島武意海岸の景色が絶景!積丹ブルーに感動!シュノーケリング体験も!

2017年2月16日 (2017年9月6日最終更新)

積丹半島の島武意海岸って知っていますか?積丹ブルーと表現される美しい青い海と真っ白な渚、自然の絶景がまるごと楽しめる観光スポットです。今回はそんな島武意海岸について、その美しさの秘密に迫ってみました。美しい景色を思い浮かべられたら幸いです。

目次

  1. 島武意海岸って知ってますか?
  2. 島武意海岸ってどんなところ?
  3. 島武意海岸へのアクセス
  4. 島武意海岸の見どころは?
  5. 島武意海岸で積丹ブルー体験
  6. 島武意海岸の積丹ブルーにさらに近づく!
  7. 島武意海岸でシュノーケリング体験
  8. ニシン御殿に思いをはせるのも
  9. 島武意海岸に行くときの注意点
  10. 島武意海岸で絶景をまるごと楽しもう

島武意海岸って知ってますか?

@bgr_racingさんの投稿
13731187 897110330401115 161334539 n

あなたは島武意海岸という海岸を知っていますか?この海岸は北海道積丹町にあり、「しまむいかいがん」と読みます。日本海側に面した積丹半島の先端にある海岸です。

この海岸、1996年に「日本の渚百選」にも選ばれたほどの美しい海岸で、積丹半島を観光するなら絶対に立ち寄りたいところなのだそう。北海道には美しい景色の場所がたくさんあるのですが、その中でも人気が高いということはどんな絶景が体験できるのでしょうか。今回はその島武意海岸について調べてみました。

@sindyroom0908さんの投稿
13395032 209226206137748 1913022871 n

島武意海岸ってどんなところ?

@yoshihide_morishitaさんの投稿
14449302 324512514570632 3218925448293515264 n

島武意海岸の「島武意」とは、アイヌ語の「シュマ・ムイ」から来ています。シュマ・ムイとは「岩の入り江」という意味なのですが、この海岸はその名の通り、岩の入り江のような場所にあります。

@bennychan821さんの投稿
14723724 1604496993180552 5087040947070435328 n

島武意海岸は前述したように、積丹半島の先端にあります。周囲は断崖絶壁に囲まれていて、浜辺はあまり広くありません。多くの奇岩があり、水の透明度が高く、積丹ブルーと呼ばれる青い海が特徴です。オオワシやカモメなどの鳥はもちろんですが、冬になれば運がよければなんとアザラシまで見ることができるとか。

@japan_nature_watchさんの投稿
12783444 984014918314649 2030259240 n
@japan_nature_watchさんの投稿
12783444 984014918314649 2030259240 n.jpg?ig cache key=mte5otk3ody5mzc2nzewotmzmq%253d%253d

島武意海岸へのアクセス

@ohchan.moschanさんの投稿
14280582 656547547848048 1900407611 n

この島武意海岸ですが、車かバスで行くことになります。

@haneul.g0306さんの投稿
13671831 1666242027030588 1334479792 n

バスの場合は、北海道中央バス積丹線がJR小樽駅から出ています。また「高速しゃこたん号」が札幌駅から出ています。高速しゃこたん号は小樽駅から、積丹線と同じルートになるのですが、小樽駅、JR余市駅を通り、「島武意海岸入口」のバス停まで行きます。バスは余市駅から約75分かかります。バス亭からは徒歩で10分から15分です。

@sakumotaeさんの投稿
13126664 1609310592729886 1837101888 n

車の場合は、美国町から積丹町に向かって国道229号線を走ります。途中で神威岬方面と神武意海岸、積丹岬方面に分かれるので、あとは指示通りに進んでいくと駐車場に到着します。車では余市駅から約40キロ、1時間程度、小樽駅からは約68キロ、1時間20分程度かかります。

@poo.k.uさんの投稿
13715103 1659621774360700 913023798 n

がしかし、バスの場合も車の場合もそこは山の中。「海岸はどこだ?」というところなのですが、横に小さなトンネルがあります。この30メートルほどの「島武意海岸トンネル」を通り抜けると…

@minka_umino_sobaさんの投稿
14350413 330665423947405 974964976 n

目の前に青い海が広がるのです!このトンネルは大人二人が並んで通れるくらいの大きさで、中は真っ暗。それだけに目の前に広がる島武意海岸は、まさに絶景というにふさわしい感じがします。

@rkk.okさんの投稿
14241061 304317526604883 262864622 n

島武意海岸の見どころは?

@mocchiri0710さんの投稿
14369083 1605985936368289 520476900 n

島武意海岸の見どころは、なんといっても自然が作り出した景色です。トンネルを抜けたところにある展望台はあまり広くないのですが、眼下に広がる海岸の景色を見るのが一番。左側には屏風岩と言われる大きな岩があるほか、大小さまざまな岩があります。

@esquisse_officialさんの投稿
16122794 255025528253032 3890624261412356096 n

また、日本海側にあるので、夕陽が沈むのを見ることもできます。屏風岩のシルエットが夕陽に照らされ、水平線に夕陽が沈んでいく様子が間近で見られます。そして星空も捨てがたい魅力が。街の灯りがないため、まさに満天の星空が体験できます。美しい夜空もまさに絶景ですよね。

島武意海岸で積丹ブルー体験

@mai08_26さんの投稿
14145588 931025263711030 80246234 n

とはいえ、なによりも絶景として見落とせないのは美しい海そのものです。展望台という距離があるところから見ていても、海の底にある「はず」の海藻や岩盤がくっきり見えるのですから。島武意海岸の海の色は「積丹ブルー」と呼ばれますが、日差しの当たり具合や天気によって、藍色、紺色、青、水色、エメラルドグリーンと、刻々と色を変えていきます。その景色、ぜひゆっくり堪能したいですね。

@_kazuya1993_さんの投稿
14031645 1084562871637527 1867977015 n

島武意海岸の積丹ブルーにさらに近づく!

@hoho_seonghuiさんの投稿
13628299 513141925553848 43170787 n

さて、そんなに美しい積丹ブルー、どうせならもっと近づいてその景色をみたい、と思いませんか?

@hyperlion08さんの投稿
13703130 1410514632583354 824955818 n

実は島武意海岸は上から眺めるだけでなく、渚に降りることができます。展望台から歩道があり、それを降りて行くことができるのです。これを途中まで降りていくと、上からは見えなかった海岸線が見えるようになり、そして白い渚と美しい積丹ブルーの海が目の前に広がるのです!これぞまさに絶景です。

@reireirei113さんの投稿
13736976 328767607455331 1236916396 n

ただし、問題はこの歩道。「舗道」ではありません。海岸に向かって石段がつづら折りになっており、なかなかの覚悟が必要な道のりなのです。標高は70メートル。手すりや段はあるものの、段の高さもけっこうあり、体力を消耗するので、渚に行くならば足元に気をつけて、慎重に行きましょう。また、降りた以上、帰りは登らなければならない、ということもお忘れなく。登りはちょっとした登山体験ですから、あらためて覚悟してくださいね。

@yoshishinakamuraさんの投稿
11950483 1637722096500386 27351602 n

島武意海岸でシュノーケリング体験

@ayu3kさんの投稿
13561806 1769441016678728 1517655683 n

こんなに美しい海ならば、ぜひシュノーケリングで海の中の景色も楽しみたいものです。実はこの海岸、シュノーケリングの穴場なのです。

@nrm_27さんの投稿
13712256 285095951857164 1881659539 n

というのは、島武意海岸は岩場なので、ちょっと泳ぐと深くなるのですが、波が穏やかで気軽に楽しむことができるから。透明度が高く、水深10メートルくらいまでは底まで見えるうえ、小さな魚の群れと一緒に泳ぐこともできるのです。ちょっとしたダイビング気分を味わえるわけですね。

@marie225kさんの投稿
11252564 1113919135302052 702828614 n

太陽の日差しが積丹ブルーの海に差し込むシュノーケリング体験、もし機会があったらぜひ楽しんでみてください。

@nobu201606さんの投稿
14279114 947437682052504 83111959 n

ニシン御殿に思いをはせるのも

ところで、この歩道を渚に降りていく途中に、不思議な石垣があります。これはいったいなんでしょう?

@etandyさんの投稿
13329127 1619602485023311 1041782455 n

この石垣、「ヤマカギ斎藤家」というニシン番屋の跡地なのです。現在は建物などは残っていないのですが、石垣のところに「紀念齊藤丈雄」とあります。

@chi0811さんの投稿
10817661 905285792882312 1676663255 n

この「齊藤丈雄」なる人物はどういう人かというと、齊藤彦三郎の嗣子にあたります。彦三郎は脇元村(現青森県五所川原市)出身。1847年に松前に渡り、ニシンやタラの漁に従事し、後に積丹の出岬(現積丹町)に漁場を持ちました。1885年、定置角網(建網)を開発し、鰊漁に一代革命をもたらしました。

@ishiko_30さんの投稿
15251682 1402485353119244 383067660683837440 n

齊藤丈雄はこのあたりのほかに余市などに19統(統は定置網の単位で、1統あたり建網一基、20~30人の漁夫を雇った)を持つ大漁業家となったそうです。1931年、合同漁業会社を設立し、脇元に豪邸を建てました。

@ks.kerrieclubさんの投稿
11850036 877026849033528 961916325 n

この石垣にある年代は「大正6年」。1917年のことなので、この時期ごろにここに大きなニシン番屋が作られていたということになります。北海道の鰊御殿は今でも道内に残されていますので、当時のこのあたりの繁栄ぶりがわかるようです。実は最初にくぐった島武意海岸トンネルは、ニシンを運ぶために1895年に手掘りで掘られたトンネルがもとになっているとか。ニシンで繁栄した海岸の様子に思いをはせるのもいいでしょう。

@uedashiさんの投稿
10354580 652725718132340 339279048 n

島武意海岸に行くときの注意点

@aoyuka810さんの投稿
11375740 1003595376372627 1932090466 n

このような美しい景色、積丹ブルーの海、渚などの絶景が維持されるのは、自然を保護する努力が続けられてきたからです。ですから、注意点もその自然保護にかかわるものが多くなります。実際、近年では大規模な清掃活動なども行われており、漂着物などを一掃することで、景観の維持・保全を行っているのです。

@common_kunさんの投稿
11326038 962611733781609 139144815 n

まず、海岸付近ではキャンプが禁止されています。トイレも海岸にはありません。シュノーケリングや渚での水遊び、美しい星空を見るなどするために、海岸でキャンプをする、ということはできませんので、登って戻れる体力は残しておきましょう。

@sekainokabeatsuさんの投稿
11849190 1077032558991304 1876526117 n

それから、シュノーケリングなどまで考えなくても、渚に降りるつもりがあるのなら、サンダルやヒールは危険です。歩きやすい底がしっかりした靴をはきましょう。渚も小石がゴロゴロしているタイプなので、足元には注意です。

@takako610さんの投稿
11939674 1513607828930019 1459222213 n
027syakotan031 570x458積丹観光のおすすめスポット20選!絶景の名所がおすすめ!グルメも!
20160812121250積丹ブルーの絶景がすごい!おすすめの時期や場所は?ソフトクリームも人気!

島武意海岸で絶景をまるごと楽しもう

@tantanhappyさんの投稿
13703141 170408013367347 1546366375 n

島武意海岸はまさに絶景をまるごと楽しめる海岸です。真っ暗なトンネルを抜けると目の前に広がる積丹ブルーの絶景、歩道を降りていくと目の前に広がる白い渚、そしてシュノーケリングをすると海の底まで見透せるほどの透明度の高い海と、見どころがいっぱいです。

@photo.bouさんの投稿
12825840 192508471124744 185514938 n

また、その美しい景色は時間によっても変化します。日差しの強さや角度によって、積丹ブルーの海は色を変えます。そして夕方になると、沈む太陽が周りを赤く照らし、奇岩のシルエットが幻想的にうつります。可能ならば太陽が日本海に落ちるその瞬間を見て見たいものですよね。そして満天の星空はロマンチックな気分にさせてくれます。

@isa_mu555さんの投稿
11848828 869140929834510 1385383638 n.jpg?ig cache key=mta1mdaxmtezmjk1nzqwnzm0nw%253d%253d

この島武意海岸、残念ながら冬はバスが通っておらず、行くとしてもきちんとした装備が必要になります。冬はまた違った雰囲気が味わえるとか。積丹半島に行く機会があったら、ぜひまるごとの絶景を楽しんでみてくださいね。

関連記事

関連するキーワード

小樽・積丹・余市の人気ランキング

小樽・積丹・余市の新着のまとめ

© 2017 TravelNote