地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ナイアガラの滝の観光特集!ベストシーズンや見どころ・周辺施設まで!

ナイアガラの滝は世界三大瀑布のひとつにもなっており、アメリカとカナダ2国間の国境の役割も果たしています。屈指の観光スポットとなっており、世界中から多数の観光客が訪れるナイアガラの滝。その観光ベストシーズンや、見どころ、周辺の施設も含めてまとめてみました!

世界三大瀑布ナイアガラの滝を満喫したい!見出し

世界三大瀑布といえば、アフリカのヴィクトリア、南米のイグアス、北米のここ!ナイアガラの滝です。日本からも行きやすく人気の観光スポット、ナイアガラの滝ですが、せっかく行くなら心ゆくまで満喫したいものです。今回は、ナイアガラの滝観光について、おすすめシーズンから人気スポット、見どころあれこれご紹介します。

ナイアガラの滝とは?見出し

北米大陸の五大湖のうちの2つ、エリー湖からオンタリオ湖に流れているナイアガラ川の途中にあるのがナイアガラの滝です。流れ落ちる滝が3又に分かれていて、それぞれ「アメリカ滝」「カナダ滝」「ブライダルベール滝」と名付けられています。落差はそれほどではないのですが、水量は北米最大です。

アメリカ滝

ナイアガラ川の10%の水量が流れ落ちています。滝幅は約260m。滝壺にあたる部分にゴツゴツした岩が見えますが、それは、上から崩れ落ちたものです。落差57mのうち、岩石が崩れて降り積もった高さが21mから34mあります。一度、岩石を調査するために水の流れを止めたことがあるのですが、自然のまま手を加えずに、という方針により現在の姿になっています。

カナダ滝

ナイアガラの滝、で画像検索しておそらく一番目にするのが、こちらのカナダ滝の方になるでしょう。ナイアガラ川の残り90%の水量が、カナダ滝から流れ落ちます。ナイアガラの滝観光の中でも一番人気はこちらのカナダ滝。迫力が違います。滝幅は671mで、落差は53mで、滝壺は滝の高さよりも深い56mあるそうです。スゴイですね!

ブライダルベール滝

先ほどご紹介したアメリカ滝のすぐ横、上の写真手前側、一筋、別の流れがあります。これがブライダルベール滝です。ナイアガラの滝の中でも一番規模の小さいもので、滝幅は17m。アメリカ側の滝に一番近づける人気スポットが、このブライダルベール滝のところにあります。

ナイアガラの滝へのアクセス見出し

アメリカ側

アメリカ側の最寄りの空港はニューヨーク州にあるバッファロー・ナイアガラ国際空港です。あまり時間のない観光客に人気のアクセスルートです。空港からはナイアガラの滝まで様々な会社が送迎プランを出しています。また、個人や少数なら、タクシーを使ってしまってもいいと思います。所要時間は30分から1時間です。

ニューヨークとの時差は何時間?夏時間とは?おすすめ時差ボケ解消法も解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ニューヨークとの時差は何時間?夏時間とは?おすすめ時差ボケ解消法も解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本で時差に悩まされることはありませんが、夏休みにニューヨーク等へ旅行を計画されている方は、現地について昼頃にやたらに睡魔に教われます。ニューヨークとの時差は14時間ありますので、今回その時差の悩みを解消できる方法をお伝えしますので知らなければ損しますよ!

カナダ側

カナダ側の最寄りの空港は、オンタリオ州にあるトロント・ピアソン国際空港です。こちらは、カナダ国内最大の空港で、離発着便の本数も相当多いです。カナダ側の方がいろいろ施設は充実しているのでこちらを選ぶ方も多いのですが、トロント国際空港からナイアガラの滝までは車で2時間ほどかかります。旅程に応じて選びましょう。

トロント観光おすすめはココ!ナイアガラや子連れ人気スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
トロント観光おすすめはココ!ナイアガラや子連れ人気スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カナダ最大の都市であるトロントは世界中から観光客が集まる観光地であり、ナイアガラの滝観光への拠点にもなります。トロントには様々な観光スポットがあり、家族連れから大人だけの旅行、どちらでも十分に楽しめる観光スポットが数多くあります。

ナイアガラの滝観光【花のシーズン】春(4.5月)見出し

日に日に暖かくなる春、ナイアガラの滝は豊富な雪解け水によって流れも早く量も増えます。芽吹きの柔らかな色合いと、少しずつ減っていく残雪と、ナイアガラの日毎に増える水煙の絶妙なコントラストは、このシーズンに訪れた人の特権でしょう。平均気温は4月で最高気温はまだ15度以下。5月で20度ほどです。上に羽織るものは必須です。

ナイアガラの滝観光【ベストシーズン】夏(6.7.8月)見出し

ナイアガラの滝の水量が一番多い夏が、やはりベストシーズンです。見どころは高く立ち上る水煙と、夏の日差しに照らされて生まれる虹です。時にはダブルで見えることもありますよ!ただし、その強い日差しや暑さ対策は必須です。日が陰ると急に体感気温が下がったりすることもありますので、羽織るものも1枚あった方が良いでしょう。

ナイアガラの滝観光【紅葉シーズン】秋(9.10.11月)見出し

紅葉といっしょに楽しめるのが秋のナイアガラの滝の人気の秘密です。特に、カナダ側、トロントへ向かうルートは「メープル街道」と呼ばれる紅葉のおすすめ観光スポットです。そんな秋の絶景と楽しめるナイアガラの滝。とてもお得感ありますよね。このシーズンの平均気温は最高で15度ほど。防寒は必須です。

ナイアガラの滝観光【銀世界シーズン】冬(12.1.2.3月)見出し

平均気温は最高で0度、最低気温はマイナス20度も下回ることもあります。滝からの水しぶきが周囲の木々に張り付き、樹氷を作り出します。滝はその水量により完全凍結することはありませんが、表面が凍った真っ白なナイアガラの滝を見ることができます。様々なアトラクションは休業になるものが多く、店舗も一部のみでの営業となります。

そんなオフシーズンのナイアガラの滝ですが、実は冬だけ「Winter Festival of Lights」という人気イベントがあります。11月下旬から1月下旬まで毎週金曜の夜になるとライトアップされたナイアガラの滝とともに、花火のショーが開かれます。とても幻想的なひとときを過ごせておすすめです。ただし、夜が遅いため宿泊が必要です。

ナイアガラの滝観光の見どころおすすめスポット①船から見出し

Maid of the Mist【霧の乙女号】

アメリカ側から出る遊覧観光船です。ナイアガラの滝観光定番人気のおすすめ観光スポットです。滝のすぐ側まで行くので暴風雨なみの水しぶきと風対策のため、全ての乗客に青色のレインコートが無料でもらえます。運航シーズンは4月から11月上旬まで。発着場所はプロスペクト公園の展望タワーにあるエレベーターで下った先にあります。

住所:1 Prospect St, Niagara Falls, NY 14303 電話番号:716-284-8897

Hornblower Niagara Cruise

こちらはカナダ側から出る遊覧観光船です。以前はどちらも「霧の乙女号」だったのですが、カナダ発着のものは2014年より「ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ」となり、様々なプランが用意されています。カナダ側からの乗客には赤色のレインコートがもらえます。運航シーズンは4月から11月末まで。

なぜホーンブロワー号の方が運行シーズンが長めかというと、実は船の構造に秘密があります。船の1F部分にガラス張りのスペースが作られていて、そこにいれば絶対に濡れないのです。寒くなる時期、滝間近まで行く遊覧船ならではの問題ですが、シーズン関係なく、せっかくナイアガラの滝まで来たら、より近くまで!と感じちゃいますよね。

ナイアガラの滝観光の見どころおすすめスポット②滝の裏から見出し

Journey Behind the Falls

先ほどご紹介した「船から」よりもさらに近づけるポイントが、これです。カナダ滝のテーブルロック展望台にあるビジターセンターでチケットを買うことができます。こちらで黄色のレインコートがもらえますが、やはり船同様、着ていてもあまり意味がないくらいにびしょ濡れになります。

写真右側、崖の中腹に見えるのがビューポイントです。また、さらに、滝の真裏から見ることができるようにトンネルが掘られています。トンネル内は、さすがに危険すぎるので、立ち入り禁止区域の柵があり、近づけない様になっています。物凄い水量を見るだけではありますが、やはり想像以上の迫力であることは保証します。

住所:6650 Niagara Pkwy,Niagara Falls,Ontario L2G, Canada 電話番号:+1-877-642-7275

カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雄大な自然がたっぷりのカナダ。北米大陸で比較的治安の良いカナダへは、日本からも留学や観光で訪れる人も多いです。今回はカナダを訪れるなら行くべきおすすめの観光スポットや名所を厳選してご紹介します。カナダ観光のご参考になさって下さい!

ナイアガラの滝観光の見どころおすすめスポット③滝の下から見出し

Cave of the Winds

さらにさらに、もっと滝まで近づいてみましょう。こちらのアトラクションはアメリカ滝、ブライダルベール滝の方になります。滝の水しぶきが直接かかるような距離で、アメリカ滝を見上げるように見学できるのが、Cave of the Winds(風の洞窟)です。目の前をアメリカ滝の本流が流れていく様子は畏怖を覚えるでしょう。

このアトラクションのおすすめポイントが、これです。入場料とセットになっていて、足首までしっかり留められるサンダルとレインコートがもらえます。ルートに沿って進んでいくと暴風雨の中にいるような風と水しぶきがかかる人気ポイントがあります。普通のビーチサンダルくらいでは、どこかへ行ってしまうかもしれません。

住所:332 Prospect St,Niagara Falls, NY 14303 電話番号:716-278-1796

ナイアガラの滝観光の見どころおすすめスポット④空から見出し

ヘリツアー

ナイアガラの滝を、今度は空から見てみましょう。ヘリツアーが様々な会社から出ていますが、共通する見どころはやはり、その壮大な規模の滝全容でしょう。ナイアガラ川から滝へ至るまでの大きな流れは日本では決して見ることのできない絶景です。また、滝壺を真上から見下ろす、なんていう特別な経験ができます。

WildPlay’s MistRider Zipline

空ほど高いところじゃなくて、という方には、カナダ側に新しくできた人気のアトラクションをおすすめします。ナイアガラの滝を、時速40kmでミストを浴びながら滑空していく「ジップライン」です。見どころは、滑空しながらアメリカ滝、カナダ滝を両方堪能できるところ!スリルと絶景をたっぷり味わってください。

住所:5847 Niagara Parkway,Niagara Falls, ON L2E 6X8,Canada 電話番号:1-800-263-7073

ナイアガラの滝観光の見どころおすすめスポット⑤国境から見出し

ナイアガラの滝は、アメリカとカナダの国境の役割も果たしています。その両国をつなぐのが「レイボーブリッジ」です。車でも徒歩でも渡ることができ、しかも歩いて10分から15分ほどです。橋の上から見るナイアガラの滝はまた感慨深いものがあります。国境越えになりますので、パスポートは必須、出入国審査もあります。

1日観光ではもったいないナイアガラの滝見出し

ナイアガラの滝の見どころや人気のおすすめ観光スポットをここまでご紹介してきましたが、やはりこんな素晴らしい場所は、日帰りではもったいないと思いませんか?アメリカ側もカナダ側も、昼も夜もしっかり満喫したら少し早起きしてお散歩すればこんな素敵な日の出風景!大自然と大都会が絶妙に交差するナイアガラを堪能しましょう。

ナイアガラの滝観光におすすめの宿泊施設見出し

Niagara Falls Marriott Fallsview Hotel & Spa

ナイアガラの滝の、アメリカ滝・カナダ滝ともに、正面から見られるのはカナダ側です。そのため、ナイアガラの滝周辺での宿泊を検討される方はほとんどがカナダ側を選ぶことが多いです。その中でもおすすめホテルのうちの一つがこちらのマリオット。ホテルのお部屋から滝が見られます。「Fallsview」指定なら、低層階でも見られます。

住所:6740 Fallsview Blvd,Niagara Falls,Ontario L2G 3W6,Canada 電話番号:+1-905-357-7300

Embassy Suites by HILTON Niagara falls - Fallsview Hotel

こちらのホテルもまた、カナダ側の滝至近距離に位置します。注意すべきポイントがひとつ。「Fallsview」と「Falls front」と2種類のお部屋タイプが存在します。これは、窓からちらっとでも見えたら「Fallsview」、正面から間違いなく見えるのが「falls front」です。予算に応じて指定しましょう。

住所:6700 Fallsview Blvd,Niagara Falls,Ontario L2G 3W6,Canada 電話番号:+1-800-420-6980

Sheraton On The Falls Hotel

ナイアガラの滝の見えるホテルに泊まるなら、せっかくだからアメリカ滝・カナダ滝両方とも同じくらい堪能したい、楽しかったアトラクションの余韻に浸りたい、と思われる方にぴったりなのがこちらのシェラトンです。また、霧の乙女号の乗船場所や、レインボーブリッジまでも近い、という便利な立地もおすすめポイントの一つです。

住所:5875 Falls Avenue,Niagara Falls,Ontario L2G 3K7,Canada 電話番号:+1-888-229-9961

ナイアガラの滝観光におすすめのショッピング施設見出し

Outlet Collection at Niagara(カナダ)

ナイアガラの滝から、トロント方面へ車で15分から20分ほどのところにあるショッピングモールです。解放的な空間をコンセプトに、遊歩道のように整備された歩道や、暖炉を楽めるスペース、キッズスペースなど様々な施設が充実しています。また、フードコートにもいくつものお店が入っていますので、お好みのスタイルで満喫できます。

住所:300 Taylor Road,Niagara-on-the-lake,Ontario L0S1J0 電話番号:(905)687-6777

Fashion Outlets Niagara Falls USA(アメリカ)

こちらもナイアガラの滝から車で15分ほどの距離にあります。日本同様に、たくさんのブランドショップが入っており、フードコートも充実。サイズさえ合えば、かなり良い買い物ができるでしょう。実は、ここのすぐお隣に「Walmart」もありますので、より生活に密着した雰囲気を味わいたい方はこちらも一緒に楽しめちゃいます。

住所:1900 Military Road,Niagara Falls, NY 14304 電話番号:(716)297-2022

ナイアガラの滝観光におすすめの必需品見出し

ナイアガラの滝を観光するにあたって、まず思いつくのはレインコートでしょう。が、濡れると思われるアトラクションではだいたいレインコートはもらえます。でも、水しぶきの凄さと強い風で、着ていてもびしょ濡れ、ということもしばしば。それよりも、着替えや、タオル、ビニール袋のほうがおすすめです。

ナイアガラの滝を見に行こう!見出し

ナイアガラの滝の良さは、一言ではとても言い表すことはできません。ベストシーズンは確かに夏なのでしょうが、それ以外の楽しみ方も知ってしまった以上は、体験してみるしかないですよね。見どころもたくさんあるので、何度行ってもまた違うナイアガラの滝を見ることができますよ。あなたの旅が、素敵なものになりますように!

投稿日: 2017年10月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote