地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ニューヨークとの時差は何時間?夏時間とは?おすすめ時差ボケ解消法も解説!

日本で時差に悩まされることはありませんが、夏休みにニューヨーク等へ旅行を計画されている方は、現地について昼頃にやたらに睡魔に教われます。ニューヨークとの時差は14時間ありますので、今回その時差の悩みを解消できる方法をお伝えしますので知らなければ損しますよ!

時差ボケを知ろう!見出し

日本では生活の中で時差というものを感じる事はありません。今年夏休みにアメリカ等に旅行を計画されている方は、西海岸と東海岸だけでも3時間の時差があります。現地についてしばらくの間は、自分の体が昼と夜が逆になり体調もおかしくなりますので、今回はそのような事態に備えるための方法を教えますので、試してみてください。

アメリカの標準時と時差?見出し

ニューヨークの時差ESTは?

アメリカは広いため、国内で時差があり、4つの標準時間に分かれています。そのなかの1つがESTの東海岸標準時でニューヨークを中心に主な都市として、ワシントン、ボストン、フィラデルフィア、アトランタ、デトロイド、マイアミが挙げられます。ESTはeast standerd timeでグリニッジ標準時からマイナス5時間です。

ニューヨークから1時間時差の中西部標準時

中西部標準時での central standard time の地域は シカゴ、ヒューストン、ニューオリンズ、ダラス、ミネアポリス、セントルイスなどの都市が挙げられます。これらの都市へ旅行されるときは時計の針をニューヨークから時差が1時間分戻します。またこの地域はグリニッチ標準時からマイナス7時間です。

ニューヨークから時差2時間の山岳部標準時

デンバーを中心としてフェニックス、ソルトレイクシティ、エルパソなどの都市がニューヨークから時差2時間の山岳部標準時間 mountain standard time の地域です。この地域はほぼアメリカの中心にあり、西海岸からも 東海岸からもほぼ距離的にも時差も同じくらいです。

ニューヨークから時差3時間の太平洋標準時

Pacific standard time PST地域としてはロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガス、シアトルなどが代表的な都市が挙げられます。よく日本の旅行者の話によると、ロスからニューヨークに行く時ロスを昼の12時のフライトで5時間かけてニューヨークに到着した時、夕方5時と思ったら現地は夜の8時でした。それが時差3時間です。

特別の時差の地域

アラスカのアンカレッジはグリニッチ標準時マイナス9時間、ハワイホノルル等はグリニッチ標準時10時間と最も時差が大きく、前の4つの地区の標準時間に加え合計6つの標準時間がアメリカにはあります。さらに、アメリカ国内にはテネシー州やケンタッキー州のように州内で標準時間が分かれているとような特別な所もあります。

アメリカの離島の標準時

アメリカには多くの美しい島がたくさんあります。その中の一つがグアム、サイパン、北マリアナ諸島などがありますが、そこはグリニッジ標準時はプラス10時間で日本との時差がプラスの1時間です。他にもプエルトリコ、バージン諸島などはグリニッジ標準時マイナス4時間で日本との時差マイナス10時間です。

日本とニューヨークの時差は?見出し

気になるニューヨークの時間は?

出発前にやはり気になるのが現地の時差です。参考例として日本を7月1日昼の12時として各地域の現地時間と時差をお伝えします。ニューヨーク等の東海岸は6月30日夜11時の時差14時間、西海岸は夜8時の時差は17時間で、ホノルルは時差は最も大きい19時間です。ここでの時差は冬場の時差で次で説明します、サマータイムでの時差は別です。

時差の簡単な計算方法

日本を出発し現地に到着して2日から3日は昼間に睡魔との戦いになり、夜に目がさえますそれが、jet log、時差です。簡単な計算方法お伝えしますので、それで現地の時差がわかると安心にもなります。西海岸時刻は日本時刻から4を引いて夜と昼をひっくり返す。東海岸は1を引いては昼、夜逆にすれば現地時間です。

時差ボケの簡単な英会話

時差ボケ対策簡単英会話をお伝えしますので、覚えておかれた方が役にたちます!代表的な会話を挙げてみます。時差ボケ「jet log 」時差ボケで眠れない「I can't sleep from jet log」時差ボケで頭がぼーとしている「I was out of it becouse of jet log」苦しんでいる「I suffered from jet log」くらい知っていてもいいと思いますよ。

時差ボケ解消グッツの紹介見出し

ワールドクロック時計

旅行の時の時差ボケの原因は、体内時計の乱れです。時差ボケの予防法として、最も効果があるとされているのは、飛行機に乗った時点で、食事や睡眠のタイミングを現地時間に合わせて行うことだとされています。ワールドクロック時計は、14カ国18都市にダイヤルを合わせるだけで、旅行の時簡単に現地時間を表示してくれます。

睡眠を誘う最強のアイマスク

現地との時差による、時差ボケを防ぐためとはいえ、眠りたいときに寝れないことがほとんどです。このアイマスクは、真っ暗にした状態で弱い青い光を見ることで心を落ち着け、リラックスして眠りにつかせる時差ボケ防止グッズです。深い眠りについて時差ぼけ解消に最適です。

時差ボケ解消の特効薬「サプリメント」

アメリカで体内時計を正常に戻すのに役立つのがメラトニンというホルモンだと言われることがあります。時差ボケになってしまった体を元のリズムに戻すに役に立つもので、時差ボケ解消法の一つとしてアメリカでは使われます。しかし国内では買うことはできませんのでアメリカでの服用にも専門家の助言を得てください。

どうしても眠いときは「抱き枕」

いくら時差ボケに注意していても、なってしまう時はなってしまいす。せっかくの旅行も眠すぎては台無しです。いち早く元の元気を取り戻すために思い切ってバスの移動時間で寝てしまうのもひとつの方法で、そんな時にこの抱き枕でどこででも寝てしまえば、時差ボケは解消します。

ニューヨークの気候的ものは見出し

ニューヨークを旅行で訪れると、季節によっても魅力がたくさんある街です。おおまかにいうと、気候は大陸性で、冬は凍てつくように寒く、夏はうだるように暑く。西の大陸からの風が支配的ですが、しばしば大西洋からの海風が快く吹き込むこともあります。夏は時には40度くらいになり冬は氷点下10度以上にもなり、大雪もあります。

サマータイム夏時間とは?見出し

アメリカでは昼が長い春から秋までの半年間は、仕事の後のアフターファイブを楽しむためやネオンや照明のエネルギーの節約のためにサマータイム夏時間が実施され、時計の針が1時間進められます。ただしアメリカでは通常「Day light Saving Time」夏時間と呼びます。開始は毎年4月の第一日曜日、終了は10月の最終日曜日です。 開始時は午前2時で、1時間進めます。

ニューヨーの夏時間

「Day light Saving Time」は標準時間も変わります。東海岸はESTからEDTに変り時差もそれぞれ1時間繰り上がります。全米の殆どが「Day light Saving Time」になり、ニューヨークでは、長い昼間の時間をセントラルパークなどで余暇を過ごす会社員達が多く見られます。また昼間が長いことで観光客も普段よりも長く観光の時間が取れます。

アメリカで夏時間がない所

アメリカの中でも全ての州でサマータイムを実施してるわけではありません。ハワイ州、アリゾナ州そしてインディアナ州の3州はサマータイムはありません ハワイ州、アリゾナ州は比較的低緯度にあるためを夏時間を導入するほど昼間の時間が長くないため夏時間を実施していません。

アメリカ人の夏時間の過ごし方見出し

一般的な会社は1時間退社が早くなり、それに伴い友人や家族とともに余暇を楽しむ人たちが増えてきます。それに伴う経済効果も期待されていますが、反面デメリットもあり朝1時間早くなることで遅刻者が続出します。又留学生などは授業の時間が変更になり戸惑う人が多く見かけられます。しかし夏時間をアメリカの人は旨く利用します。

ニューヨークの夏時間はイベントの夏見出し

ニューヨークの音楽イベント

ニューヨークは夏が一番イベントが盛んで毎晩マンハッタンのクラブをはじめとして、色々な所で行われています。昼間は様々野外ホールで無料のイベント行われて「Day Time Saving Time」になるとニューヨカーは寝る暇惜しんでイベントを満喫します。もし夏休みニューヨークへ計画がある方は是非色々と楽しんでみてください。

ニューヨークのおすすめジャズクラブ

ニューヨークの夜は昔のような、夜は外出できないような治安の悪さは、なくなっています地下鉄もよく日本人観光客が夜のっているのも普通になっています。そんなマンハッタンの夜は生の本場のジャズでバーボン飲みなら楽しんでみては、ビレッジガードはお洒落が必要ですが、ブルノート、ハーバーランド、スモーク等は軽く入れます。

ニューヨークのおすすめ野外イベント

ニューヨークは夏時間になると昼、夜問わずイベントが行われています。その中で代表的なイベントが5月の「Japan Day」やシェークスピアインザクローク6月5日から、メトロポリタンオペラインザパーク7月25日から29日迄、セントラルサマーステージ6月5日等のイベント以外もこれから盛りだくさんありますので、十分楽しめます。

ニューヨークの夏時間限定おすすめスポット見出し

ニューヨークの夏の夜の過ごしかたに「ルーフトップ」という所、いわゆる屋上ですニューヨークは高層ビルだらけで、色々な所にルーフトップと呼ぶお洒落なカフェやバーがあります。夜の一時を摩天楼の上から頂くお酒も又格別な物があります。

夏時間のニューヨークを楽しむ為の注意点

日本も同じですが、夏の夜のニューヨークを楽しむ場合はまず時差ボケ対策も大切ですが、暑さ対策はもっと大切です。ニューヨークの夏は日本より蒸し暑さはあまり感じませんが、時には温度が40度くらいになり、時差ボケで体調がすぐれないとこへ、暑さで益々酷くなりますので観光の際は、水分補給は十分にしてください。

アメリカの夏の最大イベント「独立記念日」見出し

ニューヨークの独立記念日は

アメリカの夏の最大のイベントが7月4日の独立記念日で、1776年7月4日にイギリスから独立した日で、アメリカの3大イベント、クリスマス、スーパーボールと並ぶ特別な日で自宅をはじめとして様々な所でパーティが行われ全米中お祭り一色になります。ニューヨークは4万発の花火が夜空を豪華な美しさに変え、それは見事な光景です。

ニューヨークの独立記念日の時の花火は100年以上の歴史もあり、全米の中でもトップクラスで、4万発の花火がニューヨークの摩天楼の間を美しく彩ります。これをみると時差ボケ等は一気に解消します。

ニューヨーク近郊の夏のスポット見出し

セレブ集う保養地「ハンプトン」

ニューヨークに旅行されたとき是非週末をニューヨカーたちが、夏を過ごす高級リゾートハンプトン迄行かれてみませんか?ニューヨーク郊外にあるビーチリゾート、ハンプトン。日本の軽井沢や葉山のような高級避暑地で、多くのセレブが別荘を構えるため、東のハリウッドとも呼ばれています。この時期はマンハッタンも人が少なくなります。ここでゆったり時差ぼけを解消するのもおすすめです。

時差ボケはなぜ起きるの?見出し

原因は何?

ニューヨークに到着して時差ボケに悩まされる事があります。何故時差ボケになるか解消の方法は何かについて説明します。私たちの体内には生物時計というものがあり、それが出発地の環境の24時間周期の昼夜変化と到着地の環境にズレが生じる為に起きる現象です。体はその地の環境になれ大きく環境が変わると異変が起きます。

時差ボケになりやすい体質

時差ぼけは西側から東側の地域に向かう時によくなるみたいです。なりやすい人は、規則正しい生活習慣の人ほど体内時計の矛盾に弱いと言われます。更に色々な調査で高齢な人ほど、時差ぼけになりやすい様です。体調管理に気を付けている人もなりやすいとは困ったものです。

機内で出来る時差ぼけ解消対策見出し

機内で美味しい機内食を食べた後、簡単な時差ボケ解消を教えますので、試してみてください。機内で無計画に眠るのはダメです。飛行機に搭乗したら時計を現地の時刻に合わせて、機内では現地の夜にあたる時間に寝るようにしてください。例えば日本時間で夜に出発する便では、フライト中に現地時間に身体を慣れさせる事が重要な解消です。

時差ぼけ対策の決定的方法見出し

夜更かしと朝寝坊での解消

この方法は現役のCAも行なっているを方法で、体内時計を現地時間に合わせるため、夜更かしや、朝寝坊をすることで通常の生活時間から1時間遅く寝る、1時間遅く起きることを繰り返して身体を現地時間になじませることで、現地到着してから時差ボケに悩むことは、ほとんどないそうです。CAお墨付きの方法です。

ニューヨークで時差ボケになった時は?見出し

旅行された時に時差ボケになった場合どの様にしたら良いか、困りますよねそんな時のために対処方法をお伝えしますので、なった時は試してみてください。強力な太陽光線による明るさを利用して体内リズムを現地の時間に早く同調させるようにします。プールサイドで日光浴や散歩、買物、水泳、テニス、ゴルフなどをするとよいでしょう。

やはり時差ボケの解消するには、ニューヨークの日射しを身体中にあびて解消する方法が一番ですね!又今回紹介させて頂いた夏時間のニューヨークのイベント等に参加され、夜は大人のニューヨークのイベントを楽しんでいたら時差ボケはいつの間にか解消されて、今度は日本に戻った時に仕事中に睡魔との闘いになりますね!

時差ぼけ対策でニューヨーク旅行を満喫!見出し

ニューヨーク迄直行便でも15時間のフライトになります。それから到着して時差ボケに悩まされると楽しはずの日程が狂って来ます、その為に今回は時差ボケの予防、対策、解消の方法をお伝えしました。内容について御理解頂けましたか、時差ボケは酷いと病院へ行った人もいますので、十分に予防対策を行って出発されて下さい。

アメリカ旅行の持ち物一覧!おすすめから必需品まで!持ち込み制限品も網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカ旅行の持ち物一覧!おすすめから必需品まで!持ち込み制限品も網羅 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
初めてのアメリカ旅行!でも何を持っていけばいいのかわからないという方に向けておすすめのアイテムから絶対にチェックしてほしい持ち物までまとめました。アメリカ旅行の持ち物についていくつかの部門に分けたので出発前にぜひチェックしてみてください。
アメリカ人気都市ランキングTOP11!治安は?観光で訪れたい魅力的な街! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アメリカ人気都市ランキングTOP11!治安は?観光で訪れたい魅力的な街! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
誰もが知っている米国「アメリカ」は、日本でも絶大なる人気を得ている旅行先です。留学生も多いことからアメリカは大人気の国です。今回はそんなアメリカの中でどこの都市に訪れたいかをランキング調査したアメリカ人気都市ランキングをお届けします。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月26日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote