ガリガリ君の工場見学は予約殺到の超人気スポット!食べ放題など魅力を紹介!

ガリガリ君の工場見学は予約殺到の超人気スポット!食べ放題など魅力を紹介!

幅広い世代まで熱烈なファンがいる赤木乳業のガリガアリ君。そのガリガリ君の工場見学が出来るのが埼玉県にある赤木乳業の工場です。ガリガリ君工場見学は、ガリガリ君の食べ放題、お土産などがあり、申込みが殺到する人気スポットとなっています。

記事の目次

  1. 1.ガリガリ君本庄千本さくら工場見学へ行こう
  2. 2.ガリガリ君工場見学の申込みの予約方法
  3. 3.ガリガリ君工場見学の受付期間と見学時間
  4. 4.ガリガリ君がお出迎えする工場見学
  5. 5.工場見学のオリエンで聞ける商品誕生秘話
  6. 6.ガリガリ君の製造過程を工場見学
  7. 7.ガリガリ君広場で30分間アイス食べ放題
  8. 8.ガリガリ君広場のクレーンゲーム
  9. 9.工場見学の最後は楽しいガリガリ君広場
  10. 10.メディアで紹介されてるガリガリ君工場見学
  11. 11.ガリガリ君工場見学へ鉄道を使ってアクセス
  12. 12.ガリガリ君工場見学へ車を使ってアクセス
  13. 13.工場の名称になっている本庄千本さくらとは
  14. 14.ガリガリ君工場見学で見える真摯な企業姿勢
  15. 15.ガリガリ君工場見学で分かった消費者愛

ガリガリ君本庄千本さくら工場見学へ行こう

アイスキャンディーのガリガリ君で有名な赤木乳業の工場見学が出来るのをご存知でしょうか。埼玉県本庄市児玉町にある本庄千本さくら「5S」工場では、インターネットと往復ハガキの申込みによる工場見学を受け付けています。ここでは、その申込み予約方法、工場見学の内容、食べ放題、お土産、工場までのアクセスなど紹介していきます。

ガリガリ君工場見学の申込みの予約方法

工場見学の申込みの予約は、パソコン、携帯電話、スマホなどのインターネットを使った赤城乳業の公式HPからアクセスし申し込むか返信用ハガキが付いた往復ハガキで申し込むかのいずれかになり、電話での申し込みはできないようになっています。見学内容の問い合わせは、専用のフリーダイヤルで受付しているので、そちらで確認できます。

申込みの予約をすると、見学希望月の前月10日までに登録したメールアドレスもしくは、返信用ハガキにて当落の結果が通知されます。メールアドレスには当選のみで落選の通知はありませんが、工場見学希望月の前月11日以降にメールに届いた当選確認画面URLで確認することができます。返信用ハガキには、当落いずれかの通知が届きます。

工場見学は、あくまでも申込みができるということであって、実際の予約はできません。ですから予約という言葉は、赤城乳業の公式ホームページでは一切使われていません。工場見学できるかどうかは、申込みをしてからの当選という関門をクリアしないとできので、ややこしい言い方ですが、申込みの予約ですのでお間違いのないよう。

ガリガリ君工場見学の受付期間と見学時間

申込み受付期間は、見学希望月の3ヶ月前の1日から2ヶ月前の20日までとなっています。例えば、見学希望月が4月の場合、1月1日から2月20日が申込み期間ということです。

見学の時間は、9時30分、10時、13時、14時30分、15時の5回に分かれていて、それぞれ20名ずつ計1日100名となっています。ただし、土日は工場が休みです。

工場見学の可能日と混雑状況は赤城乳業の公式HPにアクセスして確認することができます。往復ハガキからの申し込みの予約の場合は、カレンダーに表示される工場見学実施予定日に沿って同月内2枠まで申し込みの予約をすることができます。また団体での申し込みの予約も可能で、1枠につき最大20名まで申し込みの予約をすることができます。

ガリガリ君がお出迎えする工場見学

工場の建物入口には、イガグリ頭をしたおなじみのガリガリ君のモニュメントが現れてお出迎えしてくれます。ここでまず記念写真をパチリ。工場内部の製造工程などは写真撮影は禁止されていますが、待合室やロビー、及び最後のガリガリ君広場での撮影は大丈夫です。記念撮影用のものもありますので、そこで思い思いに撮ることが可能です。

コーポレートカラーであるガリブルー

今でこそ豊富な種類が出来ているガリガリ君ですが、人気フレイバーのガリガリ君は、やはり水色のソーダ味。工場の床は全部水色で、社員はそれをガリブルーと呼ぶそうです。

ちなみに入口にある置き傘や受付全体、そしてスリッパも待合室にあるソファーも全部元祖ガリガリ君ソーダ味のガリブルーで統一する徹底ぶりです。

ガリガリ君本庄千本さくら5S工場の工場見学の様子を撮った動画です。最初のオリエンテーションの様子とガリガリ君広場の様子が詳細に紹介されています。やはり、工場内部の製造工程に関しては企業秘密になる部分も多々あるため撮影禁止となっており見ることは出来ません。実際に工場見学に行かれてから見て下さい。

工場見学のオリエンで聞ける商品誕生秘話

元々は赤城乳業の大ヒットを記録したカップかき氷「赤城しぐれ」をどうにか片手で食べられないかと考案されたのがガリガリ君。そのキャラクターは、1981年の発売当初は、中学生の設定でどう見てもワル坊主でした。女性達のレジに持っていけない、との声を受けて、爽やかさを出そうと3Dにもなり現在に至るそうです。

真ん中右の写真が発売当初のガリガリ君初代キャラクターです。どうですか、このイガグリ頭といい、顔の表情といい、かなりのワル坊主ですね。これは、やはり特に女子学生などには、手に持つことすら違和感を感じさせたと思われます。そういった紆余曲折を得て、今日の愛されキャラになっていった様子がここではよく分かります。

過去にあった前代未聞の失敗作ナポリタン

異色の味付けシリーズ「コーンポタージュ味」、「クレアおばさんのシチュー味」とヒットし、次は、という消費者の予想の斜め上を行く悲劇の「ナポリタン味」を出して自爆。あまりの不味さに全く売れず3億円の大赤字を出した過去がありました。工場長曰く「魔がさした」と。やはり美味しくないと、との教訓がここで得られたといいます。

アイスクリームランキングTOP49!2018年に人気で美味しいおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アイスクリームランキングTOP49!2018年に人気で美味しいおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
暑い夏、最高に美味しいアイスクリームを食べましょう!コンビニやスーパーなどで市販されているアイスクリーム、どのアイスクリームが美味しいのか、人気ランキングTOP49に入るアイスクリームは?ランキング結果を見て、美味しいアイスクリームをいただきましょう。

ガリガリ君の製造過程を工場見学

Photo by akipponn

工場内を奥へアクセスすると、原材料を殺菌して滑らかにするエージングタンク室、氷を砕いて原材料と混ぜ合わせる氷室、型枠へミックスを流し込み作る製造室、検査、箱詰と窓から見える製造工程に沿って、案内スタッフが丁寧に説明をしてくれます。工場用ロボットもあり、さながらSF映画の世界のようで圧巻の光景が広がります。

型に入れたアイスミックスの外側だけを固めて、固まる前の内側を吸い上げてから、またかき氷を入れるという工程を経て出来上がります。

あの独特の固い外側と中のシャリシャリ感はこうした細やかな工夫によって生まれます。また箱詰めラインでは、製造ロボットに愛着が沸くようにとスポーツ選手から取った名前がついてます。

ガリガリ君広場で30分間アイス食べ放題

遠路はるばるやって来て、ガリガリ君をお土産にもらったとしても溶けてしまいますよね。そこで考えられたお土産というのが、「30分ガリガリ君の食べ放題」というお土産です。食べ放題の冷凍庫には歴代作られてきたガリガリ君シリーズの数々が入っていて、制限時間内に思う存分食べ放題を楽しむことができるというお土産です。

ガリガリ君広場のクレーンゲーム

こちらも30分食べ放題と同様に人気のガリガリ君クレーンゲーム。ガリガリ君をクレーンでキャッチすると、その場で食べ放題。時間内であれば、無料で何度でもチャレンジできるので、ゲームを楽しみながら食べ放題が楽しめます。ただしこの広場全体の滞在時間が30分の制限があるのであまり夢中になるとせっかくの時間があっという間です。

工場見学の最後は楽しいガリガリ君広場

ガリプリで作るオリジナルガリガリ君

ガリガリ君広場には、工場見学限定のガリガリ君のプリクラ「ガリプラ」があり、写真を撮って自分だけのオリジナルパッケージのプリクラを作ることができます。自分へのお土産として人気のコーナーです。ここもあんまり夢中になるとあっという間に時間が過ぎるのでほどほどに。ここは、1回500円の有料となっています。

プリクラサービスはよく何処でもあるんですが、このガリガリ君工場限定プリクラは、出来栄えとしては中々のもの。この工場見学は、社会見学にもなるし、こうした遊び心満載で、ガリガリ君のテーマパークといったところでマニアのみならず、大人から子供、カップルなど幅広い年代世代が楽しめるところです。

ガリガリ君大仏とおみくじ

願いを叶えてくれるガリガリ君大仏。ガリガリ棒に願い事を書いて、ガリガリ君大仏の口の中へ投げ入れ願い事を唱えます。またその横には、キラキラ、ノリノリ、ソコソコ等書かれた、9種類あるおみくじなどもあり、子供と一緒に大人も楽しめるガリガリ君づくしの参加型コーナーとなっています。

ガリガリ君グッズの販売とお土産

グッズ販売は、マスキングテープや消しゴム、Tシャツなど、ここでしか買えないお土産グッズが豊富にあり、マニアにとってはぜひとも手に入れたいものばかり。また最後にお土産で貰えるガリガリ君巾着の中には、特製クリアファイルと消しゴムなど、嬉しいガリガリ君お土産がもらえます。お土産の中味は毎回何が入っているかお楽しみ。

メディアで紹介されてるガリガリ君工場見学

工場のある地元埼玉県の埼玉新聞に掲載されたガリガリ君工場見学を紹介する記事です。埼玉県の地方新聞とはいえ、1面に掲載されるとはすごいことです。この工場見学への申込み予約が殺到していることから、地元本庄市、ひいては埼玉県としても全国へ発信すべく、情報価値の高いものとして捉えているようです。

「こげぱん」のキャラクターデザイナーとしても有名な、たかはしみきさんによる詳細レポートコミック「あたふたカアチャンこどもとおでかけできるかな?」が発売を記念して「ダ・ヴィンチニュース」にガリガリ君工場見学の模様を詳細レポートしています。これはTwitterなどで拡散され、この工場見学がさらに人気が高まりました。

2017年10月15日TBS系CBC放送の番組「旅ずきんちゃん」の中で、品川庄司、椿鬼奴、おのののか、岡井千聖の4人が「ガリガリ君」工場見学にアクセスし食べ放題などをレポート。

工場内を見学しその食べ放題に挑戦しています。テレビでは過去にも度々紹介されており、その都度その申込み予約が殺到し競争率が高くなっています。

ガリガリ君工場見学へ鉄道を使ってアクセス

ガリガリ君工場見学へのアクセスは、JR池袋駅から東武東上線ライナー小川町行きに乗り、小川町駅で八高線各駅停車高崎行きに乗り換え児玉駅で下車します。その間約1時間40分です。児玉駅からはタクシーを利用して約10分ぐらいの距離にあり、鉄道と合わせてトータル1時間50分、乗り換え移動も含めると約2時間のアクセスになります。

赤城乳業の本庄千本さくら5S工場の最寄の駅埼玉県本庄市児玉町のJR児玉駅周辺は、埼玉県でも有数の大規模な原始、古代遺跡の分布地域で、多くの遺跡が残っています。また、戦国時代には、山内上杉が雉岡城を築城したと言われ、江戸後期には穀物や絹なその商いが盛んになり、その古民家などの町屋の名残りが今も数多く残っています。

ガリガリ君工場見学へ車を使ってアクセス

池袋方面からアクセスする場合、首都高速5号池袋線に入り美女木JCTを外環、大泉方面へ、美女木料金所から東京外環自動車道へ、高速大泉ICを関越道新潟方面へ、関越自動車道を進み本庄ICを下り、分岐を児玉方面の左方向国道462号線を進み、そこから約5km10分くらいで目的地、赤城乳業本庄千本さくら5S工場にアクセス出来ます。

工場の名称になっている本庄千本さくらとは

赤城乳業の工場名は、本庄千本さくら5S工場といいますが、その工場名にわざわざ「千本さくら」という地元埼玉県本庄市児玉町にある有名な桜並木の地名をつけています。赤城乳業の知名度を持ってして、この千本さくらの地名が多くの人に認識されることを考えると、その宣伝効果は絶大なものと言え、大いに観光振興に寄与しています。

埼玉県本庄市児玉町にある「こだま千本桜」は、埼玉有数の桜の名所で、埼玉県本庄市の児玉町を流れる小山川に沿った約5kmに渡って植えられた約1100本もの桜が咲き誇る桜並木です。小山川の両岸を覆い尽くす桜並木は、圧巻の一言で見るものを圧倒します。赤城乳業の工場からのアクセスも近く、毎年3月下旬から4月上旬が見頃です。

ガリガリ君工場見学で見える真摯な企業姿勢

赤城乳業では、この工場名を本庄千本さくら「5S」工場と命名しました。この5Sとはどういう意味なのかというと、整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字Sをとったものです。赤城乳業では、衛生管理や品質管理、環境対策に最新の設備投資をしていますが、この5Sというのは、働く人のモラルを大切にという真摯な企業姿勢の現れです。

地域応援シリーズ第3弾新発売

企業というものは、地域に貢献し奉仕するという赤城乳業のポリシーをそのまま具現化した、地域応援シリーズ第3弾。温泉まんじゅう味で東北応援と題し「ガリガリ君リッチ温泉まんじゅう味」を2017年10月31日から発売しています。東北6軒の温泉地を応援するために企画されたもので、こういうところにも真摯な姿勢が伺えます。

ガリガリ君が60円から70円に値上げをした時の告知CMです。社長を中心にキリリと引き締まった表情でズームアウトして行きます。やがて全景に全社員が登場し、25年間頑張って来ましたが、やむを得ず10円の値上げに踏み切りましたというコメントと共に、見事なまでの頭の下げっぷりです。この真摯な姿勢には心打たれるものがあります。

関東のおすすめ工場見学特集!土日も予約不要でOK!無料で体験できるコーナーも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
関東のおすすめ工場見学特集!土日も予約不要でOK!無料で体験できるコーナーも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
関東には楽しい工場見学が満載!普段は見ることのできない製造工程の裏側を見ることができる工場見学。子供だけでなく大人の方にも人気を集めています。そんな関東の工場見学で土日の入れる場所や予約不要の工場、無料体験もできる工場見学を特集します。

ガリガリ君工場見学で分かった消費者愛

工場見学で分かったことは、将来への布石として大幅な設備投資を行い、低価格を維持するための徹底した工夫がなされているということです。それはすなわち、ひとりでも多くの消費者へアイスキャンディーを通して夢を届けたいという赤城乳業の消費者愛そのものだと思います。機会があれば、せひ工場見学へ出掛けてみてはいかがでしょう。

zukzuk22
ライター

zukzuk22

広告代理店での接待に明け暮れた経験と海外ロケ(ただ付いて行っただけに等しいプロデューサー)の実績を活かします。

関連記事

人気記事ランキング