ポポホットクは新大久保で絶対食べに行きたい屋台!人気メニューや値段は?

2018年11月24日 (2019年9月1日最終更新)

東京の中でも韓国の文化やグルメが楽しめる場所「新大久保」。本格的なグルメを楽しめる場所から、手軽に食べ歩きできる屋台まであり、その中でも「ポポホットク」はSNSを中心に大人気のお店です。韓国ローカルグルメを楽しめるポポホットクをご紹介します。

目次

  1. ポポホットクは新大久保で人気の屋台
  2. ポポホットクで食べれるホットクとは
  3. ポポホットクの人気メニューと値段
  4. ポポホットクではホットク以外のメニューも
  5. 気になるポポホットクの口コミ
  6. ネットで1位に選ばれたおいしさ
  7. ポポホットクの店舗情報
  8. ポポホットクで出来立てほやほやのホットクを味わおう!

ポポホットクは新大久保で人気の屋台

韓国系のグルメや雑貨、アイドルの専門店など韓国に関する話題が集中しているエリア、新大久保。今でこそ屋台で人気のチーズハットクも、流行するきっかけは新大久保と言われています。

そんな新大久保で人気が絶えない韓国グルメの屋台「ポポホットク」。新大久保駅から近く、アクセスしやすいので若者を中心に人の集まるお店です。韓国の定番グルメも食べられる場所として、日本だけでなく海外の人も訪れる場所になっています。

ポポホットクで食べれるホットクとは

韓国には屋台グルメが多く、観光しながら手軽に食べられるグルメが多いです。アイスクリームのように片手で持って食べられるコノピジャや、串焼きのサムギョプサルクイなど写真映えする食べ物が多いです。

ホットクはその中でも値段も手ごろで大人から子供にまで人気のメニューです。韓国でも歴史のあるお菓子で、多くの人に親しまれています。片手で持てる大きさも食べ歩きにおすすめで、韓国の人だけでなく観光客にも人気のあるメニューです。

パンケーキのように食べやすく、材料もシンプルなため、今では自作する人も多いです。高校や大学の文化祭でも屋台が並び、若者を中心にホットクは韓国スイーツとして人気上昇中です。

ポポホットクは食券式なのでスムーズに購入でき、メニューごとの値段も分かりやすくなっています。新大久保で本場韓国グルメというと、敷居を高く感じる人もいますが、ポポホットクは気軽に行ける屋台のため、リピーターが続出しています。

韓国で親しまれているお菓子

韓国の「ホットク」は、シナモンや黒砂糖を使ったお菓子で、韓国では定番の屋台スイーツです。ハチミツやナッツ等、甘めの具材をパン生地で包み、油で揚げ焼きにするタイプと、油で揚げるタイプがあります。熱々の出来立てがおいしく、一年中食べることができます。

ホットクの屋台は秋から冬にかけて最も増え、熱々の出来立ては大人にも子供にも愛されるお菓子として韓国では根強い人気があります。値段も1000から3000ウォンと手ごろな値段です。

味も甘めのものだけでなく、中身にはチャプチェが入ったボリューム満点なものもあり、日本の肉まんやあんまんのように様々な種類があります。元々の生地が素朴でどんな食材にも合うので、販売している場所ごとに工夫やおいしさがあり、あちこちに店舗があります。おやつから軽食まで、甘いものが苦手な人にも食べやすい屋台グルメなのです。

Originalホットクは新大久保で話題の人気グルメ!おすすめ店舗や値段を徹底調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新大久保といえばやはり韓国料理。定番の焼肉、サムギョプサルなどお店の中でいただくグルメのほか...

ポポホットクの人気メニューと値段

ポポホットクのホットクは、もっちりとした生地は油多めで焼いているため、香ばしく揚げ焼きのようになっています。焼き立ては持てないほど熱いので注意が必要ですが、その熱さがおいしさの証。ポポホットクの醍醐味は熱いホットクにかじりつくことにあります。

ホットクのおいしさは社長自ら厳選した材料を選び、「愛情をこめて体に良い物を作る」という信念のもとに作られています。自家製のレシピで作られているため、他の店で味わうことができないおいしさがあります。

ポポホットクのメニューは十種類以上あり、屋台にはたくさんのメニューと一緒に写真が並んでいるのでわかりやすくなっています。どれもおいしそうに見えて、迷ってしまいます。値段も200円から350円くらいなので、軽食からおやつにぴったりです。薄さとシンプルな味付けはあっさり食べられるので、2枚ぺろりと食べてしまう人もいます。

はちみつホットク

ポポホットクの定番人気メニューの「ハチミツホットク」。初めてホットクを食べたのが蜂蜜の入ったホットクだという人も多いです。やさしい蜂蜜の甘さと、もちもちとした食感の生地の相性は抜群です。

一口かじればシナモンの香りが口に漂います。値段は200円。リピーター続出のおいしさです。ポポホットクの紙袋に包んで提供していますが、食べるときに失敗すると手が汚れてしまうので、初めての人は紙袋をうまく使ってかぶりつくのがおすすめです。

チーズホットク

チーズホットクと言えば、今ではアメリカンドッグにパン粉を眩し、ソーセージの代わりにモッツァレラチーズを入れた屋台メニューを想像する人も多いと思います。チーズホットクで検索すると、アメリカンドッグのような食べ物がずらりとでてきます。

ポポホットクのチーズホットクはもちもちの生地の中にチーズが入っています。そのおいしさはチーズ好きにはたまらないおいしさ。揚げたてのチーズが伸びる光景は食欲をそそります。生地の香ばしさとチーズのコク、塩気がぴったり合います。

あんこホットク

日本のスイーツと韓国スイーツが新大久保で出会ったメニュー、「アンコホットク」。黒蜜のコクのある甘さも感じ、はまる人続出。ハチミツホットク好きだけど、あんこも捨てがたい。そんな人も多いのです。

アンコホットクは友達や家族へのお土産にたくさん買って帰る人もいます。値段はチーズホットクやハチミツホットクと同じ200円。ポポホットクの三大定番メニューとして人気のメニューです。

ミニホットク3点セット

定番人気の味を三種類とも味わいたいけど、さすがにボリュームが、という人におすすめなメニュー。それが「ミニホットク3点セット」です。値段は450円と三種類を一つずつ買うより少し安く、サイズもちょうどお腹が満たせるくらいのサイズです。

初めてなのでどれを買おうか迷うなという人にもおすすめ。友達同士でシェアしたいなという人にもおすすめの3点セット。サイズが違うだけで味は全く同じ、ぱりぱりモチモチなホットクが味わえます。

ポポホットクだけのスペシャルホットク

定番メニューも人気ですが、ポポホットクでは一つのホットクで2種類味わえるスペシャルメニューがあります。値段は300円から350円。その中にはハチミツとあんこや、チーズとハチミツのように人気メニューが合わさり、また違ったおいしさがあります。

ハチミツの中に木の実が入ったホットクやフルーツの入ったホットク、チョコレートの入ったホットクなど、クレープのように種類が豊富です。季節限定の味や新しい味があったりと、いつ行っても飽きることなく楽しめるメニューになっています。

ポポホットクではホットク以外のメニューも

新大久保には他にもホットクを販売するお店はありますが、ポポホットクは一番メニューが多いと言われています。値段も手ごろでわかりやすい場所にあるため見つけやすいです。手軽に韓国料理を楽しみたい人におすすめです。

ホットクを食べに来たのに、食券機に書かれている他のメニューが気になってしまったり、屋台の目につく場所に飾られた手書きメニューが気になって買ってしまったという人もいます。

ポポホットクの韓国グルメは、気軽に購入で来てしまうのと、甘いホットクと一緒に食べるとおいしさが増す人気メニューとして、多くのポポホットクファンに人気があるのです。

健康と美容の韓国伝統茶

冬場には温かい韓国のお茶を飲むことができます。韓国伝統茶の「柚子茶」「なつめ茶」「しょうが茶」「コーン茶」はどれも身体に良く、美容にも良いお茶として女性にはおいしいだけでなく嬉しい効果もついています。

寒い冬には熱々のホットクだけでなく、身体の内側から温めてくれるお茶も一緒に飲むことで、疲れた体を癒してくれます。心も体も元気になるようなメニューが、ポポホットクにはそろっています。

寒い冬には嬉しい「おでん」

熱々のホットクは韓国では冬が一番おいしい人気メニューです。しかし、日本で冬の定番といえばおでん。ポポホットクでは韓国おでんを味わうことができます。ちなみにおでんは韓国でも「オデン」と呼ばれています。

ポポホットクで販売されている「オデン」は200円とホットクと同じ値段です。韓国のおでんも昆布だしベースなので日本に近い味をしています。秋から冬の間だけの限定メニューとして人気です。

暑い夏は大人気の「パッピンス」

女性を中心に話題の韓国系かき氷「パッピンス」はポポホットクでも夏の人気メニューとして販売しています。朝鮮語で「パッ」は小豆、「ピンス」は氷水を表し、小豆の乗ったかき氷が一般的です。初夏から秋までしか食べられない人気メニューとして、ホットクと合わせて購入する人が多いです。

ポポホットクのパッピンスはあんこ、おもち、フルーツ、ゼリー、きな粉、ナッツ、練乳など氷が見えないくらい盛りだくさんに乗っています。値段は400円。パフェのように豪華なかき氷は夏には行列のできる人気メニューです。

モチモチの食感が堪らない「トッポギ」

トッポギは韓国ならではのおもち料理として、多くの韓国店で食べることができます。ポポホットクでは、通常の「トッポギ」が値段500円、「トッポギ小」はドリンク付きで値段300円で販売しています。

初めて食べる人はドリンク付きの小をおすすめします。何故なら、ピリリと辛いトッポギはおいしいのですが、食べていると飲み物が欲しくなるのです。一つのカップに、上は熱々のトッポギ、下は冷たいドリンクの入ったお得なセットはお財布だけでなく、舌にも優しくなっています。

Original新大久保で韓国料理を食べるならおすすめはここ!安い食べ放題の人気店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新大久保といえば、言わずと知れた韓国料理の激戦区です!でも韓国料理は、焼肉だけではありません...

気になるポポホットクの口コミ

2018年の韓国グルメはチーズダッカルビが大ブームだと言われていますが、ポポホットクファンからは「ホットクはブームではなくもはや定番」ともいわれるほど愛されています。日本全国ではまだあまり店舗がないため、「今年こそはホットクがくる」と予想する人もいます。

ポポホットクは、「POPO(ポポ)ホットク」という名前になる前は「ポポ屋台」という名前でした。その名はよく見ると屋台の上にまだ残っています。ポポ屋台の時から人気の屋台で、今も同じ場所にあります。

新大久保の大久保通り沿いにあり、見つけやすい場所や、目立つ屋台が人気となり、観光名所の一つでもあります。もちろん、ホットクやトッポッキ、おでんなどおいしさは有名で、行列ができることもありました。

注文を受けてからに焼いてくれるため、熱々のおいしいホットクは提供時間がかかります。そのため30分ほど待つこともありますが、それでも食べたいとツイッターでも人気のお店なのです。

ポポホットクは出張屋台をしていたこともあり、ライブやイベントなどで味わったことがある人もいます。新大久保以外でポポホットクを見つけた時には、食べずには立ち去れません。

ネットで1位に選ばれたおいしさ

韓国ではホットクは一般的にハチミツのホットクのみですが、日本のポポホットクには韓国にもないオリジナルホットクが食べられると口コミで話題となり、韓国から旅行に来た人も食べに行くほど人気になりました。

芸能人が訪れることも多く、店内には色紙が飾ってあります。テレビで取り上げられたこともあり、多くの人に知れ渡りました。

韓国グルメ屋台として人気のポポホットクは、メディアが注目する前から人気でした。そのおいしさは口コミを通じて拡散していき、ネットで1位に選ばれたお店として話題になりました。新大久保でも何度も足を運びたくなるお店はポポホットクだけという人も多いです。

ポポホットクでホットクという韓国名物を知ったという人もいます。韓国の人気グルメとしてチーズハットクが人気ですが、ポポホットクでホットクのおいしさを知った人は、ホットクも流行してほしいと願う人もいます。

ポポホットクの店舗情報

新大久保には本格的な韓国グルメも人気ですが、韓国で人気の屋台グルメもあちこちにあります。新大久保の韓国グルメ店の場所をまとめたマップもあり、たくさんのグルメを楽しむことができます。

そのマップにはもちろんポポホットクの場所もかかれています。なによりポポホットクの店舗は分かりやすい場所にあり、初めて行く人も迷わずにたどり着けるのです。

営業時間

ポポホットクの営業時間は11:00から夜22:00までです。時期によっては時間が前後することもありますが、昼から夜にかけて営業しているため、仕事帰りにも寄りやすいです。

学校や仕事帰りに小腹を少し満たしたいとき、夜遅くまで開いているので、お酒を飲んだ後に少し甘いものが欲しいときにも、利用しやすい営業時間になっています。

店舗の場所

ポポホットクの店舗はJR山手線新大久保駅から徒歩約3分の場所にあります。新大久保駅から北口を出て、右折し、まっすぐ進んで行くとポポホットクの店舗が見えてきます。

ポポホットクは大通りに面しているのでわかりやすく、夜でも明るい場所にあるので、どの時間帯でも気軽に行くことができます。新大久保で焼き肉等韓国料理を楽しんだ後の締めにもおすすめです。

住所 東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル1F
電話番号 03-3621-8025

ポポホットクで出来立てほやほやのホットクを味わおう!

代表自ら選んだおでんの具材と、日本のおいしいもち米を使って作られるトッポギ、そして多くの人に愛されるホットクが食べられるポポホットクは、新大久保で一番に行くべきお店として人気です。

新大久保で韓国グルメを味わおうと思った人は、ぜひともポポホットクに行ってみてください。本格的な韓国グルメを求める人も、韓国グルメ初心者にも、満足のいく味を提供してくれます。

関連記事

262.thumb
この記事のライター
柳沢吉
映画と旅行が好きな食いしん坊です。思い立ったが吉日で、即行動。フットワークの軽さだけが取り柄の体当たりライター。

新宿・大久保・高田馬場・早稲田の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

新宿・大久保・高田馬場・早稲田の新着のまとめ