地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ユニフレームのテーブルセットでアウトドア!焚き火におすすめの種類はどれ?

新潟県燕市にあるアウトドア用品のメーカーブランド、ユニフレームのテーブルは、優れた機能を持っており、多くのキャンプ愛好家に人気のおすすめ商品です。ユニフレームのテーブルは、機能性だけでなく、主張し過ぎないルックスのよさも人気のひとつです。

アウトドアに最適なユニフレームのテーブル見出し

Photo by hogeasdf

ユニフレームは、1985年新潟に設立されたキャンプ用アウトドア商品を製造販売するメーカー、株式会社新越ワークスの商品ブランドです。そのユニフレームのテーブルは、さすがはアウトドア用品のメーカーらしく優れた機能を持った豊富な種類の商品が揃っています。この記事では、その優れた機能を持つユニフレームおすすめのテーブルを紹介します。アウトドア用品をお探しの方は参考にしてみてください。

金物で有名な燕三条で育った日本の技術見出し

ユニフレームの本社工場のある新潟県の燕三条地区は、室町時代の初期の頃から鋳物製造の町として発展し、今や日本を代表する緻密な金属製品製造の技術が集積する場所として有名です。ユニフレームの製品は、その伝統と技術が生かされた確かな品質であると同時に、日本人に相応しい心配りのあるおすすめのアウトドア製品です。

Photo by TAKA@P.P.R.S

ブランド名のユニフレームのとおり、ユニークなフレーム、炎を創造するという意味で、アウトドア用品の中でも、ガスバーナー、アウトドアテーブル、鍋類など幅広い種類の商品を展開しています。特にコンパクトなバーナーやランタン、手入れが容易で頑丈な鉄板プレス加工のダッチオーブンなど、ステンレス鋼を素材に用いているのが特徴です。

燕三条でおすすめの観光スポットは?職人の町でモノづくりを体験! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
燕三条でおすすめの観光スポットは?職人の町でモノづくりを体験! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新潟県中央部に位置する燕市と三条市は、古くから工業が盛んな地域で「燕三条」と呼ばれています。燕三条には伝統工業が多く残っていることから、体験や見学など子供から大人まで楽しめる観光スポットが増えています。そこで燕三条のおすすめの人気観光スポットをまとめました。

ユニフレームのUFローテーブル900見出し

はじめに紹介するユニフレームのテーブルは、タープの下で使い勝手のいい「UFローテーブル900」です。UFローテーブル900の特長は、素材に反りや変形に強いシナベニアを使用し、表面は滑らかで上品な質感です。また、脚部分は、ユニフレーム独自の設計による壊れにくい直径25mmアルミニウムを使用していて安定性抜群のおすすめ商品です。

真ん中から二つに折りたたんで、付属品の収納ケースに入れると、重量約5.3kgで簡単に持ち運びができます。サイズは、使用時、横幅90cm、幅55cm、高さ37cmで、収納時、横幅90cm、幅27.5cm、厚み9.5cmとなっています。天板のシナベニア合板の厚さは12mm、分散耐荷重は30kgまでなので重量のあるいろんな調度器具が置けます。

UFローテーブル900は、アウトドア用のテーブルとしてだけでなく、室内でのちょっとしたスペースを使ってのキッチンテーブルとしても利用できます。シナベニヤの持つ滑らかで上品な質感は、室内でのディナーの際にも、全く違和感を感じさせないおしゃれなインテリアのひとつとして、場所を選ばずいろんなところで使える便利さです。

ローテーブルを他のいろんな種類のテーブルと組み合わせることによって、レイアウトの幅が広がります。メインのテーブルに食事を並べて、食器類や調味料などをローテーブルの方に置くことによってサイドテーブルとして使うこともできます。また高さも37cmなので、ほとんどの種類のテーブルと違和感なく並べることが可能です。

折りたたみテーブル特集!アウトドアで人気のおすすめをピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
折りたたみテーブル特集!アウトドアで人気のおすすめをピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアで必要な折りたたみテーブルは様々なメーカーが販売しています。アウトドア人気の今、おしゃれで機能的な折りたたみテーブルがたくさんあります。そんな中、各アウトドアシーンに合わせた、使い勝手のいいお勧めをいくつか見て行きましょう。

ユニフレームのラウンドテーブルZATAKU見出し

今ではすっかり目にすることが少なくなった「ちゃぶ台」。昭和も初期の頃は、一般家庭の茶の間に必ず置いてありました。その日本の伝統あるちゃぶ台を新しく蘇らせたのが、ユニフレームのラウンドZATAKUです。丸いテーブルのいいところは、どこにでも座れて、囲み方が自由自在にできるということで、おすすめのテーブルです。

ユニフレームのラウンドZATAKUは、真ん中から2つに折りたためコンパクトに持ち運びできる優れものです。使用時は、直径75cm、高さ37cm、折りたたむと厚さ9.5cmになり、重量も5.6kgと移動も楽です。素材もローテーブルと同様、シナベニアを使っているので、見た目の木目調が主張し過ぎない上品さです。室内用でも充分に使用できます。

機能性抜群のユニフレーム焚き火テーブル見出し

ユニフレームの焚き火テーブルは、今や多くのキャンパーから絶大な信頼を寄せている人気商品のひとつです。その人気の理由は、アウトドア派にとって痒いところに手が届く、日本の企業らしい細やかなシーンへ適応する機能性の良さにあります。それプラス耐久性や安全性などを追求したモノづくりの技術が随所に活かされたおすすめ商品です。

熱に強いユニフレーム焚き火テーブル見出し

アウトドアで一番神経を使うのが何といっても食事の準備ではないでしょうか。熱いものを直に置く場合、普通の木製テーブルでは焦げてしまいます。そんな時に役に立つのがユニフレームの焚き火テーブルです。ユニフレームの焚き火テーブルは、天板がステンレス鋼になっているので、熱を持ったフライパンなどを直に置いても大丈夫です。

もちろん沸かしたてのヤカンもそのまま直置きしても大丈夫です。このステンレス製天板の耐熱温度は150度にも耐えうる構造となっています。150度といえば、アイロンの中温ぐらいの温度ですのでかなりのものです。家の中でテーブルに熱いものをそのまま直置きするという習慣は日頃ないので、この感覚はなかなか新鮮な驚きです。

そのまま焚き火テーブルの上にガス台を置いてヤカンでお湯を沸かしたりしても大丈夫です。お湯が沸いたらそのまま焚き火テーブルの上に直置きしておくことができるので、慌てることもありません。万が一、お湯が噴きこぼれてもすぐに拭き取ることができるので大丈夫です。こうして銀色で揃えるとなかなか映えてカッコよく見えます。

傷や汚れに強いユニフレーム焚き火テーブル見出し

熱に強いという特長を持つユニフレームの焚き火テーブルですが、それに加えて傷や汚れにも強いという特長を持っています。その理由は、天板表面に施されたエンボス加工にあります。エンボス加工で表面に凹凸をつけることによって、引っ搔いたりした傷が目立たなくなり、かつ汚れがついても簡単に拭き取りやすくなっています。

安全性を考えたユニフレーム焚き火テーブル見出し

ユニフレーム焚き火テーブルのもうひとつの優れた特長は、その安全性にあります。高さ37cmというのは、大人にとっては丁度膝のあたりですが、小さい子供にとっては、お腹の辺りかもしくは屈むと顔の場合もあります。その対応として、天板の端に木枠をはめ込むことによって、人がぶつかった際のショックから和らげています。

ほどよい高さのユニフレーム焚き火テーブル見出し

ユニフレーム焚き火テーブルのいいところは、もちろん熱さに強い、傷や汚れに強いというのもありますが、それ以上に人気の理由は、この37cmという非常に考え抜かれた高さにあります。高からず低からず、一人で使用するのにちょうどいいサイズで、大人から子供まで対応出来るサイズと高さが多くのキャンパーから愛されている理由のようです。

焚き火テーブルを何枚か合体させて、友達や仲間との野良呑みキャンプというのもありです。ガスコンロを置いてそこで小魚や焼き鳥を焼いたりしながら、ビールやウイスキーで気分も盛り上がります。キャンプだけでなく、自宅に友人を招いて庭で即席のホームパーティーなどもでき、楽しみ方の幅がそれぞれに広がります。

簡単移動のユニフレーム焚き火テーブル見出し

ユニフレームの焚き火テーブルは、横幅サイズが55cmなので、狭いベランダでもご覧のように余裕を持って設置出来ます。キャンプから帰ってきて早々、またこうやってアウトドア気分を味わいたくなる時も、すぐにベランダへ運んで即席のテーブルセットが作れるのもこの焚き火テーブルの優れた機能性のひとつです。使い心地の良さが分かります。

ユニフレームの焚き火テーブルの仕様見出し

このユニフレームの焚き火テーブルのサイズは、使用時が幅55cm、奥行き35cm、高さ37cm、折りたたむと高さ2.5cmになります。重量は約2.3kgで分散耐荷重が約50kgとなっています。価格は税込7500円とお手頃価格です。またこの焚き火テーブルが2枚入る専用のトートバックも販売されており、6号帆布生地でとっても丈夫な作りです。

ユニフレーム焚き火テーブルのセットの仕方から折りたたんで収納するまでを解説する動画です。簡単手間要らずで、すぐに取り付け出来、取り外して折りたたみも簡単です。これなら屋外だけでなく、室内でも自由自在に持ち運びができて、すぐにその場でテーブルになります。熱い鍋を直に置けるので室内でも大活躍のテーブルです。

多様性あるユニフレームのフィールドラック見出し

ユニフレームのフィールドラックは、キャンプ時のあらゆるシーンで多様な使い方ができる多機能型ラックです。そのキャンパーの間で絶大な人気を誇るユニフレームのフィールドラックは、2017年2月にモデルチェンジを行い更なるスペックアップをしています。それが防錆性を向上させた「カチオン塗装のフィールドラックブラック」です。

これまでのフィールドラックは、キャンプ時のフィールドで雨が降った際の泥撥ねや海岸での潮水などでとかく汚れやすく、きれいに洗っても水滴が付着した部分から錆びやすくなっていました。それがこのカチオンメッキ塗装によって錆びにくくなっています。また見た目も艶感のないマットブラックで引き締まって見えます。

フィールドラックのサイズは、使用時が横幅60cm、奥行35cm、高さ23cmで、折りたたむと高さわずか1cmになります。重量1.7kgで耐荷重は30kg。最大4枚までセットすることができ即席の棚が即座に出来上がります。フィールドラック本体3台と転倒防止用のコンプレッションベルトがセットになったお得なセットも販売されています。

アウトドア遊びおすすめ19選!人気の種類やスポットはどこ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アウトドア遊びおすすめ19選!人気の種類やスポットはどこ? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
良く晴れた休日であれば、おもいっきりアウトドアで遊びたいと思う方も多いのではないでしょうか。海や川、山どんな場所であっても様々な遊び方があるものです。大人でも子供でもスリルを味わうものから自然をゆったり満喫する種類まで、アウトドアは魅力たっぷりです。

ユニフレームのWOOD天板と合体見出し

フィールドラックブラックは、オプションの天板をセットにして組み合わせれば、おしゃれなサイドテーブルにもなります。ユニフレームフィールドラックブラック、本体価格3612円。そして温かい風合いのフィールドラック木製天板、UNIFLAMEの焼印入り本体価格3519円。この2つをセットにすると即席のテーブルセットが出来上がります。

ユニフレームのステンレス天板と合体見出し

ユニフレームのフィールドラックブラックにステンレス製の天板をセットするとハードで頑丈なテーブルセットが出来上がります。マットブラックの色合いがステンレスとよくマッチします。更に4段重ねで木製のテーブルセットなどと組み合わせるなど、使い方も自由でいろんな展開が楽しめる最強のフィールドラックとしておすすめの商品です。

ユニフレームの焚き火テーブルと合体見出し

フィールドラックの横幅60cmに対して、焚き火テーブルの横幅が55cm、そして奥行きはともに35cmなのできれいに納まります。焚き火テーブルの37cmの高さよりももう少し低くしたい時、この組み合わせで行くといい感じになります。それぞれの商品の使い勝手を考えて開発しているところがユニフレームの凄いところです。

ユニフレームフィールドラックの機能性と折りたたみ方についての説明動画です。折りたたんだ状態の厚さ1cmというのは、かなりの薄さでちょっと心配になりますが、分散耐荷重30kgというだけあって相当重量のあるものを置いてもびくともしません。さすがは金属加工の伝統を受けつでいる老舗のメーカーだけあって信頼できる製品です。

テーブル替わりにもなるリラックスコット見出し

ユニフレームのリラックスコットは、もともと就寝用に用いる簡易式ベッドですが、他にも便利な使い方ができます。折りたたんだ状態から広げるだけなので、最初に車から荷物を降ろす時の荷物置き場にできたり、パイプの4隅に合わせて天板を置くと、即席のテーブル代わりにもなります。耐荷重が座面各80kgあるのでいろんな物を載せても大丈夫です。
 

リラックスコットのサイズは、使用時が長さ193cm、幅69cm、高さ45cmで、収納時が長さ77cm、幅32cm、高さ18cmのコンパクトサイズに収容できます。かなりの身長がある大人でも大丈夫なサイズです。重量が7.5kgで、分散耐荷重が1スパンあたり80kgまであるので、80kg以下の大人3名が座っても大丈夫な構造になっています。

ユニフレームテーブル代用キッチンスタンド見出し

ユニフレームのキッチンスタンドは、テーブルの代用として調理台になる簡単組み立てのおすすめ商品です。キッチンスタンドにWOODの天板又はステンレスの天板を取り付けることによって即席の調理台にもなるし、調理が終われば、そのまま食卓テーブルとして使用できます。また下の棚には、付属品のキッチンタンクなどが取り付け可能です。

購入の際に、商品カバーのボックスに図解入りの説明書きが印刷してあるので、絵に沿って非常に簡単に組み立てることが出来ます。いつでも何処でも簡単に調理台を作れて、その場がキッチンに早や代わりするおすすめ商品です。サイズは、使用時が横幅108cm、奥行き37cm、高さ77.5cmで、収容時が横幅58cm、高さ9.5cmになります。

いろんなシーンにユニフレームのテーブルを見出し

大勢の仲間で楽しく語り合うとき、すぐそばに飲み物や食べ物があると会話も弾み盛り上がります。そんな時に野外で効果を発揮するのがアウトドア用のテーブルです。ユニフレームのローテーブルや焚き火テーブルなど、人数に関係なく組み合わせ自由にセットして行くことで、自由自在な使い方ができる優れた商品です。

アウトドアの楽しみのひとつ、自然に横たわる風景を一人静かに眺めていたい時、そこにドリンク類などを置いておきたい時、自由自在に組み立てできて、すぐにその場で使用できるテーブルが欲しい時、ユニフレームのテーブルはいろいろなシーンに対応出来るように、持ち運び簡単にすぐにその場で組み立てることができます。

おしゃれなアウトドアチェア50選!リクライニング・軽量など使いやすい物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
おしゃれなアウトドアチェア50選!リクライニング・軽量など使いやすい物は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアチェアはおしゃれでデザイン性の高いタイプから、折りたたみ式の運びやすいタイプまで、様々な種類があります。普段使いできるアウトドアチェアもあるので、好みのアウトドアチェアを見つけましょう。おしゃれなアウトドアチェア50選をまとめました。

豊富な種類のテーブルウェア見出し

ユニフレームには、キャンプ用品専門の製造メーカーに相応しく、豊富な種類のテーブルウエアがあります。中でもキャンパーの間で人気の商品が、アウトドアの定番商品として多用途に使えるシェラカップです。スープ類やサラダなど、飲み物や食べ物を入れたり、錆びにくいステンレス製なので、いろいろな物を入れることができるおすすめ商品です。

シェラカップの素材は、錆びにくいステンレス製、軽量なチタン製、見た目にも美しい真鍮製300と三種類あり、またサイズの種類もステンレス製が300、420、900、チタン製が300、420と豊富な種類に分かれます。それぞれの用途に合わせ使い分けをするととても便利です。テーブルに置くほとんどの物は、このシェラカップで賄えます。

シェラカップは、ステンレス製なのでそのままガスの上に置いて鍋としても使えます。その際にサイズ違いのシェラカップを上からかぶせ蓋として使うことができます。ちょっと安定性には欠けますが、こうしていろんな使い方が出来るのもユニフレーム商品ならではの優れたところです。素材の良さが使用用途を広げているおすすめ商品です。

アウトドアで欠かせない飲み物といえば、何といってもコーヒーです。ユニフレームのコーヒーバネットは、アウトドア用コーヒードリッパーですが、最近は街中のコーヒー専門店でも使われるようになりました。その理由は、壁面のないバネットでお湯を注いだ際に発生するガスを逃し、雑味のないおいしいコーヒーを入れられることにあります。

ソロキャンプに来て、一人静かに湖畔に佇む瞬間は全てのキャンパーの憧れの瞬間です。傍らのテーブルセットに置いて飲むコーヒーはまた格別です。ユニフレームの豊富な種類のテーブルウエアは、あらゆるシーンですぐに取り出せてすばやく対応できる優れものです。日没などの決定的な瞬間を逃さない機能性の良さが人気のひとつです。

ユニフレームのコーヒーサーバーは、コーヒーバネットとセットで安定して使えるおすすめの専用サーバーです。中ブタと茶こしが付いていて、コーヒーだけでなく日本茶や紅茶も楽しめます。またステンレス製なので、そのまま暖め直しにガスにかけることも出来ます。こぼさずに注げるカラス口加工がしてあるのも細かい心遣いが感じられます。

ユニフレームのキャニスターは、蓋の内側にパッキンが付いているので、液体などがこぼれず、調味料などは固まらず長期保管で完全密封出来るおすすめの商品です。塩や砂糖、コーヒー豆など、湿気に弱いものを入れておくのに便利です。またステンレス製なのでスープ類などを入れてそのままスプーンを使って食器代わりにすることも出来ます。

ユニフレームのテーブルウエアは、他にもたくさんの種類があり、いろんな用途や様々なシーンで活用出来る商品ばかりです。種類が豊富なだけでなく、ひとつひとつの商品が多用途に使える優れものばかりで、豊富な種類の中から使い方次第でいろんな活用ができます。テーブルセットの種類が多くないのもそれぞれの機能性の良さにあるようです。

キャンプ用食器おすすめ31選!初心者向けやおしゃれなセットアイテムは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
キャンプ用食器おすすめ31選!初心者向けやおしゃれなセットアイテムは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然の中でのキャンプはストレスを発散してのんびり過ごせる特別な時間です。特に食事は楽しいひと時です。今回はキャンプでの食事がいっそう盛り上がるおすすめの食器をご紹介します。注目のおしゃれなセットや100均で買えるものなどキャンプ用の食器をまとめました。

ユニフレームテーブルの機能性を実感しよう見出し

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ユニフレームのテーブルは、まだまだその種類は数少ないですが、ひとつひとつの商品がいろんな機能性を秘めていて、キャンプ時のあらゆるシーンで活用することができます。また室内で使っても充分におしゃれなテーブルとして機能する商品です。まだ手に入れてない方は、ぜひユニフレームテーブルの優れた機能性を実感してみてください。

投稿日: 2018年5月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote