだわっていて、ザッハトルテなどを模したものもあり見ているだけでも楽しいです。大抵のお土産さんにあり、自分の家の冷蔵庫にも活躍しそうです。

オーストリア自分用お土産見出し

スワロフスキー(Swarovski)

人気のクリスタル商品を製造・販売するスワロフスキーは1895年にオーストリアで創業されました。せっかく本場のオーストリアに来たのですから、ここは一度豪華できらびやかな本店をのぞいてみたいものです。日本では見かけないデザインもありますし、キラキラしたものを見るだけでうっとりしたいい心地になります。

オーストリアでいちばん細かい土産見出し

プチポワン(Petit Point)

職人の技がきいたファッション雑貨はいかがでしょうか?18世紀ウィーンで編み出されたこの刺繍技法は拡大鏡を使用するとても目の細かいものです。そのため絵のように繊細な表現することが可能です。目が細かいほど値段も高くなってきますが、ブローチのような小物なら手に届きやすく、少し特別なお土産にすることが出来ます。

みんな持ってる?オーストリア土産見出し

グムンデン陶器(Gmundner Keramik)

華やかな雑貨をご家庭にいかがでしょうか?グムンデン陶器、またはグムンデン焼きとして日本でも知られる中央ヨーロッパ最大の陶器製造会社から販売される製品の名称です。オーストリアではとてもメジャー存在で、ユニークで色鮮やかな食器たちは毎日の食卓を明るく彩る雑貨です。華やかなマグカップを使えば気持ち良く一日のスタートを切れそうです。

オーストリア行ってきました!見出し

モーツアルトグッズ(Mozarthaus)

ここにもそこにもあそこにもモーツアルトが!部屋中モーツアルト雑貨で埋めてみるなんてことも出来ちゃいそうです。いかにもオーストリア行って来ましたというお土産をお探しなら、是非モーツアルトハウスのお土産屋さんで購入出来るモーツアルト雑貨がおすすめです。ラバーダックはいろいろな色があり、本当にかわいいです。

オーストリアを代表する画家です見出し

クリムトグッズ

オーストリアは本当に芸術にあふれた国です。代表作のひとつに「接吻」があるクリムトの雑貨も人気のお土産です。絵画をラベルに用いたワインから名画をあしらったトートバッグなどありとあらゆるものがグッズになっているので、お気に入りのクリムトグッズを見つけるのも楽しみです。

お土産にオイルはいかが?見出し

パンプキンシードオイル(Kürbiskernöl Steirerkraft)

色は染みになったら取れそうにないくらい濃い緑で、ちょっと青汁の色に近いです。あまり日持ちはしませんが、美容効果や抗アレルギー効果、尿トラブルの改善などたくさんの効能があります。食べ方は生食がおすすめで、いつものサラダや冷奴に少し足していただくのが手軽に日本で出来る楽しみ方です。

小さな世界をお土産に見出し

スノーグローブ(Schneekugel)

ウイーンでは100年以上の歴史があるスノーグローブに広がるは見ていて飽きません。大きくなればなるほどより緻密な世界が広がりますが、小さいものでも十分にかわいくて雰囲気が楽しめます。スノーグローブの中でひらひらと舞い散る雪を見ていると童心に返ったようでとても癒されます。

お土産に出来ないお土産見出し

シュトゥルム(Sturm)

番外編としてお土産にしたいけれどできない味をご紹介します。シュトゥルムというお酒はワインになる前の段階の人気の初秋限定の味です。9月初旬から10月下旬が一般的で、入荷するとレストランの店頭などに告知が出ます。常に発酵しているので、購入してもアルミホイルで軽く栓をしてある程度で残念ながらお土産には出来ません。

上の写真の方は存分にフレッシュなシュトゥルムを味わえているようですが、アルコールが苦手という方は少しだけアルコールが含まれるモスト(Most)もしくは搾り立てぶどうジュースでシュトゥルムの雰囲気味わうことが可能です。シュトゥルムの時期にオーストリアに行かれるという方には是非味わっていただきたい期間限定の味です。

最高のオーストリアお土産をみつけよう!見出し

いかがでしたか?まだまだここにはご紹介しきれない魅力たっぷりなお土産がオーストリアにはあります。お土産から旅先を探そうと思っている方、これからオーストリア旅行される方に参考になれば幸いです。オーストリアで五感を満たされる旅ができますように!

投稿日: 2017年7月11日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote