地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

トロント「CNタワー」は都市のランドマーク!展望台や絶景のレストランも!

カナダ最大の都市、トロントのランドマークであり、高さ553.33mを誇る「CNタワー」は、1976年の完成当時からトロントの人々や観光客に愛されてきました。今日は、かつては世界一高い塔として知られていた「CNタワー」の魅力を存分にご紹介します。

トロントのCNタワーをご紹介見出し

高さ553.33メートルを誇るトロントのCNタワーは、1976年の完成以来2007年まで世界一の高さを誇る自立式タワーでした。現在は高さこそ東京スカイツリー、広州塔に次ぐ世界第3位となりましたが、市内のどこからでも見えるトロントのランドマークであることに変わりはありません。今日はCNタワーの楽しさを余すところなくご紹介します。

CNタワーへのアクセス見出し

CNタワーはトロント市内のオンタリオ湖畔、現地ではウォーターフロントと呼ばれるおしゃれなエリアのフロントストリート沿いにあり、最寄り駅はユニオン駅になります。ユニオン駅はVIA鉄道や地下鉄が乗り入れている、トロントでは一番大きな駅です。ユニオン駅からはフロントストリートをゆっくり15分くらい歩くとCNタワーに到着です。

CNタワーの入場料見出し

入場料はルックアウト、グラスフロア、屋外展望台の3か所を見学できる通常の入場料が大人(13歳から64歳)36ドル、子供(4歳から12歳)26ドル、シニア(65歳以上)31ドルです。地上447メートルのスカイポッドへ行くには12ドルの追加の入場料が必要になります。展望台は午前9時から午後10時30分までの営業です。

CNタワーの周辺には他にも観光スポットがたくさんあります。「Riply's Aquarium」という水族館も人気のスポットのひとつです。「SEA THE SKY Combo Ticket」という割引チケットは、CNタワーと水族館のどちらも行きたい人には、2か所の入場料がセットになったとてもお得なチケットです。大人55.20ドル、子供36ドル、シニア43.20ドルです。

CNタワー以外にも観光したい、という方にとっておきの割引券をご紹介しましょう。この「City Pass」はCNタワーと水族館の他に「カサロマ」、「ロイヤルオンタリオ博物館」、そして「トロント動物園」もしくは「オンタリオサイエンスセンター」のどちらかの、5か所の入場料がセットになっています。大人70.51ドル、子供47.55ドルです。

CNタワーの展望台見出し

ルックアウト

まずは地上346メートル、113階にある展望台「ルックアウト」へ行ってみましょう。この高さでも高速エレベーターに乗ってたった58秒で到着です。一面ガラス張りの展望台からはトロントの街並みやオンタリオ湖などの絶景を臨むことができます。平日はスクールトリップなどの学校行事で、また休日には家族連れや旅行者で常に賑わう展望台です。

グラスフロア

次に行ってみたいのは「ルックアウト」から1階下、地上342メートルの「グラスフロア」です。文字通りガラスの床からはるか数百メートル下にトロントの街を見下ろすと、足がすくむようです。また同じ階には屋外展望台の「スカイテラス」もありますので、旅の思い出にチャレンジするのも良いでしょう。ただし高所恐怖症の方は十分ご注意を。

スカイポッド

通常の入場料に12ドル追加することになりますが、どうせなら「ルックアウト」から再度高速エレベーターに乗り、地上447メートルの高さを誇る展望台「スカイポッド」からの絶景を見てみたいものです。お天気が良ければナイアガラの滝やオンタリオ湖の遥かかなたにアメリカも臨めるほどで、まさにこの高さでなければ見られない絶景です。

CNタワーでエッジウォーク見出し

CNタワーでは展望台から絶景を眺めるだけでなく、その絶景を体で体験する「エッジウォーク」というアトラクションがあります。地上351メートルのレストランの屋根を歩くもので、命綱である落下防止用のハーネスを体に取り付けますが、参加できるのは13歳以上です。アドレナリン大放出間違いなしの人気アトラクションの料金は225ドルです。

CNタワーのイベント見出し

カナダでもボランティアやチャリティーが盛んです。CNタワーで毎年4月に開催される「CN Tower Climb for WWF」というこのチャリティイベントは、CNタワーの階段1760段を上るというものです。参加費用は100ドルで、これが基金となりWWF(世界野生生物基金)へ寄付されます。参加者は自己タイムを書いたTシャツを記念にもらえます。

CNタワーのレストラン見出し

360レストラン

CNタワーで絶景を眺めながらお食事を楽しむ、というのはいかがでしょうか。地上351メートルにある「360レストラン」は、70分ほどをかけてゆっくりとフロアが一周し、トロントの絶景を360度の大パノラマで楽しめるCNタワーの人気レストランです。ランチのコースメニューは58ドルからで、時間は午前11時から午後3時15分までです。

トロントの美しい夜景もこの高さならではのもの。「360レストラン」でのディナーもおすすめです。結婚記念日などに利用する方が多いのも、やはり豪華な気分を味わえる特別なレストランだからでしょう。世界一高い場所にあるワインセラーはギネスにも公認されました。コースメニューは65ドルからで、時間は午後3時30分から10時15分です。

Le Café

CNタワー内には「Le Café」と「Horizon」の2つのカフェがあります。特に「Le Café」では各種サンドイッチなどをお手軽に楽しめます。結構なボリュームがあるのでお腹も満足すること請け合いです。少し疲れた時は、カフェオレやカプチーノなどで一息ついてホッとするのも良いでしょう。午前10時30分から午後6時までの営業です。

CNタワーのお土産見出し

CNタワー内のお土産屋さんは広くて、商品の種類も充実しています。レゴで作られたCNタワーの模型も飾ってあり、ここで写真を撮る人も多いです。絵葉書やアクセサリー類、ばらまき用のお土産にうってつけのポーチなど様々な小物や雑貨は見ているだけで楽しく、訪れる人も多いギフトショップです。午前9時から午後10時30分までの営業です。

トロントでも種類多くのご当地Tシャツがあり、人気のお土産の筆頭と言っても良いでしょう。今年はカナダ建国150年ということで、メープルの葉をデザインしたカラフルなTシャツやマグカップなどは大人気のお土産です。CNタワーのイラストやトロント名物のストリートカーをあしらったTシャツなどもありますのでお気に入りを探してみてください。

カナダのお土産と言えばメープルシロップを思い浮かべる方も多いでしょう。メープルの葉をかたどった瓶のメープルシロップは、スーパーマーケットなどいたるところで買えますが、CNタワーの形の瓶に入ったメープルシロップはここならではのもの。空き瓶を飾っておいても可愛いです。自分用のお土産にひとつ買って帰るのも良いものです。

カナダの国技はもちろんアイスホッケーですが、トロントには野球好きの人も多いです。トロントのプロ野球チームは言わずと知れたトロントブルージェイズ。ホームグラウンドのロジャースセンターはCNタワーのすぐ近くです。大リーグファンの方には、CNタワーが描かれたこんな野球ボールのお土産はうってつけではないでしょうか。

数あるお土産の中でもグラス類は案外人気があります。観光客だけでなく、現地の人達が買って行くこともあります。特にこれからのパーティーシーズンにはおすすめです。CNタワーを中心にトロントの高層ビル群のスカイラインをデザインしたシンプルなグラスは洗練されていてとてもおしゃれで、一輪挿しにしても素敵です。

CNタワーの花火見出し

7月1日はカナダの建国記念日、カナダデーです。国中で様々なイベントが開催されますが、花火大会も欠かすことはできません。CNタワーでも毎年花火の打ち上げが行われます。また大みそかのカウントダウンの際にも打ち上げられるので、この時期にトロントに滞在する方はぜひこの花火大会を楽しんでください。12月25日は休館になりますのでご注意を。

トロントのシンボルCNタワーは楽しさいっぱい見出し

カナダ最大の都市トロントのシンボル、CNタワーの魅力をアクセスや入場料、レストランや展望台などの情報も併せ盛りだくさんでお届けしてきました。いかがでしたか?トロント中の人々に今も変わらず愛されるトロントのランドマークのCNタワー。トロントを訪れる際にはぜひCNタワーへ上って、見渡す限りの絶景を満喫してください。

トロント観光おすすめはココ!ナイアガラや子連れ人気スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
トロント観光おすすめはココ!ナイアガラや子連れ人気スポットも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カナダ最大の都市であるトロントは世界中から観光客が集まる観光地であり、ナイアガラの滝観光への拠点にもなります。トロントには様々な観光スポットがあり、家族連れから大人だけの旅行、どちらでも十分に楽しめる観光スポットが数多くあります。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月17日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote