柿崎商店のウニ丼が絶品だと話題に!人気メニューや営業時間・駐車場は?

2019年1月25日 (2019年9月1日最終更新)

北海道余市で美味しい海鮮丼が食べたくなったら柿崎商店がおすすめです。リーズナブルな値段で新鮮な海鮮がたっぷりとのった海鮮丼が食べられる柿崎商店は観光客のみならず地元の方も多く訪れる人気店です。そんな柿崎商店についてご紹介します。

目次

  1. 余市の人気店・柿崎商店
  2. 柿崎商店の店舗基本情報
  3. 柿崎商店のアクセス方法
  4. 柿崎商店の駐車場は?
  5. 柿崎商店は1階と2階にわかれている
  6. 柿崎商店が混雑している時間は?
  7. 柿崎商店海鮮工房の注文方法
  8. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー1:ウニ丼
  9. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー2:海鮮丼
  10. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー3:いとこ丼
  11. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー4:磯丼
  12. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー5:ルビー丼
  13. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー6:本まぐろ赤身丼
  14. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー7:ほっけ
  15. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー8:宗八定食
  16. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー9:竹鶴政孝定食
  17. 柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー10:てっぽう汁
  18. 柿崎商店の周辺のおすすめ観光スポット1:ニッカウヰスキー余市蒸溜所
  19. 柿崎商店の周辺のおすすめ観光スポット2:道の駅・スペースアップルよいち
  20. 余市に行ったら柿崎商店でランチしよう

余市の人気店・柿崎商店

ニッカウヰスキーで有名な余市。一年を通して多くの観光客が訪れています。そんな余市で美味しい海鮮丼を食べたいときにまず最初に名前が挙がることが多いのが柿崎商店です。柿崎商店では新鮮なウニをたっぷり乗せたウニ丼やいくら丼、その他にも様々なメニューが揃っています。そんな柿崎商店の人気メニューや営業時間、駐車場等についてご紹介します。

P2770996余市のランチ・グルメ特集!口コミでおすすめの店は?地元でも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
余市町はウイスキーの工場見学や宇宙記念館で人気の町です。しかしそれだけではありません。お酒や...

柿崎商店の店舗基本情報

まずは柿崎商店の営業時間などの店舗基本情報についてご紹介します。柿崎商店は1階が海鮮などの販売、2階がお食事ができる食堂の海鮮工房となっています。営業時間は10時から19時までであり、海鮮工房のラストオーダーは19時です。

定休日は特になく年中無休での営業です。予約をすることはできないので、行列に並んで入店するというシステムになっています。また、海鮮工房はカード支払いは不可であり現金のみでの支払いです。

店内は完全禁煙にはなっていますが、店内の隅の方に喫煙できるスペースが用意されています。

柿崎商店のアクセス方法

続いて、柿崎商店のアクセス方法についてのご紹介です。柿崎商店はJR函館本店余市駅から徒歩2分ほどと、車で移動しない観光客にとっても非常に利便性の良い場所にあります。

国道5号線沿いにあり、オレンジの建物で非常に目を引きますので車で行かれる方でもすぐにわかります。

柿崎商店の駐車場は?

車で行かれる場合、気になるのは駐車場ではないでしょうか。柿崎商店には専用の駐車場があり、20台ほど停めることが可能です。ただし、お昼時には駐車場が満車になっており、駐車場待ちの車も出るほどとなっています。

駐車場が満車の場合には、近隣の有料駐車場を利用されるという方もいらっしゃるほどです。土日は特に混雑していることがありますので、専用の駐車場にとめる場合は早めの時間もしくは少し時間をずらしての訪問がおすすめです。

住所 北海道余市郡余市町黒川町7-25
電話番号 0135-22-3354

柿崎商店は1階と2階にわかれている

柿崎商店は創業70年以上の老舗のの食品スーパーであり、1階では新鮮な魚介類を販売しており2階の海鮮工房ではお食事を楽しむことができます。

1階は「箱売り」で有名であり、リーズナブルな値段で新鮮な魚介類が並んでおり見ているだけでも楽しくなります。地元の方はもちろんのこと、観光客も多く購入しています。魚介類だけではなく新鮮な野菜や果物なども販売されており、まさに地元の方にも必須な食品スーパーとなっているのです。

階段をあがっていくと2階には「海鮮工房」があります。この海鮮工房でお食事を楽しむことができます。営業時間開始と同時に満席になることも多く、階段の下にまで行列が続くこともあるほどの人気店です。

2階でお食事を楽しんだあとに、1階で魚介類を見て帰る、というのも柿崎商店の楽しみ方の一つです。

柿崎商店が混雑している時間は?

遠方からも訪れる方がいるほどの人気の柿崎商店ですが、実際に混雑している時間帯は営業時間中でもいつなのでしょうか。非常に多いときは営業時間中階段にずらりと並んだ上に道路まで行列ができることもあるほどです。駐車場も満車で停められないこともあります。

柿崎商店は営業時間が10時からとなっていますが平日であれば営業時間開始から外まで行列ができるということはそうありません。そこで、営業時間開始ですぐに入店するとスムーズに座ることができます。お昼時である11時を超えるとじわじわとお客さんが増えていき、12時台には行列になっていることが多いようです。

そこで、行列をさけるためには営業時間開始からの入店もしくはランチタイムを少しずらした遅めの時間がおすすめとなります。

土日や長期の連休に関しては、営業時間中ずっと満席となっているというケースもあるようです。特に暖かい季節は北海道への観光客も多く余市を訪れるという方も多いです。営業時間中の行列覚悟でいきましょう。行列に並んででも食べる価値があるメニューばかりです。

柿崎商店海鮮工房の注文方法

それでは、柿崎商店海鮮工房の注文方法についてご紹介します。柿崎商店海鮮工房は、入店するとすぐにショーケースとレジが並んでおり、先にお会計を済ませるシステムとなっています。

ショーケースには食品サンプルが並んでおり、その他にもメニューの写真や値段がかかれています。メニューによっては時価で値段が変わるものもありますので書かれているものをしっかりとチェックしましょう。

メニューが決まるとレジで前もってお会計となります。ちなみに酢飯にするとプラス50円追加になります。注文をすると控えの券をもらえますので、その券を持って空いている席に座りましょう。

料理が出来上がると番号を呼ばれ、店員さんが席まで料理を配膳してくれます。ちなみにお茶やお水はセルフになっていますので自分で取りに行きます。片付けもセルフになっているのでご注意ください。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー1:ウニ丼

それでは、柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニューについてご紹介します。柿崎商店海鮮工房では新鮮な海鮮を使った丼や定食などをリーズナブルな値段で食べることができます。そのため、余市でランチに迷ったときには多くの方が訪れているほどの人気店となっているのです。

そんな柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー、まず最初はなんといっても外せないのが「ウニ丼」です。このウニ丼を食べるために柿崎商店海鮮工房に訪れている方もいるほどの人気メニューです。

気になるウニ丼の値段ですが、なんとウニ丼の値段は時価になっておりその時行ったタイミングによって値段が変わります。また、ウニ丼も赤折ウニ丼・白折ウニ丼・赤海水丼・白海水丼と分かれておりそれぞれ値段も変わります。

ウニ丼は4種類に分かれていますが、時期やその日によって全ての種類が入っているということはありません。日によっては1種類のみであったり、4種類から選ぶことができたりとバラバラです。値段も一番安いもので1500円程度で食べられることもあったり、5000円を超えるときもあったりとまさに時価なんです。

ウニ丼はメニューによっても値段が変わります。赤ウニはバフンウニ、白ウニはムラサキウニであり赤ウニ丼の方が値段が高いです。また、どちらもミョウバン特有の苦みをほとんど感じられないため、ウニ自体の旨味やコクをしっかりと感じられます。

ウニが苦手という方でも、柿崎商店海鮮工房のウニ丼は非常に甘くて口の中でとろけていくようで食べられるという方もいるほどです。季節によって使用しているウニも変わり、値段も変わりますのでぜひウニのシーズンに食べに行くことをおすすめします。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー2:海鮮丼

ウニ丼などの単品の丼もいいけれど、せっかくなので様々な海鮮を一度に楽しみたいという方には「海鮮丼」がおすすめです。海鮮丼の値段は1270円で、酢飯を選択するとプラス50円になります。

柿崎商店海鮮工房の海鮮丼は提供されてまずその大きさに驚かれる方が多いです。というのも、大きなサイズの丼に沢山の種類の海鮮がしっかりと盛られているんです。

マグロやイクラ、サーモン、ホタテ、玉子焼きなど色とりどり海鮮がたっぷり乗っており食べごたえも抜群です。いずれの海鮮も新鮮なものばかりであり、それぞれの美味しさをしっかりと堪能することができます。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー3:いとこ丼

柿崎商店海鮮工房の続いてのおすすめメニューは「いとこ丼」です。いとこ丼という名前を聞いて、一体何と何が丼に入っているのか想像つきますか。柿崎商店海鮮工房のいとこ丼はサーモンといくらが半分ずつのっている丼です。

お寿司のネタとしても非常に人気が高いサーモンといくら。その2種類を一度で楽しむことができるいとこ丼は人気のメニューとなっています。値段は1350円です。しっかりと脂がのったサーモンと、プチプチの食感が楽しいいくらはそれぞれ違う味わいながらも一緒に食べると口の中で見事に調和します。

特に女性からの人気が高いいとこ丼は、見た目も美しく提供されるとついつい写真を撮ってしまいたくなります。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー4:磯丼

魚介類の中でも貝類が一番好きだという方には「磯丼」がおすすめです。ご飯の上にホッキやつぶ貝、ホタテがたっぷりとのっておりまさに磯の風味をしっかりと感じることができるメニューです。

なかなか貝類を食べ比べるという機会はそう多くはないのではないでしょうか。磯丼では、一度に3種類もの貝を食べ比べることができます。それぞれの貝の食感の違いや風味の違いなどを楽しみながら食べるのも楽しいです。

磯丼の値段は1100円です。いずれも新鮮な貝なのでコリコリとした食感が楽しいです。酢飯で食べても白飯で食べてもどちらでも美味しいです。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー5:ルビー丼

柿崎商店海鮮工房での続いてのおすすめメニューは「ルビー丼」です。名前も美しいルビー丼は、カニの身をほぐしたものがたっぷりと乗っており、その上にいくらが散らしてある見た目も美しい一品です。値段は1050円です。

北海道の海の幸といえばカニをイメージされる方も多いでしょうが、ルビー丼にはそのカニをほぐした身がご飯を埋め尽くすほどのっており、カニの甘みや旨味をしっかりと堪能することができます。

カニの身をほぐしたものの上にのっているいくらも程よい量であり、どこを食べてもいくらが口に入ってくるようになっています。ふんわりとしたカニの身と、プチっとしたイクラの食感の違いも楽しむことができます。

また、甘いカニの身がイクラの塩気でさらに甘さを感じることができます。丼メニューでイクラとの組み合わせはサーモンやウニなど様々ありますが、カニとの相性の良さも抜群です。

ちなみに純粋にカニだけを楽しみたいという方には「カニ丼」もあります。ほぐしたカニの身の上にカニの足がのっており値段は1350円です。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー6:本まぐろ赤身丼

お寿司のネタの中でも非常に人気が高いまぐろ。そのマグロをたっぷりと食べたいと思われる方には「本まぐろ赤身丼」もおすすめです。ご飯の上にたっぷりのまぐろの赤身がのっており、食べごたえも抜群です。

脂がのった部位が良いという方には「本まぐろ中トロ丼」もおすすめです。本まぐろ赤身丼よりも値段は高くなりますが、脂がのった中トロが思う存分食べられるため非常に満足度も高いメニューとなっています。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー7:ほっけ

柿崎商店海鮮工房では丼メニューもいいけれど、焼き魚も人気が高いです。北海道の焼き魚といえばやっぱり人気の「ほっけ」は外すことができません。ほっけは単品で「ほっけ焼」としてもセットで「ほっけ定食」としても注文が可能です。ほっけ焼の値段は480円、ほっけ定食は740円です。

ほっけ定食は、ほっけ焼にご飯とお味噌汁、お漬物がついています。丼メニューを注文して単品でほっけ焼きを注文される方もいらっしゃいます。

ほっけは非常に肉厚であり、焼きたてを提供されるのでアツアツです。ご飯のおかずにも、お酒のおつまみとしてもぴったりでついつい箸が進んでしまいます。お好みで大根おろしをプラス50円で注文することも可能です。脂がのったほっけにさっぱりとした大根おろしの相性は抜群です。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー8:宗八定食

ほっけ焼きの他にも焼き魚としては「宗八」もおすすめです。宗八とはカレイの種類であり、ほっけとはまた違ったあっさりとした味わいながらも非常に上品な味を楽しむことができます。

宗八焼きは単品でなんと300円で注文することができます。そのため、丼など他のメニューをメインで注文しても気軽にサイドメニューとして注文される方が多いです。焼きたてアツアツの状態が提供されるためついついご飯が進んでしまいます。

宗八にご飯とお味噌汁がついた宗八定食も非常にリーズナブルで560円でいただくことができます。気軽に注文できる値段なのは地元の常連さんにも嬉しいポイントです。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー9:竹鶴政孝定食

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー、続いては「竹鶴政孝定食」です。竹鶴政孝とは余市では知らない人はいないというほどの有名な方、ニッカウヰスキーの創業者です。NHK連続テレビ小説「マッサン」でその名を知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

竹鶴政孝氏はこの柿崎商店まで食材を買いに来たということでも知られていますが、その竹鶴政孝氏の名前を取った「竹鶴政孝定食」も色々と食べてみたいという方にはおすすめのメニューです。

この「竹鶴政孝定食」は竹鶴政孝氏が好物だったものを組み合わせてメニューにしたものであり、内容は焼き魚とお刺身、いくら、かに汁、ご飯、たくわんと盛りだくさんになっています。値段は1380円です。様々な種類を一度で食べられるこのメニューは人気です。

ニッカウヰスキー余市蒸留所に行ったあとに柿崎商店に行かれるという場合は、ぜひ竹鶴政孝定食を注文してみてはいかがでしょう。

柿崎商店海鮮工房でのおすすめメニュー10:てっぽう汁

柿崎商店海鮮工房では丼を注文するとお味噌汁がついていますが、それでも注文したくなるのが「てっぽう汁」です。てっぽう汁はカニの身がたっぷりと入ったお味噌汁のことであり、汁にもカニの出汁がしっかりと出ています。

非常に大きな器で提供されるので、てっぽう汁だけでも食べごたえ抜群です。中に入っているカニは半身以上ほどの量であり、カニの足にも身がたっぷりと入っているのでほぐしながら食べるのも楽しいです。

てっぽう汁の値段は680円です。汁物としての値段と考えると少々高めかと思われがちですが、その値段に見合うほどのカニの量が入っており非常に満足度が高いメニューです。

柿崎商店の周辺のおすすめ観光スポット1:ニッカウヰスキー余市蒸溜所

それでは最後に柿崎商店の周辺の観光スポットをご紹介します。北海道の余市にある柿崎商店ですが、余市に行かれるのであればぜひ周辺も観光して帰ってください。そんな余市でのおすすめ観光スポット、まずは「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」です。

2014年から2015年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」で、ニッカウヰスキー余市蒸溜所に興味を持たれて実際に訪れているという方も少なくないでしょう。ニッカウヰスキーの聖地ともいわれている余市蒸溜所は、北海道に旅行に行かれる際にぜひ足を運んでみてほしいスポットです。

蒸溜所では事前に申し込みをしておくと、ガイド付きの工場見学を行うことができます。ウィスキーの製造工程や方法を学ぶことができ、ウィスキーの博物館の他に竹鶴政孝の私邸を見ることも可能です。

余市蒸溜所の敷地はなんと15000平方メートルもの広さであり、ガイドを申し込まず見ているだけでも楽しむことができます。

中にはウィスキーの試飲を行うことができる試飲会場もあります。お好みのウィスキーを見つけてお土産として購入して帰るのも楽しみの一つです。ちなみに試飲会場の営業時間は9時15分から16時45分までと他の営業時間と少々異なっていますのでご注意ください。

ちなみにニッカウヰスキー余市蒸溜所にはお客様専用の駐車場があります。その他にも、駐車場が満車の場合には正門の近くには町営の有料駐車場や、少し歩くことにはなりますが4月から11月まで臨時の観光駐車場も利用可能となります。

住所 北海道余市郡余市町黒川町7-6
電話番号 0135-23-3131

柿崎商店の周辺のおすすめ観光スポット2:道の駅・スペースアップルよいち

続いての柿崎商店の周辺おすすめ観光スポットは「道の駅・スペースアップルよいち」です。旅行に行くと道の駅に必ず寄ってしまうという方も多いのではないでしょうか。余市の道の駅には、農産物の直売所の他に、余市宇宙記念館である「スペース童夢」も併設されています。

余市宇宙記念館ではハッブルシアターや毛利記念ホール、デジタルプラネタリウムなど宇宙について学ぶスペースもあり、老若男女問わず楽しむことができます。

また、なかなか手に入らない宇宙食を購入することができるのも特徴です。お土産としても人気であり、宇宙食を食べてみたいという方はぜひ寄ってみてはいかがでしょう。ちなみに道の駅の駐車場は無料で利用できます。

住所 北海道余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
電話番号 0135-22-1515

余市に行ったら柿崎商店でランチしよう

いかがでしたか。北海道の余市で人気の柿崎商店についてご紹介しました。営業時間開始からすぐに外にまで行列ができるほどの人気店である柿崎商店。ウニ丼をはじめとして新鮮な魚介類を使ったメニューが豊富に揃っており北海道の海の幸をしっかりと堪能することができます。ぜひ余市に行かれる際には柿崎商店に足をのばしてみてはいかがでしょう。

関連記事

180.thumb
この記事のライター
reiko
九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

小樽・積丹・余市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

小樽・積丹・余市の新着のまとめ