地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

燕三条でおすすめの観光スポットは?職人の町でモノづくりを体験!

新潟県中央部に位置する燕市と三条市は、古くから工業が盛んな地域で「燕三条」と呼ばれています。燕三条には伝統工業が多く残っていることから、体験や見学など子供から大人まで楽しめる観光スポットが増えています。そこで燕三条のおすすめの人気観光スポットをまとめました。

新潟の観光地「燕三条」とは?見出し

新潟県中央部に位置する燕市と三条市は、古くから工業が盛んな地域で互いに関係が深いことから、合わせて「燕三条」と呼ばれています。燕三条には伝統工業が多く残っていることから、近年は体験や見学にも力を入れており、子供から大人まで楽しめる観光スポットが増えて来ています。そんな燕三条の基本情報やおすすめの人気観光スポットをまとめました。

燕三条へのアクセス見出し

新幹線でアクセスする場合は、上越新幹線を利用して「燕三条駅」で下車します。東京からだと約2時間です。燕三条駅は三条市に属しますが、すぐ西側は燕市になっており、両市にアクセスしやすい立地です。車でアクセスする場合は、北陸自動車道の「三条燕IC」で下車すると、新幹線駅とほぼ同じ場所に到着します。

飛行機でアクセスする場合は、新潟空港が最寄り駅です。札幌、大阪、名古屋、東京、福岡と各地の空港からの路線が発着しています。新潟空港から燕三条へアクセスするには、まず新潟空港から新潟駅へリムジンバスで移動します。料金は410円、所要時間は約25分です。新潟駅から信越本線に乗り、長岡方面へ行くと三条駅他、三条市内の各駅へ行くことができます。

新潟駅前のおすすめ居酒屋は?個室ありの人気店や深夜営業の店など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
新潟駅前のおすすめ居酒屋は?個室ありの人気店や深夜営業の店など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
いつもたくさんの人で賑わっている新潟駅前といえば、多彩なジャンルの飲食店が集まる人気エリアです。そこで新潟駅前のおすすめ居酒屋を一挙紹介します。ゆったりできる個室完備の人気居酒屋や、夜遅くまで営業している居酒屋など、必見です。
新潟駅周辺ホテルおすすめランキングTOP10!安い施設や温泉ありも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
新潟駅周辺ホテルおすすめランキングTOP10!安い施設や温泉ありも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新潟県は日本海に面した豪雪地帯、今回はそんな新潟県の中心部とも言える新潟駅周辺のおすすめホテルをランキング形式でトップ10をご案内させて頂きます。新潟駅に近いホテルや安い施設、温泉がある施設まで!ぜひこのランキングをご活用ください。

観光の前に!燕三条の歴史とは見出し

燕三条を救ったのは和釘?

燕三条で工業が発達した一番最初のきっかけは、江戸時代17世紀初めまでさかのぼります。当時、燕三条の地域は毎年のように風水害に見舞われ、農業を営んでいる領民の大半は非常に苦しい生活をしていました。それを知った三条城に勤めていた当時の代官大谷清兵衛が、和釘の鍛冶職人を江戸から呼び寄せ、農民の副業として広めました。

江戸の町では度々火事が発生したことから和釘の需要は高く、徐々に和釘は燕三条の中心的な産業になって行きました。また、和釘以外にも銅器や煙管、矢立など他の金属加工品の製造も広まっていきました。明治時代には和釘の需要は減りましたが、代わりに他の金属加工品が発展し、現在まで燕三条を支え続けてきました。

「職人の町」と「商人の町」

金属加工業で発展した燕三条ですが、特に三条市は19世紀後半ごろから金物商人が本格的に遠方へ商売に行くようになり、燕三条の金属製品が各地に広められるようになりました。その後も燕市を「職人の町」、三条市を「商人の町」と呼び、鍛冶屋と金物商人は結びつきを強めて行きました。現在でも燕市と三条市間を移動する通勤者が多く、昔の名残を垣間見ることができます。

燕三条観光で工業を学ぼう見出し

燕三条には見学可能な工場がいっぱい

燕三条では、多くの工場が一般住民や観光客の工場見学を受け入れています。工場見学時の注意事項や条件は各工場によって違いますが、「工場の人の言うことを必ず守ること」「動きやすい服装と靴を着用すること」「勝手に写真撮影しないこと」などが基本のルールです。ここでは小学生の子供でも見学が可能なおすすめ工場をピックアップして紹介します。

一味違う製品づくりが目標「株式会社イケダ」

世間で「抗菌」に注目が集まるより前に抗菌ステンレスを開発したことが自慢の、台所周辺で活躍する金属製品を製造している工場です。見学可能時間は、燕市産業カレンダーでの営業日(基本平日)の、9時00分から12時00分、13時00分から17時00分です。

見学所要時間は約30分で、7日前までに予約が必要です。受入れ人数は1人から6人まで、小学生以上であれば子供の見学も可能です。お土産に、特別価格で製品が買えるのがとても人気です。

刃物にこだわり!「諏訪田製作所」

徹底的に刃物にこだわり、国内外で高い評価を受けている製品を送り出しているのがここ諏訪田製作所です。見学可能時間は、平日及び土曜日の10時10分から12時00分、13時00分から17時00分です。見学所要時間は30分から1時間程度、特に予約は必要ありませんが、予約するとスタッフに案内してもらうことができます。受け入れ人数が最大50人まで可能なのも嬉しいところ。団体客に人気の工場見学スポットです。

燕三条観光で伝統技術を体験見出し

お手軽から本格派まで「三条鍛冶道場」

JR北三条駅から徒歩3分の所にある三条鍛冶道場では、年間を通して観光客向けの体験ワークショップが開かれています。常設体験コースは「ペーパーナイフづくり」「包丁研ぎ」「和釘づくり」で毎日開催されており、どれも1時間程度のお手軽コースです。お手軽で子供でも楽しめますが、大人も十分楽しめます。3名以下なら予約も不要なのが嬉しいポイントです。

また、不定期で「包丁づくり体験」など半日から1日かかる体験コースが開かれることもあります。こちらは予約が必要で、人数にも制限がありますが、本格的な鍛冶体験ができると言うことで人気のコースです。

燕市観光協会開催の様々な体験工房

燕市観光協会では様々な体験工房を開催しています。おすすめは銅器の小皿を作れる「鎚起銅器の小皿づくり体験」や、金属小物を作れる「木の葉づくり彫金体験」。こちらも子供から大人まで楽しめる人気の体験工房です。いずれも不定期で開催日が決まっていますので、事前に開催日を確認して下さい。体験可能人数も決まっていますので、予約してから行って下さい。

燕三条観光で歴史に触れよう見出し

建物は国の有形文化財!「三条市歴史民俗産業資料館」

三条市歴史民俗産業資料館は、縄文時代から近代に至るまでの三条市の歴史や文化にまつわる展示品が置かれている資料館です。また、三条市民の写真家や日本画家の作品も展示されており、幅広い層に楽しめる資料館になっています。昭和10年の建築物で、どこか懐かしさを感じる木造平屋建てです。三条市で初めて国登録有形文化財になったので、建物もじっくり観察してみて下さい。

石川雲蝶の彫刻作品巡り

三条市内には、江戸時代の彫刻家石川雲蝶の作品がいくつか残されています。多くは火事などで焼失してしまっていますが、本成寺(ほんじょうじ)及び石動神社(いするぎじんじゃ)には牛や亀の置物などの作品が現存しています。隠し彫りなどの遊び心が見える作品もあるので、じっくり観察してみて下さい。

燕三条の景勝地を観光しよう見出し

不思議な眺め「八木ヶ鼻」

三条市内を流れる五十嵐川の上流には、「八木ヶ鼻」と呼ばれる、高さ200メートルを超える巨大な岩がそびえ立っています。季節や時間帯で表情を変える八木ヶ鼻は、見る人の目を楽しませてくれます。また、八木ヶ鼻は古くからハヤブサの繁殖地でもあり、江戸時代の文献にも出て来ます。一時は環境の変化で姿を消しましたが、平成元年にはハヤブサが戻ってくるようになり、現在は1年を通してその姿を見ることができます。

お花見スポット「院内桜並木」

八木ヶ鼻近くにある、院内地内五十嵐川右岸嵐北用水路の沿道には、桜並木が続いており、春になると一斉に満開になり、お花見スポットとして人気です。桜のシーズンに八木ヶ鼻を訪れる際は、是非こちらもどうぞ。

燕三条観光の後はグルメを楽しもう見出し

職人達が愛する「燕三条系ラーメン」

工場の職人たちが多い燕三条では、お手頃価格でこってりした食べ物が好まれてきました。そんな燕三条で生まれたのが、こってり背油スープに極太麺の「燕三条系ラーメン」です。特に燕市のご当地グルメとして、地元の人からも観光客からも親しまれています。特に有名なのは、カップラーメンにもなった「酒麺亭 潤」。是非地元の方たちに混ざってがっつりラーメンを食べてみて下さい。

名前のインパクト大!「ごんぼっ葉笹団子」

燕三条の地域では、古くからごんぼっ葉(オヤマボクチ)を利用した食べ物がいくつかあります。その中でもお手軽に食べられるのがごんぼっ葉笹団子です。パッと見た目はヨモギ餅に似ていますが、ヨモギの代わりにごんぼっ葉を使っているのでごんぼっ葉笹団子と呼ばれます。「道の駅しただ」で販売されていますので、観光の途中のおやつにぴったりです。

燕三条でランチのおすすめはココ!おしゃれな人気店や子連れも安心の店など | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
燕三条でランチのおすすめはココ!おしゃれな人気店や子連れも安心の店など | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
燕三条駅周辺でおすすめのランチスポットを厳選して紹介します。おいしいお魚料理やイタリアンなど様々なランチスポットがあります。ママ会やご家族でもお一人でも利用できるおすすめのお店も数多くあります。燕三条駅周辺にお出かけの際の参考にしてみてください。

燕三条観光のお土産を買おう見出し

工芸品から食品まで!「燕三条地場産業振興センター」

燕三条のお土産ならここです。燕三条地場産業振興センター(じばさんセンター)です。ここでは燕三条で製造された刃物や台所用品など、伝統工芸品から最先端の商品まで、ありとあらゆる燕三条製品を買うことができます。また、地元燕三条で作られた食品や、新潟ならではのお酒類の販売も行っています。燕三条のお土産に迷ったら、じばさんセンターに行けば間違いありません。

おいしい物いっぱい「道の駅しただ」

道の駅「しただ」では地産地消をコンセプトとし、地元の新鮮な農産物やおいしい加工食品を販売しています。おすすめは下田産のサツマイモを使用した「彩遊記さつまいもまんじゅう」や、下田の山でとれたわらびを使用した「わらびの漬物」など、子供も大人も大満足の素敵な食べ物がたくさんあります。素朴でおいしい食べ物、是非お土産にお持ち帰り下さい。

新潟でお土産を買うなら?お酒からお菓子まで観光客に人気の商品を調査 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
新潟でお土産を買うなら?お酒からお菓子まで観光客に人気の商品を調査 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新潟は古くからお米どころだったため多くの米を使った煎餅などのお菓子やお酒があり、お酒は特に多くの酒蔵があります。また日本海の新鮮な海鮮が手に入るためそれを利用したお土産にしたいものが多くあります。そんな新潟のお土産のおすすめをご紹介します。
新潟市のおすすめスイーツ特集!人気のバイキングや土産に最適な一品も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
新潟市のおすすめスイーツ特集!人気のバイキングや土産に最適な一品も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新鮮な海鮮類に、美味しいお米に日本酒など、グルメの宝庫とも言われている人気の地「新潟」では、スイーツも美味しいことで評判です。そこで新潟県新潟市でおすすめのスイーツをご紹介していきます。バイキングはもちろん、お土産のおすすめも併せてどうぞ。

燕三条を観光しよう!見出し

子供から大人まで楽しめる燕三条のおすすめ観光スポットをまとめてみました。体験あり、工場見学あり、歴史あり、自然ありの燕三条、是非家族で訪れて目いっぱい燕三条を満喫して下さい。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月8日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote