地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ベトナムの治安!テロや現地状況は?旅行前に知っておくべきことまとめ!

今人気の旅行先であるベトナム。世界遺産や自然、美味しいグルメなど見所が多い国ですが、テロや犯罪などの治安状況はどうなのでしょうか。ベトナム旅行前に知っておきたい、治安とベトナムを安全に過ごすためのアドバイスをお伝えいたします。

ベトナムの治安を知っていい旅行をしよう見出し

ベトナムは旅行費もリーズナブルで観光スポットなどの見所が多く、近年人気が上昇中です。今回のテーマはベトナムの治安について。テロや犯罪などの治安状況はどうなっているのか、まとめました。旅行前に知っておきたい、ベトナムで安全に過ごすための方法を伝授いたします。事前の詳しい治安は大使館の情報からチェックです!

ベトナムの治安状況見出し

2017年9月16日現在、日本大使館の情報によると、ベトナムでは特に危険情報は出ておらず、テロの情報なども出ておりません。危険情報は出ていないにせよ、ベトナムの治安は、日本と比べると安全ではありません。しかし主にひったくりや置き引きなどの軽犯罪が多く、凶悪なテロや、殺人などの重度な犯罪事件は少ないと言えるでしょう。

ベトナム人は、日本人に対して好意的な人が多く、一見犯罪とは程遠いのではないかと思います。しかし、特にホーチミンやハノイなどの都市部になると、観光客をターゲットにしたスリや置き引き、ひったくりが多く、被害に遭う日本人が少なくありません。バイクタクシーや、タクシーなどを利用した際の金銭トラブルも多いのが特徴です。

ベトナムで買いたいお土産ベスト21!ホイアンでショッピング気になる物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベトナムで買いたいお土産ベスト21!ホイアンでショッピング気になる物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ベトナムには雑貨などのおもしろいもの、優れたものが多くあり、お土産にしたいものが多くあります。またオーダーメイドをリーズナブルにしてくれる所があるので、楽しいショッピングができる国でもあります。そんなベトナムでの旅行のおすすめのお土産をご紹介します。

ベトナム治安の注意事項①ひったくりが最も多い!見出し

ベトナムでは、ハノイやホーチミンなどの都市部でひったくりの犯罪が多い傾向があります。主な被害としては、歩いていると、後ろから走ってきたバイクに乗っている2人組によってスマートフォンやバック、セカンドバックなどを持っている人を狙い、ひったくりをして逃走するという手口が多いです。観光客が多い繁華街などが多いです。

ひったくりの犯罪では、ショルダーバッグをたすき掛けにしているバックを無理やり奪おうとする手口もあり、被害者がバイクに引きずられてしまったり、転倒をして怪我をしてしまったりするケースがあります。バイクタクシーや、タクシーの乗り降りの際にひったくりの被害にあったという情報もあるため、どこでも十分注意が必要です。

ダラット観光!高原の人気スポット5選!空気が綺麗なベトナムの避暑地! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ダラット観光!高原の人気スポット5選!空気が綺麗なベトナムの避暑地! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ベトナムのダラットは空気がきれいでベトナムの避暑地として人気の高い観光地です。一年中涼しい気候で人も親切ということもあり、人気の観光スポットになっています。今回はそんなダラットの人気観光スポットを5つほどご紹介したいと思います!

ベトナム治安の注意事項②気が付かない間にスリの被害に:interrobang:︎見出し

特にハノイやホーチミンなどの都市部では、スリの発生率が高いです。人混みの市場や路上、列車やバスの中、ショッピングモールなど、人が多い場所でバレないようにバックの中から財布などを盗まれていたりする犯罪が多発しています。最近集団スリの犯罪も多く、1人が何らかのかたちで被害者の注意を引いている間に財布を盗むという手段も有。

また日本語が堪能なベトナム人が近づいてきて、親しげに話している間に、もう一人の人が隙を狙って財布を盗むという手口があるので、団体で行動をしていても、どんな時でも油断をせず、バックや貴重品は、自分の目から離さないように気をつけてください。人混みを歩くときは、最も犯罪に遭いやすいので、気を引きしめて行動しましょう。

ハノイ観光おすすめスポットを紹介! ハロン湾や旧市街を巡るモデルコースも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハノイ観光おすすめスポットを紹介! ハロン湾や旧市街を巡るモデルコースも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ベトナム北部の人気都市ハノイは、多くの観光客が訪れる都市です。ハノイ旧市街を巡る観光や、ハロン湾まで足を延ばす人も多くいます。ハノイを観光するなら、外せない世界遺産や名所があるハロン湾や旧市街などのスポットをご紹介します。

ベトナム治安の注意事項③うっかり荷物は置いていかないで!見出し

ベトナムでは、置き引き被害も多発している状況です。レストランやホテル、空港、ショッピングモールなど、観光客が多い場所こそ、犯罪の確率が高い傾向があります。例えば、レストランで席を立った時、観光中気がそれている時、空港でチェックイン手続きをしている時、公園で一息ついている時など、どこでも置き引きの可能性はあります。

ベトナム観光中、バックや手荷物をほんの少しの間目を離した隙や、自分の横にバックを置いていると、一瞬の隙にバックがなくなっていたという被害があります。ホテルの中であっても、外出をする時はスーツケースに鍵をかけて出かけるようにしてください。安全に過ごすためには、常に油断をせずに、十分に注意をすることが必要です。

ベトナム治安の注意事項④支払い時も油断は禁物!見出し

ベトナムのガイドブックなどにも記載されていることが多い犯罪被害なのですが、ベトナムの紙幣は、ホーチミンの顔が印刷されていて、金額によって色が異なるだけの暗い場所で見分けづらい紙幣なのです。そのため、悪質なお店やタクシーでは、お札を小額紙幣にすり替えて、まだ足りないよ!と言われ、更に支払いをさせられるという事があります。

上記のような被害を防ぐためには、支払いはなるべく明るいところで済ませ、相手がお釣りを出すまで、お金を自分の手から離さないように心がけましょう。またクレジットカードのスキミング被害も多くなってきています。ベトナムで安全に過ごすためには、支払いをする際も、そのような犯罪があることを念頭に置いて、気を引き締めましょう。

ホーチミンのおすすめグルメ!安くて美味い!ローカルな店がポイント! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ホーチミンのおすすめグルメ!安くて美味い!ローカルな店がポイント! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ベトナムのグルメといえば、世界一ヘルシーなグルメとして有名ですが、ホーチミンでは、様々なベトナム地域のグルメが集まっているのでいろいろなものを食べることができるスポットになっています。そこで今回は、そんなホーチミンでおすすめのグルメを紹介します。

ベトナム治安の注意事項⑤テロの状況について見出し

大使館の情報によると、現在ベトナムでは、テロの危険性はありません。大使館の情報を確認したところ、過去にベトナムにおいて日本人をターゲットにしたテロ事件は起きていません。イスラム国のテロ事件や、日本人の誘拐事件なども発生していない状況です。しかし他の国で日本人がテロの被害にあっていることもあるので、注意は必要です。

大使館の情報によると、現時点ではベトナムでテロが起きる可能性は低いと考えられています。しかし、現在の世界情勢を考えると、絶対に安全とは言い切れない状況なので、日頃からテロの情勢などを大使館のホームページよりチェックをし、危機管理意識を持つことをおすすめいたします。

ベトナム治安の注意事項⑥特に危険な場所を伝授!見出し

ベトナムの都市部は、地方よりも貧富の差が大きいため、地方と比べても都市部の方が犯罪が多い傾向にあります。上記でもお伝えしている通り、人通りの多い市場やマーケット、ショッピングモールや空港などが、人に紛れてスリやひったくりに遭いやすいので注意が必要です。またローカルのナイトクラブなども被害に遭いやすい傾向があります。

団体で行動をしている場合でも、被害にあってしまうこともあるので、どんな時でも油断はせず、荷物は自分の見えるようにし、前で抱えるように持つようにするか、一番安全なのは、周りから見えないようにウエストポーチを身につけること。地元の人達にいかにも観光客と思われないように目立たないようにすることがおすすめです。

旅行前は大使館の情報をチェック!見出し

ベトナムへ行く前は、大使館の情報をチェックすることをおすすめいたします。今現在の治安の状況が把握できるので、どのような心構えで行けば良いのか、何を気をつけたら良いのか、ベトナムでどのような犯罪が起きているのか分かります。大使館から危険情報が出ている場合には、レベルによって渡航を控えたり、対応をしましょう。

ベトナムで安全に過ごすために見出し

ベトナム人は、日本人に対して好意的な人がとても多く、優しく真面目な人柄なので、何も被害に遭わなければ、とても楽しく過ごすことができ、ベトナムのことが好きになることかと思います。しかし皆が皆良い人ばかりではないので、十分注意をしながら観光をするようにしましょう。日本人は、服装や持ち物ですぐに日本人と分かる傾向があります。

ブランドのバックを持ち歩いたり、高価なアクセサリーやファッションをしたり、高級な時計などを身につけていると、いかにもお金を持ち歩いていると思われ、ひったくりやスリの被害にあう確率が高くなります。貧しい地域にそのような格好で歩くのは、良い気分がするわけないかと思うので、高価なものは控えるようにしてください。

ベトナムで何かを落としたり、失くした場合、まず戻ってくることはないと思ってください。落ちているものは、拾った人のものになります。ベトナムではひったくりやスリの被害が一番多いので、肩掛けのバックは避け、ウエストポーチを身につけるか、洋服の中にしまえるようなポーチを身につけることをおすすめいたします。

安全にベトナム旅行を楽しもう見出し

いかがでしたか?今回は、ベトナムの治安、テロの状況などについてお伝えいたしました。ベトナム人は真面目で、優しい人柄多いは事実ですが、貧富の差が激しい都市部などでは、スリやひったくりが多いのが現実です。自分の荷物は自分でしっかりと守り、せっかくの旅行を台無しにしないように、十分気をつけて観光をしてください。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月16日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote