地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

伯方島観光でイルカに会える?道の駅やグルメなど島の魅力も紹介!

伯方島観光でイルカに会える?道の駅やグルメなど島の魅力も紹介!

愛媛県今治市伯方町にある伯方島は、瀬戸内しまなみ海道によって本州や四国と陸続きにつながっている島です。今治から2つ目、本州からは5つ目の島となる伯方島では、海沿いに自転車で外周ルートを辿るといくつもの絶景スポットに出会えます。

愛媛・伯方島へ行こう見出し

Photo by kagawa_ymg

今治市伯方町の伯方島は、2005年の平成の大合併により今治市の一部となっており、しまなみ街道により、本州や四国から車や自転車で容易に訪れることができます。「はかたの塩」のCMで有名な伯方島は、小さい島ながら絶景スポットに溢れています。ここではそんな伯方島について、おすすめの観光スポットや道の駅、キャンプ場、イルカと遊べる場所などの情報を交えて紹介します。

しまなみ海道観光スポットランキングTOP10!おすすめの海の絶景を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
しまなみ海道観光スポットランキングTOP10!おすすめの海の絶景を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道は、瀬戸内の多島美を楽しめる観光スポットとしても有名です。今回はそんなしまなみ海道の観光スポットをランキング形式でご紹介したいと思います。ご紹介するスポットは全部で10箇所!どこが一位になるのか?必見です。

愛媛・伯方島へのアクセス見出し

Photo by kaidouminato

おすすめの観光地、伯方島へのアクセス方法は、バス、車、船、自転車などいろいろな方法があります。本州方面からバスでアクセスする場合は、福山駅または広島バスセンターから今治行きの高速バスに乗り、伯方島BSで下車します。福山駅からは約1時間、広島バスセンターからは約2時間30分弱で目的地にアクセスできます。

尾道駅発のしまなみサイクルエクスプレスで行く方法もあります。その場合には自転車持ち込みができ、約50分で伯方島BSにアクセスすることができます。また、自転車でアクセスする場合は、しまなみ海道を走り、今治川からは大島と伯方島をつなぐ伯方・大島大橋を渡って、本州側からは大三島橋を渡って伯方島に入ります。本州側から5つ目、今治側からは2つ目の島となります。

Photo by whileimautomaton

四国方面からバスでアクセスする場合は、松山駅または今治駅から高速バスで伯方島BSまで乗車します。松山駅からは約2時間、今治駅からは約40分で目的地に到着します。尾道側から車でアクセスする場合は、しまなみ海道を走り伯方島インターで降ります。今治側からは今治インターまたは今治北インターからしまなみ海道に入り、伯方島インターで降りればアクセス可能です。
 

今治港から船でアクセスする場合は、土生(はぶ)港行き快速線に35分ほど乗船し、伯方島木浦(きのうら)港で下船します。木浦港からは循環線有津廻りバスで伯方インターで下車します。大島・宮窪港からフェリーで伯方島・尾浦港にアクセスする方法もあります。尾浦港からは循環バスまたは車で伯方インターにアクセスします。

しまなみ海道はドライブデートに最適!絶景スポット情報は?モデルコースも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
しまなみ海道はドライブデートに最適!絶景スポット情報は?モデルコースも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
しまなみ海道は愛媛県と広島県の間にある6つの島を繋ぐ橋です。絶景も楽しめる事からドライブコースとしてもとても人気があります。今回は壮大な景色を楽しめるしまなみ海道のおすすめ絶景スポット情報をたくさん含めて、ドライブデートに最適なプランとしてご紹介致します。

愛媛・伯方島の塩産業見出し

「はかたの塩」のコマーシャルでもお馴染みの観光の島、伯方島では、昔から塩を製造する産業が活発でした。晴天の日が多い瀬戸内海の島、伯方島では、にがりと塩味の中に甘みが感じられる塩作りが行われました。おすすめの伯方島の外周ルートには、塩田として栄えていた頃の跡がいくつもあります。1971年に国の政策により塩田を廃止して以降は塩の産業が衰退していきました。

愛媛・伯方島の道の駅伯方S・Cパーク見出し

道の駅伯方S・Cパークは伯方島のメインルート沿いにある道の駅で、伯方インターから信号を左折し、車で約3分でアクセスできる伯方島観光の起点とも言えるおすすめのスポットです。Sはスポーツ、Cはカルチャーを表わしており、コンサートホールや体育センター、公園、テニスコート、海水浴場などを備え、レンタサイクルやキャンプ場の受付も行うという複合的な道の駅です。

道の駅伯方S・Cパークは休憩にはもってこいの場所です。目の前には美しいおすすめの伯方ビーチが広がり、夏には海水浴もできます。白い砂浜と透き通った海は南国のリゾートを彷彿させるほどの雰囲気があり、多くの海水浴客で賑わいます。また、この道の駅は最寄りのサイクリングターミナルにもなっています。
 

このパークの中心とも言えるマリンオアシスでは、特産品や土産品はじめ、地元で採れた新鮮な野菜や柑橘類が販売されている他、レストランがあり、軽食コーナーや売店もあります。絶品の海鮮丼セットが1540円で楽しめ、伯方の塩ソフトクリームやじゃこ天なども人気があります。島めぐりの前にこのパークでトイレを済ませてから出かけることをおすすめします。

愛媛・伯方島のドルフィンファーム見出し

道の駅伯方S・Cパークに隣接した場所に、イルカと遊べるおすすめの「ドルフィンファームしまなみ」があります。この施設は2016年にオープンしたばかりの施設で、道の駅伯方S・Cパークにある二つのビーチの内、南側のビーチを利用しており、海陸併せて約24000平米の広大な敷地を持つ、日本最大のイルカと鯨とのふれあい施設です。

一次エリアにはスイムコースとふれあいコースがあります。おすすめのスイムコースでは、イルカやクジラの背びれにつかまって泳いだり、水中でイルカたちが自由に泳ぐ様子を観察することができます。ふれあいコースでは、水上の台に上って、イルカたちと握手やキスをしたり、餌をあげたりしながら、イルカたちと楽しいひと時を過ごすことができます。

ドルフィンファームしまなみの営業時間は9時から17時までで、施設には無料の駐車場があります。基本入場料は大人が500円、小学生以下が400円で、年中無休で営業しています。イルカたちと泳ぐスイムコースは、レクチャー20分、体験40分、計60分で9000円、イルカたちとのふれあいコースは、レクチャー10分、体験20分、計30分でで5000円となっています。

愛媛・伯方島のドルフィンファームのオートキャンプ場見出し

ドルフィンファームの陸の部分にオートキャンプ場があります。このおすすめのキャンプ場は、2018年4月に新設されたばかりの二次エリアにあるキャンプ場で、コテージサイト、グランピングサイト、テントサイトがあります。いずれのサイトでも、しまなみの海の景色が楽しめるとともに、イルカたちとのんびり過ごすことができます。

オートキャンプ場のコテージサイト

コテージサイトでは、ジャーニーとコンフォートキャビンという二つのおすすめのトレーラーハウスがあります。ジャーニーは世界初の屋上付きトレーラーハウスで、屋上では、朝の自然の光を浴びながらコーヒーを楽しんだり、夕日や星を眺めながら優雅な夜を過ごすことができます。システムキッチン、ユニットバス、ロフト、寝室、屋外テラスなどの設備があります。

コンフォートキャビンは長期滞在型ロイヤルトレーラーハウスで、快適にゆったり寛げる部屋をコンセプトに設計されており、静かでゆったりとした時間を過ごすことができるおすすめのトレーラーハウスです。バスルーム、トイレ、システムキッチン、ロフト、寝室などの施設がある素敵な空間でもあります。

2人から5人用のジャーニーとコンフォートキャビンは、それぞれ平日が8500円と8000円、休日前や連休時は9000円と8500円、小学生以下はいずれも半額となっています。また、2人前4000円でおすすめのバーベキューセットが予約できます。屋外テーブルでは、食材、炭火コンロ付きのバーベキューセットにより、楽しいバーベキューが満喫できます。

オートキャンプ場のグランピングサイト

グランピングサイトには、ロータスベルテントという素敵なテントがあります。このおすすめのテントはオーストラリアのロータス社製で、玉ねぎのような可愛い形のテントです。日本でこの形のテントに宿泊できる場所は4か所ほどしかありません。このサイトにはエアーダブルベッド3床、寝具、ソファー、テーブル、照明、100Vケトン、クーラーボックスなどの設備があります。

グランピングサイトのもう一つのテントはノルディスクヴァナヘイムというテントで、リッチな気分に浸りながらテント生活が楽しめる、キャンパーが憧れるおすすめのテントです。とんがり屋根に白くまのマークのあるベルギー製の丈夫なテントには、エアーダブルベッド4床、寝具、ソファー、テーブル、照明、100Vケトン、クーラーボックスが付いています。

ロータスベルテントとノルディスクヴァナヘイムは、どちらも4人から6人が宿泊できますが、一人当たりの宿泊料は、平日はそれぞれ、6500円、6000円、休前日と連休、夏休みは7000円、6500円となっており、小学生以下の子供はいずれも半額で宿泊可能です。バーベキューセットも2人前、4000円で予約することができます。

オートキャンプ場のコテージサイトやグランピングサイトでは、種々のレンタル用具が借りられます。コンロセットが1000円、ダッチオーブン2000円、コンセントとダッチオーブンが2000円、バーベキュー用の炭については、3人から5人分の炭3キログラムが463円で手に入れられます。

オートキャンプ場のテントサイト

オートキャンプ場のテントサイトでは、14メートル四方の広い区画サイトとフリーサイトがあります。区画サイトでは、テント2張り、タープ2張り、車1台が基本で、6名まで使用でき、100V電源が1500Wまで使用できます。フリーサイトは広い芝生のサイトで、テント1張り、タープ1張り、車1台が基本で、4名まで使用可能です。

テントの使用料金は、区画サイト、フリーサイトがそれぞれ、4月1日から11月30日までのハイシーズンは、6000円と3000円、12月から3月31日までは3000円と2000円となっています。食材、炭火コンロ一式が揃ったバーベキューセットが予約できます。また、簡易温水シャワーが使用可能で、男女別の更衣室も用意されています。

愛媛・伯方島の船折瀬戸オートキャンプ場見出し

観光の島、伯方島にはもう一か所、キャンプ場として知られた場所があります。それは、船折瀬戸キャンプ場という伯方島の南側にあるコンパクトなスポットで、箱庭のような瀬戸内の景色が堪能できる隠れ家的なキャンプ場です。船折瀬戸は伯方島と鵜島の間の狭い瀬戸で、「船が折れるほど」の急流・潮流で知られており、展望所から見ると、潮流が渦を巻いているのが見えます。

オートキャンプは1年を通して可能で、コンロ等の器具が使用できます。また、囲いの無い屋外シャワーが無料で使えます。キャンプ場使用料は、宿泊の場合、中学生以上の大人が一人300円、子供は150円、持ち込みテント・タープ1張りが1000円、キャンピングカー1台が2000円で、デイキャンプの場合は、それぞれ、200円、100円、700円、1700円となっています。

愛媛・伯方島のPatisserie・T's・Cafe玉屋見出し

観光の島、伯方島の外周ルートを進み、有津という地区に行くとPatisserie・T's・Cafe玉屋というお洒落なカフェがあります。このカフェは、もともと木浦地区にあったケーキ屋さんが移転してオープンしたカフェで、極上のコーヒーとケーキが堪能できるお店です。地元の果物を使ったケーキやパフェが評判となっており、ランチメニューもあります。

このお店のコーヒーは手淹れのドリップコーヒーで、オリジナルブレンドが500円、ゴージャスなフルーツパフェが900円で楽しめます。ランチは、カレー、ベシャメルソースのシーフードピザ、クロックムッシュなどのメニューがあり、サラダかスープとドリンクが付いて1100円となっています。このお店は、海を見ながら優雅に過ごせるおすすめのカフェです。

愛媛・伯方島の塩ラーメン・さんわ伯方島本店見出し

塩で有名な伯方島で最も知られた塩ラーメン店が、さんわ伯方島本店というお店です。観光の島、伯方島の塩田で生まれ育ったオーナーが、平成10年に「瀬戸内海を味で伝える」をテーマに開発したお店で、17種類の素材の旨味を伯方の塩で引き出しており、あっさりしたスープと特性の細麺が絶妙に絡み合って、美味しいテーストを作り出しています。

さんわ伯方島本店は、観光の島、伯方島の東側、木浦にお店を構えています。サイクリング客が多いのですが、車の場合は隣の空き地に10台ほど停められるスペースがあります。ミネラルをたっぷり含んだ伯方の塩で造られた塩ラーメンは580円とリーズナブルです。また、出汁が利いたお茶漬け風味の貝めしセットが930円で楽しめます。

愛媛・伯方島のイマイ流かあちゃん亭見出し

観光の島、伯方島の南側を外周ルートに沿って道の駅の方から東へ進むと有津に出ます。有津の伯方ショッピングセンター入口付近に、B級グルメの店、イマイ流かあちゃん亭があります。この屋台の500円の大三島ソースオムそばをテイクアウトして食べるのが美味しいと評判になっています。今治の黄金ソースを使ったオムそばは、評判に違わない美味しいテーストです。

愛媛・伯方島のゲストハウス・ソルトハウス見出し

ソルトハウスは、観光の島、伯方島の木浦地区の路地裏にある歯医者さんの建物を改築して造ったゲストハウスで、昭和の臭いが漂うお洒落な宿泊施設です。この古民家風ゲストハウスの女性専用個室は、一人につき一泊素泊まりで4500円となっており、一人でも宿泊できます。また、グループやファミリー用個室も、一人4500円で、2名から宿泊が可能です。

ソルトハウスの設備としては、ミニキッチンや電子レンジが備わっており、食材の持ち込みが自由にできます。また、ドリンクコーナーがあり、コーヒーやドリンクが無料で楽しめます。海は見えませんが、近くにスーパーや食事処もあり、便利な場所と言えます。シャワー設備や冷蔵庫もあり、駐車場には普通、軽、併せて4台ほどの車が駐車できます。

愛媛・伯方島の人型サイクルスタンド見出し

しまなみ海道を自転車で走っていると人の形をしたサイクルスタンドに遭遇します。このスタンドは、2012年に開催された今治サイクルスタンド・デザインコンテストで最優秀賞に輝いたものを製品化しており、今治や、大島、伯方島、大三島などに6種類のサイクルスタンドが点在しており、「6人のシクロツーリスト」と呼ばれています。美しいビーチを背景に写真撮影ができます。

しまなみ海道サイクリングは初心者でも安心なコース!景色を楽しみつつ海を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
しまなみ海道サイクリングは初心者でも安心なコース!景色を楽しみつつ海を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
しまなみ海道は初心者でも安心して楽しめるサイクリングコースとして人気です。現地で自転車をレンタルでき、初心者でも気軽にサイクリングと海の景色を満喫できます。しまなみ海道サイクリングのコースやレンタル情報、海の景色が美しいスポットなどをご紹介します。

愛媛・伯方島の沖浦ビーチ見出し

沖浦ビーチは、観光の島、伯方島の木浦地区にあるビーチで、およそ1キロメートルの砂浜が続いています。瀬戸内の穏やかな風と波を背に受けながら、のんびり浜辺で子供たちと遊び戯れるのもいいものです。昔ながらのなつかしいイメージを持つこのビーチは、7月15日から8月31日まで海の家がオープンしています。無料の駐車場には44台の車が駐車可能です。

愛媛・伯方島の大角豆島見出し

観光の島、伯方島の北東に浮かぶ大角豆島(ささげじま)は、昔塩田のあった瀬戸浜のすぐそばにある小さな島です。大潮の干潮時のみトンボロ現象という珍しい現象が起き、陸続きとなり、その時だけ島まで歩くことができます。また、この現象が朝日の昇る時間や夕暮れ時に重なった時には、厳かでファンタジックな情景を堪能することができます。

愛媛・伯方島を満喫しよう見出し

Photo by girakku

今治市伯方町にある観光の島、伯方島はしまなみ海道の途中にある小さな島ですが、いたるところ見どころに溢れています。海に沿った外周道路沿いにはビーチやキャンプ場があり、イルカやクジラと遊ぶこともできます。ここではそんな伯方島について、おすすめの観光スポットや道の駅などの情報を交えながら説明してみました。

投稿日: 2018年7月12日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote