小樽ラーメンランキング・ベスト11!人気でおいしい名店ばかり!

小樽ラーメンランキング・ベスト11!人気でおいしい名店ばかり!

ラーメンの人気の魅力は「おいしい」「はやい」「やすい」です!北海道は海産物が有名ですがラーメンもいろいろあります。そんなラーメンといえば札幌が有名ですが、小樽ラーメンもおいしいので、今回は小樽の街のラーメンをランキング形式でベスト11のご紹介をします。

記事の目次

  1. 1.小樽の街へようこそ!
  2. 2.小樽ラーメンランキング11位「あっぱれ亭 手宮店」
  3. 3.小樽ラーメンランキング10位「らーめん一番」
  4. 4.小樽ラーメンランキング9位「麺処龍仁」
  5. 5.小樽ラーメンランキング8位「らーめん西や小樽駅前店」
  6. 6.小樽ラーメンランキング7位「らーめんこもれび」
  7. 7.小樽ラーメンランキング6位「孝一郎花園店」
  8. 8.小樽ラーメンランキング5位「自然派ラーメン処麻ほろ」
  9. 9.小樽ラーメンランキング4位「ヤマカそば」
  10. 10.小樽ラーメンランキング3位「らーめん渡海家(とかいや)」
  11. 11.小樽ラーメンランキング2位「らーめんみかん」
  12. 12.小樽ラーメンランキング1位「らーめん初代(しょだい)」
  13. 13.小樽ラーメンランキングその他
  14. 14.ラーメンの蘊蓄(うんちく)
  15. 15.小樽ラーメンランキングいかがでしたか?

小樽の街へようこそ!

小樽といえば「港」「鉄道」「鰊」で栄えた街です。現在もその当時の面影を垣間見ることが出きるさまざまなスポットがあります。特に古い街並みや運河沿いは、美しい街並みと港町を眺めることができ、北海道特産の海産物などのお土産屋さんもあります。ラーメン店も多く人気の「初代」はじめ、常連客の絶えない噂の人気店もあります。

小樽ラーメンランキング11位「あっぱれ亭 手宮店」

「期待を裏切らない味を」があっぱれ亭の最大のコンセプトです!北海道の特産品の出しと、とんこつの絶妙なマッチングを是非味わってください。地元の常連客に愛される「あっぱれ亭」で美味しいラーメンをご賞味ください。

イチオシの「えびしおらーめん」は地元の常連さんたちからも「おいしい」と評判のラーメンで770円です。ボタンエビの出しと豚骨の黄金比は絶品です!

濃厚でコクがある「塩チャーシュー」は930円です。さっぱりとした味がおいしいと人気で、これでもか!というほどのっかったチャーシューが、ボリュム満点ですね。

人気の「合わせ味噌」は自慢のオリジナルブレンドで720円です。そのおいしさは、合わせ味噌ならではの優しさがあり、納得出来る逸品です。

小樽あっぱれ亭の塩チャーシューに「ホルモン丼」340円をプラスしてみました。味噌ホルモン丼はとってもお肉のやわらかさが自慢で常連さんの人気の一品です。

住所:小樽市手宮1-1-3 電話:0134-27-2325 定休日:無休

小樽ラーメンランキング10位「らーめん一番」

ガッツリ系のトンコツとニンニクで、地元の常連から「おいしい」と評判のお店です。超濃厚豚骨スープが癖になるこってり好みにはたまらないおいしさですね。セットで半チャーハンか、チャーシュー飯が150円とお値打ちです。

毎日でも食べたくなる「味噌ラーメン」は750円。がっつり濃厚で元気になれるラーメンです。

醤油ラーメンも750円です。

小樽名物あんかけ焼きそばを850円で召しがっていただけます。具沢山でアンと麺との絡み具合も絶妙です。

住所:北海道小樽市入船1-2-16 電話:0134-22-5517 定休日:月曜日

小樽ラーメンランキング9位「麺処龍仁」

お店は龍宮神社の境内にあり、店内は「和」のテイストで、石蔵を改築したそうです。 麺もスープも選べて、自分好みで組み合わせよりおいしくいただけます。

味噌のスープうますぎな「味噌ラーメン」は750円。トッピングは追加できますよ。

真っ赤っかな「辛味噌ラーメン」は750円です。癖になるような辛さと、辛いだけではないコクのある奥深さも魅力です。

このお店でも小樽の「あんかけ焼きそば」がおいしいと評判ですが、ここのはイカがまるごと一杯入って900円ですよ。

住所:小樽市稲穂4丁目11番2号龍宮神社境内 電話:0134-21-2480 定休日:水曜日

小樽ラーメンランキング8位「らーめん西や小樽駅前店」

駅チカでおいしいラーメン屋さんをお探しの方に!「食べたいのに、時間がないわ!」そんな時「らーめん西や」は、JR小樽駅前のビルですから直ぐに食べられるので覚えておいてくださいね。でも、とりあえずというのではありませんよ、本当に美味です。人気のおいしいラーメンで北海道を堪能してくださいね。

こってり醤油ラーメン830円には、分厚いこんがりチャーシューと味卵、メンマとねぎがトッピングされています。本当にこってりとした満腹感ある美味しいラーメンですよ。

こちらが「こってり醤油ラーメン」830円です。こってりなのに食べやすい人気のおいしいラーメンを是非どうぞ!

鶏と魚介のスープはさすが北海道の「海鮮ラーメン」で1,100円の中にすべてが凝縮したラーメンです。特に海戦の旨みがたっぷりで見逃せないおいしいスープです。

「辛みそらーめん」は850円ですが、激辛味噌ラーメンもありますよプラス100円の950円です。辛いだけではなくコクがありやみつきになる人気のラーメンです。

チャーシュー丼はトロトロチャーシューがドカンとのってて食がますます進みますね。こちらは650円ですが、ミニチャーシュー丼は350円です。ラーメンだけでは物足りない人にはいかがでしょうか。

住所:北海道小樽市稲穂3丁目10-21 昭和ビル 2F 電話:0134-24-2480

小樽ラーメンランキング7位「らーめんこもれび」

店主が作り出したのは「素材にこだわった香味油」これががおいしさの秘密です。この香味油が人気でおいしいラーメンができあがるのですね。最近は鮭節を使うお店が少なくなっているようですがこちらでは味わえますよ。「鮭油醤油らーめん」700円は鮭節の鮭油風味が優しくてとってもおいしいと評判です。

住所:北海道小樽市新光1-8-5 電話:0134-51-4362

小樽ラーメンランキング6位「孝一郎花園店」

お酒を飲んだあとには締めのラーメンが食べたくなりますね。そんな方におすすめするのがこのお店です。営業時間が夜22時から26時頃という夜のラーメン屋さんです。「家に帰るにはもう少し・・・」飲んべえには最後のラーメンは必須ですね。

「小樽産のタコ出汁らーめん」や「コウジロウラーメン」が人気です。また「はまぐりらーめん」は貝のダシが効いて二日酔いにも良いと評判ですよ。

こってりごま味噌ラーメン800円。ほんとうにこってりで白ごまと黒ゴマがびっしるでおいしいラーメンで疲れた体にも元気をくれますね。

ASARIラーメン800円は飲んだ後には格別のおいしいラーメンで、体にも優しさが伝わる塩ラーメンです。

あっさりエビ塩ラーメンは、スープにエビの旨みがいっぱい入って800円です。もの凄くおいしいと常連さんにも人気のラーメンです。

こってり醤油らーめんが750円なんですが、そのコクの深さは「たかがラーメン、されどラーメン」と唸る旨さです。塩もあります。

こってり辛味噌800円。中辛は+50円、大辛は+100円と選べます。刺激が強いラーメンを求める人に人気のラーメンですね。

住所:北海道小樽市花園1-12-6 定休日:日曜日・月曜日

小樽ラーメンランキング5位「自然派ラーメン処麻ほろ」

「食べログ」ステッカーが貼られています。スープの種類は「あっさり系」と「こってり系」があります。トッピングもいろいろあって自分風に楽しめます。「とろチャーおにぎり」は絶品で中心にとろとろに煮込んだ豚ほほ肉を手巻き風にしであります。

和風仕立ての「こってり醤油」は豚骨スープが活きていて750円で、激熱提供です。

〆のラーメンは「昔懐かし中華そば風」あっさり醤油690円はいかがでしょうか?この味がお好みの常連さんも沢山いらっしゃるようですね。

冷たい塩ラーメンもあるようです(期間限定かもしれませんので確かめてくださいね)

住所:小樽市色内1-7-7 電話:0134-32-0140 定休日:無休

小樽ラーメンランキング4位「ヤマカそば」

小樽の錦町に昔から営業しているという「老舗蕎麦屋のやまか」さん。蕎麦屋でラーメンとお思いでしょうか?地元で愛され続けているこのお店は、観光ガイドさんもイチオシのお店で常連さんが多いお店です。セットメニュの豊富さできっと満足いただけます。セットメニューは、850円でラーメンと小かつ丼(親子丼)が付いてきます。

シンプルなラーメンで、コシのあるチリチリ麺と鶏ガラと魚ベースのあっさり感がちょうどいい塩梅です。チャーシュー・志那竹・卵・鳴門蒲鉾・海苔と昔ながらのラーメンは律儀な感じですよ。派手さがない分飽きの来ないまた食べたくなる味で、価格も良心的な価格で、ラーメン650円、チャーシューメン800円、特性ラーメン750円です。

住所:北海道小樽市錦町11-4 電話:0134-22-5280 定休日:木曜日

小樽ラーメンランキング3位「らーめん渡海家(とかいや)」

醤油ラーメンのスープが透き通ってる!そんなことにまず驚きですね。その訳とは、店主がフレンチ出身だからだそうです。透通る醤油ラーメンは白醤油だからだとか。醤油ラーメン750円で、ここまでこだわってるんですよ。

味噌ラーメンは、鶏豚骨+魚介系スープで780円です。特に魚介系の味が強く感じますが、白味噌仕立てであっさりしているんですよ!ニクニクの香りも効いてて細切りのチャシューも柔らかく絶品です!お好みで辛味噌を足すとまた同じラーメンのバリエーションがプラスされますね。

もっとにんにくをという方には「にんにくチャーシュー味噌ラーメン950円」はいかがでしょうか?ただし、スープアなくなり次第終了ですので、早めにお出かけくださいね。

住所:北海道小樽市稲穂3-7-14 電話:0134-24-6255 定休日:火曜日

小樽ラーメンランキング2位「らーめんみかん」

正統派味噌ラーメンならイチオシです。外観は和風の居酒屋さんのような店構えで、北海道ラーメン「純すみれ系」で濃厚で熱々と常連さんから評判です!味噌ラーメンと、塩ラーメン、醤油ラーメン、そして味わっていただきたいのは昭和の感じの「昔ラーメン」。そうです!ダウンタウンの浜ちゃんが「おいしい!」といったお店なんです。

人気一番の「味噌ラーメン」。北海道ラーメンの代名詞の「純すみれ系」ですからこってり味で、ラーメンの上にはラードが防寒対策の幕を張り、熱々スープが寒い北海道での冷えた体に、ぬくぬくを与えてくれて750円です。秘密は「にんにくと生姜」これが味噌との相性抜群です!中太のちぢれ麺とも絡み良好です。

味噌ラーメンと、塩ラーメン、醤油ラーメン、どれも750円で幕となっているラードもクセがなく、とても食べやすいのでまた食べたくなり、常連が出来るのは納得です。そして味わっていただきたいのは、昭和の感じの「昔ラーメン」これも750円です。こちらはラーメンみかんの醤油大盛りで100円プラスです。

住所:小樽市新富町13-13 電話:0134-22-1221 定休日:木曜

小樽ラーメンランキング1位「らーめん初代(しょだい)」

小樽で「おいしいラーメン」と聞くと地元の人から「初代」と云われ、ネットでも一位のお店がここ初代。その店構えは蔵を改造したという「石造り」で、入る前から期待度が上がりますね。入ってみると内装も素敵で、これから出てくるラーメンへの思いが、マックスになります。醤油・味噌・塩ラーメン720円ですが、新メニューもあります。

一日30食限定の初代特性「白たまり醤油ラーメン」890円も必見!この白たまり醤油らーめんの秘伝スープは、試行錯誤の末に出来上がった初代特性で、白ワイン、天日干しの塩、白たまり醤油、貝類の醸し出す味を是非味わってください。そのスープは魚介系でまろやか。ほんのりと鮭の香りがするスープです。

スープにのっかった「初代特性チャーシュー」は、とっても肉厚で柔らかで絶品で、クセになる常連客があとを絶ちません。その秘密は「醤油ダレ!」一ヶ月間寝かせて熟成させたスープは、まろやかなコクがあり、弾力ある麺との相性が抜群で「ツルツル」とのど越しも最高です。

一日30食限定の「新塩ラーメン」780円も必見!天日干しの塩を使い分厚いチャーシューが付いてます。今回は温泉卵をトッピングして初代のラーメンとからめ堪能しました。

新味噌ラーメン800円も初代特性で「絶妙なバランス」の味噌ラーメンですよ。もともと老舗で名店として名高い初代ですが、それに甘んじることなくメニュー開発しているからこそ、「初代」には常連が増え行列が出きるんですよね。

住所:小樽市住吉町14-8 電話:0134-33-2626 定休日:毎週火曜日

小樽ラーメンランキングその他

小樽ラーメン「豆の木」

小樽ラーメンで検索したら、とってもたくさんヒットするのがここ「豆の木」なんですが、実は小樽じゃないんです!埼玉・千葉で展開してるラーメン屋さんでした。でも、小樽濃厚味噌880円があんまりにも、美味しそうだからご紹介します。

小樽魚介しょうゆ810円は、魚介の旨さを凝縮したもので、常連客が旨い!と唸っていますね

小樽とん塩880円はスープももちろんですが、このチャーシューも厳選した食材と使っています。

店主は25年間イタリアンシェフという経歴です。独立に当たりいろいろ模索中に出会ったのが「北海道小樽のラーメン」でした。それから「美味しかった」の一言を聞きたくて、こだわりの食材探しから研究を重ねたそうです。

とろり庵

小樽はあんかけ焼きそばが有名で「ソウルフード」として様々なお店にあります。ここのあんかけ焼きそばは、魚介の味がおいしいと、常連さんがいっぱいですね。小樽ではあんかけ焼きそばのことを「AKY」って言うそうです。

住所:北海道小樽市桜5-7-23 電話:0134-54-8287 定休日:火曜日

龍鳳

こちらのレギュラーサイズは麺2玉でハーフが麺1玉なんです。特にあんかけ焼きそばが有名で14種類もあり地元の常連さんが通っています。

住所:北海道小樽市稲穂4-4-9 電話:0134-23-9918 定休日:木曜日

ラーメンの蘊蓄(うんちく)

純連系・すみれ系とは

北海道のラーメン屋さんは「純連系」とか「すみれ系」とか耳にしますが、その違いをご存知ですか?実は昭和39年に、札幌市豊平区中の島で創業の『純連』からです。姓名判断で付けられた店名「純連」=「すみれ」と読むんだそうです。創業店主は女性で、その後2人の息子がそれぞれに店舗を構え「純連」と「すみれ」として営業しています。

さっぽろ純連

長男が母から譲られた、南区澄川の「純連(じゅんれん)」は昭和62年に開業しました。

すみれ

三男は、平成元年に純連創業の地・中の島に「純連(すみれ)」を開業し、読み方の違う2つの『純連』が立ち上がったのですが経営はまったく別で独立しています。味は似ていて純連ラーメンの特徴である「複雑なスパイス」「濃厚なスープ」「ラードの層が浮いたこってり感」そして熱々ラーメンです。

小樽ラーメンランキングいかがでしたか?

小樽のラーメン巡りはいかがでしたか?小樽もラーメン激戦区です。それぞれのお店が工夫を凝らして切磋琢磨しています。有名な初代を始め、常連客でにぎわう美味しいラーメンがいろいろありますよ。ラーメン好きにはたまらない北海道!海産物や豚骨を使いながら「こってり」も「あっさり」も楽しんでみてください。

akiko28
ライター

akiko28

おしゃべりな手が走っています

関連記事

人気記事ランキング