地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

リベルターブルは赤坂の人気スイーツ店!おすすめのケーキや焼き菓子は?

赤坂にある「リベルターブル」は、個性豊かなケーキや焼き菓子が揃う人気のパティスリーです。リベルターブルでぜひ食べたいスペシャリテをはじめ、おすすめのケーキメニューやギフトにぴったりのスイーツをまとめました。イートインコーナーもある店内の様子もご紹介しています。

赤坂で人気のケーキ屋さん「リベルターブル」見出し

Photo byla-fontaine

グルメの街赤坂には、クオリティの高いケーキのお店がたくさんあります。今回は、その中から「リベルターブル」をピックアップしてご紹介。リベルターブルは、赤坂のケーキ屋さんと聞いてその名を思い浮かべる人も多い人気のパティスリーですが、一体どんなスイーツメニューが揃っているのでしょうか。また、気になるイートインコーナーやアクセス情報などもご紹介します。

リベルターブルってどんなお店?見出し

リベルターブルは、東京都港区赤坂にあるパティスリーです。前身は南青山のフレンチレストランで、スイーツの専門店としてはこの赤坂の店舗が1号店となります。2013年秋のオープン以来、赤坂を代表するスイーツのお店として人気を集めてきました。他には松屋銀座、渋谷のヒカリエにも店舗を構えています。

ショーケースには色とりどりのケーキやプリンが並びます。また、ギフトに人気の焼き菓子も、サブレからパウンドケーキまで豊富な種類が揃っています。クリスマスにはシュトーレン、バレンタインにはショコラも展開され、季節ごとに様々な味わいが楽しめるパティスリーです。テイクアウトの他にイートインコーナーもあります。

アラボンヌーは赤坂の人気ケーキ店!おすすめメニューや値段など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アラボンヌーは赤坂の人気ケーキ店!おすすめメニューや値段など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京の中心部赤坂。赤坂には今、隠れた人気のケーキ屋「アラボンヌー」があることをご存知でしょうか。贈答用におすすめの焼き菓子から特別な日にぴったりのケーキまで。良いことのあった日におすすめのケーキ屋アラボンヌーについてご紹介します。

リベルターブルのシェフパティシエは森田一頼氏見出し

リベルターブルのシェフパティシエは森田一頼氏です。1978年生まれの新潟出身で、子供の頃からお菓子作りや料理が大好きだったそうです。高校を卒業して東京の製菓学校の学生となった森田氏は、吉祥寺の人気パティスリー「レピキュリアン」に運命的な出会いを感じ、学校に通いながらレピキュリアンで修業を始めます。

その後、2004年にはフランスへ渡り数々の名店でフランス菓子の伝統的な技術を学びました。2008年の帰国後には、岸本直人シェフの手掛ける「ランベリー」のシェフパティシエに就任。そして2010年に独立し、南青山にフレンチレストラン「リベルターブル」をオープンします。料理とデセールという2つのアプローチから生み出されるスイーツは前衛的と評判です。

リベルターブルのおすすめケーキ1【スペシャリテ】見出し

さて、ここからはリベルターブルの豊富なスイーツメニューをご紹介します。まずはスペシャリテの一つ「リュクス」。つやつやのグラサージュショコラの中は、ほろ苦くも軽やかなチョコレートムース。さらにその内側には、まるでバニラビーンズのようにたくさんの黒トリュフが混ざったまろやかなクリームが包まれています。黒トリュフの芳醇な香りと滑らかなムースの食感、そしてショコラの味わいが贅沢なケーキです。

「ゼニス」には、黒トリュフと並ぶフレンチの高級食材であるフォアグラを使用しています。フォアグラの濃厚な味とマリアージュしているのは、甘酸っぱいりんごのキャラメリゼとカルヴァトスの香り漂うシブーストクリームです。料理に使われる食材をスイーツにも取り入れる、森田シェフならではの柔軟な発想に驚かされるスイーツ。リベルターブルのケーキを初めて食べるという人にもおすすめのメニューです。

リベルターブルのおすすめケーキ2【フルーツ】見出し

フレッシュなフルーツを使ったケーキは、それぞれの果物の旬に合わせて様々なメニューが発売されます。トップに飾られたボリュームたっぷりのいちごが瑞々しい「フローリア」は、ヴェルガモット風味のサブレ生地が土台となったタルトです。クリームはアーモンド、カスタード、ベリーという3種類のクリームを重ねていて、爽やかさとまろやかさが複雑に絡み合う深い味わいです。

鮮やかな深いピンクのグラサージュがインスタ映えするケーキは「ダリア」です。味の決め手となっているのはライチとフランボワーズ。濃厚なチョコレートムースをフランボワーズのガナッシュとライチのクリームがライトな口当たりにしています。ケーキにはあまり使われることのないライチが入ることで、エキゾチックで斬新な味わいとなっています。以前は円柱形でしたが、ドーム型にリニューアルされた人気のメニューです。

リベルターブルのおすすめケーキ3【定番】見出し

色々なケーキ屋さんで見かける定番メニューも、リベルターブルでは一ひねり加えてあります。例えばモンブランの「シャルム」。いつものモンブランと香りが違うのは、中のメレンゲにポルチーニ茸を加えているためです。フレンチで好んで使われる栗ときのこの組み合わせをスイーツにアレンジした、森田シェフの感性が光るメニュー。栗はフランス産のものを使用しているそうです。

幅広い年代に人気のチーズケーキですが、リベルターブルのチーズケーキは大人好み。チーズの王様と賞されるエポワスチーズをふんだんに使った柔らかなクリームの上にシュトロイゼルダイスを散りばめたケーキです。所々に混ざる透明なダイスは、エポワスチーズのウォッシュにも使われるマール酒のジュレ。コーヒーや紅茶よりも、濃厚な赤ワインと一緒に味わうのもおすすめなスイーツです。

しろたえのチーズケーキが人気!その値段や店舗情報・おすすめメニューも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
しろたえのチーズケーキが人気!その値段や店舗情報・おすすめメニューも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
赤坂にある「西洋菓子しろたえ」は行列ができる人気の洋菓子店です。中でも「レアチーズケーキ」はファンも多く、お土産にもおすすめで、一日に500個も販売されるそうです。他にもたくさんの美味しい洋菓子が揃っているしろたえの美味しいケーキをご紹介致します。

リベルターブルのおすすめケーキ4【大人味】見出し

SNSでもよく写真がアップされている鮮やかなグリーンのケーキは「ヴェール」です。森田シェフがフランスでの修業時代に口にしたという、アニスのお酒とピスタチオの味わいを再現したケーキ。フェンネルとピスタチオが主役となったムースに、レモンや黒コショウがアクセントを加えています。「いつまでも記憶に残る一口を作りたい」という森田シェフの想いが表現されたケーキです。

「ロジーク」は、なんと新潟産の大吟醸酒粕をムースに使ったケーキです。酒粕のムースは香り高く爽やかな味わい。酒粕とマリアージュしているのは洋梨のルレクチェで、中のババロアやトッピングに使われています。ほろ苦いキャラメルのグラサージュも不思議な相性でくせになります。「他にはないスイーツを作る」というポリシーを持つ森田シェフならではのメニューです。

パティスリーSATSUKIの贅沢ショートケーキが人気!メニューや値段は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
パティスリーSATSUKIの贅沢ショートケーキが人気!メニューや値段は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ホテルニューオータニ内にあるパティスリーSATSUKIは、日常を忘れさせてくれる夢のようなスイーツが揃っています。中でも贅沢ショートケーキは一度は食べてみたい絶品ケーキです。今回は、パティスリーSATSUKIのケーキメニューについて詳しくご紹介いたします。

リベルターブルのおすすめケーキ5【プリン】見出し

フランス語で「子供」という意味を表す「アンファン」は、森田シェフが幼い頃に食べていたという思い出の味を再現したプリンです。小さな頃から母や姉とお菓子作りを楽しんでいたという森田シェフの原点とも言えるプリンは、とろけるように滑らか。ほろ苦いキャラメルのジュレとフレッシュないちごが好相性です。フィギュアスケートの羽生結弦選手もお気に入りのメニューなのだとか。

プリンのメニューは他にも、ライチとピンクグレープフルーツをたっぷりと使った「イビサ」や、河内晩柑をコンフィ、ジュレ、プリンの全てに使った「マニフィック」、マンゴーやパッションフルーツ、ココナッツがトロピカルなテイストの「オリエンタル」など、季節に合わせた限定メニューが続々と登場します。特に夏には差し入れやギフトにも喜ばれそう。

リベルターブルのおすすめケーキ6【パウンドケーキ】見出し

リベルターブルのケーキは生のガトーだけでなく、パウンドケーキも人気です。中でも「ケイク・オ・トリュフ・ノワール・カルヴァドス」は、黒トリュフとカルヴァドス酒を生地にたっぷりと練り込んだ香り高いスペシャリテ。賞味期限は2週間なのでギフトや手土産にもおすすめです。

ケイク・オ・トリュフ・ノワール・カルヴァドスと並んで人気があるのはあるのは「ケイク・フレイズ・ア・ラ・ローズ」。しっとりとした生地には気品ある香りのローズリキュールやローズジャムが入り、いちごの甘酸っぱさも爽やかなケーキ。表面は鮮やかなバラ色で花びらも散りばめられたインスタ映えするメニューです。女性同士のホームパーティーにおすすめ。

リベルターブルのホールケーキをパーティーに見出し

リベルターブルのガトーにはホールタイプもあります。ホールケーキにはメッセージプレートをつけられるので、バースデーケーキにもなります。メニューは生クリームといちごのショートケーキからミルフィーユまで様々。また、母の日には女性らしいデザインの限定ホールケーキも登場します。店頭のショーケースに並んでいれば予約なしでも購入できますが、確実に入手したい場合はやはり予約がおすすめです。

ホールケーキを食べたくなるのはクリスマス。リベルターブルのクリスマスケーキは種類豊富で、どれも華やかなクリスマスパーティーにぴったりのおしゃれなケーキ。サイズは小さめで、カップルで過ごすクリスマスにもおすすめです。また、ドイツの伝統的なクリスマスの焼き菓子シュトーレンも毎年発売されています。

リベルターブルのおすすめショコラ見出し

リベルターブルでは、バレンタインシーズンにチョコレートが登場します。おしゃれなパッケージと華やかなデザインのチョコレートは、ギフトだけでなく自分チョコにも人気があります。例えば「トリュフ・ショコラ・ブラン・フレーズ・ア・ラ・ローズ」は、ローズといちごのガナッシュをホワイトチョコでコーティングし、バラの花びらをあしらったゴージャスなトリュフです。

毎年人気のある「ギモーヴショコラ」は、マシュマロのようなふわふわ食感がくせになるフランス伝統のスイーツ。ギモーヴはフルーツを混ぜるのが定番ですが、リベルターブルのギモーヴにはチョコレートが練り込んであり、バレンタインのギフトにおすすめです。

リベルターブルのおすすめ焼き菓子見出し

フランス伝統の焼き菓子もリベルターブルの得意とするところ。リベルターブルの焼き菓子で人気があるのは「サブレ・ヴィエノワ・ユイルドリーヴ」。イタリア産エキストラヴァージンオイルと岩塩を使用したサブレで、サクサクとした軽い食感で何枚でも食べられそうな焼き菓子です。コーヒーだけでなくワインのお供にもおすすめ。

マドレーヌも人気の焼き菓子です。マドレーヌは家庭でも作れる焼き菓子ですが、リベルターブルのマドレーヌはしっとりと美しい焼き上がりでさすがのクオリティ。シシリー産アーモンドがリッチな「マドレーヌ・ナチュール」、黒トリュフの香りが口の中に広がる「マドレーヌ・オ・トリュフ・ノワール」、黒トリュフにヤギのチーズを加えた「マドレーヌ・オ・トリュフ・ノワール・エ・フロマージュ」というラインナップです。

パティスリーリョーコは高輪の名スイーツ店!ケーキの購入は予約制! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
パティスリーリョーコは高輪の名スイーツ店!ケーキの購入は予約制! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高輪にある名スイーツ店、パティスリーリョーコは行列が出来るスイーツショップとして人気です。現在は店頭販売は終了し、ネットでの完全予約制のみになりました。今回はパティスリーリョーコのケーキやフィナンシェ、おすすめのメニューから予約方法まで一挙ご紹介していきます。

リベルターブルのスイーツをギフトに見出し

リベルターブルの焼き菓子は大切な人へのギフトにおすすめです。人気のマドレーヌやサブレ、パウンドケーキが詰め合わせになったアソートギフトセットは1000円台から7000円台までバリエーション豊富に揃っています。また、夏にはかわいい瓶詰めのジュレがセットになったギフトボックスも発売されます。なお、ギフトは配送も受け付けているそうです。

リベルターブルの基本情報見出し

リベルターブルの営業時間は11時から21時まで。遅い時間には売り切れのケーキも多く出てくるので、目当てのケーキが決まっている場合は電話で取り置きをお願いしてみましょう。定休日は不定休となっているので、お店の公式ツイッターなどで確認するのがおすすめです。

住所:東京都港区赤坂2-6-24 電話番号:03-3583-1139

リベルターブルのイートインコーナー見出し

赤坂のリベルターブルには店内にイートインスペースがあります。イートインスペースは壁に面したカウンターに4席と小ぢんまりしていますが、ショーケースから出したばかりのきれいなケーキをその場でいただけるのはイートインのうれしいポイントです。クリスマスやバレンタインの期間は店内が混雑するので、イートインサービスをお休みすることもあるそうです。なお、イートインスペースの席の予約はできません。

Photo byAdrienVillez

イートインスペースは1人につき1ドリンクを注文することになっています。イートインのドリンクメニューは、ソフトドリンクがエスプレッソ、コーヒー、カフェラテ、紅茶、ジュースなど。そしてアルコールメニューは、ガトーと相性の良いワインが赤白に加えてスパークリングも揃っています。イートインのドリンクメニューは、季節や販売されているスイーツの種類に応じてラインナップが変わるそうなのでお楽しみに。

リベルターブルへのアクセス方法見出し

Photo by sekido

リベルターブルの最寄り駅は、東京メトロ千代田線赤坂駅を始め、南北線および銀座線の溜池山王駅、丸の内線赤坂見附駅となっており、3つの駅のほぼ中心に位置しています。お店に駐車場はないので、電車でのアクセスが便利です。お店は外堀通りの山王下交差点の前にあります。

Photo by t-miki

赤坂駅からは、2番出口から日枝神社方面に真っ直ぐ進み、山王下交差点手前の右側です。溜池山王駅からは、山王パークタワーのある7番出口を出ると、外堀通り沿いに山王下交差点がすぐに見つかります。赤坂見附駅からは11番出口がお店に最も近い出口となり、外堀通り沿いに出るので山王下交差点を目指しましょう。

赤坂のリベルターブルで絶品ケーキを見出し

Photo byRitaE

赤坂の人気パティスリー「リベルターブル」をご紹介しました。ガトーから焼き菓子まで個性豊かなスイーツの数々は、どれも試してみたくなる斬新なメニューばかり。「どこにもないようなデザートを作りたい」という森田一頼シェフのスイーツに懸ける想いが詰まった絶品ケーキを一度味わってみてはいかがでしょうか。赤坂でギフトを探している人にもおすすめです。

関連キーワード

投稿日: 2018年4月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote