地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

志摩地中海村の観光&ランチ特集!異国情緒あふれる白い街を巡ろう!

志摩地中海村は伊勢志摩半島の自然の中にある宿泊施設で、アクセスしやすいところにあります。宿泊施設ですが、日帰り観光をすることができ、素敵なランチやアクティビティなども楽しめるスポットです。ここではアクセスや入場料を含め志摩地中海村の魅力をまとめました。

人気観光スポット志摩地中海村を紹介見出し

志摩地中海村は志摩スペイン村の近くにある人気観光スポットです。志摩スペイン村からの宿泊をする人もいますし、日帰りで食事やアクティビティなどを楽しみに訪れる方がたくさんいます。スペインに来たような感覚になり、日本とは違った雰囲気です。ここでは志摩地中海村の魅力を紹介します。

志摩地中海村はスペインのリゾート感漂う見出し

志摩地中海村はスペインの雰囲気が漂うリゾート施設です。中に入るといきなり異国に来たかのような気分になれます。英虞湾の風景が地中海の風景のように見えるかもしれません。約1万坪の敷地内にはヴィラスタイルの客室やレストラン、カフェ、ショップさらにはクルージングやフィッシング、クラフト工房などもあります。

リゾート施設なので、じっくりとバカンスを楽しんでもらいたいです。ランチを食べてから、クルージングをして、カフェで一息して、そのまま宿泊して、翌日はフィッシングをしてランチを食べて帰るという過ごし方なんてこともできます。伊勢志摩を訪れる人に人気がある志摩地中海村には一度は泊まってもらいたいです。

志摩地中海村へのアクセス見出し

志摩地中海村へのアクセスで、車でのアクセスは伊勢自動車道の伊勢西インターもしくは玉城インターで下ります。伊勢西インターからは伊勢道路を通るとアクセスしやすいです。玉城インターからはサニーロードを通って行くとアクセスに便利です。どちらのインターからも約50分で行くことができます。

電車でのアクセスは近鉄電車で鵜方駅まで来ます。鵜方駅には特急が停車するのでとても便利です。鵜方駅からタクシーで約15分走ると到着します。鵜方駅までの送迎は予約をすると無料でやってくれます。座席に制限があり、宿泊者が優先となりますので、日帰り利用の人は席があれば乗ることができ、時間が合えば送迎が便利です。

志摩地中海村の入場料と営業時間見出し

志摩地中海村を日帰りで利用する場合は入場料が必要になります。入場料は大人(中学生以上)500円、子供(小学生以下)は無料、あとペットも入場することができ、1匹500円です。入場料で支払った分は中で使用できる金券として利用することができます。つまり、実質入場料が無料と言うことができるので、日帰りもおすすめです。

志摩地中海村の日帰り利用の営業時間は9時から18時までです。11月から2月末までは日帰りの営業時間が短縮となり、10時から17時になります。通常期は9時から入ることができるので、そこから18時までであれば、しっかり中で満喫することができます。入場料を払っても実質入場料無料で利用できる志摩地中海村は素晴らしいです。

志摩地中海村レストランでランチを楽しむ見出し

志摩地中海村レストランリアスでは、四季折々の食材を取り入れた、コース仕立てのランチを楽しむことができます。宿泊の人はもちろんのこと、日帰りの人でも楽しむことができます。コースは全部で4つに分かれており、いずれも税別で2000円・2500円・3500円・5000円です。2000円から楽しめるならば、利用するしかありません。

10名以上のランチならば団体プランがお得です。幹事さんともう1名分の合計2名分が無料になるプランです。平日限定で全員同じメニューです。日帰りならばランチとクルージングもしくはクラフト工房がセットになったプランがあります。ランチ営業は金曜日が定休日で11時30分から14時までです。本格的な地中海ランチを味わって下さい。

志摩地中海村カフェアミーゴで楽しむ見出し

地中海カフェアミーゴではスイーツやドリンク、軽食を楽しむことができます。ブルーを基調とした店内は地中海をイメージさせます。天気が良い日にはテラスや中庭でも楽しむことができます。テラスや中庭にいると、地中海でカフェを楽しんでいる気分になれるので、外で楽しむのがおすすめです。すごくおしゃれなカフェです。

このカフェでは、地元の高校生が考案した志摩産あおさを使用したスコーンが土日限定で販売されます。定番人気の地中海村オリジナルドリンクは2種類あります。ビーフカレーやミックスピザといった軽食もあるので、カフェでランチということもで可能です。おしゃれなカフェで地中海で楽しんでいるような気分になって下さい。

志摩地中海村おすすめ観光スポット1:3つの街見出し

志摩地中海村は3つの街で構成されています。カスティーリャの街はマドリードの南に広がるスペイン中部に位置しています。乾いた大地がどこまでも続く高原をイメージしたゾーンです。サルジニアの街はイタリア本島西側に浮かぶ地中海の島です。このゾーンの建物は土壁が屋内・屋外を問わず自由な曲線を描いているのが特徴です。

アンダルシアの街は情熱の国スペインを象徴するところです。スペイン南部の地中海に面したアンダルシア地方をイメージしたゾーンです。明るく華やいだ海辺の都市の雰囲気を描いています。このように地中海の3つの街をイメージして造られているので、地中海気分を本格的に味わうことができ、異国情緒満載です。

志摩地中海村おすすめ観光スポット2:愛の塔見出し

志摩地中海村へは是非カップルで訪れてもらいたいです。リゾート地はカップルで訪れる人気の定番ですが、志摩地中海村には愛の塔というものがあります。二人の愛が永遠に続きますように、あなたの恋が実りますように、たくさんの幸せが訪れますように、という願いを込めて「愛の鐘」を鳴らすことができます。

「愛の鐘」をならせば、願いが叶うという気持ちになるでしょう。ハートのテーブルや愛のブランコ、巡礼者の貝殻と呼ばれるホタテガイを使った絵馬もあります。カップルに人気のものばかりあるので、永遠の愛を誓いに訪れるのもおすすめです。地中海で愛の誓いをしているような気分になれるので、思い出に残ります。

志摩地中海村おすすめ観光スポット3:クラフト体験見出し

志摩地中海村のクラフト工房では、スペインの工房を思わせるようなところで大人から子供まで楽しめるオリジナルの体験メニューを楽しむことができます。モザイクタイルを使ったトレイやコースターといった地中海村ならではのものを作ることができます。工房スタッフが指導してくれるので、初めての人でも全く問題ありません。

伊勢志摩らしいものとして真珠のアクセサリー作り体験もあります。ネックレスやブレスレット、ストラップなどを作ることができます。結婚式用のウェディングボードを作ることもできるので、オリジナルのボードを自分の結婚式に出すこともできます。このような体験はとても人気があり、志摩地中海村の目玉の1つになっています。

志摩地中海村おすすめ観光スポット4:クルージング見出し

志摩地中海村がある英虞湾は日本の夕陽百選にも選ばれています。外から眺めているだけでも素晴らしい眺めですが、クルージングで英虞湾の島々を巡るのも人気です。英虞湾はリアス式海岸になっているため、木の緑と空の青のコントラストが見事で、季節を問わず多くの人に人気があります。海の風を浴びながらのクルージングは最高です。

クルージングの定員は2名から24名となっており、10時から16時の間の毎時00分に出航します。料金は大人1200円(宿泊者1000円)、子供600円(宿泊者500円)、幼児360円(宿泊者300円)です。夏休みには志摩の離島で遊んだり、夕方にはサンセットクルージングも楽しめます。志摩地中海村に来たらクルージングで楽しんで下さい。

志摩地中海村おすすめ観光スポット5:宿泊施設見出し

志摩地中海村は多くがスイートルームを提供してくれます。そのすべてがメゾネットタイプになっており、地中海に滞在しているという感覚を抱かせてくれます。客室の窓からは地中海の街並みと伊勢志摩の大自然を眺めることができます。1階は寝室で、2階がリビングルームになっており、とても広く贅沢に使用することができます。

ペット(犬)を連れてきた人にはわんわんスイートという部屋を利用して下さい。2室限定となりますが、犬が動き回っても大丈夫なようになっています。ツインルームは地中海のアパートのような感じで、カジュアルな雰囲気になっています。アメニティも完備されているため、安心して志摩地中海村に宿泊することができます。

志摩地中海村で贅沢な過ごし方をしよう見出し

紹介してきたように志摩地中海村はアクセスしやすいところにあり、地中海の贅沢な雰囲気を味わえるところです。志摩地中海村に宿泊している間は日本にいるとは思えないでしょう。日帰りでもランチ利用やクルージング利用、体験をすることができるのが良いです。志摩地中海村では贅沢な過ごし方をするのが人気です。

投稿日: 2017年10月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote