小樽のガラス細工作りを体験がおすすめ!お土産にピッタリ!子供と一緒に!

2017年2月6日 (2017年9月10日最終更新)

小樽といえばガラスの街。この街に点在するガラス工房は小樽観光をより豊かなものにしてくれます。小樽のガラス細工は見るだけで心が引き込まれますが、ガラス細工の魅力は創作を体験することでより深く味わうことができます。今回は小樽でガラス体験のできる工房もご紹介します。

目次

  1. 小樽ガラスとその歴史
  2. 小樽ガラスの現状は?
  3. 小樽のガラス細工の体験、どんな種類を体験できる?
  4. 小樽のガラス細工工房
  5. 「北一硝子」のガラス細工体験
  6. 「硝屋」のガラス細工体験
  7. 「glass art N+」のガラス細工体験
  8. 「ゆず工房」のガラス細工体験
  9. 「ジョワ・ジョワ グラスコレクション」のガラス細工体験
  10. 「小樽 ガス燈」のガラス細工体験
  11. 「創造硝子工房studioJ-45」のガラス細工体験
  12. 「45工房」のガラス細工体験
  13. 「硝子工房NAKAMORI」のガラス細工体験
  14. 「小樽 ADVANCE倶楽部」のガラス細工体験
  15. 「小樽 大正硝子館」のガラス細工体験
  16. 小樽のガラス細工は体験してこそ味わい深い!

小樽ガラスとその歴史

@utyu29さんの投稿
16583913 268001743612117 4955097030591512576 n

ガラスの街といえば「小樽」。友人や知人が小樽を観光すると、ガラス製品をお土産にいただくこともあるのではないでしょうか。

@yui_shoonさんの投稿
13561799 1044373128984986 362715536 n

そんなお土産におすすめの小樽のガラス、「石油ランプ」と「浮き玉」から発展して行きました。1890年(明治中期頃)は小樽のみならず北海道全域で電気の普及が完全でなかったために、ガラスの石油ランプが人々の生活には欠かせませんでした。

@yuuu.77さんの投稿
14350875 297795420603329 9167566955547197440 n

また明治から昭和初期にかけて、小樽は豊漁の港でしたが、このガラス産業もこの頃に発展し始めたようです。

@88exxさんの投稿
13687151 1099380073443570 983895450 n

ここで豊漁とガラス産業に何の関係があるのかと疑問に思うかもしれません。実はニシン漁にはガラスの浮き玉が必要だったことから、漁業の栄えた小樽で漁業に付随する形でガラス産業が発展していったのです。

@caipy220さんの投稿
13774684 1070169156408132 141913353 n

1901年樽に初めて製造所を開業したガラス会社は浅原硝子です。この浅原硝子は現在有名な北一硝子の前身であり、開業当時は石油ランプを製造していました。

@yurinaraさんの投稿
11085114 1592207487720443 632014022 n

しかし1910年からは浮き玉を制作するようにもなったのです。1940年にはガラス産業は小樽市の経済を支えるまで大きな力を持つようになりました。

@72me05さんの投稿
12716814 539149286246718 1067463926 n

現在は技術革新によりガラスの需要は激減しましたが、観光客のお土産におすすめな生活用品やインテリアとして観光地であるこの小樽の街を彩っているのです。

小樽ガラスの現状は?

@ranikai31さんの投稿
14677175 1870929143139467 8118377157475958784 n

小樽のガラス製品を購入する客層は5、60代が多く、繰り返し購入する人が多くなっています。最近ではカラスのアクセサリーや他の多種多様なガラス製品を開発して、観光に訪れる若い世代にも好感の持てる製品が増えてきています。

@kooori.mさんの投稿
13715038 230946253970950 1601595606 n

また小樽では「小樽ガラス市」が開催され、地元小樽はもちろん日本全国から40のガラス工房が集まり、作家の方々によるデモンストレーションやガラス細工の体験が行われています。この「小樽ガラス市」は観光客にガラスの魅力を広め、また小樽の地元の人々とガラス工芸の作家の交流を深める場でもあるのです。小樽観光に来たら一度足を運んでみるのもおすすめです。

@nigricostaさんの投稿
13731270 1638431993140052 1804046074 n

小樽のガラス細工の体験、どんな種類を体験できる?

@sweet.punks00さんの投稿
14482213 610300065806759 9117902638090813440 n

小樽のガラス細工の体験は吹きガラス体験が一番多く体験しやすいですが、ほかにもとんぼ玉、フュージング、サンドブラスト、ステンドグラスなど、多種多様な技法を体験することが可能です。小樽観光に訪れたら数種類のガラス作りを体験してみるのもおすすめです。

@xxmii_さんの投稿
14624344 358911094464211 3998767818483957760 n

吹きガラス…吹きガラスとは1000℃以上の高温の熱で熔かされて水あめ状になったガラスを、金属のパイプの先に巻きつけて、パイプに息を吹き込んで形を作る製法でつくられるガラスです。

@aopi28さんの投稿
13767625 1324281214266169 566567158 n

とんぼ玉…とんぼ玉作りのガラス細工体験は小樽で最も多いため、一番体験しやすいです。料金は500円程度からと気軽に体験できますが、中には高額の体験もあります。それぞれの工房のプランをしっかりと確認しましょう。

@___amiilpさんの投稿
16228929 339656746434269 2556947486195318784 n

サンドブラスト…サンドブラストはガラスの表面に砂を吹き付けて模様を描く製法です。

@lwtos_lwtosさんの投稿
14272179 782731245162921 2036338788 n

フュージング…フュージングとは、板状と粒状のガラスを組み合わせて高温の炉や窯で接着する技法のことです。

@syr_1130さんの投稿
12142173 1485657705068889 1686415520 n

ステンドグラス…ステンドグラスとは着色したガラスの断片を組み合わせて絵や模様を表したものです。

@notehajime_ybさんの投稿
15538648 241814662917254 9005629598813126656 n

小樽のガラス細工工房

@42mokihanaさんの投稿
16583748 219804018490324 3331839047583662080 n

小樽には北一硝子、小樽運河工藝館、大正硝子館、ザグラススタジオインオタルをはじめとして、数多くのガラス工房や、ガラス工芸館が集まっています。これらのガラス工芸館やガラス工房には多くの観光客がお土産を求めに訪れます。

@n_22aaaaaaさんの投稿
11311486 1490633907895808 1413180165 n

せっかく小樽に観光しにきたのですから、ガラス工芸を眺めるだけでなく、自分の手も動かしてガラスと向き合ってみる体験もおすすめです。ここからは、ガラス細工の体験ができる工房をいくつかご紹介します。自分だけのお気に入りを作って小樽観光の良いお土産にしましょう。

@taylor_tdcさんの投稿
10012581 965094386839283 1464538463 n

「北一硝子」のガラス細工体験

@nanatti772さんの投稿
13525390 1328291320533301 870521716 n

小樽の歴史・文化を重んじている北一硝子は小樽を代表する伝統のガラス工房。北一硝子の作品は北一硝子の店舗でのみ販売している貴重なガラス細工です。ガラスの表面に砂を吹き付けて自分だけの模様をつける「ガラスの彫刻制作体験」、好きなとんぼ玉とパーツを組み合わせてつくる「とんぼ玉アレンジメント体験」が用意されています。

「硝屋」のガラス細工体験

硝屋では子供や女性に喜ばれるほっこりとした優しい雰囲気の漂う愛らしいガラス細工が創作されています。とんぼ玉制作体験、フュージング制作体験の2種類の制作体験コースがあります。こじんまりとした素敵な工房で楽しいひとときを過ごすのも楽しそうですね。

「glass art N+」のガラス細工体験

@hanamotokoさんの投稿
11176533 747546988692727 1213784470 n

小樽駅から徒歩5分の場所にある黄色い壁のガラス工房glass art N+。ここでは吹きガラスの体験ができます。14色の色、5色の形から好きな1つを選んで自分だけのマイグラスを作ってみましょう。子どもは小学生のお子様から体験が可能となっていますが、相談次第で保護者同伴の形で制作が出来る場合もあります。

「ゆず工房」のガラス細工体験

小樽ゆず工房はガラスと陶器のお店です。ここではとんぼ玉の制作体験ができ、水玉・マーブル・しましまの3種類のうち1つ好きな柄を選んでとんぼ玉をつくることができます。300円上乗せすれば、ゆずを模した可愛らしいとんぼ玉を作ることもできます。制作したとんぼ玉はアクセサリーにして完成です。アクセサリーはチェーンストラップ、ひもストラップ、チェーンネックレス、チョーカー、ピアス、ブレスレットの6種類の中から選べます。

「ジョワ・ジョワ グラスコレクション」のガラス細工体験

ジョワ・ジョワ グラスコレクションではサンドブラストの制作体験が可能です。吹きガラス、ミニチュアガラス、アクセサリー、サンドブラスト、ステンドグラスなど種類豊富なガラス細工も販売しているのでちょっとしたお土産選びにもおすすめのお店です。

「小樽 ガス燈」のガラス細工体験

@pokopokopokomさんの投稿
11875350 1656519244572796 512352816 n

小樽 ガス燈はステンドグラスやステンドグラスを取り入れたガラスランプやガラス小物を制作している工房です。制作体験ではコースター(四角)、サンドブラストグラス、とんぼ玉(ひもタイプ、金具タイプの2種類)、ステンドグラストレー、ステンドグラスフットランプ、ステンドグラスミニランプ(赤と青の2種類)といったステンドグラスを中心にした多彩なコースがあります。ステンドグラスはなかなか体験できないガラス細工なので是非試してみたいものですね。

「創造硝子工房studioJ-45」のガラス細工体験

@_lemuguet_さんの投稿
14717553 1719367278384665 8297606580824702976 n
@eeeeeeemiiさんの投稿
14072773 590304984494723 198811350 n

自然豊かな小樽朝里川温泉で、普段使いの器、可愛らしいオーナメントやオブジェを創作している創造硝子工房studioJ-45。この工房で体験できるのは吹きガラスです。豊富な色から好きな色を選び、グラスやジョッキ、サラダボウル、ワイングラス、ランプ、そして風鈴などを制作することができます。子供の自由研究としての体験も歓迎しているのでお子様を連れた方にはおすすめです。

「45工房」のガラス細工体験

45工房では吹きガラス体験でコップ、小鉢、一輪ざしなどを制作することができます。この工房の作家さんはイタリアのヴェネチアで本格的に創作活動をしたほか、世界各国でも活動経験があるので、英語でも対応できます。風情溢れる可愛らしい赤レンガの工房で思い出に残るガラス細工の体験を楽しみましょう。

「硝子工房NAKAMORI」のガラス細工体験

@bluesky_2008さんの投稿
12345848 1681506988763184 1773567580 n

硝子工房NAKAMORIでは子供の思い出に残る吹きガラスの体験が行われています。そのコンセプトは「子どもがハマる。吹きガラス体験。」です。この工房のガラス工芸の作家中森信人氏が手掛ける作品は、子供に喜ばれる可愛らしいガラス細工です。ここではお子様に物を作る楽しさを知ってもらうことができます。

「小樽 ADVANCE倶楽部」のガラス細工体験

@saco_comさんの投稿
13108692 1633756573511773 951312104 n

小樽ADVANCE倶楽部では吹きガラス制作体験、とんぼ玉制作体験、サンドブラスト制作体験、フュージング制作体験、グラスルーティング制作体験、ジェルキャンドル制作体験といった多彩な体験コースが用意されています。2016年からはオルゴール制作体験も始めたので、小樽で制作体験に時間を使いたい方にはうってつけの工房です。

「小樽 大正硝子館」のガラス細工体験

@mikunyarumomさんの投稿
12120232 1662484760705069 1560116442 n

小樽大正硝子館ではホットワーク体験、ウォームワーク体験、コールドワーク体験といったガラス細工の体験コースが用意されています。ホットワークとはいわゆる「吹きガラス」のことで、溶解炉で溶かしたガラスを材料に宙吹きや流し込みなどの技法で制作することです。ウォームワークとは、炎を使わずに、電気炉などを利用して、変形、溶解、溶着などの加工を行うガラス工芸技法のこと、そしてコールドワークとは既に固形になっているガラスをカットするなど加工し、作品の表情を仕上げてゆく硝子工芸技法のことです。

小樽のガラス細工は体験してこそ味わい深い!

@studioj45さんの投稿
13703166 1032080346904454 410844609 n

お土産として既成のガラス細工を選ぶのも楽しいですが、ガラスを自分の手で作ることでより旅行の思い出に残るものとなります。

@masayoohnoさんの投稿
13126839 501977446671197 775176745 n

せっかくガラスの街・小樽まで足を運んできたのですから、自分だけのガラスを作ってお土産にすれば、一生愛着の持てるお土産になりますよ。また、子供にとってはものを作るという刺激的な体験が思う存分楽しめる貴重な機会なので、ガラス細工の制作体験はやはり見逃せません!次のお休みは北海道の小樽を訪ねに行きましょう。

@rie.euphさんの投稿
13643001 1456752844350287 1251332675 n

関連記事

小樽・積丹・余市の人気ランキング

小樽・積丹・余市の新着のまとめ

© 2017 TravelNote