地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

スプリングジャパンを紹介!手荷物や座席指定・予約の方法はどうなってる?

スプリングジャパンは、中国に拠点をおく春秋航空の日本法人。日本ではスプリングジャパンというブランド名で、成田を拠点に就航しています。最近認知度の上がってきたスプリングジャパンの、手荷物や座席指定等の予約。キャンセルや搭乗手続きの注意点などをご紹介していきます。

2014年に就航のスプリングジャパン見出し

スプリングジャパンは、中国に拠点をおく春秋航空の日本法人。日本ではスプリングジャパンというブランド名で、2014年から成田を拠点に就航しています。最近勢いを増すLCC業界ですが、スプリングジャパンはどういったサービス内容なのでしょうか。運賃システムや、手荷物の量、座席指定予約やキャンセルの可不可、搭乗手続き等々、気になる情報をご紹介していきます。

スプリングジャパン:国内線見出し

スプリングジャパンの保有機体数は2017年11月現在、6機。国内線は成田を拠点に、広島、佐賀、札幌の3路線が現在就航中。関西、高松行きもかつては就航していましたが、現在は運航していません。それにしても成田から札幌行きが最安値で3760円からと驚きの価格です。高速バスと同じ程の料金で飛行機移動をすることができます。

便数は広島便が1日2往復、それ以外の路線は1日1往復の運航です。唯一1日2往復の広島は、母体会社春秋航空の中国方面行きが多いから2往復なのかと思いますが、親子会社含めて広島発は現在成田行きしか就航していません。広島にお住まいの方にはスプリングジャパンは使いやすいですが、今後の路線拡大にも期待したいです。

スプリングジャパン:国際線見出し

国際線は成田発、中国行きの4路線。重慶へ週4便、 武漢へ週3便、天津へ週3便、ハルビンへ週4便運航しています。そして運賃は、最安値でハルビンまで5000円からというから驚きです。燃油サーチャージがプラスされたとしてもかなりの安さ。グンと海外旅行が身近になります!

スプリングジャパンのターミナルはLCC専用の第3ターミナルになります。電車等で成田第2ターミナルまで到着し、そこから第3ターミナルへは歩きか、直通の連絡バスで移動します。歩きでも約15分位はかかります。第3ターミナルは新しいので綺麗ですし、フードコートやお店なども充実していますので、早めに空港へ到着しておくのが安心です。

成田空港第三ターミナル!バス・駐車場にレストラン・お土産ショップを総まとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
成田空港第三ターミナル!バス・駐車場にレストラン・お土産ショップを総まとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
成田空港第三ターミナルといえば、低価格で人気のLCC(ローコストキャリアー)の発着ターミナルです。こちらではそんな成田空港の第三ターミナルへの行き方、駐車場、レストランお土産ショップなどの情報をまとめてご紹介していきます。

スプリングジャパン:機内サービス見出し

LCCを乗った事のない人からすると、気になるサービス面。低価格の運賃ですから、最低限での運航サービスが提供されます。そのサービスの一つ機内食。スプリングジャパンでは、飲食は全て有料で機内販売のみとなっています。ですがメニューは全体に安価で、コーヒーが200円となっています。

スプリングジャパンでは母体の春秋航空とは少し異り、サービスを日本水準にあわせています。そのせいか、2017年にはオリコンが実施する日本顧客満足度調査のLCC部門において、2年連続の首位。価格、快適性、客室乗務員の対応など、全体的に高い評価を獲得している会社なのです。

スプリングジャパン:運賃形態見出し

運賃の種類はラッキースプリング、スプリング、スプリングプラスと3通りあります。その選んだ種類によって、運べる手荷物の量やキャンセル時の払い戻し、予約変更手数料が変わってきます。予約はウェブ上がコールセンターへの電話で可能ですが、ラッキースプリング運賃はウェブサイト限定となっています。利用可能座席数には限りがありますが、一番安く行くことができるのがラッキースプリング運賃です。

最初にウェブで表示されている運賃プラス、空港施設使用料や燃油サーチャージが加算。そして必要であれば受託手荷物料、座席指定料がかかります。運賃の支払いは、ウェブサイト上でのクレジット決済か、コンビニエンスストアでの決済となり、1名1区間につき430円の支払手数料がかかります。これ全てを足したのがLCCの運賃です。一般航空会社はこれらが全部込みの価格で表示されます。

成田空港のLCC!国内線も国際線も充実!上手に使ってお得に旅しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
成田空港のLCC!国内線も国際線も充実!上手に使ってお得に旅しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
成田空港からはLCCを利用して国内、国際線と様々なところに安く行くことができます。成田発着のLCC情報を知って、次の旅行計画に役立てましょう。ここでは成田空港から利用できる主なLCCの情報をまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

スプリングジャパン:手荷物量見出し

手荷物量はどの運賃を選択しても機内持込は5kgのみOKとなっています。ラッキースプリングは、機内持ち込み手荷物以外は無し。スプリングは、機内持込手荷物最大5kgで受託手荷物との合計が15kg以内の荷物はOK。スプリングプラスは、機内持込手荷物最大5kgで受託手荷物との合計が25kg以内の荷物はOKとなっています。

規定の量以上の手荷物量になって場合にも、超過手荷物料金を払えば大丈夫です。しかしこの場合には出発時刻12時間前までに、ウェブ上で事前に予約&支払いをするのがベター。忘れて搭乗手続きをする際に支払うと、ウェブ価格より2倍程の価格になりますので要注意です。キャンセル時も払い戻しはありません。

スプリングジャパン:座席指定見出し

スプリングジャパンの使用機体はボーイング737-800型機で、機材は全てピカピカの新造機です。通路の左右に3席ずつで、33列の189席はすべてエコノミークラス。ですがシートピッチの広さで価格が違い、座席指定追加料金を払えばお好みの座席を予約する事ができます。

例えば機内で一番足元の広い座席のコンフォートシートは、ウェブ予約で座席指定追加料金2000円。1列目なので搭乗・降機もスムーズで快適です。また、ご家族などで並んで座りたい場合には、600円でスタンダードシートを座席指定が可能。これも荷物と同じく、ウェブ上と搭乗手続き時での価格が多少違ってきますので、事前予約がおすすめです。キャンセル時の払い戻しはありません。

スプリングジャパン:国内線搭乗手続き見出し

国内線は、出発90分前から搭乗手続きをする事ができます。締め切り時刻は厳密に出発35分前となっていて、時刻を1分でも過ぎてしまう手続きは不可。当日キャンセル扱いになるので払い戻しもありませんので注意が必要です。

手荷物を預ける場合や、お手伝いが必要な方、妊娠中、子供、非常口席利用の方々は搭乗手続きカウンターへ行く必要があります。上記に当てはまらない場合には、自動チェックイン機を利用する事ができます。しかし手続きを終えたからといって、安心してはいけません。保安検査後、搭乗口へは出発25分前にいなくてはなりません。

スプリングジャパン:国際線搭乗手続き見出し

国際線は、出発120分前から搭乗手続きをする事ができます。締め切り時刻は厳密に出発45分前となっていますが、HP上では90分前には搭乗手続きにお越しくださいと記載されています。尚、国際線は自動チェックイン機を使うことはできません。

利用者全員がカウンターに並んで搭乗手続きをする事から、ハイシーズンはかなり混雑します。もちろん時刻を1分でも過ぎてしまうと手続きは不可。当日キャンセル扱いになるので払い戻しもありませんので注意が必要です。また、保安・税関・出国手続き後、搭乗口へは出発30分前にいなくてはなりません。

搭乗手続きの際には、予約確認書、パスポート、必要な方はVISAなど。そしてオンライン航空券購入時に、クレジットカードを利用した場合にはそのカード提示が必要になります。購入時は搭乗者の本人名義か、同行者名義のクレジットカードで決済しなければなりませんのでご注意下さい。

スプリングジャパン:遅延見出し

LCCだと、やはり気になるのが定時運航率。運用効率を高めるのに、到着からの折り返し時間をANAやJALなどのキャリアより短くとってあります。その為、早朝便が遅れると、それ以降が次々と遅れるといったケースが出てきます。LCCが遅れる事が多いのはこの為です。

スプリングジャパンは、ANAやJALなどに比べると遅延は多いものの、データ的には極端に多いという程ではありません。他のLCCに比べると、折り返し時間も少し長めにとってありますし、現時点では路線数も少ないために定時運航率は高い方だと言っていいでしょう。路線が増えても、このままの運航率であると利用者としては嬉しいです。

スプリングジャパンを利用しよう見出し

運賃システムや、手荷物の量、座席指定予約やキャンセルの可不可、搭乗手続き等々、気になる情報をご紹介してきましたがいかがでしたか?まだ新しく、これから益々サービスも向上していくであろうスプリングジャパンに期待は高まります。皆さまの旅が、安全で楽しいものとなりますように。

関連キーワード

投稿日: 2017年11月3日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote