焼鳥今井は外苑前にある人気店!おまかせコースやその他のメニューは?

2019年4月2日 (2019年4月4日最終更新)

外苑前にある焼鳥今井は、素材にこだわりがある焼鳥店です。スタイリッシュな雰囲気があり、おしゃれに焼鳥を楽しむことができます。おまかせコースや人気メニューなどがあるので、興味のある方は注目となります。焼鳥今井についてご紹介します。

目次

  1. 【東京・外苑前グルメ】「焼鳥今井」のご紹介
  2. 美味しいと評判の焼鳥今井の魅力に迫る!
  3. 焼鳥今井の特長
  4. おまかせコース
  5. 松風地鶏の特別コース
  6. 焼鳥今井の種類豊富なドリンク!
  7. 【基本情報】焼鳥今井
  8. 美味しい焼き鳥を求めて焼鳥今井へ行こう!

【東京・外苑前グルメ】「焼鳥今井」のご紹介

2016年12月に千駄木の人気焼き鳥屋さんが、外苑前駅からほど近い場所に移転し、現在でも予約を取るのが大変困難な人気店が「焼鳥今井」です。「焼鳥今井」のご主人今井さんは、都内でも名店の焼き鳥屋さん、バードランド、バードコートで腕を振いその後千駄木にご自身のお店を出しました。今回は「焼鳥今井」の美味しさや魅力を、たっぷりとご紹介致します。

Original渋谷のうまい焼き鳥屋特集!名店や人気店から穴場までまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回ご紹介するのは若者に人気の街渋谷の美味しい焼き鳥屋さんです。渋谷には会社などもたくさんあ...

美味しいと評判の焼鳥今井の魅力に迫る!

焼鳥今井は店主の今井氏が、バードランドやバードコートで様々な事を学び、焼鳥というジャンルを超えた美味しさを追求したお店です。以前は千駄木にお店を構えていましたが、現在は外苑前に移転し、今だに予約の取れない店として有名です。現在、外苑前にいらっしゃるお客さんの中には、千駄木からのファンだという方も、数多くいらっしゃいます。

外苑前で人気の焼鳥今井

住所でいうと東京都渋谷区神宮前。最寄駅は外苑前駅。その外苑前駅から歩いて数分の路地裏に、隠れ家のように佇むお店、そこが「焼鳥 今井」です。店主は、銀座バードランド、北千住バードコートで修行した後、選び抜いた鶏を捌き、農家直送の野菜やお米、卵なども厳選された食材を使用しています。

焼鳥今井ってどんなお店なの?

調味料、お酒、お皿や器にも店主のこだわりを持って選び抜かれた物しか使用していません。お酒は純米酒とナチュラルなワイン。軍鶏を中心に素材の味を活かしたシンプルな美味しさで、常に新しい味を探求し続けています。そして、お店のモットーはお客様が楽しい時間を過ごせる事!その事を一番大事にしているお店です。

おすすめ!地鶏焼と季節の野菜焼がメイン

「焼鳥 今井」の店主曰く、「焼鳥は季節感がとても出しにくい。ただし、前菜や野菜などと組みわせることによって、焼鳥の可能性がとても広がります。料理の流れの中でこそ、さらに真価を発揮できます」このように、店主の今井氏の熱意によって、焼鳥がさらに高みへと飛躍し続けています。

焼鳥今井のおすすめコース

おすすめコースは、4800円(税抜)の焼鳥今井コース(全12品)。こちらでは焼鳥と季節感のある野菜焼きが楽しめるので、とてもおすすめのコースとなっています。野菜焼も多いので、ダイエット中の方にもおすすめのコースです。興味のある方は注目となります。

確かな素材の味を楽めるので人気

鶏が持つ素材、その本来の旨みを最大限に引き出した、シンプル且つ旨みが凝縮されたこだわりの焼鳥です。「焼鳥今井」の看板料理は焼鳥です。その焼鳥は部位ごとに切り方や、品種を変える事で、それぞれの個性と魅力が際立つ仕上がりを楽しむことができます。リピート率が高いおすすめの店舗です。

焼鳥今井の特長

焼鳥今井の特徴は、何と言っても様々な焼鳥の調理方法ですが、それ以外にも、自然農法にこだわった野菜料理や、地鶏やフランス産の鳩などを使ったこだわりの一品料理など、焼鳥だけには止まらない料理が一番の特徴です。おまかせコースなどが、おすすめで人気となります。

焼き方の特徴

まずは串打ちの精度の高さが素晴らしいです。低脂肪の鶏でも、とても正確に打たれています。そして、強めの火入れで旨みを活性化して、鶏の瑞々しさを保つ事も素晴らしいです。さらに、違う部位を同一の串で供する、焼鳥一串毎の物語性ともいうべき完成された焼き方です。以上の事などが「焼鳥 今井」で感じられる特筆すべき特徴です。

松風地鶏の特徴

焼鳥今井では兵庫県三田市が産地の松風地鶏を使用しています。一般的な松風地鶏の特徴は、非常に弾力性に富んだ肉質で、シコシコとした歯応えで、肉汁溢れる甘くて味の濃い鶏として有名です。

焼鳥今井の松風地鶏の特徴

そして「焼鳥 今井」の松風地鶏の特徴として、まずは、部位によって旨み、甘み、酸味のバランスに違いがある。それから、鶏の脂の融点が低い事も特筆すべき点です。また、驚くのはその歯応えのある弾力性。これら以上が「焼鳥 今井」の松風地鶏の特徴です。チェックしてみましょう。

おまかせコース

焼鳥今井のおまかせコースは、その日のおすすめの食材を用意し、店主の今井氏が厳選した食材と調理法で仕上げていくコースとなっています。おまかせコースは本日の地鶏、フランス産の鴨や鳩など、普段頂けない物や部位などもふんだんに使用されています。おまかせコース終盤では〆のご飯物やデザートまで、お腹いっぱいになるコースとなっています。

焼鳥今井のおまかせコースのメニューの一例(抜粋)

焼鳥今井のおまかせコースは、8800円の値段となります。多くの焼き鳥や一品メニューがコースに含まれているので、満腹感を感じることができます。焼鳥今井のおまかせコースのメニューをご紹介します。野菜がふんだんに使われているコースなので、ダイエット中の方にも人気です。

レバーのパテ

まずはレバーのパテ。あっさりとした味わいでここでしか味わえない絶品の一品!洋食屋さんやレストランで食べる物と遜色ない、素晴らしい出来栄えです。香り、コク、口溶け、どれをとっても素晴らしいです。パテと一緒に頂くのは、もっちりとした歯応えのパン!パテにも負けていない美味しさです!

紅芯大根

紅芯大根は火入れがとても良く、硬くもなく柔らかくも無い、丁度良い歯応えで、芳醇な香りが鼻を抜けていき、口の中に甘みが広がります。とても滋養に良い、味わい深い大根です。大根が好きな方にはおすすめで人気のメニューとなります。おまかせコースの中でも人気があります。

葱間

外苑前の焼鳥今井の葱間は、葱がとてもシャキシャキな食感で仕上げられており、柔らかいお肉とのコントラストが最高です。また、タレは甘みを抑えられていて、さっぱりとした味わいとなっています。葱間はやはりタレだなと思わせる一品です。焼鳥今井でおすすめのメニューとなります。

磯辺焼き

焼鳥今井の名物と呼んでもいいでしょう。磯辺焼きは胸肉を使用している為、軽やかな酸味に海苔の香りが漂い、とても爽やかなメニューです。ささみを醤油で焼いて、おろしたての本ワサビと海苔を巻いて食べる磯辺焼き、味付けも控えめで素材本来の美味しさを堪能頂けます。おまかせコースの中でも人気があります。

つくね

外苑前の焼鳥今井のつくねは、薬味の使い方がとても巧みなメニューです。旨みも非常に強く感じますが、鶏脂はとてもサラサラとして流れるような仕上がりとなっています。また、鶏軟骨だけではなく、筋も使用しています。とにかく絶品なので一度ご賞味下さい。焼鳥今井おまかせコースで、人気のメニューとなります。

もも

焼鳥今井のももは、奥久慈軍鶏を使用しています。奥久慈軍鶏は、奥久慈大子町の大自然の中で育ち、穀物や青菜などを与えられ、充分な運動をしつつ、ストレスの無い中で悠々と育った軍鶏です。

焼鳥今井のももは力強く、歯切れの良い肉質を体感できます。また程よい旨みに軽い酸味が混じり、皮を削ぎ落としているのでとても上品な味わいです。おすすめのメニューとなります。

レバー

どれもこれも絶品ですが、焼鳥今井のレバーは人気の絶品料理です!やや強めの火入れですが、レバーに嫌な残り方などなく、むっちりとした身からレバーの旨みや甘さがほとばしります。食感も解けるような柔らかさで、とても食べ応えのある至極の一品です。是非ともおすすめしたいメニューです。

手羽

手羽は、手羽元と手羽中を共に頂きます。手羽なので脂の旨みはとても強いですが、よくある手羽よりはかなり脂がさっぱりとしています。やはり、奥久慈軍鶏の特徴で、味はとても旨みがあり濃いのですが、食べた後の味全体としてはさっぱりとしていて、しつこさの無い上品な手羽となっています。おまかせコースの中でも人気があります。

丸ハツ

外苑前の焼鳥今井の丸ハツは、パリパリとした皮が弾ける食感で、プリップリの身は凄くジューシーです。こちらの丸ハツの焼き方は皮を付けたまま、串に括り付けて焼いています。丸ハツ串の美味しい条件、鮮度と瑞々しさをクリアした上で、大事な食感と香ばしさを残しつつ焼いているので、とてもレベルの高い丸ハツとなっています。

焼鳥と言えば皮と言っても過言ではありません。焼鳥今井の皮は、全体がパリパリな焼き方ではなく、少しムチムチな仕上がりとなっています。これは、鶏の脂の旨みを最大限に伝える焼き方となっています。また、皮に鮮度の良い山椒を利かせていて、極上の一品に仕上がっています。

キントア豚頬肉

外苑前の焼鳥今井は鶏だけではありません。絶品の豚肉もあります!キントア豚頬肉は、とても力強い旨みで豚肉の味を存分に楽しめます。

焼き方や脂の感じが、とても丁度良く、旨みの凝縮された豚肉で、噛めば噛むほど豚肉本来の味を堪能出来ます。付け合わせにバスクの唐辛子、ピメントデスプレットを添えると、食材をより一層引き立ててくれます。

小タマネギ

焼鳥今井のタマネギは、食感を残す火入れで、甘みを最大限に引き出しています。多少の好みはあるでしょうが、タマネギは食感にも魅力があるので、焼き方は抜群です。醤油を多少強めに利かせており、タマネギ本来の甘みがとても良い塩梅に調和した、至極の一品となります。おまかせコースの中でも人気があります。

焼鳥まぶしご飯

焼鳥今井の〆のご飯に是非こちらを!焼鳥まぶしご飯です。炊きたてのご飯に焼鳥をまぶして、タレでよく混ぜたご飯。シンプルなのにとても美味しい、まさに締めにふさわしいご飯です。タレも鶏の焼き加減も抜群で、薬味に実山椒が入った絶品焼鳥まぶしご飯!食べる毎に箸が止まらない至極のメニューです。

松風地鶏の特別コース

焼鳥今井の松風地鶏コースは、その名の通り松風地鶏をふんだんに使ったコースです。松風地鶏に浸りたい方、松風地鶏をまだ食べた事のない方、ぜひ一度味わってみて下さい。きっと松風地鶏の虜になる事間違いなしです。おまかせコースの他にも、松風地鶏の特別コースは人気でおすすめです。

食べてみたい逸品メニュー・コースの一例(抜粋)

焼鳥今井の中でも、松風地鶏はまた別格の鶏料理となっています。松風地鶏は兵庫県三田市で飼育されている、有名な地鶏です。シコシコとした歯応えと、ジュワーっと溢れる甘くて豊潤な肉汁が口の中いっぱいに溢れます。味も香りも旨みやコクも全てが完璧な地鶏となります。メニューに注目しましょう。

鶏スープ

焼鳥今井の松風地鶏コースの1品目は、鶏スープ!濃厚なゼラチン質で、鶏本来の旨みと甘さが口の中に広がり、美味しさが舌を包み込むスープです。鶏スープが入れられてくるカップもまたおしゃれで、スープの量や見た目も一品目からとても上品な料理となっています。焼鳥今井で人気の一品となります。

笹身の昆布〆

焼鳥今井で続いて出てくるのは、鶏の笹身の昆布〆です。鶏肉がとてもよく脱水されており、昆布の旨みと鶏の酸味が一体となった至極の一品!松風地鶏本来の甘みが充分に引き出されていて、鶏肉の柔らかさなども含めて、とてもバランスの良い仕上がりとなっています。

レバー

焼鳥今井の松風地鶏レバー!これもまた人気の絶品レバーです。黒胡椒を使用し、とてもレアな仕上がりとなっており、とろとろのプリプリな食感で火入れは絶妙としか言えません。中心部の温度が丁度良く、舌に旨みが染み渡ります。必ず満足のいくレバーですので、是非一度ご賞味下さい。

胸肉の醤油焼き

これもまた絶品中の絶品!松風地鶏の胸肉は、とてもしっとりとした弾力があるのにジューシー!そして、尚且つ甘みと旨みが詰まった一品となっています。醤油の塩梅がとても上品で、しっとりとした食感が食欲をさらにそそります。付け合わせのわさびで食べるのも相性が良く、お酒好きな方にもお酒のアテにもぴったりです。

つくね

焼鳥今井のつくねは、複数の部位を使用しており、粗挽きの鶏肉も入っています。松風地鶏のプリッとした弾力性と、鶏本来の脂が口の中に広がります。つくねを食べて脂が美味しいと感じることはあまり無いのでは無いでしょうか。ぜひおすすめします。尚、つくねはより一層炭の香りを感じれる一品となっています。

赤身ともも肉のふくらはぎ

他の鶏肉に比べて、ややレア寄りに焼かれた「赤身ともも肉のふくらはぎ」も最高の一品です。鶏肉の歯切れも良く、旨みはベストな状態で活性化しています。赤身は繊維質で、タフさと滑らかさを併せ持つ鶏肉となっています。赤身の後は、むちむちのふくらはぎ!食感も味の変化も楽しめる、一石二鳥とはまさにこの事です。

ぼんぼちとペタ

ここまで筋肉系が多かったメニューですが、こちらの「ぼんぼちとペタ」は鶏肉の良質な脂がメーンです。外の二つがペタで、中の二つがぼんぼちとなっています。因みにペタは腰皮のついた部位を指します。そのペタは脂の口溶けが抜群で、大きめで丸みを帯びた良質な脂が爽快に溶けていきます。

もちろん、炭の香りもバッチリで、脂ではあるが鶏の香りもしっかり漂います。そして、ぼんぼちはぶりぶりとした食感で、とても力強い弾力性のある歯応えです。こちらも一石二鳥の魅力的な一品で、山椒も利いている至極の一串となっています。

もも肉のタタキ

焼鳥今井の「もものタタキ」は一味違います。皮をパリパリに炙った後、一旦冷凍し、ひんやりなのに皮をパリパリの状態に保っています。低い温度帯で調理されたとは思えないほど、驚きの美味しさで、塩胡椒の振り加減と、アクセントとなっている炭の仄かな香りが最高です。

人参

焼鳥今井の人参にはクミンが使用されています。その為、人参の甘みが活性化しとても深い味わいとなって、全く違和感のない人参となっています。食感も素晴らしく、噛む度に甘みが増す感じで、人参本来の素材を生かした焼き方となっています。焼鳥今井で人気の一品となります。

鶏もつ煮

鶏もつ煮も、焼鳥今井は一味も二味も違います。何と言っても松風地鶏を使用しているので、鶏その物の味が凝縮された、味わい深い一品となっています。鶏の希少部位をふんだんに使い、どの部位も存在感を放っており、焼鳥今井の魅力的な一品料理のひとつとなっています。

手羽もと

焼鳥今井の手羽もとは、鶏脂と筋線維の両方にしっかりとした脂が乗っていて、これぞ松風地鶏と言えるような、とても味のしっかりとした手羽もととなっています。焼鳥今井で人気の一品となります。焼鳥今井の手羽もとは、お酒のお供に人気があるメニューとなります。

焼鳥今井の松風地鶏の皮は、非常に薄い皮なのですが、鶏脂の旨みはとてもしっかりとしています。薄い皮に脂が乗っているという事は、調理の際、串打ちがとても難しいことを意味しているのですが、波打つような串打ちを行なっている為、今井氏の技術の高さをしっかりと体験できる一品となっています。

ヒモ

あまり知られていない部位ですが、胸肉と肋の間の肉を「ヒモ」と呼んでいます。玉ヒモ(卵管)と間違えそうですが、そちらとは関係ありません。味はさすが焼鳥今井!やはり松風地鶏!という感じで、とても濃厚な風味で、食べ応えもしっかりとあり、インパクト大な力強い味わいです。

ハラミ

焼鳥今井のハラミは、脂がたっぷりで一見くどいのかと思いきや、松風地鶏の強い酸味と協奏し、とても爽やかな味わいのハラミとなっています。是非ともおすすめしたい一品メニューです。焼鳥今井のハラミはダイエット中の方にもおすすめで、ヘルシーな一品となります。

ソリレス

焼鳥ファンにはお馴染みの有名希少部位、ソリレス!この部位は、両腿の付け根の骨の窪みにある丸い肉の事を指します。つまり一羽から、わずかしか取れない希少部位となっています。口に入れた瞬間に、皮はパチンと弾けるようにそのまま肉汁がなだれ込みます。おすすめの一品です。

手羽先

焼鳥今井の手羽先は皮がとても暑く、香りもとても強い印象です。ウイキョウ(フェンネル)を使用し、調理の際、スパイスを部位ごとに変えるあたりはさすがとしか言えません。手羽先は、一度食べると病みつきになる味で、何度もおかわりしたくなる中毒的一品となります。

松風地鶏の親子丼

焼鳥今井の松風地鶏の特別コースの〆に相応しい、見ているだけで神々しくて食べるのが勿体無いぐらい、とても綺麗な親子丼です。甘みを抑えた醤油をきりっと利かせ、卵の甘みと松風地鶏本来の旨みを最大限に引き出している調理法です。松風地鶏の親子丼は、おすすめの一品となります。

焼鳥今井の種類豊富なドリンク!

焼鳥今井には、ソフトドリンクからアルコールメニューまで、多くのドリンクの種類があります。焼鳥と相性が良いアルコールメニューもあるので、興味のある方は注目となります。純米酒はグラスと正一合から選ぶことができるので、様々な種類の純米酒が飲みたい方はグラスがおすすめです。

焼鳥今井のアルコールメニュー

焼鳥今井は生ビール、焼酎、白ワイン、赤ワインなどのアルコールメニューがあります。シャンパンもあり、シャンパンは乾杯にもおすすめです。白ワインはブルゴーニュブランビゴット2012やキャネー甲州などの白ワインの種類があります。赤ワインはヤラバレーピノノワール2014、バローロセッラルンガ2012などがあります。

【基本情報】焼鳥今井

店内に一歩踏み出すと印象はガラリと変わります。コの字型の大きなカウンターで、一心に働くスタッフの方達、そして真ん中の焼き台で焼鳥と真剣に向かい合う店主の今井氏、洗練された迫力から、さながら音楽のライブ鑑賞のような雰囲気と言っても過言ではありません。

焼鳥今井を利用するための確認リスト

焼鳥今井は外苑前にあり、アクセスしやすい場所にあります。ひっそりとある隠れ家的な店舗なので、初めて行く方は分かりにくい場合があります。そのため事前に確認リリトをチェックしましょう。絶妙な串打ちと、塩加減と火の使い方、どれを取っても一流とは焼鳥今井といっても過言ではありません。

所在地

外苑前駅から、徒歩で5、6分ほどの位置にありますが、裏通りで住宅街の中にポツンと突然現れます。大通りから裏の細い道に入って行くので、表の喧騒とはかけ離れた、とても静かで閑静な場所です。尚、詳しい住所はこちらになります。住所は、東京都渋谷区神宮前3-42-11ローザビアンカ1階です。

アクセス

外苑前駅からわずかの場所に、ひっそりと佇むお店、それが「焼鳥 今井」です。お店のデザインはとてもスタイリッシュで、赤く丸い鶏の看板が目を引きます。おおよそですが、外苑前駅から歩いて5、6分ぐらいです。近くに熊野神社やデイリーストアなどもあります。迷った場合など、場所がわからない場合は直接お電話する事をおすすめします。

営業時間

営業時間は火曜日から土曜日までの営業です。時間は火曜日から土曜日まで一律で、17時から22時30分まで。ラストオーダーは21時30分までとなっております。尚、混雑する時間帯は夕方18時から20時ですので、その時間を外せば当日でも入れるかもしれません。気になったらまずは一度お電話してみて下さい。

定休日

焼鳥今井の定休日は日曜日、月曜日となっております。週末、特に木、金、土曜日は混雑するので、早めに予約する事をおすすめします。因みに、比較的に空いてる日は、平日の火曜日と水曜日です。ゆったりと食されたい方は、平日に行かれる事をおすすめします。外苑前人気の食事スポットです。

電話番号

ご予約や場所の確認など、お電話番号はこちらです。尚、お電話での予約は時間が決まっていて、夕方17時以降となります。空いていれば、当日予約でも入れる日もありますので、気になった方はぜひ一度ご連絡してみて下さい。焼鳥今井の電話番号は、03-6447-1710となります。

予約可否

予約可能です。予約する場合は、全てコースでの予約となります。また当日のご予約は17時以降からの予約となりますので、お間違いのないよう宜しくお願い致します。尚、お子様やご家族連れも予約可能ですので、ご家族揃って焼鳥のコースを頂くというのもいいのではないでしょうか。ぜひとも一度ご賞味下さい。

焼鳥今井の予約はこちら

予算の目安

料理のコースや、注文の量、お酒の有無など、個人差はかなりありますが、おおよそ1人あたり6000円〜高くても15000円未満ぐらいです。因みにお酒や、アラカルトで注文する一品料理、また追加の焼鳥などを注文すると多少お値段も高くなってきます。おまかせメニューが人気となります。

座席数

外苑前にある焼き鳥今井は、カウンター席のみとなります。座席数は約30席で、コの字型のようなカウンターがあります。カウンター席だと、注文しやすいのが特徴です。隣の席との仕切りはありませんが、アットホームな雰囲気があり、隣の席同士仲良くなることも多々あるようです。

個室の有無

焼鳥今井はカウンターが基本のお店ですので、個室などはありません。目の前で焼いてくれる焼鳥や、一品料理の数々を眺めながら、1人でもまた家族やお友達などとも気軽に行ける雰囲気の良さも、焼鳥今井が名店である証です。焼鳥今井はアットホームな雰囲気があり、外苑前人気の店舗です。

美味しい焼き鳥を求めて焼鳥今井へ行こう!

「焼鳥と多彩な一品料理をコースで存分に満喫できる、進化型の焼鳥店」これが焼鳥今井の真髄です。屋号に掲げる「焼鳥」という枠の中に限らず、店主の今井氏が美味しいと感じたものをお客様に提供し、楽しんで食べて頂きたいと思って経営されておられます。

こだわりの地鶏、フランス産の鳩、自然農法にこだわる野菜等々、様々な食材がコース料理に変化を加えて、主役の焼鳥をより一層引き立てています。

焼鳥今井は、日本各地や海外からの選りすぐった食材や、シャンパーニュやワイン、個人店ならではの品揃えでご提供しています。看板料理の焼鳥と、その時期ならではの季節料理や一品料理を、ぜひ焼鳥今井でたっぷりと堪能してみて下さい。きっとまだ食べた事のない焼鳥が「焼鳥今井」にあるはずです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
村上貴洋

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の新着のまとめ