地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

北海道・北見の観光おすすめスポット13選!子供にも人気の場所あり!

北海道・北見の観光おすすめスポット13選!子供にも人気の場所あり!

自然を体験したいという観光地としておすすめなのが北見です。春を迎え咲き誇る花も冬の流氷も、キタキツネなどの野生の動物も、他の土地ではなかなか見る体験ができません。そんな北見を観光するときにおすすめの場所についてまとめてみました。

おすすめ観光地【北見】見出し

Photo by jetalone

北見市は、北海道のオホーツク海沿岸にある市です。石北峠までに広がり、北海道の中で一番広い地方公共団体となっています。北見という名前は松浦武四郎によってつけられたもので樺太が快晴の日に見えることから「北見」となったとされています。

オホーツク海に面したサロマ湖を有する北見は、ダイナミックな北海道の自然が体験できる人気スポットがたくさんあります。今回はそんな北見のおすすめ観光地についてまとめてみました。

北見の名物グルメランキングBEST11!お土産にも人気!口コミは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北見の名物グルメランキングBEST11!お土産にも人気!口コミは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の北見市は、グルメの中でも特に名物である焼肉のお店が多数存在している街でもあります。そのため北見市は焼き肉の街と称されることも。そんな北海道の北見市の名物グルメを勝手にランキング形式で11位までご紹介します。北見のグルメランキングをぜひお楽しみください。

見どころいっぱいの北見観光見出し

北見の見どころとして大きいのはやはり自然の豊かさでしょう。海に湖、自然の生き物などを体験してみたいものがたくさんありますし、ここでしか見られない景色があちこちにあります。また温泉などもあり、子供が楽しめる施設もあります。

季節によって違うおすすめ【北見】見出し

北見は自然が豊かであるため、北海道である以上に季節による見どころが多い場所です。

周囲を真っ白にしてしまう厳しい冬、そして春が訪れ、木々が芽吹き、花が咲く、というその季節のうつろいそのものが北見のおすすめといえるでしょう。

別の季節にまた観光に来たいと思える人気スポットが多いのです。

【北見】観光のおすすめポイント見出し

ここでは北見観光のおすすめスポットとして13ヶ所をあげます。北見は自然が豊かなところなので、自然、施設、温泉の3つに分けて紹介してみたいと思います。

おすすめ【北見】観光自然編見出し

サロマ湖

日本第2位の広大な面積を持つサロマ湖。

オホーツク海に面しており、夕日がサロマ湖の水平線に沈んでいく様子はまさに絶好の撮影スポットとして北海道内でも人気です。

この夕日を撮影するなら幌岩山山頂にあるサロマ湖展望台にぜひ行ってみてください。サロマ湖とオホーツク海の大パノラマを一望できる、最高のスポットです。カメラだけでなく、自分の目にも焼きつけておきたい絶景です。

美幌峠

阿寒国立公園内にあり、道東とオホーツクを隔てるところにある峠です。北見市街からは少し距離がありますが、周囲が急こう配になっていることから眼下にきれいな景色が広がります。

特にここから見える屈斜路湖の景色はまさに絶景スポット。北海道どころか、全国でもトップ5に入る景色といえるでしょう。コバルトブルーの深い色の屈斜路湖は周りの森林の緑に彩られ、鏡のようにきらめきます。撮影スポットとしても人気です。

ワッカ原生花園

ワッカ原生花園は海浜植物を中心に約300種の花が咲く群生地です。サロマ湖とオホーツク海を隔てる細長い砂州の上にあります。

冬は一面の雪に覆われていますが、4月になり春の訪れとともにエゾエンゴサクが花が咲き、夏はエゾスカシユリ・センダイハギ・ハマエンドウと、秋にはツリガネニンジンが美しい花を咲かせます。真紅のハマナスも見逃せません。そしてそれらの花と競演するベニマシコやノゴマなどの色とりどりの野鳥や渡り鳥。自然の奥深さを感じたい方におすすめのスポットです。

おすすめ【北見】観光施設編見出し

北きつね牧場

キタキツネは北海道を代表する動物でキャラクター商品なども多いので、知っている方も多いでしょう。生きたキタキツネを見たいという方はこちらがおすすめ。キツネ専門の動物園です。

1983年に開設され、温根湯温泉温泉街から徒歩圏内にあります。敷地内の遊歩道をめぐることで近くでキタキツネを見ることができます。子供にもおすすめの場所です。

北の大地の水族館山の水族館

「山」と「水族館」どうつながるの?と疑問に思うかもしれませんがこの施設は全国的にも有名な水族館となっています。

一般的に水族館というと海の近くにあってイルカショーなどが連想されますが、この水族館は淡水魚専門の水族館なのです。淡水魚で水族館なんてできるの?と思いますが、実はメインとなる特別な魚があるのです。

その魚とは、イトウ。イトウは道東からオホーツク海沿岸にかけて生息している、日本最大級の淡水魚なのですが本州では絶滅しており幻の魚と言われているのです。1メートルに育つのに15年もかかると言われていますが、この水族館にはそれがなんと40匹以上もいるとか。生息地に近く自然に近い環境の中で見ることができるのはこの水族館のおすすめポイントなので子供も含めて大人気です。

道の駅おんねゆ温泉に隣接しており規模は大きくありませんが、温泉をいかして熱帯魚なども飼育されています。

北見ハッカ記念館

北見の繁栄は、ハッカぬきでは語れません。第二次世界大戦前には世界一の生産量を誇った時期もありました。日本産のハッカは含まれる成分が多いため、安価で良質だったためです。後、輸入品や合成品が出回るようになり生産は減りましたが、日本産の商品の価値が見直されるようになったことから北見で生産されるニホンハッカを使った製品が多く開発され現在に至っています。

この北見ハッカ記念館は、産業の発展に大きく寄与したホクレン北見薄荷工場の研究所を移設したものです。2007年、日本近代化産業遺産に認定されました。北見ハッカの歴史を知ることができる資料が陳列されています。ハッカ製品をおみやげに買うときには特におすすめです。

ピアソン記念館

ピアソンとはアメリカ人の宣教師で、大正から昭和初期にかけて宣教活動をしていました。この記念館はそのピアソン夫妻が住んでいたところです。ピアソン氏の思想や業績のほか、周囲の人々の活動の記録などが陳列されています。

また、この建物自体も歴史的に重要な建築物です。というのはこの記念館を建てたのは、日本で数多くの西洋建築を手がけたヴォーリズが設計したものなのです。窓はおもりとロープを使って上げ下げができるようになっているなど、画期的な設備を目の当たりにできます。北海道での宣教師の活動を知ることができる貴重なスポットといえるでしょう。

ワッカネイチャーセンター

ワッカネイチャーセンターは、ワッカ現世花園の中にあります。休憩所や売店などがあり散策の途中で一休みができます。

また、オホーツクエリアの大自然や原生花園の様子がパネル展示されているほか、ジオラマやビデオ上映なども行われています。花園ですから季節や天候によって変化があるもの。訪れた時以外の季節の姿もぜひおすすめです。

ところ遺跡の館

平安時代、つまり平安京が都だったころ、常呂地域を中心としたこのあたりに独自の文化圏が作られていました。その遺跡である「常呂遺跡」がここにはあります。この「ところ遺跡の森」は国の指定史跡となっており、その中にあるのが「ところ遺跡の館」です。

この文化は北方や縄文文化などが融合しており、擦文文化と呼ばれます。この遺跡は3000基もの竪穴住居跡が出土しており、縄文から擦文文化の時代に至る出土品などを展示しています。歴史が好きな方はもちろん、古代ロマンに触れるひとときをここで過ごしてはいかがでしょう。

北見ハッカが大人気!ハッカ油に飴など種類も豊富で効能は?お土産に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北見ハッカが大人気!ハッカ油に飴など種類も豊富で効能は?お土産に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北見のお土産として有名なのがハッカ。ハッカ飴などをお土産にもらった経験がある人も多いのでは。実はハッカはすごい力を持った植物なのです。ここでは北見のハッカの効能とそれを利用した製品について調べてみました。お土産選びの参考になれば幸いです。

おすすめ【北見】観光温泉編見出し

温根湯温泉

留辺蘂地区にある温泉でおんねゆ温泉と読みます。山の水族館の近くにあります。網走地域と人気を二分する温泉街となっています。

泉質は弱アルカリの単純泉で、美白の湯として知られています。明治年間に創業した和風の宿である大江本家、100%かけ流しと海の幸が自慢の温根湯温泉四季平安の館など、大規模な宿泊施設も多く、のんびりと温泉を楽しむこともできます。5月ごろになるとつつじ公園のつつじも見ごろになります。

塩別つるつる温泉

名前の通り、入ると肌がつるつるになるという温泉です。乳液のような感じのお湯が楽しめます。泉質は単純硫黄泉で、大浴場が2ヶ所にあります。小川沿いにある露天風呂は周りにある白樺の木がよい雰囲気を醸し出しておりおすすめです。

旅館 塩別つるつる温泉

住所:
北海道北見市留辺蘂町滝の湯201
アクセス:
車/国道39号線旭川方面へ約80km~道央自動車道、上川層雲峡IC~国道39号線網走方面へ約80km
料金の目安:
7,500円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

奥屈斜路温泉ランプの宿森つべつ

阿寒湖と屈斜路湖の間、原生林の奥に一軒だけある宿がこの宿です。大浴場のほか、かけ流しの家族風呂や露店風呂などが揃っています。

泉質はアルカリ性単純泉となっています。都会の喧騒を離れて落ち着いた時間を過ごしたい方におすすめです。

奥屈斜路温泉 ランプの宿 森つべつ

住所:
北海道網走郡津別町字上里-738
アクセス:
車/札幌→道央道→比布JCT→旭川紋別自動車道→丸瀬布ICへ~丸瀬布IC~国道333→道道7・27号→道道588号→森つべつ 車以外/女満別空港より国道39・240号→津別町→道道588号経由で約50km
料金の目安:
5,000円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

子供も一緒に北見観光見出し

子供づれで北見観光を楽しむ場合、北きつね牧場や山の水族館などがおすすめです。また今回は紹介していませんが、SL広場や北見ファミリーランドなどで遊ぶのもいいでしょう。

また、温根湯温泉にはいろいろな温泉があり子供が遊べる温泉もあるようです。もし子供づれで旅行をするのであれば、そのあたりも考慮して宿泊先を決めるとさらに楽しくすごせるのではないでしょうか。

北見観光おすすめパターンは?見出し

北見市は前述の通り、北海道の中でも最も市域が広いです。そのため、移動に時間がかかることが考えられます。

ですから、観光する場所をある程度決め、時間ロスが少なくなるように予定を組むことをおすすめします。もし温泉に宿泊するのであれば、その宿泊場所に近い観光地を合わせるといいでしょう。

具体的には温根湯温泉に宿泊すると北きつね牧場と山の水族館がすぐそばになります。またサロマ湖のそばにも温泉があるので、サロマ湖周辺の観光を主とするならサロマ湖に宿泊するのがおすすめです。

おすすめを参考に北見を満喫しよう!見出し

北見の自然は国内外から人気です。うまく下調べをすることで、北見の美しい自然を存分に満喫してください。

関連キーワード

投稿日: 2017年2月10日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote