地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

佐原でうなぎ!絶対行きたいおすすめ人気店をランキングで紹介!

佐原でうなぎ!絶対行きたいおすすめ人気店をランキングで紹介!

佐原には、新鮮なうなぎを扱う老舗がたくさんあります。そしてうなぎが美味しいだけでなく、江戸時代から残る風景を眺めながらうなぎをいただける素敵な場所。みなさんに佐原の新鮮なうなぎを食べてもらいたいので老舗のランキングをつけました。助けになれば幸いです。

佐原といえばうなぎ見出し

千葉県北東部にある佐原はうなぎの激戦区、河川港で栄えた佐原は江戸時代後半に建てられた建築物が多く残っており、重要伝統的建造物群保存地区として登録され、歩いて見ると江戸の雰囲気も楽しめる場所。また、コメの生産率が千葉県一という面もあり、太鼓や和傘などの伝統行も盛んです。

佐原という名前の由来は、浅原(さわら)という昔香取神宮が祭典の時に使っていた土器から来た名前らしいです。 小見川町、山田町、栗源町と合併したことによって香取市ができましたが、佐原という名前はまだ有名で残っている。佐原といったら日本を代表する佐原の街並みにうなぎと誰もが週末を過ごしたい場所。

なぜ佐原はうなぎが有名なのか?それは昔佐原は利根川を中心に河港が栄え、この利根川は天然うなぎの大産地だそうです。江戸の建物に囲まれながらいい空気を吸って美味しいうなぎをいただけるのは佐原だけといっても過言ではありませんね。ぜひこのランキングを頼りに美味しいうなぎに出会ってくれれば幸いです。

佐原のうなぎランキング第8位「出島屋」見出し

ここ、与田浦川の近くにある出島屋は新鮮なうなぎをいただけるだけでなく、観光サッパ船という観光船に乗りながらお食事を楽しめる素敵なお店。しかもなんと目の前には水上バイクを体験できるお店があり、やった後にウェットスーツを着たままでもお食事ができるとのこと。

うな重2600円からとお財布にも優しくおすすめ!うなぎ以外のメニューも豊富です。観光サッパ船に乗るには6〜11人までで6500円からとお得な値段、40分から60分とのこと。会社の飲み会や友達との宴にも使えそうですね。メンバーが増えるのなら一人につき1300円だそうです。

出島屋の中は広く、多くの人が利用できるようにできています。全ての部屋にカラオケ完備、お一人様での利用も可能とのこと。最大人数は180人と色々な機会にぴったりなお店。船の上でまったりランチもいいし、夜にはカラオケ付きの部屋で仲間とうなぎを楽しむのもいいですね。

営業時間は11時半から13時がランチタイム、夜は5時から10時までとなってます。お休みはなく30台駐めることができる駐車場完備。潮来駅か水生植物園から無料送迎もあるようです。ぜひ佐原の人気店で美味しいうなぎを食べてきてくださいね。

住所:千葉県香取市扇島2526 電話番号:0478-56-0901

佐原のうなぎランキング第7位「やま川」見出し

佐原駅北口出口から歩いて約5分のところにあるやま川。佐原に住んでる人たちがうなぎといったらおすすめする佐原の隠れ家的うなぎ屋さん。ここではうなぎだけではなく、ふぐ、すっぽんもいただけるちょっと変わったお店。佐原の小野川の脇にひっそりとあるやま川で地元の人が自慢するうなぎはいかかですか?

ここではうなぎの蒲焼きはもちろん白焼きもあります。白焼きは生姜と一緒にいただくというユニークな組み合わせ。天然うなぎを取り扱うやま川のうなぎは、さっぱりとしつこくない味で食べやすいとおすすめ。身もあつく柔らかく、箸でふわっと崩せることのできる優しい味のうなぎを佐原にきたら堪能してみてください

住所:香取市佐原イ449 電話番号:0478-52-5061

佐原のうなぎランキング第6位「麻生屋本店」見出し

ここ麻生屋は天保3年から続く老舗。180年ほど前からあり、最初は川魚問屋として営業していたそうです。新鮮な天然うなぎもここで召し上がれます。どこでもそうですが、天然うなぎは自然のもの。運が良ければその日にあるかもしれないし、悪ければないので、先に電話で伺ってから行きましょう。

ここでおすすめなのがうなぎの白焼き。白焼きとはタレをつけずにそのまま焼くこと。素材の味をそのまま楽しめる一品。何もつけずにいただいた後は、柚子胡椒や様々な薬味と一緒にいただけます。最後には出汁でしめ!うなぎをとことん楽しみたい人にはぴったりですね。

麻生屋はすずめ焼の発祥のお店、背開きにした小魚を串に刺して醤油ダレで焼いた料理が、昔すずめを焼いたものに勘違いされたことからこの名前がついたそう。このすずめ焼も代々受け継がれたタレで焼かれるので美味しいこと間違いなし。うなぎと一緒に伝統料理も食べられちゃう嬉しいお店。

うな重は並2700円から、うなぎの白焼きと蒲焼を両方楽しめる源平重は並3000円から。そのほかにも定食やコースなども豊富。なんとすっぽんやどせう鍋もいただけてしまうお店です。ランチにもディナーにもぴったりな麻生屋本店で美味しいうなぎをたっぷり堪能してきてください。

住所:千葉県香取市佐原イ4149 電話番号:0478-54-6902

佐原のうなぎランキング第5位「長谷川」見出し

ここ長谷川与田浦店は創業天保2年、約180年前からある老舗の一つ。お店の周りは与田浦川が流れ、佐原水生植物園があり様々な花を眺めることができます。おすすめは何と言ってもうなぎの蒲焼。代々受け継がれた秘伝のタレで焼かれたうなぎをこの自然豊かな落ち着く空間でいただけます。

愛知県三河一色産のうなぎを使用し、野菜はなんと自家栽培だそう!その有機野菜を使用して作られた品々も豊富。なぜ長谷川のうなぎは旨いのかというと、仕入れる際に脂が一段に乗っていて締まった身のうなぎを見極め選んでいからだそう。席の数は90席と広めですが、人気店のため念のため予約をしていってくださいね。

絵卯業時間は11時から20時まで、ラストオーダーは19時半です。定休日は月曜日だけなので週末に家族で訪れることもできます。駐車場は8台まで駐めれるとのこと。最寄駅はJR十二橋駅から歩いて30分。ぜひ自然溢れる空間で老舗の味を大切な人と一緒に味わってみてください。

住所:千葉県香取市佐原ハ5002の2 電話番号:0478-56-0633

佐原のうなぎランキング第4位「うなせん」見出し

ここ、うなせんでは天然うなぎをいただけます。天然うなぎは9月中旬から11月中旬にかけてがピークで、その時期以外は養殖のうなぎを使っているという。うなせんの主人の実家が老舗のうなぎ川魚問屋らしく、いつでも美味しいうなぎをいただけるおすすめのお店。

黒部川沿いにあるといううなせんは人気店なだけあり予約をしないと一時間以上待つこともあるそうです。なぜかというと、ここでは注文を受けてからうなぎをさばき始めるらしいです。新鮮で生命力抜群の天然うなぎをその場でさばいていただける!ですが、みなさん先に予約をしていってくださいね!

天然うなぎが獲れる時期に予約していっても漁の関係で天然うなぎがないこともあるとのことですが、養魚も脂が乗ってて身がしっかりとしていて美味しいと噂のうなせん。ここではランチが11時半から2時、ディナーが5時から7時半。席はテーブルが4席に座席が26席。予約を忘れずに!

住所:千葉県香取市小見川5628 電話番号:0478-82-1804

佐原のうなぎランキング第3位「川豊別館」見出し

明治43年から続く川豊別館は、四季を感じることができる庭園を眺めながら伝統のうなぎをいただくことができるお店。明治43年ごろは漁や養魚をしていた1代目の伊藤豊治がうなぎ料理を極めたことによって成田に広まったという。今はうなぎ料理だけにとどまらず、幅広い日本料理も出している。

ここ川豊別館は、新鮮なうなぎの提供、他にも素材の味を生かした和食の提供に力を入れている。うなぎは焼き、蒸したての最高の状態でいただけるよう。店内は広く、テーブル席から個室、120名用の大宴会場も用意され、接待やパーティなど多くの人が利用できる内装になっている。

場所はJR成田線成田駅から歩いて15分、京成本線成田駅から10分と駅近!営業時間は火曜から土曜ー11時から午後3時、4時半から9時。日・祝は11時から3時半、4時半から9時。ラストオーダーは閉店時間の30分前です。うな重は2300円から良心的!もちろん会席コースも準備されており3500円から7200円のうなぎ尽くしコースもあります。

佐原の人気店でランチをするときはぜひここへ足を運んでみてくださいね。ランチだけでなく夜の宴会やお友達とちょっと奮発してうなぎパーティーも楽しそうですね。

住所:千葉県成田市東町113-1 電話番号:0476-22-2727

佐原のうなぎランキング第2位「駿河屋」見出し

駿河屋は佐原の老舗の一つ、ほぼ200年前から旅館として営業していたそう。他にも両国、浅草、吉原、向島にも支店を出していましたが、関東大震災などの災害や戦炎によってなくなってしまい、その後は交通が発達したことによって成田山へ参拝をは帰りでもできるようになったことから駿河屋は中食屋に変わり繁盛した。

駿河屋は炭や焼き方にもこだわっているよう!長州備長炭を使い、外はカリっと中はふわっと、うなぎの旨味を逃すことなく焼かれたうなぎは忘れられることのない味。使われるタレも代々受け継がれて来たタレを使用。このパーフェクトな組み合わせが人気店となる一つの理由ですね

ここでは土用の丑の日に合わせ、成田うなぎ祭りも開催してるらしいです。うなぎ祭り開催中は混雑することも。外からはうなぎをさばいているところも見学できるとのこと。お値段はうな重が3600円からとちょっと高めですが、新鮮な天然うなぎを食べられることは間違いないですね!ぜひ素敵なランチタイムを過ごしてくださいね

住所:千葉県成田市仲町359 電話番号:0476-22-1133

佐原のうなぎランキング第1位「うなぎ割烹山田」見出し

佐原でうなぎといったらこの人気店「うなぎ割烹山田」、江戸時代から続き300年も経営を続けて来たうなぎの老舗。タレも300年前から変わることなく受け継がれて来たそう。お値段はちょっと高めですが、佐原の伝統のうな重をここで味わって見てください。

一階は食堂でテーブルが並び、二階には個室、広間などビジネスでも使え、お祝い事にもぴったり!もちろん家族や友達、デートにもいいですね。JR佐原駅から徒歩10分という駅近なところも人気ナンバーワンの理由の一つ。残念ながら月曜日はお休みとのこと。

営業時間は11時~14時半がランチタイム、4時半〜7時半がディナータイムです。駐車場も広く20台まで駐めれるので安心。個室以外は禁煙とのことです。ぜひ佐原を代表するランキング一位、紀州備長炭焼と300年続くタレで有名なうなぎ割烹山田で最高のうなぎを味わいにいってみてください!

住所:千葉県香取市佐原イ457 電話番号:0478-52-4375

佐原うなぎランキングのまとめ見出し

佐原は昔から戦線な魚に恵まれた場所。この江戸の雰囲気を楽しみながらうなぎの老舗を片っ端から巡ってみたいですね。うなぎ通にはオススメの場所。成田からも近く、出張の帰りに寄れてしまうところも人気の秘密ですね。うなぎの人気店が集まる佐原で自分の好みのうなぎを探してみてください。

どうでしたか?うなぎを食べたくなってきましたか?このランキングがうなぎを求めてる人に少しでも助けになれば幸いです。私がおすすめした老舗へぜひ足を運んでみてください。みなさんが新鮮なうなぎに巡り会えることをお祈りします。素敵な時間をお過ごしください。

四万十川の天然うなぎは絶品!鰻屋・おすすめ店・旬・釣り情報など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
四万十川の天然うなぎは絶品!鰻屋・おすすめ店・旬・釣り情報など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
四国の高知県にある四万十川は日本最後の清流と呼ばれ昔から天然のうなぎやアユ、手長エビなどの釣り、漁が盛んに行われてきました。今回はその四万十川の天然のうなぎの旬と地元でおいしいうなぎ屋さん、釣りに適した時期などをご紹介したいと思います。
成田山うなぎのおすすめ店ランキングTOP15!営業時間・値段は?	 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
成田山うなぎのおすすめ店ランキングTOP15!営業時間・値段は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
千葉県成田市成田駅周辺・成田山新勝寺といえばうなぎが有名です。成田山の参道にはうなぎのかば焼き人気店がずらりと並んでいるんです。その中でも特におすすめのお店をランキングで15店ご紹介します。人気店のうなぎをぜひご賞味ください。

関連キーワード

投稿日: 2017年3月24日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote