地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

洪瑞珍は台湾の人気サンドイッチ店!レトロでかわいいメニューや店舗を一挙紹介

食べ歩きが魅力の台湾ではパンのレベルも高く、中でもサンドイッチは今や立派な国民食です。台湾で有名なサンドイッチのお店「洪瑞珍」は、台湾在住の人が必ずリピートする人気店で、ガイドブックにも掲載されています。今回は洪瑞珍の素朴で美味しいサンドイッチをご紹介します。

台湾のサンドイッチの名店「洪瑞珍」見出し

Photo by meg.dai

台湾の朝食と言えば「豆乳と揚げパン」や「饅頭」、「お粥」というイメージですが、実はサンドイッチも定番の朝食メニューかつ台湾グルメの1つとなっています。台中にある「洪瑞珍」はサンドイッチが有名な人気店で、常に多くの人で賑わっています。今回はレトロで美味しいと評判の洪瑞珍について、サンドイッチメニューや店舗等をご紹介していきます。

洪瑞珍とはどんなお店か見出し

洪瑞珍の正式名称は「洪瑞珍餅店」と言います。いわゆるベーカリーショップで、元々は台中の中山路で中華菓子を中心に販売していました。時代の流れに合わせ、パンやケーキを販売するようになると、たちまち人気が出て、あっという間に有名店となりました。その際、洪瑞珍を一躍に有名店に引き上げたのが、試行錯誤を重ねて作り上げたサンドイッチです。

洪瑞珍の店内には、看板メニューであるサンドイッチはもちろん、パンやロールケーキ、伝統菓子がずらりと並んでいて、ベーカリーショップ独特の、芳ばしく甘い香りに包まれています。パンは店内奥のオーブンで絶えず焼き続けているので、トレーが空になるとすぐ補充されます。

今では台湾のパンのクオリティも全体的にぐっと上がりましたが、台湾の人たちにとってやはり洪瑞珍は別格と、誰もが口を揃えて言います。

洪瑞珍のサンドイッチはふわふわのパンと薄い具がポイント見出し

洪瑞珍のサンドイッチの魅力は、何と言ってもその食感です。きめが細かく、ふわふわでしっとりしたパンは、他にはない美味しさです。開発当時、台湾のサンドイッチと言えばパサついたパンに油っぽい具と、あまり美味しいとされてはいませんでしたが、洪瑞珍のサンドイッチの出現により、台湾でのサンドイッチの印象が変わったと言われています。

ふわふわの食パンに挟まれているのは、びっくりするくらい薄い具です。最近では具がたっぷり詰まった分厚いサンドイッチが主流となっているので、初めて洪瑞珍のサンドイッチを手にした時には、薄い具とシンプルなサンドイッチを意外に思うかもしれません。

しかし、洪瑞珍のサンドイッチはこのシンプルさがポイントです。一口食べてみると、どこか懐かしく、素朴な味のサンドイッチはどこか癖になる美味しさで、必ずまた食べたくなるという人がほとんどです。又、軽い食感と薄い具なので、女性や子どもでもあっという間に平らげてしまえます。

台湾のサンドイッチは甘い?見出し

洪瑞珍のサンドイッチに欠かせないのが、甘いマヨネーズです。基本的に台湾のマヨネーズは甘く、卵の風味というよりも甘みの強いクリームチーズのような味わいがあります。食事系のサンドイッチに甘いマヨネーズは合わないと思うかもしれませんが、ハムの塩気とマヨネーズの甘みが相まって、何とも癖になる甘じょぱさがあります。

洪瑞珍のサンドイッチはどこか懐かしく美味しいとリピーター続出見出し

今では台湾にもたくさんのベーカリーショップができ、ベーカリーショップやカフェでSNS映えするようなおしゃれなサンドイッチやヘルシーなサンドイッチ、デザートサンドイッチ等、様々なサンドイッチを食べることができます。そんな中、台湾在住の人が必ずと言っていいほど美味しいとリピートし、旅行者におすすめするのが洪瑞珍のサンドイッチです。

洪瑞珍にはたくさんの商品が並んでいますが、店内は常にサンドイッチを買い求める人で溢れかえっています。その誰もが、洪瑞珍のサンドイッチはどこか懐かしく素朴で美味しいと口を揃えて言います。

幅広い年齢層のお客がいますが、中でも目を引くのは流行に敏感な若い女性の姿です。味はもちろんですが、よりSNS映えする食べ物を好む傾向にある彼女たちでさえ、洪瑞珍のサンドイッチの美味しさを別格だと言います。

洪瑞珍のサンドイッチメニューは種類豊富見出し

台湾ではサンドイッチを「三明治」と書きます。洪瑞珍のサンドイッチのメニューは1種類ではなく、おかず系、デザート系と複数のメニューがあります。それぞれどんな具が挟まっていて、どんな美味しさがあるのか、台湾ではポピュラーでも日本では意外な組み合わせもあるので、洪瑞珍のサンドイッチのメニューについてご紹介していきます。

原味三明治

「原味」とは、「オリジナル」を意味します。つまり、これが「元祖洪瑞珍のサンドイッチ」であり、台湾のサンドイッチに革命を起こしたサンドイッチです。初めて洪瑞珍でサンドイッチを買うという人にまず食べてほしい、おすすめのメニューです。

おかず系のサンドイッチで、具は火腿(ハム)と蛋皮(薄焼き卵)で、パンと具の間には甘めのマヨネーズとホイップクリームが塗られています。おかず系のサンドイッチにマヨネーズはまだしも、ホイップクリームが塗られていることに抵抗を感じるかもしれませんが、食べてみると塩気と甘さの意外な美味しさに驚きます。

サンドイッチにマヨネーズを塗るのは一般的ですが、ホイップクリームを塗ることでパンの内側はしっとりと、外側はふんわりとした状態を保つことができ、洪瑞珍の全てのサンドイッチにホイップクリームが塗られています。

満漢三明治

「満漢三明治」もおかず系のサンドイッチで、具は火腿(ハム)、蛋皮(薄焼き卵)、芝士(チーズ)で、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。

ハムとチーズの部分にしっかりとホイップクリームが挟まっているので、原味と同じく、初めて食べる際は合わないと抵抗を感じるかもしれませんが、一口食べればその不思議な美味しさのとりこになること間違いなしです。

芝士三明治

「芝士三明治」とはチーズサンドを意味します。具は芝士(チーズ)、蛋皮(薄焼き卵)で、もちろん甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。ハムと卵の組み合わせとはまた違ったバランスの良さがあり、塩気とコクのあるチーズの存在でクリーミーなサンドイッチに仕上がっています。

おかず系のサンドイッチではありますが、卵が薄いこともあって口当たりがとても滑らかなので、おかず系とデザート系のサンドイッチの間という感覚で食べることができます。少し小腹が空いた時のおやつにおすすめのメニューです。

橘子三明治

「橘子三明治」はオレンジ、つまりマーマレードジャムのサンドイッチです。具は橘子醤果醤(マーマレードジャム)、芝士(チーズ)のデザート系サンドイッチで、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。甘酸っぱく爽やかな味のマーマレードジャムがチーズとマッチしていて、甘いサンドイッチが苦手な人にも人気があります。

草莓三明治

「草莓」は苺のことで、つまり「草莓三明治」は苺ジャムのサンドイッチです。具は草莓醤果醤(イチゴジャム)、芝士(チーズ)のデザート系サンドイッチで、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。

全体的に甘い具ばかりですが、真ん中に挟まっているコクのあるチーズの存在が程よく全体をまとめているので、甘ったるいということもなく、程よい甘さに仕上がっています。甘いもの好きな人にはもちろん、お子さんのおやつにもおすすめです。

甘い苺ジャムのジャムサンドはデザート系のサンドイッチの中でも人気があり、店舗によっては売り切れてしまうこともあるので、早めの時間に買いに行くことをおすすめします。

藍莓三明治

「藍莓」はブルーベリーのことで、「藍莓三明治」はブルーベリージャムのサンドイッチです。具は藍莓醤果醤(ブルーベリージャム)、芝士(チーズ)のデザート系サンドイッチで、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。

程よい甘さのブルーベリージャムと塩気とコクのあるチーズの組み合わせが思いのほかマッチしていて、くせになる美味しさと人気があります。台中の洪瑞珍餅店(本店)でしか販売されていないので、台中の洪瑞珍餅店(本店)へ行かれた際にはぜひ食べてみてほしい、おすすめのメニューです。

全麥三明治

「全麥」とは全粒粉を意味します。「全麥三明治」の具は原味と同じ火腿(ハム)と蛋皮(薄焼き卵)で、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。原味との違いはパンで、全麥三明治のパンは芳ばしい香りと自然な甘みが特徴の全粒粉パンです。

一般的に全粒粉100%のパンはややぱさぱさで仕上がりも固い素朴な味わいに仕上がりますが、洪瑞珍の全麥三明治のパンは他のパンと同じくふわふわでしっとりした食感なので、全粒粉100%というより、全粒粉入りの食パンといった感じです。

全粒粉のパンは噛めば噛むほど甘みが出て、小麦の香りも良く、食物繊維も多く含まれているので、女性に人気があり、ヘルシー志向の人にもおすすめのメニューです。

黑芝士三明治

全麥三明治と同じく全粒粉のパンを使っている「黑芝士三明治」の具は、芝士と同じ芝士(チーズ)、蛋皮(薄焼き卵)で、甘めのマヨネーズとホイップクリームが挟まっています。芝士との違いはパンのみです。

全粒粉のパンは栄養価が高く、GI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)が低いと言われています。コクのあるチーズで食べごたえは十分にあるので、よりヘルシー志向の人におすすめのメニューです。

洪瑞珍のサンドイッチの人気メニューは見出し

種類豊富な洪瑞珍のサンドイッチの中で、最も人気があるのが、洪瑞珍のサンドイッチの原点と言える「原味」です。台湾在住のリピーターの中には原味しか買わないという人も多くいるくらいの人気商品で、洪瑞珍のサンドイッチのおすすめを聞くと、必ずと言っていいほど誰もが口を揃えてこの原味をおすすめと太鼓判を押します。

店舗の中には原味ではなく「招牌火腿」と表記している場合もあります。「招牌」とは「おすすめ」や「看板メニュー」という意味なので、原味はお店的にも自信をもっておすすめできる、間違いのない人気メニューということです。

基本的に洪瑞珍餅店(本店)のサンドイッチメニューは8種類ですが、店舗によっては黒胡麻ペーストを挟んだオリジナルメニューがあったり、期間限定のメニューも登場します。期間限定のメニューは特に、その時にしか買えないという魅力もあって人気があります。それでもやはり、台湾サンドイッチの名店洪瑞珍の人気メニューと言えば原味です。

洪瑞珍のサンドイッチはおやつにもぴったり見出し

洪瑞珍のサンドイッチはふわふわで、しっとりとしていながらも軽い食感なので、女性でも気が付けば1つ、2つぺろりと平らげていたという人がほとんどです。デザート系の甘いサンドイッチはもちろん、おかず系のサンドイッチも甘じょっぱいので、おやつとして食べられています。

電車移動の軽食代わりやおやつに洪瑞珍のサンドイッチを買っていく人もたくさんいます。出先で食べる際は、カバンの中で潰れてしまわないよう、荷物の上の方に入れて持ち運んで下さい。

洪瑞珍のサンドイッチの賞味期限は見出し

洪瑞珍のサンドイッチの賞味期限についてご紹介します。洪瑞珍餅店(本店)では、サンドイッチの鮮度を保つ為に半透明の油紙のような紙で包装しています。常温で12時間、冷蔵で3日から4日は保存可能です。冷蔵保存したサンドイッチは、食べる30分から1時間前に冷蔵庫から出して常温に戻せば風味も損なわず、美味しく頂くことができます。

サンドイッチを冷凍する方法もありますが、洪瑞珍のサンドイッチに関して言えばふわふわの食感が損なわれるので、おすすめできません。どうしても賞味期限内に食べることができず、冷凍した場合は、解凍後に軽くトーストしてから食べることをおすすめします。

洪瑞珍のサンドイッチの値段は見出し

洪瑞珍のサンドイッチの値段をご紹介します。店舗によってやや誤差はありますが、洪瑞珍餅店(本店)を例に挙げれば原味23元、満漢30元、芝士26元、橘子26元、草莓26元、藍莓30元、全麥26元、黑芝士30元です。1元が日本円で約16円なので、1つ400円から高くても500円程度の値段です。

500円の具が薄いサンドイッチと聞くと何だか高いという印象を受けるかもしれませんが、台湾のコンビニに売っている一般的なサンドイッチの値段が35元程度なので、台湾に於いて洪瑞珍のサンドイッチはかなり安いと言えます。

洪瑞珍でたくさんサンドイッチを買った場合見出し

洪瑞珍ではサンドイッチのまとめ買いをする人が多いこともあり、持ち帰り用の箱も用意されています。10個、12個、16個、24個と入る専用の箱があるので、せっかくなら全種類食べてみたいという場合や、ついついあれもこれもと買ってしまった場合でも安心です。

人がいっぱいでトレーに手が届かなかったり、トレーが空っぽの場合は、レジカウンターで注文することが可能なので、遠慮なくレジカウンターの店員さんに声をかけてみて下さい。

洪瑞珍は電話予約での注文も受け付けていて、レジカウンターの横には予約注文を受けて詰め込まれたサンドイッチの箱がいくつも積まれています。オーブンのない店舗もあり、別店舗からサンドイッチを運んできて販売している店舗に関しては、在庫が少ないので予約注文の受付や箱売りもしていない場合もあります。

洪瑞珍はサンドイッチ以外のメニューも豊富見出し

洪瑞珍ではサンドイッチが有名ですが、店内には魅力的なパンがたくさん並んでいます。シフォンケーキやロールケーキ、シュークリームといったケーキ類、コルネやプリンパンといった菓子パンの他、月餅や太陽餅、鳳梨酥、婚礼用のお菓子といった伝統菓子や、台湾でよく見かける巨大なおこしのようなお菓子である沙其馬も並んでいます。

中でも、檸檬蛋糕というレモンケーキはほんのりとレモンの風味が感じられるホワイトチョコレートでコーティングされたケーキは、日本でもおなじみの味ながら、中のケーキのきめが細かくしっとりしていて、病みつきになる人も多くいるという人気商品です。

くせになる美味しさで、お土産にこのレモンケーキを買う人もいますが、コーティングしてあるチョコレートが溶けやすいので、暑い夏場は現地で食べることをおすすめします。

洪瑞珍のサンドイッチはどこに行けば食べられる?見出し

台湾滞在中に洪瑞珍のサンドイッチを食べたいという人に、まずは台中の本店への行き方をご紹介します。本店である洪瑞珍餅店は、台中駅から徒歩約10分の場所にあります。中山路をまっすぐ歩き、中山路と市府路の交差点にある建物の、1階に洪瑞珍餅店があります。大きく派手な看板も出ているので、すぐに分かるかと思います。

洪瑞珍餅店(本店)が入っている建物は、実は「台中ブルースカイホテル」というホテルで、古い建物をリノベーションしたレトロモダンでアールデコ調のクラシックな内装が魅力的でとても人気があります。ホテル自体の食事もとても美味しいのですが、こちらに宿泊したついでに洪瑞珍のパンやサンドイッチを買うという人も多くいます。

住所 台中市中區中山路125-2號
電話番号 04-2226-8127

台中グルメランキング11選!名物小籠包やおすすめランチも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台中グルメランキング11選!名物小籠包やおすすめランチも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は台中にある美味しいと人気のおすすめグルメをご紹介します。台中には名物小籠包をはじめ、様々なグルメやランチが沢山あります。どのグルメも美味しいと人気のものばかりなので、台中へ行った際はぜひ美味しいグルメを堪能してください。

洪瑞珍は台湾に何店舗展開しているか見出し

台湾でとても人気がある洪瑞珍のサンドイッチが、今や台湾中で食べることができます。しかし、実は洪瑞珍餅店(本店)が認める分店は台中にある1店舗のみで、台北等他の店舗は暖簾分けした別の店という扱いになっています。

旅行者にとって台湾旅行の最中、アクセスが最も良いのが台北かと思います。原味等定番メニューのあじはほぼ変わりなく、台北駅構内にも暖簾分けした洪瑞珍を掲げるお店があるので、そちらでも買うこともできますが、オリジナルの味を楽しみたいという場合は台中の本店へ行くことをおすすめします。

台湾に行ったなら洪瑞珍のサンドイッチを街歩きのお供に見出し

Photo by Phil~

以上、台湾のサンドイッチの名店「洪瑞珍」についてご紹介しました。ボリュームのあるサンドイッチが主流の中、洪瑞珍の薄い具の小ぶりで素朴なサンドイッチはどこか懐かしく、甘じょっぱいその不思議な美味しさに、誰もが虜になってしまいます。台湾に行った際には、洪瑞珍のサンドイッチを朝食や食べ歩きのお供にぜひ買ってみて下さい。

関連キーワード

投稿日: 2018年10月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote