地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

とんかつ川久で鹿児島名物の黒豚を堪能!おすすめメニューや場所は?

鹿児島名物といえば黒豚。その黒豚を使った名物料理といえばとんかつです。そんな鹿児島名物の黒豚とんかつの名店として知られているのが川久です。オープン前から行列ができているほどの人気のとんかつ川久について紹介します。鹿児島に行かれる際は参考にしてください。

黒豚料理が名物の鹿児島見出し

Photo by yuko_okuy

九州の南部にある鹿児島。毎年多くの観光客が訪れており、大河ドラマ「西郷どん」の影響もあり観光地としても非常に人気です。そんな鹿児島には名物料理が沢山あり、観光の他に食べ物も楽しみに訪れている方が多いです。特に鹿児島の黒豚は非常に人気があり、しゃぶしゃぶやとんかつなど多くの名店があります。その中でも特に人気が高く行列が絶えない「とんかつ川久」について紹介します。

鹿児島とんかつランキング21!ランチにもおすすめな人気の有名店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島とんかつランキング21!ランチにもおすすめな人気の有名店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
豚肉の生産量が日本一の鹿児島県。そして全国的にも有名な鹿児島産の黒豚ですが、本場鹿児島県には黒豚を使った美味しいとんかつ屋さんがたくさんあります。そこで今回は高級豚肉として人気の黒豚を扱う人気のとんかつ屋さんをランキング形式でご紹介していきます。

とんかつ川久の店舗見出し

とんかつ川久の店舗は鹿児島市内に2店舗あります。まず1店舗目は鹿児島中央駅から徒歩3分ほどの場所にあり、ビジネスホテルや飲食店が立ち並んでいるベル通りといわれる商店街の中にあります。行列になっているので近くまで行くとすぐわかります。2店舗目は鹿児島中央駅から車で約10分ほど、天文館からは徒歩10分ほどにあるドルフィンポートの2階にあります。

鹿児島中央駅周辺のランチ情報!人気カフェやアミュプラザ内もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鹿児島中央駅周辺のランチ情報!人気カフェやアミュプラザ内もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鹿児島県内で1日の乗降客数が1位の鹿児島中央駅。新幹線が乗り込んでおり、周辺も比較的栄えております。今回は、アミュプラザ鹿児島内のランチ情報も含めた鹿児島中央駅周辺の人気カフェからがっつりランチまで、お昼時に便利な情報をご紹介します。

とんかつ川久の駐車場見出し

Photo by awayukin

とんかつ川久の駐車場ですが、ベル通りの店舗は専用の駐車場がないため、車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。鹿児島中央駅からも近いため、有料駐車場は多数あります。鹿児島中央駅の駐車場は広いので、駅の駐車場に停めて行く方も。近隣の駐車場を探している間に行列が出来ることもありますので、時間に余裕をもっての訪問をおすすめします。

Photo byblickpixel

続いてドルフィンポートの店舗の駐車場に関してですが、ドルフィンポートには専用の駐車場があり最大750台の収容が可能です。障害者用の駐車場も完備されており、駐車場料金は30分まで無料です。その後、店舗でのご利用金額に応じて駐車場料金が割引になるサービスもありますので、車で行かれる方はドルフィンポートの店舗の方がおすすめです。

とんかつ川久の店舗基本情報見出し

続いて、とんかつ川久の店舗基本情報を紹介します。2店舗あるとんかつ川久ですがベル通りの店舗についての紹介です。営業時間はランチタイム11時半から14時半まで(ラストオーダー14時)、ディナータイム17時から21時半まで(ラストオーダー21時)です。定休日は毎週火曜日と1月1日・2日です。
 

店内は完全禁煙で、テーブル席が16席、お座敷席が18席です。お座敷がありますのでお子さん連れの方でも気軽に利用することができます。予約も可能で、予約できる時間は平日の11時半と17時の限定となります。平日にとんかつ川久に行かれる場合は予約をしておくと行列に並ぶことなくスムーズに入店することができます。土日は予約不可のため行列に並ぶこと必須です。

とんかつ川久の雰囲気見出し

それでは、行列ができる人気店とんかつ川久の店舗の雰囲気はどのようなものなのでしょうか。外観は和風の佇まいで、店頭には料理のサンプルが並んでいます。行列に並んでいる間にサンプルを眺めるのも楽しいひと時です。見ているとどれも美味しそうでますますお腹が空いてしまいます。

店舗の入り口にはとんかつ川久からのメッセージがかかれており「肉には旬が無いと思われがちですが、豚肉には桜ともみじの季節が一番美味しいと言われています。桜散らぬもみじ枯れぬ当店のとんかつをどうぞお楽しみください」とのこと。これを読むと桜ともみじの時期にもう一度行きたくなってしまいます。

店内の雰囲気ですが、ランチタイムは行列ができるほどなため常に満席でにぎわっています。観光客のみならず、近隣のサラリーマンも多く訪れており忙しい時間帯は座敷席は相席を頼まれることもあります。また、お子様用のメニューもあり、家族連れで訪問されているお客さんもいらっしゃるアットホームな雰囲気のお店です。

とんかつ川久のおすすめメニュー1:上黒豚ロースかつ定食見出し

それでは、とんかつ川久のおすすめメニューを紹介します。とんかつ川久では定食メニューが沢山揃っており全品ご飯とお味噌汁、小鉢、香物がつきます。ご飯は一回までおかわり自由もしくは大盛りもでき、多くのお客さんがおかわりをしています。そんな定食メニューで最初のおすすめメニューは「上黒豚ロースかつ定食」です。こちらのとんかつは250グラムで値段は2500円です。

ロースかつは上黒豚ロースかつの他に、黒豚ロースかつ定食(150グラムで1900円)と上ロースかつ定食(250グラムで1600円)とロースかつ定食(150グラムで1100円)があります。豚肉の量や金額が違いますのでどれにしようか迷ってしまいます。まず紹介するのはその中でも一番値段が高い上黒豚ロースかつ定食です。

とんかつ川久で提供されるお肉は、渡辺パークシャー牧場の黒豚肉、日高養豚場のひなもりポーク、アクシーズフーズの悠然鶏であり丁寧に育てられているものを使用されています。上黒豚ロースかつは注文を受けてから、揚げ時間に15分から20分程度かかりますので時間に余裕があるときの注文をおすすめします。

上黒豚ロースかつは、しっかりとした厚みで3センチほど、中はほんのりピンク色でお肉が一番美味しく感じる揚げ具合です。歯ごたえはあるけれどさっくりと噛み切ることができ、ロースの脂の部分が口の中で溶け甘みも感じられます。ボリューム満点ですが、お肉自体の脂が口の中で溶けくどくないため最後まであっさり。ご飯もついついおかわりしてしまいます。

ちなみに上黒豚ロースかつと黒豚ロースかつは使用されているお肉自体は全く同じものであり、お肉をスライスしたときの厚さが違うだけなんです。厚さが違うためもちろん量が変わりますので、その時のお腹のすき具合で決めるのがおすすめです。大きさは1.5倍ほど違いますがあまりに美味しいため上黒豚ロースかつでもペロッと食べきれてしまう方も多いです。

とんかつ川久のおすすめメニュー2:上黒豚ヒレかつ定食見出し

続いて、とんかつ川久のおすすめメニュー2つ目は「上黒豚ヒレかつ定食」です。こちらは200グラムで2500円となっており、ヒレカツはその他にも黒豚ヒレカツが120グラムで2100円、上ヒレカツが200グラムで1800円、ヒレカツが120グラムで1200円です。全体的にロースカツと比較すると量は少し少な目になっています。ちなみにこちらの定食もご飯のおかわりは可能です。

上黒豚ヒレかつも上黒豚ロースかつと同様に揚がるまで時間がかかるためゆっくりと時間がとれるときの注文がおすすめです。お肉の断面はきれいなピンク色になっており、細かめのパン粉を使って薄めの衣に仕上がっています。ヒレ肉は柔らかいけれどもしっかりと歯ごたえもあり、食後は揚げ物を食べたあととは思えないほどさっぱりとしています。

ヒレカツもロースカツと同様で、上黒豚ヒレかつと黒豚ヒレかつは使用しているお肉は同じものです。ヒレカツはロースカツと比較しても脂の部分が少なくあっさりといただけるため量が多くてもさっぱりといただくことができます。お財布に余裕があればぜひ上黒豚ヒレかつをおすすめします。たっぷりのヒレカツはお肉を食べた満足感を必ず得ることができます。

とんかつ川久のおすすめメニュー3:川久丼見出し

続いてとんかつ川久のおすすめメニュー3つ目は「川久丼」です。店名が入ったこちらの丼は1200円でいただけます。川久丼はたっぷり入ったご飯の上にキャベツが敷き詰められており、その上にはとんかつと豚バラ焼き、軟骨煮がのせられています。一度で3種類もの豚肉料理が食べられるので特に観光で来られている方に人気が高いメニューです。こちらはごはんのおかわりはできません。

とんかつはロースカツが6切れものっており通常のロースカツ定食と比較しても引けをとらないほどの量です。豚バラ焼きは食べごたえがあり、軟骨煮は口の中でほろほろととろけていくほど柔らかく煮込まれています。3種類の豚肉料理がそれぞれ違う味わいでたっぷりと食べられるため様々な種類の料理が食べたいという方に特におすすめのメニューです。

とんかつ川久のおすすめメニュー4:カツとじ見出し

とんかつ川久のおすすめメニュー4つ目は「カツとじ」です。こちらは1100円、ヒレ肉に変更する場合はプラス100円です。とんかつもいいけれどカツ丼もたまには食べたくなりませんか。そういったときにカツとじはぴったりです。揚げたてのロース肉を卵でとじたカツとじはそのまま食べても、ご飯にのせても美味しくいただけます。こちらもご飯のおかわり可能です。

そのまま食べても美味しい揚げたてのロースカツを卵でとじてあります。卵の半熟具合も抜群で、ロースカツはサクサクの部分と卵と合わせてクタっとなった部分を楽しむことができます。ご飯と合わせるとおかわり必須、その他はビールのおつまみとしていただくというお客さんもいらっしゃいます。

とんかつ川久のおすすめメニュー5:川久コロッケ見出し

とんかつ川久のおすすめメニュー5つ目は「川久コロッケ」です。こちらは単品での注文となり、400円で2つついています。とんかつに追加する形で注文される方が多いようで、地元のフリーペーパーやネットでのクーポンを利用すると、1個無料でいただけるサービスがありますのでおすすめです。サービスランチなどで追加すると非常に豪華になります。

川久コロッケは厚みは2センチほど、衣は薄く細かめのパン粉がまぶされています。中身はじゃがいもと玉ねぎ、ひき肉といたってシンプルな内容。じゃがいもはしっかりと裏ごしされておりなめらかな食感、まろやかで非常に上品な味です。玉ねぎの甘みも引き出されておりぜひ注文してほしい一品です。

とんかつ川久のサービスランチ1:川久ランチ見出し

とんかつ川久では11時半から15時までの限定で非常にお得なサービスランチをいただくことができます。ランチは3種類あり、その中でも特に人気が高いのが「川久ランチ」です。こちらはヒレカツとロースカツが両方同時に楽しむことができるお得なメニューで、とんかつの他は定食メニューと同様にご飯・味噌汁・小鉢・香物がついています。

川久ランチのみ限定50食となっており、多くのお客さんが注文されるため食べたい場合は早めの訪問をおすすめします。特にオープン後になると行列ができていることも多いため、オープン前から並ぶようにしましょう。川久ランチはボリュームも満点で、ロースカツとヒレカツが合わせて3枚ものっており男性でも充分満足できる量になっています。

川久ランチのとんかつは厚みは1センチほどで他の定食メニューと比較すると厚くはないのですがその分食べやすく、特にロースカつはお肉の脂もしっかりとしており肉自体の旨味を感じることができます。川久ランチでもご飯のおかわりは1回のみ可能です。美味しいとんかつを食べるとご飯がすすみついついおかわりをしたくなってしまいます。

とんかつ川久のサービスランチ2:ロースカツランチ見出し

続いてとんかつ川久のサービスランチ2つ目は「ロースカツランチ」です。こちらは850円で川久ランチのように限定数はありません。薄い衣をまとったロースカツはさくさくの歯ごたえで、脂の部分がくっきりとわかれています。うっすらとピンク色の状態で提供されるためお肉の一番美味しい状態でいただくことができます。こちらもご飯のおかわり可能です。

とんかつ川久のサービスランチ3:ヒレカツランチ見出し

最後にとんかつ川久のサービスランチ3つ目は「ヒレカツランチ」です。950円で、こちらも限定数はないため行列に並んで14時半ギリギリに入店しても食べることができます。ヒレカツは3個のっており、食べやすいようにカットされています。断面は淡いピンク色でお肉の美味しさが口の中に広がっていきます。ヒレカツランチももちろんご飯のおかわり可能です。

とんかつ川久のソース見出し

とんかつ川久では、卓上に3種類のソースが置いてありお好みのものをとんかつにつけていただくことができます。置かれているものは、ソース・しょうゆたれ・ゆず味噌たれであり、3分割されている小皿があるため全ての味を試してみることができます。自分の好みの味を見つけるのも、こちらの楽しみの一つです。

ソースはノーマルのとんかつソースでありさらっとしています。しょうゆたれは九州の甘いしょうゆをベースで、ゆず味噌たれは濃厚でクセになる味わい。そのほかにも、とんかつを塩で食べたい際は注文すると持ってきていただけます。岩塩のような味わいの塩は特にロースかつにぴったりで、お肉の甘みをより引き出してくれます。その他にもからしやマヨネーズなどもあります。

鹿児島にいったらとんかつ川久に行こう見出し

Photo bytakedahrs

いかがでしたか。鹿児島で人気のとんかつ川久について紹介しました。オープン前から行列ができるほどお客さんが多く、豚肉の旨味を最大限に引き出したとんかつは鹿児島に行ったら食べてみたい名店です。お得なランチメニューがあったりご飯のおかわりが自由だったりと嬉しいサービスもあるとんかつ川久にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2018年7月29日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote