地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ベトナム・雨季の服装は?雨でも楽しめる観光スポットまとめ!

今大人気の旅行先であるベトナムですが、場所によって雨季と乾季が違うことを知っていますか?今回は、ベトナムの雨季についてと、雨季の時の服装、そして雨でも楽しめる観光スポットをご紹介させていただきます。雨でもベトナムを楽しみましょう。

ベトナム・雨季の服装は?見出し

今大人気の旅行先であるベトナム。ベトナムは都市によって、雨季と乾季、そして気候、気温も異なります。今回は、ベトナム旅行前に知っておきたい、ベトナムの雨季についてと、雨季の時の服装、そして雨でも楽しめる観光スポットについてご紹介いたします。日本とは気候も異なるので、しっかりと把握してから旅行へ行きましょう。

ベトナムはどんな気候?見出し

東南アジアのベトナムというと、一年中暑いのではないかというイメージが強いですが、ベトナムは南北に長い国であり、海に面する角度が異なっていたり、山で遮られたりするため、都市によって気候や気温、雨季と乾季が異なります。ベトナムの北部は温帯夏雨気候、中部は熱帯モンスーン気候、南部はサバナ気候に属しています。

上記のように各都市によって気候が異なるため、旅行へ行く前にご自身が行く都市の気候や気温をしっかりとチェックしてから行きましょう。ベトナムは、全体的に日本と比べて湿度が高いです。都市によっても異なりますが、どの地域も湿度が70%を超え、多くの時期で80%以上の湿度があり、ジメジメしていることが多いのが特徴です。

ベトナムの治安!テロや現地状況は?旅行前に知っておくべきことまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベトナムの治安!テロや現地状況は?旅行前に知っておくべきことまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今人気の旅行先であるベトナム。世界遺産や自然、美味しいグルメなど見所が多い国ですが、テロや犯罪などの治安状況はどうなのでしょうか。ベトナム旅行前に知っておきたい、治安とベトナムを安全に過ごすためのアドバイスをお伝えいたします。

ベトナムの雨季について見出し

北部ハノイ周辺の雨季

ベトナムで大きく3つに分けた各地域ごとの雨季と換気をお伝えいたします。まず北部のハノイ周辺の雨季は夏場の7月から9月頃に当たります。乾季は1月から3月頃です。ハノイは一年を通して湿度が80%以上と高い地域です。特に雨季となればジメジメとして風が抜けず、過ごしにくい気候と言えます。冬でも湿度が高く、気温よりも寒く感じます。

中部ダナン周辺の雨季

ベトナム中部のダナンやホイアン、フエなどの地域に関しては、9月から1月頃が雨季に当たります。特に9月中旬から10月は降水量が高く、大洪水になる程降水量が高くなるので、その時期に旅行へ行くことはおすすめできません。乾季は4月から9月上旬です。中部地方に関しても年間を通して湿度が高く、ジメジメしていることが多いでしょう。

南部ホーチミン周辺の雨季

人気の都市ホーチミンは、5月から10月が雨季、11月から3月頃までが乾季にあたります。ホーチミンの気温は一年中暑く、平均的に28度前後の気温が多いです。湿度も高く、革製品などカビが生えやすいので注意が必要です。ホーチミンの雨季は長雨が少なく、1時間位のスコールで終わる雨が殆どなので、観光に支障がないことも多いです。

ベトナム雨季の服装おすすめ見出し

北部ハノイ周辺の服装

北部のハノイ周辺へ旅行に行く場合、4月から10月頃は気温が高いので、雨季でも日本の夏の服装で問題ありません。Tシャツだけで過ごせますが、雨を防止するために、上着やカッパ、折畳み傘が便利です。冬場の12月から3月は、日本の秋位と考えていただいて、パーカーやジャンバーなどを持参した方が良いでしょう。

中部ダナン周辺の服装

年間を通して大きな気温や湿度の変化がない地域ですが、冬場に気温が20度を下回ることもあるので、冬に旅行をする時は、上着を持参しましょう。基本的には、日本の夏場の服装で問題ありません。雨季の9月から1月にかけて降水量が高いので、雨具の持参もお勧め致します。乾季でも雨が降ることはあるので念のため持って行きましょう。

南部ホーチミン周辺の服装

南部のホーチミン周辺は、年間を通して暑く、湿度も高く、変化がない地域です。ずっと暑いと思っていただき、雨季や乾季、どの季節へ行く時も夏の服装で大丈夫です。Tシャツ1枚で過ごせるでしょう。また雨季の時期には突然のスコールが多くある地域なので、カッパや折畳み傘、上着などを持参すると便利だと思います。

ベトナムで買いたいお土産ベスト21!ホイアンでショッピング気になる物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベトナムで買いたいお土産ベスト21!ホイアンでショッピング気になる物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ベトナムには雑貨などのおもしろいもの、優れたものが多くあり、お土産にしたいものが多くあります。またオーダーメイドをリーズナブルにしてくれる所があるので、楽しいショッピングができる国でもあります。そんなベトナムでの旅行のおすすめのお土産をご紹介します。

ベトナムの雨の対処法見出し

前述した通り、ベトナムの雨季時の服装などをお伝えいたしましたが、ベトナムの雨は日本の雨と異なり、長雨が少ないです。突然ザーッとスコールが降り、ピタリと止む雨が多いので、もちろんカッパを持参すれば便利ですが、カッパを着ても直ぐに雨が止むということも多いのが事実です。

そのため、現地で突然雨が降ってきた場合、カフェやショッピングモールなどに逃げ込んで雨が止むのを待ったり、折畳み傘で対応をした方が、カッパを持って行くよりも荷物が少なくて便利かもしれません。どちらかというと、雨対策というよりも、日差しがとても強い国なので、日よけ対策を重視した方が良いかと思います。

ベトナム雨季の魅力は?見出し

皆さんが避けるであろうベトナムの雨季ですが、何か魅力はあるのでしょうか。ベトナムの雨季の魅力はまず旅行代金が安いことです。夏休み期間になると、天候関わらず高くなってしまうことが多いのですが、それ以外の時期は、航空料金や、パッケージ旅行の料金が、通常よりもリーズナブルな価格に設定されていることが多いです。

雨季になると、トロピカルフルーツが美味しくなるのも魅力です。リューガンやマンゴスチン、ランブータン、ドリアンなど、日本ではあまり聞かないようなフルーツが旬を迎え、フルーツパラダイスになります。南国ならではのフルーツ、食べてみませんか?またスコールが過ぎ去った後の風景も場所によって美しいのも魅力です。

ベトナム雑貨!ホーチミンのお土産ショップ9選!可愛くて女子ウケ間違いなし! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベトナム雑貨!ホーチミンのお土産ショップ9選!可愛くて女子ウケ間違いなし! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
かつてフランスの租界地だったベトナムの首都ホーチミン。どこかヨーロッパの雰囲気が残る街は、今や女子に大人気の雑貨天国です。最近はカフェ併設の洗練された店などもあり、ますます目が離せません。人気のベトナム雑貨店をより選ってご紹介します!

ベトナム雨季でも楽しめる観光スポット1:市場見出し

ベトナム雨季のおすすめ観光スポットの1つは「市場」です。有名な市場といえば、ホーチミンにあるベンタイン市場や、チョロン地区にあるビンタイ市場などがあります。その他にも、各都市の街中には、小さいものから大きなものまで市場は点在していています。ローカルな雰囲気が漂い、現地の生活を垣間見ることができておすすめです。

またベトナムの市場では、地元の人々達が利用しているお買い物スポットなので、観光客が行くようなお土産屋さんや免税店で購入するよりも半額以上の値段で購入できる商品もあります。食品の場合直ぐに食べないといけませんが、お土産選びとして掘り出し物があるかもしれないので、雨が降っているときにでも、是非立ち寄ってみてください。

ベトナム雨季でも楽しめる観光スポット2:カフェ巡り見出し

意外かもしれませんが、ベトナムには数多くのおしゃれで可愛いカフェが点在しています。特に人気の都市であるホーチミンは、過去のフランス占領時代からの歴史を持つカフェ天国と言われています。世界遺産のホイアンにも、外国人観光客が多く訪れるような、おしゃれで可愛いカフェがあり、ドリンクも美味しいものが多く人気です。

ベトナムは年間を通して暑い気候なので、冷たくて美味しい、そして甘いドリンクが沢山販売されているのが特徴です。地元の人々に人気が高いドリンクは、カフェ・スアという練乳コーヒーです。またベトナムは世界でも有名なコーヒー生産国でもあります。突然スコールがきたときなどには、カフェに逃げこみ、美味しいコーヒーを飲みましょう。

ベトナムのリゾートおすすめ9選!美しい人気のビーチから穴場まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ベトナムのリゾートおすすめ9選!美しい人気のビーチから穴場まで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
最近人気沸騰中で、ビーチリゾートとしても有名なベトナム。ベトナムにどんなビーチがあるのかご存知でしょうか。今回は、ベトナムの高級感のある美しい人気ビーチから穴場まで、おすすめのビーチご紹介します。ベトナムのリゾートで素敵な思い出を作りましょう。

ベトナム雨季でも楽しめる観光スポット3:博物館見出し

ベトナムには、博物館が多く点在しています。ハノイでは「歴史博物館」が有名で、旧石器時代から、共産党誕生までの歴史を学ぶことができます。歴史だけではなく毎日博物館の中庭では水上人形劇が行われ、子供から大人まで楽しむことができます。ホーチミンにある「戦争証跡博物館」は、アメリカと戦ったベトナム戦争に関する博物館です。

その他にもハノイの「美術博物館」や「ホーチミン市博物館」など、様々な博物館が存在しているので、事前にご自身の興味がある博物館をリサーチして、雨に備えてみてはいかがでしょうか。晴れている日には見所が多いベトナムなので、博物館はなかなか行く機会が少ない観光スポットだと思います。雨季ならではの過ごし方です。

雨季でもベトナムは楽しめる!見出し

いかがでしたか?今回は、ベトナムの雨季や気候、服装について、そして雨でも楽しめる観光スポットなどについてご紹介いたしました。ベトナムは各都市によって気候や気温などが異なるため、事前に旅行先の天気の状況を確認してから渡航することをおすすめいたします。ベトナムで充実した楽しい時間を過ごしてください。

投稿日: 2017年9月20日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote