館山の海のおすすめはどこ?海水浴やシュノーケリングも楽しめるスポットを紹介!

館山の海のおすすめはどこ?海水浴やシュノーケリングも楽しめるスポットを紹介!

千葉県の最南端にある館山市。館山は都内からも近いのでとても行きやすい上に、海や山など魅力がたくさん詰まっています。今回は館山で人気の海岸やおすすめの海水浴場など、夏のお出かけにぴったりの館山のおすすめの海をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.館山はきれいな海岸がたくさん!
  2. 2.館山の場所は?
  3. 3.観光客にも人気の館山市「沖ノ島海水浴場」
  4. 4.沖ノ島海水浴場はサンゴが見れる!
  5. 5.お子様連れにおすすめの館山市「北条海岸」
  6. 6.北条海岸のイベントや花火大会
  7. 7.海デビューにおすすめの館山市「波左間海水浴場」
  8. 8.広いビーチが人気の館山市「船形海水浴場」
  9. 9.穏やかな海なら館山市「那古海岸」
  10. 10.那古海岸は撮影スポットにおすすめ
  11. 11.アクセス抜群の館山市「新井海水浴場」
  12. 12.新井海水浴場の日本一長い「館山夕陽桟橋」
  13. 13.水の透明度が高い館山市「坂田海岸」
  14. 14.磯遊びにもぴったりな館山市「相浜海水浴場」
  15. 15.夏は都内からも近い館山の海へ!

館山はきれいな海岸がたくさん!

Photo by onohiroki

海と山に囲まれた、千葉県の最南端にある館山市。館山にはきれいな海岸や、子供でも安心して遊べる穴場の海水浴場などがたくさんあります。都内からもちょうどいい距離の館山は夏休みのお出かけにもぴったりです。今回はそんな館山のおすすめの海水浴場や人気の海をご紹介します。

館山の場所は?

Photo by keyaki

千葉県館山市は千葉県の最南端にあり、車ではアクアラインを使うと都内から1時間半ほどで行くことができます。電車では内房線が館山市の入口「館山駅」まで走っていています。館山駅からも近いところに、人気の海岸もあるので、電車でも十分、館山の海を楽しむことができます。

観光客にも人気の館山市「沖ノ島海水浴場」

館山にある無人島「沖ノ島」は、とてもきれいで地元の方にも観光客にも人気の高い島です。無人島と言っても、地殻変動によって今は歩いて渡ることができる陸繋島(陸と繋がっている島)です。沖ノ島ではサンゴなどの自然がたくさん残っているので、シュノーケリングにもおすすめスポットです。

沖ノ島海水浴場は、陸から沖ノ島までの間の200メートルほどの砂浜が海水浴場になります。海水浴はもちろん、夏以外の時期は釣りなどを楽しむことができます。館山の海に行くなら「沖ノ島」は絶対に外すことのできない人気の海岸です。初めて館山に行く方は、まず「沖ノ島」へ行ってみてはいかがですか?

沖ノ島海水浴場へのアクセス

沖ノ島海水浴場へは、内房線の館山駅からバスを使うと行くことができますが、バス停からも徒歩30分ほどかかるので、沖ノ島へ行く場合は車がおすすめです。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約25分で行くことができます。駐車場は約500台が無料で止めることができますが、土日や夏休みの時期は大変混み合います。

沖ノ島海水浴場はサンゴが見れる!

千葉でシュノーケリングをするなら沖ノ島

沖ノ島ではシュノーケリングポイントによって様々な魚を見ることができ、クマノミなどの熱帯魚も見ることができるので、シュノーケリングにはとてもおすすめです。また、約8,000年前の縄文海中遺跡を見ることができます。小さい無人島ですが海水浴もできて、シュノーケリングもできるので、家族みんなで楽しむことができます。

沖ノ島では、ビーチコーミング(海岸に打ち上げられた漂着物の収集や観察)ができ、夏以外の季節も楽しむことができます。ビーチコーミングで人気があるのは、やっぱりきれいな貝殻やシーグラス集め。ぜひゆっくり海岸を歩いて、お気に入りの貝殻やシーグラスなどを見つけてみてはいかがでしょうか。

お子様連れにおすすめの館山市「北条海岸」

館山市の中でも一番長い「北条海岸」は、遠浅で波も穏やかなので、小さなお子様がいる家族連れの方にはおすすめの海岸です。また、最近では「スタンドアップパドルボード」や「ジェットスキー」、「ウィンドサーフィン」などをしている方も多くいます。夏の海水浴シーズンは、海の家や駐車場も充実しています。

北条海岸へのアクセス

北条海岸へは、内房線の館山駅から徒歩5分で行くことができるので、電車で行かれる方にはアクセス抜群の海岸です。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約15分で行くことができます。駐車場は無料で約300台停めることができます。館山市でも一番長い海岸なので、それほど混雑なく楽しむことができます。

北条海岸のイベントや花火大会

館山の花火大会

Photo by Tak H.

毎年行われる「館山観光まつり館山湾花火大会」は、毎年8月8日に行われています。この花火大会の見どころは、水面から打ち上げられる関東最大級の水中花火です。内房線の館山駅からすぐのところにある海岸なので、アクセスも便利です。館山観光まつり館山湾花火大会では、花火をバックに全国学生フラメンコ連盟の舞を見ることができます。

日本の夕陽百選

日本の夕陽百選や関東の富士見百景、東京湾100選にも選ばれている「北条海岸」の夕陽は、晴れて空気が澄んでいる日は、夕陽と共に富士山を眺めることができます。北条海岸沿いには、無料駐車場もいくつかあるので、ぜひお気に入りスポットを見つけてきれいな夕陽を撮影してみて下さい。また年に2回ダイヤモンド富士を見ることもできます。

北条海岸はイベントも盛りだくさん!

北条海岸では年に数回「北条BEACHマーケット」が行われています。北条BEACHマーケットは、地元の野菜やフード、ビーチに似合う雑貨、ビーチアクティビティの体験会、ワークショップなど、様々な店舗が集合したマルシェです。また、ライブなども行われているので、ぜひ予定が合う日の休日は、海岸でゆっくり過ごしてみませんか?

海デビューにおすすめの館山市「波左間海水浴場」

小さなお子様がいる家族連れや、海デビューにおすすめの「波左間海水浴場」は、広い海岸と海の透明度が高いのでとてもきれいです。海に行ったら海の家を利用する方が多いと思いますが、波左間海水浴場には誰でも無料で使えるトイレやシャワーが完備されているのが嬉しいポイントです。波左間海水浴場前にある休暇村は、夏以外でも宿泊可能です。

波左間海水浴場には小さなお子様でも安心して利用できる、子供用の海水プールもあります。もちろん子供用の海水プールも無料で利用でき、水も海水なので海デビューにもぴったりです。天気が良くても風が強かったりする場合は波の心配もありますが、この子供用プールは波の心配もないので安心して遊ぶことができます。

左間海水浴場へのアクセス

波左間海水浴場へや、内房線の館山駅からバスで行くことができ、バスを下車後も徒歩1分で海岸に着きます。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約30分で行くことができます。駐車場は係員がいる第一と第二があり、約300台が1日1,000円で安心して停めておくことができます。

広いビーチが人気の館山市「船形海水浴場」

船形海水浴場は、館山市の中でも一番北にある海水浴場で、ビーチの長さは約100メートルほどで、小さい海岸ですが、プライベートビーチ感を楽しめるので、ゆっくり海で過ごしたい方にはおすすめです。また、夕陽もきれいに見ることができるので、夏以外の時期でも楽しむことができます。

船形海水浴場へのアクセス

船形海水浴場へは、内房線の那古船形駅から徒歩20分で行くことができます。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約10分で、車でのアクセスには抜群ですが、無料の駐車場は5台分のみなので、電車でのアクセスがおすすめです。また、館山駅からレンタサイクルを借りると約30分ほどで到着します。

穏やかな海なら館山市「那古海岸」

穏やかできれいな海岸の「那古海岸」では、様々な船を見れたり、晴れた日には富士山を見ることもできます。遠浅なので夏には海水浴が安心して楽しめます。砂浜も300メートルほどあり、人も多はないので、ゆっくり遊ぶことができます。海沿いの歩道もきれいに整備されているので夏以外でも、散歩やジョギングにもおすすめです。

那古海岸へのアクセス

那古海岸へは、内房線の那古船形駅から徒歩15分で行くことができます。車では富津館山道路の富浦インターチェンジから約10分です。無料の駐車場は約30台分あります。夏以外でも夕陽の撮影などのもおすすめのポイントなので、ぜひ夕暮れ時に海岸を散歩してみてはいかがでしょうか?

那古海岸は撮影スポットにおすすめ

夕陽の撮影スポットとしても人気の「那古海岸」は、遠くに富士山を見ることができます。遠くに小型船や大型の貨物船、運がいいと豪華客船を見ることもできます。そんな様々な船と夕陽、富士山を一緒に撮影すると、とても雰囲気のある素敵な写真を撮ることができるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

那古海岸の海に伸びる木製の桟橋はとても雰囲気がよく、館山市の中でも人気の撮影スポットです。夕陽を撮影したり、そのまま夜まで待って星空を見たり、那古海岸は静かにゆっくり過ごしたい方にはおすすめです。近くには宿泊施設もあり宿泊される場合は、夜の散歩にもぴったりです。

アクセス抜群の館山市「新井海水浴場」

館山駅からもアクセス抜群で、ビーチも約300メートルほどありますが、海水浴客は多くないので静かにゆっくり遊びたい方にはおすすめです。また、波も穏やかなのでお子様を連れた家族連れも安心して遊べます。夏の時期は海の家がありますが、夏以外の時期でもトイレやシャワーが完備されています。

遊泳区域外や夏以外の時期は、水上バイクなどのマリンスポーツをたくさんの方が楽しんでいます。また、新井海水浴場の近くには、ジェットスキーのレンタルや、ライセンスを取れるところもあります。最近ではマリンスポーツ禁止のところも増えているので、しっかりマナーを守って遊ぶようにしてください。

新井海水浴場へのアクセス

新井海水浴場へは、内房線の館山駅から徒歩15分で行くことができます。富津館山道路の富浦インターチェンジから約20分。無料の駐車場は約20台分あります。新井海水浴場からの夕陽も、オレンジ色の海や空をきれいに見ることができます。館山駅からも徒歩圏内で行けるので、館山で遊んだ後、最後に寄ってみるのもおすすめです。

新井海水浴場の日本一長い「館山夕陽桟橋」

新井海水浴場には、日本一長い桟橋「館山夕陽桟橋」があります。桟橋の長さは海岸から約500メートルほどあり、ここでは年を通して様々なイベントが行われています。また、天気のいい日には桟橋から、きれいに富士山を見ることもでき、カメラ片手にたくさんの方が撮影をしに来るスポットでもあります。

館山夕陽桟橋の近くにある「渚の駅たてやま」には、展望デッキやミニ水族館、さかなクンギャラリー、博物館などがあります。また、お土産屋やお食事をすることもでるので、夏以外の時期でも人気のあるスポットです。桟橋では、釣りをしている方も多くいて、7月から9月にかけては釣り人で大変混雑しています。

海のマルシェたてやまでは、地元の野菜を購入することができます。館山なぎさ食堂では、朝獲れの魚を使った海鮮丼やパスタなどを食べることができます。カフェもあるので、スイーツを楽しむこともできます。「渚の駅たてやま」を利用する際は、北条海岸に車を停めることをおすすめします。

水の透明度が高い館山市「坂田海岸」

静かで海の透明度は千葉の中でもトップクラスのとてもきれいな、「坂田海岸」は、少しずつ人気の出てきている海岸です。坂田海岸の砂浜は白く海も遠浅なので、シュノーケリングにはおすすめのスポットです。少し潜ってみると、鯵やイワシの大群などを見ることもできるスポットで、館山ではまだまだ知られていない穴場の海岸です。

とてもきれいな海岸ですが設備は整ってないので、心配な方は砂浜で遊んだり、ゆっくり海を眺めたりして過ごすことをおすすめします。シャワーはありませんが、少し離れたところに公衆トイレはあります。海岸の長さは約200メートルほどあり、プライベート気分を味わうことができるので、これから人気が出ること間違いなしの海岸です。

坂田海岸へのアクセス

Photo by crash71100

坂田海岸へは、内房線の館山駅からバスに乗っていくことができます。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約35分。坂田海岸には駐車場がありませんので、公共交通機関で行かれることをおすすめします。また、海岸周辺にも有料駐車場などはありませんのでご注意ください。

磯遊びにもぴったりな館山市「相浜海水浴場」

館山市にある海は、館山湾にある海岸がほとんどですが「相浜海水浴場」は、唯一太平洋側に面した場所にある、約100メートルほどの小さな海岸で、遊泳区域外ではサーフィンを楽しむ方も多くいるスポットです。夏は海水浴だけでなくドライブにも最適で、海岸沿いの房総フラワーラインは、「日本の道100選」にも選ばれました。

マリーゴールドが咲く夏は、首都圏以外からも観光客が訪れる人気のスポットです。海水浴をする場合は、海の家やシャワー、トイレなどはありませんので、しっかり準備をしてから行くことをおすすめします。潮だまりには魚やカニなどもたくさんいるので磯遊びにはぴったりです。

相浜海水浴場の近くにはキャンプ場があり、海岸でキャンプをすることができる、千葉県では最も大きい砂浜のキャンプ場です。キャンプ場にはトイレや炊事場、シャワー、更衣室などがしっかり完備されています。夜は波音と星空を見ながらゆっくり過ごしたり、キャンプ体験をしてみたい方にはおすすめです。キャンプ場は夏のみの営業となります。

相浜海水浴場へのアクセス

相浜海水浴場へは、内房線の館山駅からバスで行くことができます。車では、富津館山道路の富浦インターチェンジから約30分。相浜海水浴場には、無料の駐車場は約50台分あります。館山市の中でも一番南にある海で、夏にはマリーゴールドが咲いていたり、周辺にも海鮮を食べられるスポットも豊富にあります。

夏は都内からも近い館山の海へ!

Photo by Tak H.

いかがでしたでしょうか?都内からも近い館山には、人気の海岸から穴場の海水浴場までたくさんの海岸があります。ドライブをしてみたり、夏は海水浴をしてみたり、夕方は夕陽を眺めたり、様々な楽しみ方ができる、館山の海。ぜひお気に入りのスポットを見つけてみてください。

Ayano Naito
ライター

Ayano Naito

旅行が大好きなハワイアンロミロミセラピストです。国内・海外問わずいろいろな所に旅行しています。スキューバダイビングのライセンス・ハワイ州観光局公式スペシャリスト検定など取得。

関連記事

人気記事ランキング